ご報告

テーマ:
私事ではありますが、只今3人目妊娠中で現在妊娠6ヶ月、12月に出産予定です✨


毎回食べづわりに悩まされるのですが、
今回も同様妊娠初期から2ヶ月程空腹になると吐く。

一時期は夜になると食べたものもすぐに嘔吐。

空腹になると余計に吐き気が増すので、
夜ご飯が食べれないとなると更に吐き気がとまらず血まで吐くこともゲロー


早く時間よ過ぎ去れ!

つわりよ終われ!!


とただただ無気力な日々を過ごしておりました(。>д<)


徐々に食べづわりもおさまり夏休みで熊本へと帰省してからは一度も吐くことなく、
やっとこうやって皆さんにご報告できるブログを書く気力も湧いてきました♪


1人目も2人目の時も何だかんだ出産のその日まで吐くのは続いていたので今回はいつもよりも軽かった気がします⭐

(まだ後期づわりとかもあるので油断はできないが…びっくり)



今回は出産方法についても悩みの1つ。

1人目は自然分娩。
(癒着胎盤にて用手剥離。

※分かりやすく言うと本来なら自然に剥がれてくる胎盤が出てこなくて子宮口が閉じてしまっている中、先生の手を入れて胎盤を取り出すというとてつもない痛みを伴うもの。

出産の痛みより胎盤を出す痛みの方がより鮮明に覚えています‼)


2人目は前置胎盤により帝王切開。

(いつも胎盤に悩まされてる…滝汗)






1人目を産んだ個人病院では対応できないとのことで、この本に書かれている病院に転院。


出血多量に備えて自己血輸血の為に自分の血を何回かに分けて取り保存し帝王切開に備えました。


術後の痛みはしっかりコントロールしていただいたお陰で思っていた程の痛みはなかったのですが、
それよりも何よりも麻酔に対しての恐怖心が強く残る帝王切開となりました。


帝王切開の予定日の朝から赤ちゃんの心拍が弱まり2時間ほど当初の予定から手術時間が早まったので、
いきなりの出来事にパニックになっていたせいもあるかもしれませんが…

麻酔をするとこのまま死んでしまうのではないかと思うくらいの息苦しさ。

それに加え吐き気ももよおし嘔吐。

ガタガタと勝手に寒くもないのに体は震えるし…

病室に戻ってからもしばらくは意識はあるけど話せないし動けないという状態が続いていたので
(足が気持ち悪いけど動けない!
あームズムズする!!)

の不快感が半端なく赤ちゃんの出産の時の記憶はあまりなく【麻酔こわい】という記憶ばかりが残っている出産となりました。



術後回復してきてからの後半の入院生活は幸せすぎて上の写真の本にも書いてあるように素敵すぎる病院で料理も美味しすぎて、エステも気持ちよくてずっとずっと入院していたい!

また次も産むときがあるならまたここで産みたい‼

という気持ちにさせてくれる病院でした照れ



今回は母子の安全を考えるなら帝王切開がいいが希望があれば自然分娩も可能とのこと。


どちらも大変な面があるのは重々に分かっているので悩む。

今のところ帝王切開に気持ちは傾きつつあるが何せ麻酔への恐怖が強すぎて滝汗

(里帰りしてきたら麻酔科医との面談もさせてくれるそうでそれで不安が少しでも取り除かれるといいなと…(。>д<)


誰か部分麻酔の息苦しさや不快感が少しでも緩和できる方法をご存じの方は教えてほしいです笑い泣き





ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

↑こちらをクリックして頂くとブログ村のランキングポイントが入ります。  
ブログ村に登録のない方でもクリックしていただくことができます⭐

応援よろしくお願いします(^-^) 

*************
コンブチャ(発酵茶)教室

大阪府豊中市お子さま連れ歓迎♪
『星の縁がわ~ほしのえんがわ~』
                                          かねたけ せいか⭐