裏 D-TALK 紀伊半島ソルト&バスフィッシング

裏 D-TALK 紀伊半島ソルト&バスフィッシング

和歌山県田辺市に生息中のインディーズアングラー&ルアーデザイナー 那須“D”大士朗のBlogです。

紀伊半島リザーバーでのバスフィッシングから豊かな海でのソルトフィッシングまで、釣りの事、ルアーの事サクッと書いてきます。

所々赤潮が発生し淀んで濁ったフィールド。 







同じような濁りでも増水の濁りはカレントも発生しクランクにとって大爆発を期待出来る最も良いシチュエーション。

 対して赤潮は水質的には✕
基本的に厳しい状況に変わりは無い。


 良い所と言えば【魚を騙しやすい】って事。

 しかしそれは時に重要な要素として水質の悪さと言う状況を凌駕する。 


 今日はなんと2時くらいまでノーフィッシュ。
水質の良い最上流域は各BWオカッパリが居て入れず。


 中流域などクリアエリアでは僕的なイケてる釣りは当て込めず。


 ならばと赤潮どんよりエリアでクランキング開始。

 増水の濁りと決定的に違うのはチビが食ってくると言う事。


 しかしまさに信じて投げ続ければその中にデカイのが入る。


 46、45をホーネットスピアーズの新作グラスロッドHSSC-652M-GCやっつけたりました。 









 バンクと平行にキャストして一気に潜らせ、少しゆっくり目のリーリングスピードでボトムタッピングさせながら巻くのがポイント。 


基本的に食いが渋いのでね。 

 グラスなのでバラシは無し。 







 個人的にかなりイケてる釣りで今日は大満足でしてとさっ🎵



 タックルデータ
【ロッド】アブガルシア/ホーネットスピアーズHSSC-652M-GC 【リール】アブガルシア/レボ5SX【ライン】バークレイ/バニッシュレボリューション12lb


 

こないだ七色釣行で朝イチでエレキの方向蛇が効かなくなるトラブル。


ペラはスイッチ踏んだら反応するんやけどね。


フットペダルはもちろん、リモコンでも反応しね~💦




諦めが死ぬ程悪いワタクシはヘッド部分を無理やり手で方向転換してしばらくショアラインを流してるといきなりスイッチ入ったかのようにヘッドが自動で反応初めてそこから反応するように。

イケるやんけーとそのまま釣り続行(笑)


そして風が吹いて来たので昼飯兼ねてスロープで充電。





昼から頑張るデー❗っとエレキの電源入れると朝と同じよにまっっったく動きまへん。
呑気に朝みたいに動かしてたら反応するやろと暫くショアラインを流すもそこからエレキは復活する事無し💦

2時頃早上がりしました(笑)

そこからシバヤンエンジニアリングに連絡したり、同じようなエレキ持ってる知り合いに連絡したりと現状の確認。

わかったのは買ってから殆んどしてなかったアップデート。
最新機器はやっぱり必要だってさ(笑)
クソメンドクサがりの日本代表のワタクシ・・・出来ない事は無いのだが、やらなければならない状況になるまで動かない。

取り扱い説明書読まない典型的なタイプ(笑)
まぁ1日で色んな事覚えました。

そしてアップデート以外と簡単なのがわかりさっそくやってみる事に・・・ダメやんけっ💦




まぁフットペダルだけならまだしも、コントローラーでも動かないので原因は本体にありそう。。。

そこから急遽予備エレキへの載せかえ開始。




ガーミンフォースはアンダーソン化してたんやけど、予備エレキはまだやったのでついでにアンダーソンコネクター付けて完成✨️

こーなる事も考えてトラブったその日に北山睦にアンダーソンコネクター注文しといて良かった(笑)




無事付け替え完了✨️

でもまぁ最新機器は便利なんやけど壊れてしまうとその分修理費が・・・良い面もあれば悪い面もありますな。

とりあえずボーナス出てから修理しようと思います😅


さてさてまた届きましたサベージギアより2種類。



HOLLOW DUCK (ホローダック)とPROP MINNOW(プロップミノー)です。



僕的に初めてサベージギアを目にした際に気になったモデルが全部で4つありましてパルステールシャッド、3Dギル、3Dスネーク、そして今回のホローダック&プロップミノー。



やっと手元に届きました。



これら二つはズバリ・・・フロッグです(笑)ボディーが中空のまさにフロッグです(笑)

プロップミノーはおいといてホローダックは変な形(失礼)やけどフロッグです(笑)









