行政書士試験 独学チャレンジ!!

行政書士試験 独学チャレンジ!!

仙台の行政書士、Hideさんのブログ!
仙台市太白区を活動拠点とし、イベント情報も発信しています。
商業高校、大学は経済学部を出た私が、法律の勉強にチャレンジし、行政書士試験に挑戦して気付いたこと、
学び始めから参考になる内容まで幅広く書いています。

雨ばっかりで身体にカビ生えそう(笑)、、、

こんにちは。

 

今日は久しぶりに告知を。。。

 

仙台七夕まつり 2019年8月日(火)、日(水)、日(木)、、、

 

そして、前夜祭の花火祭が日(月)←まぁ、当たり前(

 

例年、たくさんの方がいらっしゃるんですが、今年は月曜からと言うことで、ちょっと心配叫び

 

地元民としては、やはり、にぎわった方が嬉しい。。。

 

有給休暇取得の義務化もスタートしてますし、他に使う予定もとくにないって方は、この機会に是非、、、

 

待ってっからね~~~。。。

 

今日の過去問は、平成20年度問6の問題○×式でやりたいと思います。

 

参議院の政党化を抑制し、その衆議院に対する独自性を強めるために、次のような改革が提案されたとする。

 

この中で、最高裁判所の判例を前提として、憲法改正が必要かどうかを正誤判定してみましょう。

 

 

それでは、早速。

 

 

 

問題

都道府県議会議員が参議院議員を選挙する。

 

 

 

正解は?

×(憲法改正が必要)

 

 

 

今日の問題は、改革案が示された場合に、「憲法改正が必要かどうか」についてです。

 

1問目は、この問題なんですが、、、

 

都道府県議会議員が参議院議員を選挙する場合

 

選挙する都道府県議会議員は、地方公務員法第三条第3項の「特別職の地方公務員です。

 

と言うことは、すでに公職に就いている人ってことですね。

 

その人が「参議院議員を選挙する」ってことは、私達が直接選挙するってのとは訳が違います

 

このケース、公務員が公務員を選挙するってことになりますから。

 

こう言った間接的な選出方法を「複選制」と言います

 

この点、憲法の定めはどうなっているのでしょうかはてなマーク 

 

第四十三条 両議院は全国民を代表する選挙された議員でこれを組織する

2 略。

 

両議院は、全国民を代表する議員でこれを組織する。」

 

代表するためになされること=選挙

 

つまり、両議院ですから、問題の「参議院議員」も「衆議院議員」も国民の選挙により選出されなければなりません。

 

と言うことは、憲法が規定しているのは、我々国民による「直接選挙制」です

 

都道府県議会議員が参議院議員を選挙するのは「複選制」にあたりますので、憲法第四十三条第1項に違反することになります。

 

この改革案には、「憲法改正が必要になる」ってことになります。

 

 

 

問題

参議院の議員定数を削減し、各都道府県から2名ずつ議員を選挙する。

 

 

 

正解は?

×(憲法改正が必要)

 

 

 

今日の2問目です。

 

短文ではありますが、憲法改正について2つのことを確認しなければなりません。

 

①参議院の議員定数を削減する

各都道府県から2名ずつ議員を選挙する

 

この2点なんですが、、、最初に①から検討してみます。

 

まぁ、これは条文があるので問題はありませんね。

 

先ほど見た第四十三条の第2項です。

 

第四十三条 

1 略。

2 両議院の議員の定数は法律でこれを定める

 

両議院の議員定数は、「法律で定めるとあります。

 

つまり、議員定数の定めは「法律事項」です

 

と言うことは、参議院の議員定数を削減するのは、法律で定めれば、「憲法改正は必要ない」訳ですから問題にはならないってことです。

 

次に、②ですが、、、これは、問題ありですね。。。

 

まず、判例を確認しておきましょう。

 

昭和49(行ツ)75 選挙無効請求 昭和51年4月14日 最高裁判所大法廷 判決 破棄自判 東京高等裁判所

 

憲法は一四条一項においてすべて国民は法の下に平等であると定め、一般的に平等の原理を宣明するとともに政治の領域におけるその適用として、前記のように、選挙権について一五条一項、三項、四四条但し書の規定を設けている

 

参照条文

第十四条 すべて国民は法の下に平等であつて人種、信条、性別、社会的身分又は門地により政治的、経済的又は社会的関係において差別されない

2、3 略。

 

第十五条 公務員を選定し、及びこれを罷免することは国民固有の権利である

2 略。

3 公務員の選挙については成年者による普通選挙を保障する

4 略。

 

第四十四条 前段略。但し人種、信条、性別、社会的身分、門地、教育、財産又は収入によつて差別してはならない

 

判例、引き続き、、、

 

