皆様、こんばんは。

 

 

個々の力を引き出し魅力あふれる人財へと導く
人材育成コーチの扇谷ちかです。

 

 

今日は立冬

暦の上では冬となりましたね。

 

 

仕事をしていると

時々バタバタしている方を見かけませんか?

 

 

時間に追われているような

気づいて即行動するのですが、

優先順位をつけた行動ではなく

気がついたことに即飛びつき、

結局2度手間的になってしまい効率が悪くなってしまう。

 

 

以前、私の周りにも

そのような状態に陥る方がいました。

 

 

それは焦ってバタバタするような内容ではないよね?

それって優先順位低いよね?

 

 

誰かが焦っている時は

そのペースに合わせることはせず、

 

 

逆に一呼吸+周りを良く見て状況把握

情況把握をしつつ、優先順位を決めていくのです。

 

 

焦っていたり、バタバタしている方に対しては

1‐2回呼吸を整えるようすすめて、

ちょっとした間をとるよう促します。

 

 

猪突猛進系は、行動力もあるので悪いことではないと思っています。

 

 

ただ、

仕事の内容によっては

焦ってバタバタすることで雑な印象を与えてしまう可能性があります。

 

 

もしリーダーがこのようなタイプだったら…。

チームメンバーは疲れてしまうかもしれませんね。

 

 

慌てて・騒いで・バタついて

猪突猛進的に行動しても

時間短縮や効率の良さには繋がりません。

 

 

ぜひ、

効率よく仕事をするためにも

一呼吸+周りをよく見ることから始めてみてくださいね。

 

 

最後までお付き合いいただきありがとうございます。

 

 

明日は皆既月食🌒

夜空を見上げながらステキな秋の夜長をお過ごしくださいもみじ

 

 

 

フォローしてね…