僕自身デザイナーとして関わった事の無いジャンル。

故に釣り手の観点として非常に興味深いですね。




ユーザーさんとしてはベイトフィッシュライクなプロップミノーがやっぱり気になる所やと思います。

リアエンドに軟質素材のプロップもついてとても面白いギミック。

十分使えそうですね。

でも個人的に僕は実はホローダックが注目で、その理由はこいつらに採用されてるフック。



正直思ってたより細軸のフック。



個人的にフロッグって針強すぎぢゃね?ってずっと思ってて、愛用してたのはバス用に開発されていたエバーグリーンのキッカーフロッグとビバのマッジーフロッグ。

どちらも細軸フック採用で非常にフッキングが良かった感覚があります。



それらと同じようにフッキングと強度が良い具合に平均点取れてて針がイケてるなぁっと感じさせるフロッグかなと(あくまでも個人的にね)








特にホローダックの方がより細軸でかなーり良さげな気がしますね✨️


オモロイ形に目が行ってしまいますが実は異端系はプロップミノーでより定番系で実践的なのはホローダックの方ちゃうかなって思います。



実際リザーバーでもフロッグを使えるシチュエーションはけっこうあって増水してウッドチップが出来た時なんかはかなり使えますね(普段はノーシンカーワームを併用して使う場合が多いですけど)



まぁ僕自身あまり多用して来なかったジャンルなのでこれを機に一度使い込んでみようかなと思います‼️




Abu Garcia @abugarcia_japan

PENN @penn_japan

Berkley @berkley_japan

PLANO @planofishing_japan

SAVAGE GEAR @savage_gear_japan




#アブガルシア #AbuGarcia #ピュアフィッシング #abugarcia_japan #サベージギア #savagegear #ゼノン #サベーシギアで釣ってみろ #ビッグベイト #ホーネットスピアーズ #バークレイ #バスフィッシング #グレイズ #GRAYZ #眼鏡の愛眼 #ストームライダー #ハンドポワードワーム #ワーム #リザーバー #ダム #七川ダム #七色ダム #紀ノ川 #和歌山 #奈良 #サウザー395  #釣り好きな人と繋がりたい #釣りスタグラム #広告 #PR


今日は久しぶりの七川。


 季節はアフター・回復が点在してる状況でまぁ通常であればバックウォーターで回復狙いの、バンクの2~4mをネコやDSで数釣って中にポロってエエサイズが入るのを狙うのが王道。 


 けどそれやと面白くないので少し外して0~1mのシャローの【強い個体】をパルステール、ビースト、ジョルト、ハネモノで引っ張り上げて喰わせるのが本日のテーマ。


 ・・・ただ危惧する所はフル満水。
カバーがムチャクチャあるので絞り所が無く、引っ張り出せる確率が下がるのが懸念。


 最悪ルアーのパワーを落としてラバージグか新型ワーム(通称ミウラギル)で狙うのが抑えのパターン。


 っでまぁ見事に嫌な予感は当たり(笑)

 シャローはさっっっっぱり。

 マジでかなりやりきったけど無情にもマイゲームを当て込む余裕は無し。


 仕方なく最低限のパワーダウン。 

 狙ったのはバックウォーター一段手前の2~3mのボトムフラット。


 ミウラギル(仮)をフルキャストしてボトムに着水させパンっと短くあおってショートリフト&フォール。


 中層に浮く回復に気付かせボトムに誘導するイメージ。 


 添野筋で48。 







平井筋でで52。 











 パワーダウンしたもののキッチリ狙ってマイゲームを通せました🎵


 釣った魚はこれだけ。 

でもナイスサイズを選んで釣ってる証拠でなかなか良い釣り出来ました✨


 しっかしミウラギル(仮)のデカバスアベレージはけっこうイケてる。


 コイツは喰ってくれば殆んどが40アップ。


 今回はボトムフラットやったけど夏場の岩盤フォールなんかでも当てれる頼もしいルアー。

 テスト段階から相当デカイの釣ってます。 


 今年のフィッシングショーでサラッとお披露目して、もう完成してるので後は発売時期がいつになるのか?
首を長くしてお待ちくださいませ(笑) 





水曜日は七色へ。 


風が強くて早々にサイトからブラインドにシフト。


 っと言っても大潮絡み。チャンスは夕方と読んでタイミングを合わせて自分的な好条件のエリアにエントリー。


 ダムサイド手前の本当に小さなワンドにオダがマット状に沈み、ゴロタ石が絡むシャロースポーニングエリア。

 その出口ある岩盤+立ち木。


 サベージギア・パルステールトラウト8インチを立ち木の真横通してやるとゴチーンとわかりやすいアタリ。







 サイドフックに見事に掛かったバスは53のナイスプロポーションのプリ。









 サイトやったら不満やけど、ブラインドなのでまぁまぁ良い釣れ方の納得の一匹でした🎵 



 Abu Garcia @abugarcia_japanPENN @penn_japan Berkley @berkley_japan PLANO @planofishing_japan SAVAGE GEAR @savage_gear_japan