これらの規定を通覧し、かつ、右一五条一項等の規定が前述のような選挙権の平等の原則の歴史的発展の成果の反映であることを考慮するときは憲法一四条一項に定める法の下の平等は選挙権に関しては国民はすべて政治的価値において平等であるべきであるとする徹底した平等化を志向するものであり、右一五条一項等の各規定の文言上は単に選挙人資格における差別の禁止が定められているにすぎないけれども単にそれだけにとどまらず選挙権の内容、すなわち各選挙人の投票の価値の平等もまた、憲法の要求するところであると解するのが、相当である。

 

判例では、、、

 

法の下の平等=各選挙人の投票の価値の平等もまた、憲法の要求するところである

 

こう言ってますね、、、と言うことは、「一票の格差の問題」が生じます。

 

問題の「各都道府県から2名ずつ議員を選挙する」ってことは、一律に各都道府県から参議院議員を2名ずつ選出するってことです。

 

と言うことは、人口比例原則を無視することになりますよね。

 

例えば、30万人の都市と100万人の都市で、一律2名の議員を選挙する

 

一票は一票って言っちゃえば話は終わっちゃう訳なんですが、、、当選するのに必要な「一票の価値」が違うってのは解ると思います。

 

と言うことは、判例が言う「投票価値の平等」に抵触することになりますよね。

 

つまり、この改革案には、「憲法改正が必要になる」ってことになります。


 

 

問題

中立的な委員会が学識経験に優れた者を参議院議員に選出する。

 

 

 

正解は?

×(憲法改正が必要)

 

 

 

今日の3問目です。

 

この問題は直ぐに判断ができますね。

 

それは何故かはてなマーク

 

中立的な委員会学識経験に優れた者を参議院議員に選出する

 

つまり、国民による直接選挙ではありません

 

第四十三条 両議院は全国民を代表する選挙された議員でこれを組織する

2 略。

 

この憲法第四十三条第1項に違反しますもんね。

 

この改革案には、「憲法改正が必要になる」ってことになります。

 

これは、1、2問目を理解できれば楽勝ですね。。。

 

 

 

問題

各都道府県の知事・副知事その他知事の任命する職員が参議院議員となる。

 

 

 

正解は?

×(憲法改正が必要)

 

 

 

今日の4問目です。。。

 

この問題も楽勝ですね。

 

各都道府県の知事副知事その他知事の任命する職員参議院議員となる

 

忘れていませんかはてなマーク

 

その他=並列的関係

 

つまり、各都道府県の知事副知事知事の任命する職員を対等なものとして並べただけです。

 

問題では、この方達参議院議員となる。」と言っている訳です。

 

と言うことは、国民による直接選挙ではありませんので、

 

第四十三条 両議院は全国民を代表する選挙された議員でこれを組織する

2 略。

 

この憲法の規定に違反します。

 

選挙を行わず」って改革案は、「憲法改正が必要になる」ってことです。

 

 

ちなみに、復習です。。。

 

その他

 

その他の=例示する場合

 

例えば、、、テレビ、ラジオその他電気製品

 

テレビ、ラジオは、電器製品の例示ってことでしたよね。

 

ちょっと細かいですが、条文を読む時に結構出てきますから注意しましょうビックリマーク

 

 

 

問題

政党による立候補者名簿の届出が不可能な選挙制度にする。

 

 

 

正解は?

○(憲法改正は不要)

 

 

 

今日の最後の問題です。

 

最後の問題は、「政党による立候補者名簿の届出が不可能な選挙制度」です。

 

ちなみに、憲法には、「政党による立候補者名簿の届出について書かれた規定はありません

 

と言うことは、、、

 

そう言うことですね。。。(

 

んじゃ、こう言った場合はどうするのかはてなマーク

 

憲法には次のような規定があります。

 

第四十七条 選挙区投票の方法その他両議院の議員の選挙に関する事項は法律でこれを定める

 

先ほどちょっと見ましたね。

 

選挙区投票の方法その他両議院の議員の選挙に関する事項

法律で定める

 

選挙の制度上の仕組みを決定するのは、「法律で定める」訳ですから、原則として国会の裁量ってことになります。

 

と言うことは、憲法に違反することにはなりませんので、この改革案には、「憲法改正が不要」ってことになります。

 

 

いかがでしたかはてなマーク

 

話は全然違うんですが、、、(

 

楽しみにしていた「ネリVSパヤノ戦」、昨日のメインの試合、パッキャオVSサーマン戦の放送では触れられることはありませんでした。

 

40歳のおんちゃんパッキャオがWBAの王座を統一した訳なんですが、、、10歳も年下のチャンピオンに勝った訳なんですが、、、

 

唸るしかありません。。。

 

40、、、身体を酷使するスポーツですから引退は早いんですが、それだけ蓄積されたダメージは少ないってことなんでしょうね。

 

