Guckieさんの30年ぶりでマン振り再開&ズーマーいじりブログ

Guckieさんの30年ぶりでマン振り再開&ズーマーいじりブログ

ほぼ30年間全く握らなかったゴルフクラブをひょんなことから握ることになりましたぁ。
ゴルフほぼ初心者・マン振り命のGuckieさんの成長するかな?ブログです。と思ったら、途中からズーマーがぁぁぁ




もともとは30年ぶりで再開したゴルフの課題や練習内容を自分用メモとして記録するつもりが、ゴルフ練習バックが積みやすいということで中古購入したズーマーが、工作魂に火をつけてしまって、途中からズーマー日記に・・・


PCで閲覧の場合、右サイドバーの「ズーマーカスタム記録」をクリックすると該当記事にジャンプします。


製作過程などは前後の記事もご参照ください・・・参考にならない記事ばかりかもですが・・・


テーマ:

またしても久々の更新、前回紹介したマフラー付けて紹介記事書かなきゃなぁと思いつつ・・・光陰矢のごとし・・・まだ付けてないという
(´・ω・`)

届いたマフラーも付けてないのに、次のパーツが届いてしまったという・・・

今回もカスタム記事と言うよりパーツレビューになってしまいますが、キックペダル&ラジエーターカバーのご紹介です(・∀・)

(1)ラジエーターカバー

現在付けているラジエーターカバー、Takegawaのアルミ製のラジエーターカバーに自前でカーボンシート貼り付けたもの。

 


これはこれで車体にマッチしていてあまり自己主張せず、お気に入りのパーツでした。
ですが、丸い切り込みの部分とか、無理やり引っ張って貼り付けていたので、2年ぐらい経年劣化で大分痛んで、ややチープな感じに

(´・ω・`)

で、Tokyoparts金杉さんからご提案いただいたのが、

ZOOMANIA Billet radiator cover ビレットラジエターカバー

http://tokyoparts.ocnk.net/product/523
 

TPさんのサイト上ではとても品の良いアルミシルバーの紹介ですが、今回は車体色に合わせてブラックアルマイト加工していただくことに。

さらにご提案いただいたのが、

ZOOMANIA License Plate Frame Typeとの2枚重ね。

http://tokyoparts.ocnk.net/product/54


このプレートをゴールドアルマイト仕上げにして、黒の本体とのコラボによる叶姉妹風「ファビュラス」な仕上げ(・∀・)にする(byTP金杉氏)のだとか・・・
 

で、アルマイト加工等終わって納品されたのがこれ!



組み合わせてみた!


 


ブラボー!!チェベリグ!!
重厚感+しっとりとした大人の色香が漂う、まさに「ファビュラス」(・∀・)

しかもゴールドアルマイト部分は、前回つけていただいたSHIFT UP製
アクスルスライダーと色調を揃えて頂いたとのこと。こんな気遣いもうれしいです。


あまりの質感のよさに、ズーマーのラジエーターカバーなんかに付けるのもったいなくて、毎日手元において磨いてます!(まだ付けてません・・・言い訳です・・・orz)

(2)キックペダル

キックペダルは、現状はNCY製のキックペダルを付けていたが、キック部分が折りたためず、さらに意外に長くて、うちのマンションの駐輪場への狭い入り口で何度か擦ってしまった。(気をつければ良いのだが)

ゴムの輪っかも劣化して切れてきているし、もう一つNCY製に不満があって、それは全体の長さ。

 

純正と比べ全長が短く、センタースタンド上げた状態だと距離的に近くなって、スタンド立てるときにキックに足が引っ掛かるのだ。

と言うことで、キック部分折りたためるかもしくはもう少しキック部分が短くて全長が長めのいいいキックペダル無いかなぁと探していた。
いろいろ検索すると、社外品で何度かキックするとひん曲がるようなものもあるようで、常用はしないけれどやはりここは力のかかる実用部分。強度不足ではダメだなぁ。

