【1/11東京市場概況と来週の見通し】 | 株初心者でもわかる!! リチャーズの株ブログ (Glove Bamboo Co.,Ltd.)

株初心者でもわかる!! リチャーズの株ブログ (Glove Bamboo Co.,Ltd.)

☆銘柄情報&相場観を毎日更新☆ 優良な株式情報がここにあり!!
GloveBambooホームページはこちら⇒http://glovebamboo.jp/


テーマ:
みなさん、本日もお疲れ様でした。
1/11東京市場概況をお伝え致します。


日経平均は反発(195円高) 米株高や円高一服
を受けて買い先行 終日堅調な展開に


本日の日本株は朝方から買い優勢の展開、前
日の米株市場で主要3指数そろって5日続伸
となったことや、為替ドル/円の円高方向へ
の動きが一服したことなどが好感された。
日経平均は132.65円高、20296.45円でスタ
ート、買い一巡後は20300円近辺でこう着、
前場の取引を20306.16円(142.36円高)で引
けていた。
積極的に上値を追う動きこそ見られなかった
が、後場に入っても強い地合いは継続、日経
平均は14時過ぎにこの日の高値20389.89円
(226.09円高)を付け、そのまま高値圏で本日
の取引を終えた。

日経平均終値は+195.90円の20359.70円。

東証1部の出来高は12億9595万株、
売買代金は2兆5029億円。

騰落銘柄数は値上がり1033銘柄、値下がり
1003銘柄、変わらず92銘柄。

業種別では値上がりが28業種、値下がりが
5業種。
値上がりトップは精密機器、不動産、電気・
ガス。
値下がりは小売り、水産・農林、倉庫・運輪
など。

来週の見通し

海外情勢の不透明感残るなか、上値が重くな
る可能性はあるも、基本的は堅調さが維持さ
れる見通し。
本日、前日(10)に決算発表をしたファストリ
<9983>や安川電気<6506>が、決算内容がさえ
なかったものの上昇、業績下振れはある程度
織り込み済みと判断された見かた。
これにより、企業業績に対する過度な悲観は
後退したと見れる。
また、昨年末にかけての節税対策に伴う売り
がなくなり、1月効果とアノマリー通りの展
開が続くと期待される。
続き、米中貿易交渉の行方や長引く米政府機
関の閉鎖、英国の欧州連合(EU)離脱問題など
不透明要因が上値を抑える場面もあろうが、
下値はしっかり、上に振れる可能性の方が高
いと予想する。
また、外部環境の受けにくい中小型株への上
昇期待は高い。
直近、新興市場のマザーズの堅調さが目立っ
ており、続き活発な売買が期待される。
マザーズは、昨年12/25安値を付けており、
この日は年内受け渡し最終日、このことから
も換金売りの影響だったことが窺える。
そのため需給面での重石がなくなったことに
より、上昇しやすい需給状況にある見かた。
続きバイオ関連などのテーマ株、イレギュラ
ー的に下げている銘柄にも買いが向かい、物
色の広がりが見られるだろう。

来週の日経平均の予想レンジは19900円-209
00円。



ブログの記事は無料メルマガでもご確
認頂けます。
(メルマガタイトルは”超越トレード富への
道しるべ”)


無料メルマガ限定の特典もあり
(GloveBamboo(有料サービス)配信の推
奨銘柄を一部公開など)。

登録は下記画像をクリック!!
まぐまぐ


厳選された株式情報Glove Bamboo
会員様(有料)には配信!!
その他、銘柄相談なども受け付けます。
是非ご利用ください!!

会員費は低価格!!1ヵ月15000円。
(長期契約による割引あり)
単発コースだと1銘柄3000円。

詳しくは下記のURLよりホームページにてご
確認願います!!
http://glovebamboo.jp/


**-----------------------------**

会社名:Glove Bamboo株式会社
金融庁登録番号:福岡財務支局長
(金商)第100号
加入協会:一般社団法人日本投資
顧問業協会 会員番号102-00121
URL:http://glovebamboo.jp/

**-----------------------------**


当社の提供情報、助言はお客様の利益を保証
するものではありません。

投資にあたっての最終判断はご自身のご判断
でお願い致します。

当サイトの情報に基づいて被ったいかなる損
害についても一切の責任を負えませんのでご
注意願います。


助言する株式のリスクについては、次のとお
りです。

・株価変動リスク:株価の変動により、投資
元本を割り込むことがあります。

また、株式発行者の経営・財務状況の変化及
びそれらに関する外部評価の変化等により、
投資元本を割り込んだり、その全額を失うこ
とがあります

・株式発行者のリスク:市場環境の変化、株
式発行者の経営・財務状況の変化及びそれら
に関する外部評価の変化等により、売買に支
障をきたし、換金できないリスクがあります
(流動性リスク)。この結果、投資元本を割り
込むことがあります。

・信用取引リスク:信用取引や有価証券関連
デリバディブ取引においては、委託した証拠
金を担保として、証拠金を上回る多額の取引
を行うことありますので、上記の要因により
生じた損失の額が証拠金の額を上回る(元本
超過損が生じる)ことがあります。


**-----------------------------**


にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑↑↑
ランキング参加しています
応援クリックお願いします!!

↓↓↓↓↓↓↓

『株情報屋』リチャーズさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス