ハーちゃんの「ゆらゆら日記」

都内「川の手」の暮らし、趣味(編み物・読書・ガーデニング・韓国語)などについて書いています。ほとんど毎日夕方の6時にブログ更新してまーす。

マンションの最上階のルーフバルコニー(5坪くらい)で鉢植え植物を育てています。韓国語は完全独学。1人娘が結婚して老夫婦2人の気ままな暮らし。去年、男の子の孫が生まれました。飼ってはいませんが動物も大好きです(^^)。


NEW !
テーマ:

 

 

近くの区の出張所です。けっこう次々と投票する人が来ていましたね。朝の9時過ぎでしたがきっとこの後、混雑するような気がします。

 

投票率が悪いと選挙結果にも影響が出ますよねぇ。熱心な人が投票するでしょうから。

 

その後、スーパー「ライフ」に買い物に。ここは9時から夜中の0時まで営業しています。

 

 

 

 

行ってみたら2Fの駐車場も空きを待たないといけない状態。このぶんだと屋上の駐車場も混んでいるでしょうね。

 

そして我が家もですけども、明日、あさっての台風に備えて大買い物をする人が多くてレジもなかなか進みません。

 

3袋の重い荷物になりました。これでたぶん3日分の食材は確保できたかな(^^)。

 

娘もひとりで歩いて投票に行ったようです。婿さんは疲れているのでしょう、寝ているそうです。

 

えっと、先週図書館から借りてきた本ですが

 

浅葉なつ著 「神様の御用人」(4)(5)(6)

山内マリコ著 「東京23話」

門井慶喜著 「おさがしの本は」

なると著 「かぎ針で編む きせかえあみぐるみ」

 

です。

 

今日現在でうちの区とお隣りの区の図書館に5冊届いているので取りにに行きたいのですが雨なので断念。断念で残念...(^^;)。

 

花の写真を1枚だけ。

 

主人が昨日撮ってきたもの 。「フウセントウワタ」だと思います。墨田区の「回向院」の境内に咲いていたそうです。ここには「鼠小僧次郎吉」のお墓もありますね。

 

 

 

 

あ、ちょっと明るくなっています、外。

 

台風の進路に気をつけてくださいね〜。

いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:

お昼前に雨が止んだので急いで気になっていた庭仕事をしました。

 

まずは発芽した鉢に生えてきた雑草抜きをしました。あきらかに「ハコベ」だなと思われる芽が多いんですけども雑草ではなさそうな芽はそのままに。と言っても込み合っているものはやはり抜かせてもらいました。

 

その結果の鉢たちです。

 

「ベニバナ」。8本出ています。

 

 

 

 

「アネモネ」もしっかりした茎が何本か。一緒に生えているのは「グリーンコットン」ですけど、たぶん冬は越せないかと(^^;)。

 

 

 

 

「オルレア」はまだあまり発芽していません。隅に生えているのは、こぼれ種からの「オルレア」。だいぶ前から生えています。

 

 

 

 

「スイートピー」はスーッと伸びて芽が出てきますね。太陽の大好きな植物です。

 

 

 

 

ポールを眺めつつ「どうしたらいいものか」と悩んでいる「オキナワスズメウリ」の実

 

 

 

 

 

「フライングソーサー」のタネ、確かにふくらんできてはいるのですが、この長雨で果たして完熟まで行くのかどうか? 「フライングソーサー」を犠牲にしてポールにからまっているすべてのツルを収穫してしまうか、悩みどころですね(^^;)。

 

あと「アサガオ」を1鉢処分して、やっと「ワイルドフラワーミックス」のタネをまきました。タネはまだたくさんあるので鉢が空き次第まだまく予定です。

 

「コットン」のタネ、3人のかたがもらって下さいました。ありがたいです(^^)。

 

リースにしたものからまた採種しますので、ご希望のかたいらしたらぜひもらって下さ〜い!

 

「コットンUSA」「ホワイトコットン」「グリーンコットン」の3種です。栽培は容易ですし、コットンボールがなって弾けるようすを観察するのも興味深いですよ。

 

雨が降ったり止んだりの空模様はずっと続くようで、月曜日ごろに台風21号が襲来しそう(^^;)。時速が遅くて強い勢力を保っているとのこと。

 

日曜日にかかっちゃうでしょうねぇ。投票率にも影響が...。

 

今日か明日には期日前投票に行こうと思っています。

いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

テーマ:

まーた朝から雨降りです。空は明るめなんですけどねぇ。

 

しかも午後も11度までしか上がらない予想。夜には「強い雨」になっているし...(^^;)。

 

10月にこんなに雨が続いたのって記憶にありません。農作物にも影響が出そうで心配ですねぇ。

 

そういうわけで庭にも出られません。娘の部屋の窓際に置いてある苗類の世話をすることにしました。

 

「デルフィニウム」を少し間引きます。これは今年ネットで買った「デルフィニウム  F1  シネンシス  デジタルピンク」という種類です。矮性なのかな?

