ぐい呑み考 by 篤丸

ぐい呑み考 by 篤丸

茶道の世界では、茶碗が茶会全体を象徴するマイクロコスモスとされます。だとすれば、ぐい呑みはナノコスモス。このような視線に耐える酒器と作家を紹介します。


    伏見のギャラリーで、志郎さんの作品とともに分けて頂いた坂倉さんの粉引。毎年同じメンバーで開かれるこの展示では、皆さんとても良い土味と焼きをみせて下さって、欠かさず出向くことにしている。いつも、今度はどんな作品が迎えてくれるかとワクワクしながら足を伸ばす。初日に伺ったわけではないが、少なくとも、筆者が拝見した限りでは、志郎さんのあの藁灰の作品と坂倉さんのこの粉引がとくに目を惹いた。志郎さんの作品を紹介したときに書いたように、この方は、造形における芯のようなものを理解されているようにみえる。藁灰ぐい呑みはそれがとてもよく表れていて、形式にこだわる偏屈な趣味の持ち主にはとても響いた。坂倉さんもまた、これまで何度も書いてきたように、芯をしっかり把握したうえで表現を追求する数少ない作家のひとりである。いや、この方の場合、むしろ形式が前面に立つ造形を志向しているというべきかもしれない。もちろん、土や焼きを後回しにしているというのではない。坂倉さんもまた、志郎さんのように、地元萩のローカルな土を作品名に被せている。作家にとって、おそらく、そこが一番のこだわりなのだろう。

    それがかれらの魅力であることは間違いないとして、今回分けて頂いたふたつの作品をしみじみいいなあと眺めながら気づいた。すでに書いたように、志郎さんは芯に対する正確な本能をもっていながら、それを崩す傾向を強くもっているのに対して、坂倉さんの造形は、むしろ芯を保つことを優先している。この方の研ぎ澄まされた造形力、神経がまるで毛細血管のように土の微細な粒子にまで行き届くような造形は、志郎さんのそれとは対極にある。これまで取り上げたすべての作品が物語っているように、形式を支えるシャープな線、土の繊細な削り、スマートな器胎、でしゃばりすぎない釉薬や化粧土は、まさしく作品が芯をもつこと一点に集中されている。だからというべきか、それを崩そうとする作品は少しぎこちない。今回も沓形を意識したぐい呑みもあって、それはそれで面白かったが、沓形にしてはどこかよそ行きめいていて、やや堅かった。志郎さんの軽快な柔らかさと比べるとまさに対照的だ。

    だからといって、この作家の株が下がることにはちっともならない。筆者が、志郎さんの創作のレンジではむしろ隅っこのほうにある芯を意識させる作品を好むように、坂倉さんの少し堅めの「ヘウゲモノ」を評価する向きもあるだろう。いや、当然あってしかるべきである。ただ、坂倉さんの形式へのこだわりを偏執的に追う者にとって、この作家の醍醐味は、やはり芯を露わにした作品に限る。伏見の今展では、写真の作品がその偏った眼鏡に最も叶った。これは、高麗茶碗でいうところの熊川という形式に基づいているが、もちろん、単なる写しで終わっていない。熊川といえば、その来歴は諸説あって定かでないものの、少なくとも韓半島の庶民の必要から生まれたカジュアルな器である。熊川に対峙しようとすれば、そのカジュアルなところをいかに作品化するかがポイントになる。しかし、坂倉さんは、これをいたってフォーマルに仕立てた。熊川という形式を洗練させるとどこにいきつくのか、高麗物という発想とは別のところへ、というかむしろ真逆のほうへ、作品づくりのベクトルを向けた。だから、この作品、本歌には隠れてみえにくいその造形を構成する線や面が透けてみえる。まるで、そこに設計図が埋め込まれているかのよう。

    とりわけふたつの点が印象的だ。ひとつは、通常の熊川は本作よりも横に長い。伝世品には、ろくろの遠心力に素直に従って、横にたっぷりとした碗なりをみせるものが多い。腰の張りもいかにもゆったりとしている。ところが、坂倉さんのこの作品は、少しく上に伸びている。オーソドックスな熊川に長体をかけてみたかのようだ。線や面を強調する構成に加えて、それがこの作品をいっそうフォーマルにみせる。坂倉さんは、熊川という形式を前にして、それをそのまま写すのではなく、かといって崩しているのでもない。ズラす、という言葉が最も近いだろうか。熊川が本来もつカジュアルな一面を敢えてフォーマルに変えて、かつ、横に広がる造形を縦に伸ばすことで、作家は、その形式を元あるところから少しだけズラす。もうひとつ、これは使ってみてはじめて気づいたが、片口から焼酎の水割りを注ぐと、まだ溶け残った氷のかけらが器にあたって、チリン、チリンと音をたてる。初めは、えっ?、と思った。何しろこの見た目である。釉薬や化粧土の溶け具合はとてもあまい。確認の意味で、爪で表面を弾いてみたら、またもや風鈴のように、チリン、チリン。そうなんや。これ、かなり焼き締まっているな。見た目と音の間に何とギャップのあることか。へぇー、面白いな。面白いやんか。形式をズラす、見た目を裏切る。これもまた表現である。というか、これこそが表現である。