修 斗 画 廊   

 修 斗 画 廊   

― Shoot Gallery ―


テーマ:

 

昨年開催の三度目の個展、「十二星画」修斗画廊一人展の出展作品です。

「黄道十二星座」をテーマにしたなかでの、射手座を題材にした一作です。

 

射手座の原型には、半人半馬のケンタウルスの一人であるケイロンの物語の由来があるとされています。

そこから、騎乗した態勢から弓を射る、という構想を得ました。肩にオオワシを停めているのは、「聖闘士星矢」に出てくる射手座の黄金聖衣に、翼が装着されていることに影響を受けてのものです。

全体的にモノトーンに近い色調を施して、弓を番え矢を射る事で、暗雲を吹き払い光明を導き出す、という場面を描き出すよう試みました。

 

・使用画材:BBケントボード、透明水彩絵具、水彩色鉛筆、筆ペン(薄墨、青墨)、水彩毛筆、墨汁、セミハードパステル。

 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス