楽屋裏ウインク


斎藤家は実際はみんな仲が良い。


前から


可憐で無垢な民子役、相澤まどかさん


二列目左から


厳しくも優しい政夫の母役、景山仁美さん


最終的に栃木弁になったマスコットのお増役、上路りさちゃん


作男またの名を“木助“役、金子山輪郎さん


そして後ろにいるのが、嫂役の平野です。


政夫役の久瀬さんと、私の旦那様役の森さんは不在でしたので一緒に撮れずショボーン



集合写真。


残念ながら一緒に撮れませんでしたが、他にも沢山のスタッフさんに支えて頂きましたおねがい



衣装。


前掛(見えてませんが)以外は、全て自前です。


結構ギリギリまで決まりませんでした


もう少し私が小さかったら好きな着物を選べるのにと、何度思ったことでしょう...チーン


いつかオーダーメイドで作ってみたいです👘






お陰様で、演劇倶楽部『座』第43回公演「野菊の墓」無事に最後まで上演することが出来ました。

ご来場頂いたお客様、応援して下さった皆様、この公演に携わって下さった皆様に感謝致します。

コロナの影響で公演がどうなるか分からない中ではありましたが

今は、無事に公演を終える事が出来てホッとしております。


私の役どころは意地曲がりな嫂。

この作品の中では憎まれ役です。


口を開けば文句を言うし

楽しく笑うシーンなど一度もありません。



前半は、笑わないように大体険しい顔をしてます(笑)


悪巧み中。


知り合いの方から、悪い顔が良かったと言って頂きました(笑)


民子が亡くなった経緯を話すシーン。

嫂は嫂の人生がある。

小説にはこの人のことが書かれていなかったけど

この人も政略結婚させられて

それでいて子供も出来ず

なんとか義理の弟の政夫に跡取りを作って欲しい

年上でいとこの民子との仲を引き裂かないといけない

という思いと

後は若くて綺麗な子に対する嫉妬みたいなものが蠢いている人物

という設定を作ってやらせて頂きました。

「野菊の墓」をやるにあたって

この嫂という役は一番捉え所がなくて

歴代の嫂役だった皆さんは苦戦されたそうです。

最初は少し不安もありましたが

私も誰かにすごい嫉妬することもあるし

この人も強く見せてるだけで本当は弱い人

この人なりに一生懸命生きてるんだろうなって思ったら

この役が好きになれそう

この役になれそう

と思えるようになりました。

正直、私は台本を離しての舞台経験はほとんどありません。

だから技術的なことはあまり出来ないけど

その役としてその場所にいよう

自分に嘘をつかず

正直な今の感情をセリフに乗せようということを大切にしました。

お客様から

「役に合ってた」「憎たらしかった」

と言って頂けたのは嬉しかったです。

続く...

直前に告知です!(笑)

なかなかブログを活用できておらず申し訳ないえーん


今年も、有難いことに舞台に立たせて頂きますルンルン




認定NPO 演劇倶楽部『座』第43回公演

「野菊の墓」

2021年3月12日(金)〜
14日(日)

恵比寿・エコー劇場にて

★チケット状況★

12(金)14時 ラスト1枚!!
13(土)12時 ◯
13(土)16時 ◯
14(日)13時 完売御礼ガーベラ


詳細はこちらをご覧下さい
https://za01.com/guide.html

新型コロナウイルス感染拡大防止への取り組みとご協力のお願い
https://za01.com/blog/20210314.html


はい、明日から本番ですアセアセ


毎度毎度、本番前はフワフワしていますチーン


悲しいお話だし


稽古をする度に気力をすり減らしておりますが


やる度に変化があり、発見もありで


楽しく稽古をしておりましたニコニコ


お客様にも少しでも何かを渡すことが出来たらと思います。


ご予定が合いましたら、観に来て頂けると幸いです照れ


チケットのご予約はこちらから


演劇倶楽部『座』公演チケット予約東京新宿区のNPO法人 演劇倶楽部『座』の公演チケット予約ページリンクza01.com


皆様のお越しを


心よりお待ちしておりますクローバー