世界戦の経験も25試合とかびっくり、、、う~ん、凄すぎる、まさに「レジェンド」と呼ぶに相応しい6階級制覇王者国会議員。。。(

 

あ、、、あまりに凄すぎて、、、

 

ネリVSパヤノ戦」結果は出ているんですが、情報を遮断し、今夜WOWOWパッキャオ戦の再放送で流れるそうです。

 

「試合を見る前に余計なことは言わないで欲しいおねがい

 

緊張してみたいから。。。

 

 

今日も最後まで有難うございました。

 

 

今日のところは、ここまでです。

 

 

んでまずまた。

 

 

 

ポチッと押してけせ。。。照れ

にほんブログ村 資格ブログ 行政書士試験へ
にほんブログ村

 

 

 

来たよって方はこちらをポチッと。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 仙台情報へ
にほんブログ村

こんばんは。

 

今日は、ボクシングネリVSパヤノ戦。。。

 

ネットでチェックすれば結果は出てきたのかも知れませんが、結果を知ることなく兼業先に出かけます。チーン

 

結果を楽しみに今日も頑張んべ~!!

 

今日は、平成22年度の地方自治法の問題をやりたいと思います。

 

 

それでは、早速。

 

 

 

問題21

公の施設に関する次の記述のうち、法令または最高裁判所の判例に照らし、誤っているものはどれか。

 

1 地方公共団体は、住民の福祉を増進する目的であれば、その区域外においても公の施設を設けることができる。

 

2 公の施設の設置および管理に関する事項について、法律またはこれに基づく政令に特別の定めがない場合には、地方公共団体の長が規則でこれを定めなければならない。

 

3 公の施設の利用関係において、一定の地方税の負担をしているような「住民に準ずる地位にある者」には、住民と同様に、不当な差別的取扱いの禁止を定めた地方自治法244条3項の規律が及ぶ。

 

4 指定管理者に公の施設を管理させようとする場合、地方公共団体は条例でその旨を定めなければならず、長の規則によってこれを定めることはできない。

 

5 県知事がした公の施設の利用不許可処分に不服がある者は、総務大臣に審査請求をすることもできるし、県知事に異議申立てをすることもできる。

 

 

 

正解は?

2と5

 

 

 

解説記事は、行政書士試験 平成22年度問21 地方自治法の問題

 

(注)解説記事は、本試験の問題順と掲載順が異なります。

 

 

 

問題22

地方自治法が定める大都市制度に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。

 

1 中核市は、指定都市と同様、市長の権限に属する事務を分掌させるため、条例でその区域を分けて区を設けることができる。

 

2 指定都市に置かれる区は、都に置かれる特別区と同様に、法人格が認められている。

 

3 指定都市の数が増加したことにともない、指定都市の中でも特に規模の大きな都市については、特に特例市として指定し、より大きな権限を認めている。

 

4 指定都市は、必要と認めるときは、条例で、区の議会を置くことができる。

 

5 指定都市は、地方自治法において列挙された事務のうち、都道府県が法律またはこれに基づく政令の定めるところにより処理することとされているものの全部または一部で政令で定めるものを処理することができる。

 

 

 

正解は?

 

 

 

解説記事は、行政書士試験 平成22年度問22 地方自治法の問題

 

(注)解説記事は、本試験の問題順と掲載順が異なります。

 

 

 

問題23

「住民」にかかわる地方自治法の規定に関する次のア~オの記述のうち、誤っているものはいくつあるか。

 

ア 都道府県知事の被選挙権は、当該都道府県の住民ではなくとも、法定の年齢以上の日本国籍を有する者であれば認められる。

 

イ 地域協議会の構成員は、地域自治区の区域内に住所を有する住民の中から市町村長によって選任される。

 

ウ 都道府県は、その住民につき、住民たる地位に関する正確な記録を整備しておかなければならない。

 

エ 市町村議会の議員が住所を移したため被選挙権を失っても、その住所が同一都道府県の区域内に在るときは、そのために失職することはない。

 

オ 町村におかれる町村総会を構成するのは、当該町村の住民のうち選挙権を有する者である。

 

 

 

正解は?

2(ウとエ)

 

 

 

解説記事は、行政書士試験 平成22年度問23 地方自治法の問題

 

(注)解説記事は、本試験の問題順と掲載順が異なります。

 

 

 

問題24

地方自治法に定める住民訴訟に関する次のア~オの記述のうち、正しいものはいくつあるか。

 

ア 自ら住民監査請求を行っていない住民であっても、当該普通地方公共団体の他の住民が住民監査請求を行っていれば、住民訴訟を提起することができる。

 

イ 住民訴訟においては、住民監査請求と同様、公金支出の違法の問題のみならず不当の問題についても争うことができる。

 

ウ 他の住民による住民訴訟が係属しているときには、当該普通地方公共団体の住民であっても、別訴をもって同一の請求をすることはできない。

 

エ 住民訴訟は、当該普通地方公共団体の事務所の所在地を管轄する高等裁判所に提起することとされている。

 

オ 違法な支出行為の相手方に損害賠償の請求をすべきであるのに長がこれをしていない場合、長に対して「当該相手方に損害賠償請求をすることを求める請求」を行うことができる。

 

 

 

正解は?

