すでにえんどうまめでも巷でもおせち料理の予約が始まっていますニコニコ



毎年作っているおせち。

    私は子どもの頃からおせち料理のお手伝いをしていました。わが家のおせちは全部が手作りではありませんでしたが、、
一段はお煮しめ、一段が小豆と白豆のきんとん(母のオリジナルなのか、つぶあんの中に白花豆の煮豆が入ってるのをきんとんとよんでました。)一段は買ってきた蒲鉾、田作り、おたふく豆、そして黒豆と数の子は手作りしていました。
年末は市場に家族で買い出しに行ったり、家の大掃除しながら、おせちの準備をしていました。
社会人になってからは私が主導権をにぎり、短大で習ったわが家にはなかったおせちも加わり多い時で23品ほど作っていました。蒲鉾以外は全て手作りしていました✌️
母にはそれまで作ってきた、お煮しめやなます、お雑煮を用意をしてもらってました。
私には姉と妹もいますが、手伝うのは私だけでしたが(く~っ😢)

一人暮らししてからもアパートで一人で作ったり、会社の後輩と一緒に作ったりして実家に持って行ってました。

大晦日も出勤しなければいけない仕事の時も一週間以上前から調理して、冷凍し、大晦日に解凍したり最後の仕上げをしていました。

結婚してからも夫の実家で作っていました。

料理教室を始めてからは帰省するのは年明けなので、一人で年越ししても自分一人分のおせちを毎回用意しています。

おせちは今や手作りする家庭も少なくなってきています。
でも、おせちはどんなに時代が変わっても、平安時代から脈々と受け継がれてきた日本の大切な料理をなんとしてでも後生に受け継がなければならないと思います。

日本料理も世界文化遺産になっています。
料理が好きな私でも、さすがにおせち料理は年に一度しか作りません。
どんな状況でも年に一回のこと、頑張ればなんとかなります(笑)

私ができる数少ない❔社会貢献❔の一つ。おせち料理をなんとしてでも後生に伝えて行きたいのです。

おせち料理をたくさんの方に伝えたいためだけに個人で運営しているにも関わらず店舗を借りて営業していると言っても過言ではありません。

この2~3年は10名以上の方にご参加いただいています。
私は参加者のみならず、そのご家族のお正月も請け負っているつもりでいるので、年末は自分の体調管理はもちろん、80代の母にも年末に具合が悪くなっても実家には帰れないことを言ってあります。極端な話、年末は親の死に目にも会えない覚悟でいます。

子どものいない私には、教えてあげる、伝えてあげる相手がいないので、親から教わった料理や日本の伝統的な料理をこれからお母さんになって行く若い方々に一人でも多く、伝えて行きたいのです。

えんどうまめではレッスンとはいわず、おせち作り会とよんでいます。
皆さんと一緒におせち料理を作りあげて行きます。初心者でも独身者でも、若い方でも大丈夫です。私が全力でサポートします。

おせち作り会、まだまだ参加者募集しています。



参加してみたい方は
ホームページからメッセージください。

贅沢な休日

テーマ:
今日は土曜日。お休みの方も多いと思いますが、皆さんはどんな休日の過ごし方をしますか?

私は休みというとショッピングモールに買い物行ったり、季節のイベントに行ったりとほぼ家にはいません(笑)

ある日、生徒さんがおっしゃいました。
「出かけることが休日の過ごし方だと思っていましたけど、今度の休みは教室で習った料理をじっくり作ってみようと思います。ある意味贅沢な休日の過ごし方ですね。」

なるほど~
眼から鱗とはこのことだ~

何も出かけることだけが休日の過ごし方じゃないですよね😊

えんどうまめでは贅沢な休日の過ごし方の提案もしています😁

気になる方はホームページもご覧下さい。
コチラ⬇️⬇️⬇️⬇️

夜の料理教室

テーマ:
えんどうまめのレッスンは夜も開催しています。

火曜~金曜まで夜7時スタートとなっています。


お仕事帰りに参加される方がほとんどですが、中には一人で夕飯食べるより、誰かと一緒に食べたい!?
なんて方も得意げ

ご自宅が遠い方は、汁物やデザートだけ試食し、残りは翌日のお弁当用にきれいに盛り付け直して帰られる方もいらっしゃいますニコニコ

土日はゆっくり寝たり、お買い物やデートに、平日夜はお料理教室へ音符

夜のえんどうまめへ、ぜひお越しくださいニコニコ


ホームページはコチラ
            ⬇️⬇️⬇️

子どものいない人生

テーマ:
    ずっと前から、ママ友の集まりや親子向けのイベントは巷にたくさんあるけど…

  子どものいない人たちの集まりって、どうしてないんだろうと思ってました。あるのかもしれないけどまだ見たことも聞いたこともない。

子どものいない夫婦は10組に1組と何かで見たけれど、最新では6組に1組だそう。

実際私の周りでも子どものいない夫婦は意外と多く、12人ほどのママさんバレー仲間にも3人、私の母方のおばさん2人(うち一人は養子を迎えてます。)、父方のおばさんも一人未婚、父方の同い年のいとこも未婚。
40過ぎた私の友人も数えたらたくさん。。

女性の生き方も多様化してるとはいえ、子どものいない人にはまだまだ生きにくい世の中。

先日たまたまTSUTAYAでみつけたエッセイ



「誰も教えてくれなかった   子どものいない人生の歩き方」くどうみやこ著


レッスンのない日曜日の休日
珍しく今日はじっくり読書してみた



涙がとまらなかった。
人生に正解はない。
生き方みんなそれぞれ。

私の人生の後半戦。
子どものいないこれからの人生。
同じような人生を歩む人たちの力になってみたい。
私にできることあるかな。

子どものいない私にできること。
これが私のこれからの生きる道。