カーショップGRES(グレス)のブログ

皆さんこんばんは(^^)/
大阪 四條畷市のカーショップGRES(グレス)から、

★車のエアコンが効かなくなる原因★

についての配信です!

 

 

そもそも【エアコンが効かない原因】は主に3種類で、

◆Ⅰ 「エアコンガスの不足や漏れ及び詰まり」

エアコンガスというのはエアコン本体を冷却するための燃料のことで、ボンネットを開けて、エアコンのコンプレッサーにあるガスの通り道にガラスののぞき窓を付けたサイトグラスで確認することができます。コンプレッサーが動いているときに、液体の流れや気泡が見えるかどうかを確認します。泡が白く濁っているならガス不足で、透明で大きな泡が浮いてくるならガスが詰まっているという可能性があります。修理は、ガスの補充だけなら数千円、ガスのつまりや漏れの修理の場合は2万円~です。


◆Ⅱ 「エアコンオイルの不足」

エアコンオイルは、エアコン内の潤滑油の役割を果たしています。オイルがなくなるとパッキンなどが劣化し、ガスも抜けてしまいます。また、金属類がさびてしまうこともあり、オイルなしでエアコンを回すと金属が摩耗を起こしてしまうので、エアコンオイルが減っていないかの確認が必要となります。そして、全くエアコンを使わないとオイルが下に溜まってしまい、部品を劣化させてしまうので、冬場であってもたまにはエアコンを回すとよいとされています。


◆Ⅲ 「コンプレッサーの故障」

これは修理にも費用が一番かかるケースです。確認方法としては、エンジンを始動したときにコンプレッサーが正常であれば「カチッ」という動作音がするので、それが聞こえるか確かめてみるという手段があります。念の為確かめてみましょう。「カチッ」という動作音がしない場合はコンプレッサー系統の故障の可能性があります。


最近、気候が暑くなってきたので、エアコンの効きが悪いなどの症状がございましたら、お気軽にカーショップグレスのスタッフまでお問い合わせください^^皆さまのお電話・ご来店、喜ん でお待ちしております♪

 

当店ホームページはこちら !!
★★HPをご覧下さい★★★

近畿運輸局認証工場 第11640
株式会社GRES(グレス)
大阪府四條畷市西中野1丁目8番5号
TEL:072-803-4090
mail:info@gres.jp