#アブガルシア #AbuGarcia #ピュアフィッシング #abugarcia_japan #サベージギア #savagegear #ゼノン #サベーシギアで釣ってみろ #ビッグベイト #ホーネットスピアーズ #バークレイ #バスフィッシング #グレイズ #GRAYZ #眼鏡の愛眼 #ストームライダー #ハンドポワードワーム #ワーム #リザーバー #ダム #七川ダム #七色ダム #紀ノ川 #和歌山 #奈良 #サウザー395 #釣り好きな人と繋がりたい #釣りスタグラム #広告 #PR

さてさてピュアフィッシングのYouTubeに僕のサベーシギアのインプレッション動画が上がってます。


サベージギア解説動画


種類が多いので特にパルステールトラウトと3Dスネークについて僕なりの解説をしてます。

アクションも実際泳がして解説してるので是非参考にして欲しいですね。






ハッキリ言います・・・コイツはデカイの釣れますよ‼️‼️‼️


Abu Garcia @abugarcia_japan
PENN @penn_japan
Berkley @berkley_japan
PLANO @planofishing_japan
SAVAGE GEAR @savage_gear_japan


#アブガルシア #AbuGarcia #ピュアフィッシング #abugarcia_japan #サベージギア #savagegear #ゼノン #サベーシギアで釣ってみろ #ビッグベイト #ホーネットスピアーズ #バークレイ #バスフィッシング #グレイズ #GRAYZ #眼鏡の愛眼 #ストームライダー #ハンドポワードワーム #ワーム #リザーバー #ダム #七川ダム #七色ダム #紀ノ川 #和歌山 #奈良 #サウザー395  #釣り好きな人と繋がりたい #釣りスタグラム #広告 #PR

こないださっそく釣ったサベーシギア・3Dブルーギル。








その概要と言いますか・・・まぁこれも豊富なラインナップ。



先ずはサイズは【パルステール採用モデル】で14センチ・10センチ・そして7,5センチの3タイプ。



フックはラインスルー方式を採用しております。







14センチとかって数字で言えば大きそうな気がしますけど、実際平均的なブルーギルのサイズで凄く使いやすそうなサイズ感。

10センチと7,5センチはかなり小さく感じます。

これらはサイトとかでもムチャクチャ効きそう。







野池とかの子ギルパターンとか絶対効きますもん。

僕は冬場にこれをディープに落とし込んで使ったらオモロイんちゃうーんっと今から妄想中です。



そしてこのブルーギルタイプはパルステール採用モデルともう1つジョイントタイプもラインナップ。

こっちはゴメンナサイ実はあんまり詳しくなくてサイズラインナップは知りません(勉強しておきます)



動かした感じはパルステールタイプとまた別物。



ジョイント利用したユラユラスイミングでこっちの方が好きな人間違いなく多いでしょな。



こっちは背針タイプを採用してるっぽいです。


まぁブルーギルタイプはパルステールトラウトみたいなビッグベイトと異なりリアルに補食対象となるバスの餌としての存在。



故にこのサイズ感とリアルな造形は何物にも変えがたい絶対的なアドバンテージとなるでしょね。

個人的に使うのは14センチタイプでしょうけど、一般性考えたら10・7,5センチの方が逆に他社さんラインナップに無いので面白いかなと思います。



発売は5月発売との事でお楽しみに(一足先に使わせてもらいますズンバゼン(笑))





Abu Garcia @abugarcia_japan

PENN @penn_japan

Berkley @berkley_japan

PLANO @planofishing_japan

SAVAGE GEAR @savage_gear_japan


#アブガルシア #AbuGarcia #ピュアフィッシング #abugarcia_japan #サベージギア #savagegear #ゼノン #ZENON #ティーズオン #ホーネットスピアーズ #サベージギアで釣ってみろ #バスフィッシング #グレイズ #GRAYZ #眼鏡の愛眼 #ストームライダー #ハンドポワードワーム #ワーム #リザーバー #ダム #七川ダム #七色ダム #紀ノ川 #和歌山 #奈良 #サウザー395  #釣り好きな人と繋がりたい #釣りスタグラム #広告 #PR


