{0DE9DDE9-FFE2-4BBD-9FC1-DED6FF8670CD}

子どもの頃に感じたお祭りの高揚感とは別に、


大人になるとどこか郷愁も感じる『夏祭り』。






久しぶりにじっくりとアイシングクッキーと向き合いました。




1つ1つの手法はベーシックでシンプルなもの。




作った直後の色が、乾いた後にどのくらい変わるかが、やっと最近少し解って来て、


イメージ通りの色あいが出るようになりました。





ちなみに金魚の形は、焼く前にクッキー型でアタリを付けておいてから焼き、

これを目安にして描いています。

{D868F022-31B5-4098-8A32-A22144DD811B}


 



風船の口は…

{007C42E3-68B0-4524-B785-800F8F408E72}


ギター型のヘッドの部分だけを使って、余り生地の端っこで抜き、

丸く抜いた生地にくっ付けてます。




そして色ですが。




私は色に関して異様な執着を持っていて、

アイシングクッキーを作り始めたのも、色遊びが出来るからです。





そして私が全ての作品で参考にしているものは『和色』と言われる、

和装などに使われる日本の伝統的な色見本です。



{70A96F60-2975-4C3D-8CC3-57D5A16A0BC9}

これは一部ですが、それぞれの色に名前が付いています。



例えば今回作った白以外の色。


{E5D7AE3D-87EC-4700-BE7D-2E2ED0900EB7}




{B2D77015-922B-4833-BD31-4638857E9041}


黄色は「くちなしいろ」。






{3D8B359C-B5F5-44F4-8CE8-36949CF1565E}


ピンクは「からくれない」。






{8F3AD8BC-7CD1-4EC4-B44C-72F52A911A9B}

ブルーは「ひしょく」。








{BB7C9265-C6B0-4514-8A77-2B6C3781DC56}


藍色は「せいらん」などを参考に色作りをしています。







チャートを見ると、紺でも、

「紺瑠璃(こんるり)」と

「瑠璃紺(るりこん)」があるんですね。






あと、素敵な水色が…


{9C7FC34E-8BB3-453A-A32E-3FC310656A0A}

「かめのぞき」とか笑。


想像力をかき立てるネーミングも魅力です。





ちなみに。


{9B0BC565-4B85-49C6-91CC-5B0E7486AFDB}





{7CF4EA2F-0777-4921-893C-BCB21C276EB3}


ウェディングやクリスマスなど、和とは縁遠いようなモチーフのものでも、


私が作る色は全て『和色』です。





そして和色を作る時に無くてはならないものが「ブラックココア」。


 
鮮やかに見えるピンクやイエローにも、

全てブラックココアやブラウンが混ぜてあります。



ブラックココアやブラウンを混ぜることで彩度や明度を落とし、


少しくすみのある落ち着いた和色が出来ます。




そうして作った色たちは、

バラバラの色を何色か組み合わせても統一感が生まれるように思います。





興味があればのぞいてみると楽しいです♪
↓↓





@melody






AD