どこかの射撃場オーナーのブログ

どこかの射撃場オーナーのブログ

とある射撃場(国内)+銃砲店のオーナーのブログです。

業界の小ネタや関連ニュースの話、
射撃以外の個人的な趣味の話や日々の出来事などを書いていくつもりです。

宣伝目的でないのでココではどこのかは明記しません。
なんとなく。

よろしくお願いします。

実は隅っこに三ヶ月くらい飾ってました。

3名ほどの方々から直接「あれ、社長の作品でしょ?」とお声がけ頂きました。



めいびー、多分、遊び心というやつ。

きっと気付かれててもスルーしてた方々も多いかと。


なお、機種名まで言及されたこともございます。


ザクスナイパーに乗りたくて戦場の絆というアーケードゲームを一時期やっておりましたが、
(ジオンのパイロットカードは大佐まで育てました)
(一番使ってたのはザク2改ですが)

そんな私がキットを組まいでか。

UC仕様のカークスさんの機体ではなく、

最初に出た方のキットです。


デカールのセットの数字を適当に切って
73戦車連隊所属的なノリで塗りました。


ウチのスタッフ君も最初気づかなかった何か。

まぁ、陸自迷彩色は強い、ということだった感じで今回は締め。



次はテキトーに趣味の話(てつほう以外)でも書こうかな。

6/25 のしゃっちょ自身の指導員対応は

予定が押した為、

午後からがメインになると思います。

よろしくお願い致します。
この前、スタッフ君の練習に付き合ってまたも

動画撮影していたときに

面白い絵が撮れました。



弊社のスキートは西日の時間帯プール方向が眩しいのですが、

そのおかげで散弾の粒が反射して分かり易い写真を撮ることができました。

赤丸の部分、

ワッズカップから散弾が広がり出したところです。

この写真のクレーはギリギリ割れました。




ちなみに、

射撃の方向の参考としてワッズを見る方もいらっしゃると思います。
(クレーでの射撃時に飛んでいく白い何かが見えると思いますが、それがワッズです。)

しかしながら、
参考までにしておいて下さい。

バックストップから回収したワッズですが、




見て下さい。

ワッズ自体の種類もいくつもありますが、

羽の開きや割れ方には個体差や製品ごとのばらつきがあります。


これは空気抵抗で真っ直ぐには飛ぶとは限りません。

よって参考までにしておいて下さいね。





他の機会で高解像度のカメラでクレー射撃をとったときに、

ショットコロンとおぼしき空気の歪みがドットの歪みとなって映っていたこともありましたが、
(前掲の写真はあくまでも太陽の反射光で見えやすいだけです)


どの道、発砲の瞬間の銃身の角度や動き自体を見ていた方が分かりやすいと思います。



文章とっ散らかったままですが、とりあえず今回はこんなんで。ではでは。