で、困ったときのTokyopartsさん・・・
TPさんから既成の社外品で幾つか紹介していただきましたが、どうもいまひとつぴんと来ない・・・ワンオフしてみようかな・・・出来るかな?
と言うことで、
 

・現状のNCY製で気なる部分(全体長・ペダル長)を解決する

・キックすると変形してしまうのは困る、あくまで実用的で

・デザイン等はお任せ、カラーリングはマイズーマーに合わせて


な感じでお見積もりをお願いしてみた。
ワンオフとしてはリーズナブルなお見積もりを頂き、お願いする事に

(・∀・)

アルミ削りだし品のワンオフといえば・・・

ズーマーカスタム初めて最初の頃、ステムカバーを自作した。

https://ameblo.jp/guckie/entry-11834550263.html

そのときに、自作する前にダメモトでと思って、HPいろいろ検索して、
自作用に書いたラフ図面見せて、「低価格アルミ加工ならお任せ!」っていう工場(バイク屋ではなく一般の工場)にいくらぐらいで出来るか概算をお聞きしたら、量産なら安くなるけど1個なら「最低20万円」って言われた。
ステムカバーはtokyopartsさんはじめいくつかメーカーさんで出しているのは知っていたが、既成品より若干高いぐらいなら・・・と思ったのだが、20万円とか「その仕事やりたくありません」と言われてるかと思うような見積もり(笑

で、結果自作する事にしたのが今つけてる奴。
そんなこともあり、装飾オンリーのステムカバーと比べ、部品も複数だし、強度も必要だし、稼動部品でもあるし、キックペダルワンオフなんて価格的に到底無理と思っていたが、tokyopartsさんのお見積もりは、十分にお願いできる範囲に収まってました。(当然既成社外キックペダルよりは高いですが)



 

途中ラフ図面で確認お打ち合わせをしたり、そこそこの時間は掛かりましたが、今回出来上がって納品されました。

本体はアルミブロックからの削りだし(多分・・・汗)
ブラックアルマイト加工後、ロゴや意匠をキリッと丁寧に削りだしています。

アルミの加工・面取り部分も(素人が偉そうに言いますが・・・)なんというか角がキリッと立っていてあいまいさが無く、男らしさと言うか隙の無さを感じさせてくれます。
全体的な大きさやアルミの厚さを考えると見た目相当の重量感というか存在感があるはずなんだけど、細部の角のたった丁寧な加工のせいで重量感よりも、スマート感が勝っていて、とてもクール(・∀・)


こんなところにもこだわりが・・・キックペダルの先っちょにもTPロゴ。
正直老眼であまり良く見えんかったけど・・・・(爆

 

力の掛かる部分だからこその加工精度


 

全体の長さも、NCY製と比べ長くなっていて、センスタへの干渉も緩和されています。


 

ちなみにNCY製

 


 

さらにサプライズがっ!!


なんとキックペダル部分、前輪につけたSHIFT UPのアクスルスライダーに換装可能。


 

これならキック部分さらに短くなって、擦る心配も減ります。
「ベルトと革靴は同色で」とか「パンツとブラはおそろが良いなぁ」(あくまで個人の感想です)とかと通じる大人のコーディネートと言うか隠れたおしゃれと言うか、Tokyopartsさんの遊び心を感じる粋な計らいでした。(しかもTPさん、こういうのいつも納品まで内緒にしておくんだよなぁ・・・・w)

ズーマ専用と言うことでオフセットされた社外キックペダルは各種ありますが、強度の問題だったり、カラーリングが自由に出来なかったり、付くには付くけど・・・ということが多く、しかも意外に目立つパーツ、いままでいろいろ悩んできましたが、やっとすっきり解決する事が出来ました。

 

今回はワンオフで制作ではありますが、おそらく全体がアルミなのでアルマイト加工により組み合わせ含めて各色制作可能なのではないかな?
これがきっかけで、量産価格にてTPさんのショッピングサイトに掲載されるようになると良いなと密かに楽しみにしてます。

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス