いつもの様に6時20分のジェノバに乗って岩屋に向かいました。

 

旧波止には誰もおらず。

 

新波止には7名が乗っていました。

 

今年は青物もグレも調子がよくないみたいで、平日はお客さんも少ないです。

 

 

7時前に波止に渡って釣りの用意。

 

マキエは普段通りに直ぐに用意出来、次にタモの用意…。

 

枠は様出来ましたが、タモの柄が無い。

 

ヤル気が一気に萎みます。

 

最近はタモを使う事のなかったので、ヤル気を無くすのが可笑しいんですが…。

 

 

何回か前にはメインの竿とリールを忘れています。

 

年のせいなのか、病気なのか、元々の頭の悪さなのか、何れにしても良い話ではない。

 

 

気温は上がる予報でしたが、風が吹いて犬走の上では涼しくて、手足が攣る様なことはありませんでした。

 

「大潮で釣り難いかな~」と思ってましたが、そんなこともなく状況は良かったですが…。

 

タモの枠も持ってくる必要が無かったです。

 

大きなアタリは3度ありましたが全てハリ外れで、あとは小さなグレとスズメダイ。

 

またまた最後の1人になるまで釣りましたが、状況は変わりませんでした。

 

新波止では良い思いを全く出来ていません。

 

1時前に釣りを終了し、2時のジェノバで明石に戻りました。

 

 

大変風景の良い一日でしたので、これがお土産となりました。

 

懲りずに釣りを続けます。