こんばんはRyosukeです。

 

あなたの心のエネルギーはどれくらいありますか!?

 

起業家は特に大切。

 

うまくいくかどうかは心のエネルギーにかかっているといっても過言ではありません!

 

心のエネルギーないと・・・

 

・幸せを感じられない

 

・何をやっても味気ない

 

・行動できない

 

・不安が強くなる

 

などなど、悪いことばかり起きます。

 

悪いことが起きるというより、幸せを感じられない心になるといったほうが正しいかもしれません。

 

みなさんは心のエネルギーありますか?

 

最近、心のエネルギーがないんです・・・

 

そう行った人のためにとっておきの方法をお伝えします。

 

 

それは、

 

好きなことを思いっきりやる!!

 

こと。

 

 

心のエネルギー不足をごまかして課題に取り組もうと思っても

 

なかなか情熱の波に乗れません。

 

それはなぜか!?

 

心のエネルギーのベースが崩れているからです。

 

だから好きなことを思いっきりやって、底上げしましょう!!

 

で、ここが重要なんですが、

好きなことをやるのではないんです。

 

好きなことを「思いっきり」やる!!

 

 

ここが重要。

 

楽しくて何もかも忘れちゃうくらいやるんです。

 

なんだか最近、心のエネルギー不足だという方は、振り返って見てください。

 

最近、好きなことを思いっきりやりましたか?

 

心のエネルギー不足の人の答えはNOです。

 

 

心のエネルギーを底上げする方法は

「好きなことを思いっきりやる」ことです。

 

 

ぜひあなたの好きなことを思い出してみてください。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

Ryosuke

 

 

 

お知らせ!

 

LINE@に登録していただいた方全員にプレゼントがあります。

 

まずはマインド強化!!

 

LINE@のHOME画面にプレゼントは置いてありますので受け取ってください。

 

こちらから登録してください。

友だち追加

 

 

こんにちはRyosukeです。

 

今日は朝からまったりとした時間を過ごしていました!

 

コーヒーを飲んで読書☕️

 

最近ではiPadで電子書籍も読んでいますが、

紙の本のが吸収率が高いように思えます。

 

やはりページを触る感覚があるからでしょうか!?

 

 

さて、今回は起業家になる人となれない人の決定的な違いをお伝えしたいと思います。

 

 

自分で事業を立ち上げる人と、会社に養われている人との違いってなんだと思いますか?

 

 

「わかった!考え方の違いだ!」

 

確かに考え方は少し違うかもしれません。

 

だけれど、会社勤めの人も、素晴らしいアイディアを持っている人がいます。

 

社会を変えるようなアイディアを思いつく人もいます。

 

 

実はその部分は起業家も会社勤めの人も変わりないんです!!

 

 

 

では何が決定的に違うのか!?

 

それは、

 

そのアイディアを実行するかどうか

 

そこが違うんです。

 

実はすごい考え方や、素晴らしいアイディアを持ってる人はたくさんいます。

 

100人いたら20人くらいは、すごい考え方やアイディアを持っているものです。

 

だけど、そのアイディアを実行できる人はかなり少ない。

 

100人いたら1、2人程度しか動けません。

 

もし「これだ!」と頭の中でひらめいたとして、すぐに実行できる人が起業家になれます。

 

頭の中だけで考えているだけでは0です。

 

行動した瞬間に1になります。

 

いくら頭の中で素晴らしい考えを持っていたとしても、実行しなければ何も変わらないんです。

 

ってそれは当たり前ですよね。

 

だけど、すぐ行動に移せない。

 

色々な理由があると思います。

 

自分を信じられない、リスクを背負いたくない、いまはその時期じゃない、周りの目が、お金がない、人脈がない、タイミングが・・・

 

確かにそれは真っ当な理由かもしれません!

 

しかし行動しない理由を探せば、無限に湧いてくるんです。

 

それに比べて起業家は、すぐ実行します。

 

そこが起業家との決定的な違いです。

 

リスクがあっても、知識がなくても、お金がなくても、人脈がなくても、周りからどう言われようと、中途半端でも

 

とにかく実行するんです。

 

実行できない理由なんて探せば無限にでてきます。

 

そのできない理由がなくなってから踏み出そうと考えている人は、一生踏み出せません。

 

いつかいつかと思っているうちに、

現実では様々なイベントが起きます。

 

環境の変化や時間の経過によって、情熱の炎はいつしか消えます。

 

 

 

なま物みたいですよね。

 

「これだ!!」と思いついた時の鮮度は抜群です。

 

時間が経っていくと、どんどん鮮度は落ちていってしまいます。

 

起業家は鮮度抜群のうちに魚をさばきます。

 

起業家になる人は、実行する。

 

起業家になれない人は、頭の中だけで実行しない。

 

あなたはどちらですか?

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

Ryosuke

 

 

 

お知らせ!

 

LINE@に登録していただいた方全員にプレゼントがあります。

 

まずはマインド強化!!