2(ウとオ)

 

 

 

解説記事は、行政書士試験 平成22年度問24 地方自治法の問題

 

(注)解説記事は、本試験の問題順と掲載順が異なります。

 

 

 

今日の地方自治法は4問。

 

範囲が広いってのはあるんですが、どちらかと言うと引っ掛けるってのが多いように感じます。

 

問23の「都道府県は、」とか、、、

 

問24の「高等裁判所に」とか、、、

 

きちんと理解してますかはてなマーク とでも言いたいのでしょうね。

 

それが試験ってことなんですけどね。真顔

 

 

今日も最後まで有難うございました。

 

 

今日のところはここまでです。

 

 

んでまずまた。

 

 

ポチッとお願いしゃす。。。おねがい

にほんブログ村 資格ブログ 行政書士試験へ
にほんブログ村

 

 

 

あし残したるって方はこちらをポチッと。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 仙台情報へ
にほんブログ村

こんにちは。

 

 

今日は、日曜日、、、

 

午前中は、自由時間、、、ダラダラと書いていこうと思います。(

 

 

昨日、わりと突然、闇営業謝罪会見がありましたね。

 

吉本興業側との食い違いはあるようですが、、、

 

 

この話、人それぞれ考え方はあるでしょうし、単純に昨日までの流れで私が思ったことを書いてみます。

 

 

二時間半、、、しっかりとした受け答え。

 

ある程度の全貌は見えてきたのかなはてなマーク

 

 

まぁ、知らずにとは言え反社会的勢力とかかわったのが悪いと言えば悪いんですが、、、

 

ちょっと考えてみます。

 

 

知らなかったんならしょうがないんじゃね。」

 

 

これ、知らなかったではすまされないって言う方もいますが、、、どう思いますはてなマーク

 

反社会的勢力ではなくても、

 

普段の会話で「えっ、嘘、知らなかった。」ってのは、ときどきあるんじゃないでしょうかはてなマーク

 

ただ、その「知らなかった」と言うのが、本当なのかはてなマーク 嘘なのかはてなマーク を証明することは本人にしかできないんですが、、、

 

 

んじゃ、何が良くなかったのかはてなマーク

 

 

保身のために「」をついたこと。

 

つまり、金銭授受の隠蔽ってことですよね。

 

その「」をついて得た金銭が、「汚れた金銭」だったこと。

 

 

ただ、この流れ、気持ちはよく解りませんかはてなマーク

 

今後のこと、家族のこと、いろいろ考えて保身に走る。

 

 

ここに「ばれる」と言う考えはなかった訳で、、、そこの認識は甘かったですね。

 

 

相手あってのことですからね。

 

 

自分一人ならダンマリを決め込めば良いのかもしれませんが、相手側からばれる」ってのはよくあることで、、、

 

 

ただ、これで記事にした「FRIDAYはてなマーク」は、反社会的勢力とつながっていることは確定した訳ですね。

 

 

情報を得るにはつながりがないと得ることは出来ませんから。

 

 

それと、、、

 

 

たけしさんが言ってましたね。

 

 

最低保証ぐらいしろ」と。。。

 

 

これはその通りですね。

 

 

先月の給料は○千円でした。」ドッカ~ン

 

 

よく笑い話にしてますけど、身を削った話で笑えるものではありません

 

私なんかはひいてますけど。。。

 

 

アルバイトをするのは当たり前、、、

 

 

そう考えれば、楽して稼げる「闇営業」に手を出す。

 

 

今回は運悪く反社会的勢力」だった、、、そんな図式ってだけの話。

 

 

組織に身を置くんだったら「最低保証」は必要でしょう。

 

そうすればこんなことにもならない訳で、、、

 

 

それと「契約」もね。(爆  笑爆笑

 

 

お二人の今後吉本興業の今後注目です。

 

 

 

それでは、夕方までごゆっくり。。。

 

 

夕方に、地方自治法の過去問をやりましょう。

 

 

んでは失礼、、、m(__)m

 

 

 

「押さないとタレこむよ。()」グラサン

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 仙台情報へ
にほんブログ村

 

 

 

是非、ここをポチッと。。。お願い

にほんブログ村 資格ブログ 行政書士試験へ
にほんブログ村