次回ライブは、ソロです!

 

2018/10/29(月) 
『吉久昌樹guitar solo』 

阿佐ヶ谷名曲喫茶ヴィオロン 

杉並区阿佐谷北2-9-5 03(3336)6414 
19:30start ¥1,000(コーヒーまたはオレンジジュース付)

 


全部、またはほぼ自作曲でいくと思います。

既存の曲も少しずつマイナーチェンジし、充実しております!


ところで、最近やったライブの映像をたくさんいただいたので、今後いくつかアップしていこうと思います。

こういう音楽に馴染みのない方に一応自分がどうやっているのか説明しますと
作曲と言っても、決まったメロディーは大体最初と最後の16小節とか32小節とかそれぐらいの「テーマ」と呼ばれる部分で、真ん中はテーマと同じコード進行を繰り返したりベース音を固定したりした上でのアドリブとなります。曲の性格やその時の気分によってどんなふうに弾くのかは変わってきます。コードやリズムを逸脱することもあります。ソロの場合共演者に怒られたりしないので逸脱はし放題ですが、そのかわり誰も助けてくれません。その場のひらめきが頼り、何も出てこなければ無しです。

 

で、この動画は8月にやったソロから。最近一番のお気に入りの作品です。タイトルは、最初に「流転」って思いついたもののもっと気の利いたのないかなって数か月考え続けたんだけど結局そのとおりに。Abm-Emという妙な進行ですが、まあライブを重ねるうちにこなれてくるであろうと期待しています。
アリーナ席が幽霊観客で一杯だけど、カメラに入っていないところに生身のお客さんもいらっしゃいます(笑)