 

LINE@のHOME画面にプレゼントは置いてありますので受け取ってください。

 

こちらから登録してください。

友だち追加

 

 

こんばんはRyosukeです。

 

 

前回の続きはこちらから

3分で読めるコミュ力が上がる記事-第一回-

3分で読めるコミュ力が上がる記事-第二回-

3分で読めるコミュ力が上がる記事-第三回-

 

そして第四回目は、会話の内容についてです。

 

コミュニケーションの前提はわかったけど、実際どうやって会話をしていくのか。

 

「話が続かない・・・」

 

「話題が思いつかない」

 

「楽しく雑談して信頼関係を築きたい」

 

そんな悩みも簡単に解決するコミュニケーションの2つのコツを紹介します。

 

今回の内容は、話題の出し方話の広げ方です。

 

「どうやって話題を振り、話を広げていくのか」

をわかりやすく紹介していきます。

 

 

早速1つ目のコツを紹介!

 

話題が思いつかず沈黙になってしまい気まずい雰囲気・・・

 

会話の話題って大切ですよね?

 

だから話題を探したり、どんな話題が良いかと考えたりする人も多いと思いますが、

 

実際は他愛もない話題で良いのです。

 

そうです。

 

 

コミュニケーションの1つめのコツは

 

「話題は他愛のないことからはじめる」

 

 

他愛もないこととは、例えば・・・

 

・天気

・ニュース

・相手・自分の変化など

など

 

具体的には、「今日は天気いいですね」とかです。

 

 

「え!?そんな話題で良いの?」

 

 

って思うかもしれません。

 

 

これを言うと、そんな薄い話題だと会話がすぐに終わってしまうと不安になる人がいます。

 

会話っていうのは別に答えとか目的とかはなくていいんですよ。

 

まず、盛り上がるような話題というのは、いきなり出てきません。

 

他愛もない話題から、会話は広がるんですよ!

 

だから、何か良い話題はないかなんて無理やり探す必要なんてありません。

 

天気良いですねとか、髪切りましたねとか、昨日地震ありましたねとかそんな薄い話題で十分なんです。

 

会話の切り出し方は、こんな感じです。

 

簡単でいいんですよ。

 

会話が緊張するとか、不安だとか考えている人は、

 

会話を重く考えすぎです。

 

もっと肩の力を抜いて良いと思います。

 

 

 

軽い話題で会話したら、次は2つめのコツが役立ちます。

 

 

 

 

2つ目のコツは、「マジカルバナナ」です。

 

「マジカルバナナ!?なんだそれ!」

 

と10代~20代前半の方はなんだかわからないと思います^^;

 

昔、「マジカル頭脳パワー」という番組で、マジカルバナナというゲームがあったんです。

 

当時は学校でも流行っていました。

 

わからない人のために説明すると、

 

「バナナ」といったら「黄色」

 

「黄色」といったら「ひよこ」

 

「ひよこ」といったら「小さい」

 

「小さい」といったら「あり」

 

「あり」といったら「黒い」・・・

 

そんな感じで、リズムに乗ってその単語から連想できる単語を順番にいっていくというゲームです。

 

話が盛り上がっていく様子は、マジカルバナナと同じなんです。

 

例えばさっきの天気の話題。

 

話題が薄くて、話が続かないと思うかもしれませんが

 

「今日は天気が良いですね」と言われたらその人なりの答えが返ってきます。

 

その返答からマジカルバナナゲームのように連想していきます。

 

相手の会話からの連想して、相手も自分の会話から連想する。

 

その繰り返しで、話題はいつのまにか変わっていき、もっと深い話題に切り替わっていくんです。

 

天気が良いと言う話題から、外に出かけるという話題に変わって旅行の話になるかもしれません。

 

天気が良いという他愛もない会話からでも、マジカルバナナのように話題が派生していって

会話は延々と続くのです。

 

ここで話が続かせるポイントは、以前に紹介した前提が大切なんです。

 

「相手に興味を持っているかどうか」

 

これが大切。

 

うわべだけでマジカルバナナゲームやってても全く話は盛り上がりません。

 

心の底から相手に興味をもった状態という前提が大切なんです。

 

 

その前提があれば、マジカルバナナのように相手の会話から連想したことを話題にしていけます。

自然に話題は切り替わり、楽しく会話ができるようになります。

 

 

このように会話は、他愛もない話題から始まります。

 

そして連想ゲームのように、話題がコロコロと変わり、いつのまにか話が盛り上がっていくものなんです。

 

それだけです。

 

コミュニケーションが苦手という方は、どうしても会話をするときに身構えてしまいがちです。

 

「くだらないことをいったら嫌われる」

 

「こんなこといったらバカだと思われる」

 

そう思うのは気にしすぎてるんです。

 

そんなの必要ない。

 

会話は連想ゲームのように、中身や目的がなくていいんです。

 

くだらないのが会話ですよ。

 

目的がないのが会話ですよ。

 

初対面はぎこちないのが普通です。

 

だって会話って相手を知って距離を縮めるためにあるものですから。

 

最初はぎこちなくたっていいんです。

 

最初は距離があるから当たり前。

 

そうやってぎこちないながらも何回もあって会話していくことで、

 

ぎこちなさがお互いに減って、楽しい会話ができるようになるんです。

 

「相手に興味を持つ」

 

という前提があれば、コミュニケーションはとれるようになりますよ。

 

そして今回の具体的な話題の出し方、会話の広げ方のコツを知ることによって、

 

さらに会話はスムーズになると思います。

 

昔の僕のように悩んでいる方は、ぜひ試してみてください。

 

いかがでしたでしょうか?

 

今回で、会話の内容までいったのでこれで一区切りとさせていただきます。

 

僕自身コミュニケーションの悩みを解決したリアルな情報なので、

少しでも参考になれば嬉しく思います。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

Ryosuke