なるとの銭湯ブログ

なるとの銭湯ブログ

銭湯、健康ランド、温泉のキロク
浴室や内部の画像はお店のかたの許可を取ってから撮影しています


京都駅から徒歩で行ける!

世界遺産・東寺(教王護国寺)すぐそばの日の出湯さん。

公式HPあり

更に、インスタアカウントあり

https://www.instagram.com/2626hinodeyu/

 

場所

京都市南区西九条唐橋町26-6

JR京都駅八条口 近鉄京都駅 徒歩15分。

道中「イオンモール京都」があるので15分連続で歩くのがイヤな人(笑)は、

買い物や休憩をはさんで行くのが◎

営業時間 ~23時 定休日 木曜

 

世界遺産・東寺(教王護国寺)にも至近。

京都駅を南下し、「東寺道」を西へ進むと道沿いに行燈が見えてくる。

行燈の表示に従い路地に入り、

数件の民家を抜けた先に、三階?建てで横幅もある超大型の木造建物とご対面。

入るのが恐れ多い、神々しい雰囲気。昭和初期の建築物らしい。

 

受付 番台形式

 

浴室

とにかくお湯がキレイ。浴槽の底まで研ぎ澄まされた透明感。

深、浅、JETx2席、電気風呂が縦一列に並び、向かいに水風呂。

ライオン吐口付きの水風呂は、「ちょうどいい」温度で入りやすく、

スチームサウナは休止中だけど、深湯で温まった身体を水風呂に埋める瞬間の気持ちよさったら。

桶・椅子はサ室手前に置かれている。

かれこれ10回ほど訪問したがいつ来ても桶がピラミッド状にきれいに積まれてる。

 

脱衣所

脱衣所から浴室への間には流し台スペースがある。京都銭湯に多くみられる造り。

観察していると年配さんに多いのだが、このスペースでは何故だか、

湯上り後に使ったタオルを洗濯したり、ダイナミックに水を撒く行為が繰り広げられている。

入浴後の仕上げのような事なんだろか。

今までさんざんお湯を使って身ぎれいにしたのに、また、さぶさぶ水を使うのね(笑)

洗面器たっぷりに水を汲み、床に向かって豪快にぶちまける、を繰り返す事10回。

そのため?脱衣所の床から三段ほど高く段差をつけた造りになっている。

 

金魚の居る坪庭を眺めながらお着替え、

小銭が無かったら番台で両替を。超旧式の硬貨収納ボックスが使われている。

ドリンクは壁に貼られたメニュー表を見て女将さんに注文するシステム。

ドライヤー代は30円、

ドライヤーを素手で掴みたくない人向けの、使い捨てビニール手袋サービスがウレシイ。

 

おかま、マッサー、五人分の連結おむつ台。

おむつ台の下は脱衣かごを収納できる棚になっていて、貴重品持ってない時はココに置くと便利。

 

玄関には常連さんから贈られた手作り作品と鈴虫かご。

か、かわいい・・・・ 

お客さんの作品だそう。下駄箱の上に飾られている。

※許可を得て撮影

 

喫煙所 なし

 

なると的評価

帰り道、空海ゆかりの地だからか

平安時代に空海が開設したと言われる私立学校、「綜芸種智院蹟」跡の碑も発見。

京都だわーー