静岡のヨガスタジオgyutto〜ギュット〜
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

人気です!アシュタンガヨガクラス

カズマ先生担当のアシュタンガヨガクラスが熱い!



コロナ対策をしっかりした上で先月から定員数

を10から12にしてキャンセル待ちに対応させて

いただいています。


ヨガの歴史の中で、数多くのポーズが生みださ

れてきました。その中でいろんな解釈とともに、

その時代の人に実践しやすく編集されたスタイル

がアシュタンガヨガ。



インド古来のヨガから進化して多くの人に

愛されているのにはわけがある。



ダイナミックでエネルギッシュなアシュタンガ

ヨガを是非ギュットで!


まずは体験レッスンから!








心のコントロール



定員に達するクラスが増えています。


ポーズだけに止まらず、ヨガの本質を学ぼうと、

皆さんやる気。


インド古来からのヨガに興味を持っていただき、

ギュットでヨガを始める方も増えています。


ヨガは約5000年前、リシと呼ばれるインドの

賢者によって考えられました。


リシたちは、美しいプロポーション、ダイエット、

不調改善、ストレス緩和には見向きもしませんで

した。


彼らは、いくらそんなものを手に入れたところで、

根本的に悩みは解消されないだろうと核心をついて

いたのです。


では何に関心もっていたか?それは…

『自分の心をコントロールすること』です。

一旦暴れ出したら手に負えない心という猛獣を
飼い慣らすために、体と呼吸を使ったヨガが生
まれました。

自分の心は相当手強い。

暴れ回る心を鎮めるために、ギュットで練習
しましょう。





真我探求の旅 ギュットヨガ指導者養成講座


金曜はクリシュナ・グルジのヨガ指導者養成
講座ヨガ哲学コースの最終日でした。

ヨガを伝えることが私のダルマなので、ヨガの
学びは本能が求めているというか、細胞が喜ぶ
というか、率直に毎回ワクワクして受けてい
ました。

一年かけて哲学を学びなおして本当に良かったと
思っています。

知識は進化の源。経験によって落とし込まれます。
「そういうことだったのか!」と。

気持ち的には、このままインドに行ってしまいたい。
その落とし込まれる瞬間を何度も経験してきたから。
朝から晩までヨガ漬けの環境がそうさせるのだろう。

しかし今はコロナでそれもお預。今は我慢のとき。
いや、今やれることを精一杯やるときですね。


そんな中、この上ないベストなタイミングでギュ
ットの指導者養成講座がスタートします。


前回に続いて定員で迎えられることを嬉しく
思います。


昨日は皆さんを気持ち良く爽やかにお迎えできる
ように、ププレリウムとノースポールを生けてみ
ました。


心を込めて。

密にならない配置にして。


効率的に換気もして。


準備万端。

ヨガには目的があって、そこに達するまでの方法
や手段が明確になっています。それを知らずして、
ただ漠然とヨガをするのは、行くあてのない旅に
出るようなもの。

だったらスポーツジムに通って自己啓発セミナー
に受講した方が個人的にはいいと思ってます。

人生は思ってるほど長くない。

ヨガの最終目的に向かっていかなきゃ。

受講者の皆さん、5ヶ月間の長丁場になりますが、
楽しみながら頑張りましょう。

これから皆さんにとって本当の自分探求の旅が
始まります。

内面の改造


水曜のハタヨガクラス。


本日、金曜のハタヨガクラス。


連日クラスは定員。ギュットのヨガの広まりを

感じています。


ヨガは何のためにできたか?一言でいうと

苦しみからの解放です。苦しみを取り除き

幸せになるためです。


ま、ヨガに限らず、『幸福』は人類共通の

永遠のテーマと言えるでしょう。


そこで私たちは、文明を発展させ、経済的な

豊かさによって幸せを得ようとしました。


でもそれだけでは得られませんでした。むしろ

相対的に苦しみは増えたように思えます。


外側の世界を作り変えても悩みは解決されなかっ

たのです。


その点インドのヨガは凄い。


外の世界ではなく、私たちの内側に問題がある

ことを知っていました。内面をどのように作り

変えていくか、これに絞っていました。


5千年も前からずっと。

 

ギュットのヨガも内側の世界にフォーカスして

います。


ヨガで内面を改造し、心を理想的な状態にして

いきましょう。


まずは体験レッスンから




自分を全うする


今日のハタヨガクラス。コロナに屈する

ことなく、定員になる日が増えています。


連休最終日とあって、生徒さんから、「連休中

はコロナで家にいたから体が鈍ってる」という

声があったので、全身を隈なく使いました。


72,000あるエネルギーの通り道を浄化する

イメージで。


皆さん、明日からまた、ダルマ(生まれながらに

与えられた義務)を全うしよう。ダルマがまだ見

つかっていない人は、目の前のことに集中してい

きましょう。


間違っても他人のダルマを生きないように。



1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>