 

 

 

 

こちらも矮性の「シレネ」。これも間引きます。これはブロ友さんにタネをいただいた「シレネ」ですが、今春よく咲いてくれました。

 

 

 

 

花はこんなん です。

 

 

 

 

あと、岡本典子さんの本に白い一重の「シュウメイギク」をドライにしたものが載っていたのでマネしてみました

 

 

 

 

これは白でもなく八重の「シュウメイギク」なので、うまくドライになるかどうかは「?」です(^^;)。

 

白の一重の「シュウメイギク」も咲き始めたので、雨が上がったら切って室内で吊るそうかなと思っています。

 

昨日は久しぶりの晴天で庭の見回りをしましたが、やはり長雨のせいでしょうか、「アサガオ」のタネも茶色くなっていて割ってみても熟していませんでしたね。ガッカリです。

 

ですので、フェンス仕立てじゃなくて鉢で咲かせていた「ラヴィアンローズ」も整理しました。

 

ポールの下からてっぺんまで伸びて実をつけている「オキナワスズメウリ」をどうやって収穫しようか、頭が痛いです。もうだいぶ赤い実が増えているんですけども。

 

と言うのは、タネは期待できないなと思っていた「フライングソーサー」にタネらしきものが見えていて、それがまだ採種するほどには大きくなっていないから。

 

ポールにはそれ以外にも「マルバルコウソウ」「マルバアサガオ」「ラヴィアンローズ」「アメリカソライロアサガオ」もからまっていますが、それらはもう採種してあるのでかまわないんですけどね。

 

まだ雨は続くでしょうし、大がかりな庭仕事は当分できないから考えても仕方ないですね(^^;)。

 

庭に出られないって、本当につまらないです。って、仕事もしていないヒマ老人のグチですねぇ(^^;)。

いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

 

 

やっと晴れた今日、買い物をしに「ソラマチ」へ行ってきました。買い物と言っても私のではなく娘の服を買いに。赤子も前から「スカイツリー行きたい」と言っていたし。

 

「coen」というブランドの服で気に入ったワンピースがあるとのこと。通販でもいいけれど試着してみないと不安だと言うので行ってきました。

 

 

 

 

うちの近くだとここソラマチかお台場にしか店舗が無いそうです。

 

娘は綿100%じゃないとダメなので、なかなか気に入った服が見つからないんですね。試着して良かったようで買っていました。

 

赤子は例によって「プラレールショップ」と隣りの「トミカショップ」で遊ばせました。今日はお天気も良かったせいかどちらも混んでいましたよ。

 

 

 

 

困るのはここから離れさせる時です。たぶん3、4時間はいたいんだろうと思います(^^;)。

 

赤子だけじゃなくて「帰るのイヤ!」と言って駄々をこねている子がいて、お母さんが「マックのハッピーセット買ってあげるから」と言ってなだめていましたけども。今「ハッピーセット」を買うとおまけがプラレールなのです!

 

ソラマチは外国からの旅行者がとっても多くなりました。特に中国のかた?

 

ソラマチ広場にツアー客らしい団体さんがいて「どこの人かな」と聞き耳を立てていたらどうも韓国からの旅行客のようでした。

 

どこもハロウィン仕様のデコレーション

 

 

 

 

これ は3Fのタベテラスから2Fのフードマルシェをのぞいたところです。

 

 

 

 

今夜からまた雨の予報が出ています。ずっとぐずつくようで困りますねぇ。今日、大洗濯をなさったかた多いのではないかしら(^^)。

いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

 

 

浅葉なつ著「神様の御用人」です。ネット注文してくれました。

 

内容は

 

神様たちの御用を聞いて回る人間――“御用人”。ある日、フリーターの良彦は不思議な老人から一冊の本を託され、狐神の黄金とともに八百万の神々のもとを 訪れて御用を聞くはめになってしまった。かくして、古事記やら民話やらに登場する、人間以上に人間味あふれる神様たちに振り回されることになり……。

特殊な力もない、不思議な道具も持ってない、ごく普通の“人間”が神様にできること。それは果たして、助っ人なのか単なる使いっぱしりなのか。けれど、そこには確かに、神様たちの「秘めたる願い」と、人間との温かい絆があった。
(出版社HPより)

 

いやいやいや、神社には今でもそこの神様がいるんだなぁ。そして神様でも困っていることがあるんだなぁ(^^)。

 

どうも主人公「良彦」の亡くなった祖父が「神様の御用人」を密かに勤めていたらしいのです!

 

良彦が方位神である狐から声をかけられたのは、友人の出仕している神社の境内にある小さなおやしろでのこと。

 

なにしろ狐は神であるから良彦に対する物言いも居丈高。

 

そして良彦に言いつけた御用とは

 

「先程も話した通り、神祭りをする人間が減ったことで、神々は力を失いつつある。日本の人の子が再び神祭りに目覚め、神に畏怖と敬いを持つようお前には取り計らってもらいたい。わしの御用とはそれだけのことだ」

 

って、それたいそうな御用じゃないですか!

 

良彦はと言えば、昨年新卒で入社した会社をわずか半年で辞め、この春からようやくつなぎのバイト生活を始めたばかり。

 

あれこれ反論して「できない」と伝えても狐はあとをつけてくる。

 

こうして狐と良彦の神社巡り、いや神様の悩み引き受けの旅が始まります。

 

次作はどうかわかりませんが、舞台が京都。狐が祇園の都路里のパフェを食べるシーンなんかも出てきて面白いですよー。

 

これはシリーズ化されてもう七巻まで発行されているようです。

 

どうして友人が送ってくれたかと言うと、彼女がツイッターでこの本をおススメしていたんです。

 

図書館で検索したら5人待ちになっていたのでそう返したら「送りました」って(^^)。

 

そういうわけでまたシリーズ物で次作を期待する本が増えました。

 

これまだ全部は読んでいません。なにしろ夜は9時ごろには眠くなって読書もなかなか進まないんです。今、半分まで読んだところです。

 

二巻からは図書館で待たずに借りられそうなので予約しました。

 

長雨も今夜で一段落しそうですね。夜から明け方にかけてだけ晴れマークになっています。実に久しぶりの晴れマーク(^^;)。期待しましょう。

いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)