Gボールにかなり太いシリコンラバー刺してみた。


うん。ええやん🎵



相当水押しそう。






そしてGボール含めコレ系はマスバリ直掛けなのでバス掛けたらそこそこの確率で千切れてサイナラ。



特に特大GボールはMHロッドでも投げれるんやけど、その自重故にそこが悩みなので自作でネジ込みアイ作って装着。











うん。ええ感じ。


こないだからアシストフックとかもそやけど、こーゆーアイテムの作り方動画でアップしてみようかな。。





Abu Garcia @abugarcia_japan

PENN @penn_japan

Berkley @berkley_japan

PLANO @planofishing_japan

SAVAGE GEAR @savage_gear_japan




#アブガルシア #AbuGarcia #ピュアフィッシング #abugarcia_japan #サベージギア #savagegear #ゼノン #ZENON #TAF製法 #ホーネットスピアーズ #サベーシギアで釣ってみろ #バスフィッシング #グレイズ #GRAYZ #眼鏡の愛眼 #ストームライダー #ハンドポワードワーム #ワーム #リザーバー #ダム #七川ダム #七色ダム #紀ノ川 #和歌山 #奈良 #サウザー395  #釣り好きな人と繋がりたい #釣りスタグラム #広告 #PR


このサイズだったら普通は大満足なのだが・・・今日はサイズも計らず直ぐにリリース(たぶん51とか)


とりあえず写真無いのもなんやから・・・

一度勝負は出来たんやけど完敗。


でもまぁやはりサベーシギアはデカイのにムチャクチャ効くね。






パルステールトラウトをメインに使ったけどボトムでも引っ掛からずにとても優秀。


一度サイトで発見からのブラインドアプローチで冠水植物周りからナナマルクラスがボトムのコイツめがけて追っかけてった時は身震いしました。
しかも横から60前半も一緒に追いかけてくし。
何も起こらんかったけど(笑)


写真の魚は昨日届いた新作のブルーギル。
コイツはラインスルーシステム採用。

丸飲みでした(外して撮影してますのでご了承ください)

さて次いつ行こうかなぁ✨



Abu Garcia @abugarcia_japan
PENN @penn_japan
Berkley @berkley_japan
PLANO @planofishing_japan
SAVAGE GEAR @savage_gear_japan

#アブガルシア #AbuGarcia #ピュアフィッシング #abugarcia_japan #サベージギア #savagegear #ゼノン #ZENON #ティーズオン #ホーネットスピアーズ #サベーシギアで釣ってみろ #バスフィッシング #グレイズ #GRAYZ #眼鏡の愛眼 #ストームライダー #ハンドポワードワーム #ワーム #リザーバー #ダム #七川ダム #七色ダム #紀ノ川 #和歌山 #奈良 #サウザー395  #釣り好きな人と繋がりたい #釣りスタグラム #広告 #PR

サベージギアのパルステールトラウト。 


 コイツのわかってきた事を色々と。


 まずこないだからちょくちょく書いてたアシストフックを止めるゴムはやっぱりこの嫁考案?のヘアーゴムバンドが抜群でしたね。 

フックのズレも少ないし、かなり強度もあります。

これはマジでオススメですね。 

100均で売ってるので是非試して欲しいです✨ 


そして本体自体も非常に使いやすくて、まだまだこれと言ったデカイ魚は釣ってないけれど長年の経験でコイツは武器になるって感覚はとてもあります。


いずれ動画を上げようかなと思ってますが今まで色んなこれ系テール(サベージギアはパルステールと言います)のルアーを使ってきましたがボディーと連動して若干頭も振るので動きはけっこう大きな部類かなと思います。 







 さらにシンキングの沈下速度も特にスローシンキングモデルは速すぎもせずとても平均的な印象。


良い速度でリトリーブ出来てレンジコントロールもとてもやり易い。

欲を言えばフローティング欲しいけどね(そこら辺はテスターなので色々意見上げて行きます(笑))


まぁとりあえず一般的なスイムベイトとしては超優秀ですな。


ちなみにラインスルータイプ(フックを背中側と腹側両方に変えれる)と背針タイプがありますが僕はサベージギアでは断トツ背針タイプを使います。


理由は3つあります。 


まず背針を利用してゴムバンドのズレを防げる事。背針にゴムバンドが引っ掛かり前後に動き難くなるんですね。 






そしてとある特殊な状況でこのルアーをバスを怒らせるだけの要素として投入して、食って欲しくないけど食ってしまった時の不意なデカバスのバイトに備える為。

前にフック全外しのタロン9インチを丸のみされた経験がありまして(笑)背針さえあればフックアップ出来てたのにって今でも悔やんでます・・・ロク後半あったのに。


 そして3つ目はリザーバーと言うフィールドにおいての根掛かり。

特にバックウォーターはボトムに付けたい時やストラクチャーに絡めて使いたい時が多々あるので簡単にフックの位置をズラせれるように。






まぁ人気は昔も(サベージギアは一度国内に流通した事があります)ラインスルータイプやと思うんやけど、このアシストフックシステム使うとフック位置は背中側、サイド、腹側と自由自在なのでアシストフック作るのメンドクサく無ければ是非試して欲しいです。










そろそろスポーン前の縦ストとかにデカイのついたりしてシーズンでもかなりスイムベイトが重要な季節がやってくるので投げまくりますよーん❗