なるとの銭湯ブログ

なるとの銭湯ブログ

銭湯、健康ランド、温泉のキロク
浴室や内部の画像はお店のかたの許可を取ってから撮影しています


ホントに23区の銭湯なの??

と絶句せずには居られない。うーーん、たまらん。

現役の銭湯では、三軒茶屋・千代の湯さんと双璧をなすレトロ風情。

先日廃業された浦安の末広湯さんや、

なつかしの墨田区・第二香藤湯さんもわたし的に同カテゴリー。

 

島カランだけで2列もある、広い浴室。

大型銭湯で、タイル装飾や浴室内の観賞魚用水槽がある事からも、

昭和期はゴージャス銭湯だった面影。

 

花鳥風月のタイル絵・今は使われなくなった浴槽からの観賞用水槽。

陶器の水吐き、格天井、池のある庭、渋いのひとこと。

好っきだわーー

 

いつもキレイに手入れされた玄関。

女将さんは暇さえあれば、玄関に出て掃き掃除。


玄関には季節ごとに変わる装飾。

9月~10月末まではハロウィンやってたしw

 

場所
東京都江戸川区南小岩6-26-19
JR総武線小岩駅徒歩10分

営業時間 1500-2400
定休日 第2,4土曜日

 

受付 番台形式

孫悟空の彫り物付き番台

 

浴室

両サイドのカランに加え、島カラン2列

 

湯は44℃、熱つぅーーー

3つに分かれた浴槽は底でつながっていて、全部熱いw

ライオンだかクマだかよくわからなくなっている吐口

カランから出る水はしゃきっと冷たい。

男女境にマジョリカタイルの装飾。

窯場への扉は豆タイルでトリミング。

梅、あやめ、ガーベラ、ダリア、水仙のタイル。

資生堂ネーム入りプラスチック製の看板。

浴槽背面は、以前は水槽だったと思われる。

 

立ちシャワーは海の家にあるような簡易型

 

桶はケロリン

 

脱衣所

資生堂化粧品の行燈。

あたたかいお茶がサービス。

ジャスミン茶、ほうじ茶など日替わり。

飾りやオカンアート作品多数。

 

おむつ台はなんと赤ちゃん10人分!

でも赤ちゃん客はなかなか来ないのか、上にモノが置かれるようになり、

かれこれ10回以上行ってるが、行く度に飾りモノが増えてる。

 

先日1年ぶりに行ったら、ミッキーが2つに増えとる。

中高年女性手製のオブジェや人形は、レトロ銭湯あるあるだな。

おびただしい脱衣カゴの数。

家具みたいな置き式の巨大空調機。

 

おかま、ドリンク120円、びん各種。

ビールや発泡酒は置いていない。

 

トイレ

トイレへのアプローチはスリル満点。

脱衣所からいったん庭に出て、廊下を渡った先。

その廊下は独特すぎて、歩くのはちょっとした勇気が必要。

 

廊下縁側ともに照明なし。夜は真っ暗な中を壁伝いにカニ歩き。

その壁には大きな穴が空いていて、暗くて見えないが、中に何か居そう??

平らではない床板は今にも陥没しそうなくらい、踏みしめる度にぐらつく。

 

喫煙所 入り口に灰皿設置

 

なると的評価

すべてが愛おしい昔々の銭湯。

きれいな銭湯、新しい銭湯はいっぱいあるけど、

不便さを楽しむことができる、大好きな銭湯。照の湯よ永遠に。