CA.GRANROSSA 2011

CA.GRANROSSA 2011

当クラブチームは2011年に活動を開始した。南米アルゼンチンスタイルのサッカーを目指し、足元の技術があって闘える選手(球際の強さ、メンタル)の育成と強化を3年間徹底して指導します。
毎週月、水、金曜日に宮竹中学校で練習を行なっております。


U14新人戦
1/16
グランロッサ6ー2BUDDY
開始7分に失点し悪い雰囲気がしたので早くもゲームプラン並びにシステム変更をした。それが良かったのか14分にドリブルから倒されPKで同点。その後得点を重ねることが出来た。

第2戦
グランロッサ1一1小倉南
PK4-5にて負け

ボール保持率9割小倉南
ひたすら耐えるグランロッサ
これは想定内。
決定的なシュートもキーパーのファインセーブにてノーゴール。
前半0-0終了
プラン通り!
1点取る策を練っての選手交代。
ウチの右サイドから崩したかったのでこれがハマって何と先制!
9割ボール握られても勝つサッカーを体現していたが残りタイムアップまで30秒切ったところでウチの左サイドからエグられて同点。
30秒我慢出来なかったという格好いい言い方も出来るがあの場面は必然的な失点。あの場面を逃さない小倉南は流石。
理由は至ってシンプル。
足が止まっていた。
PK戦も十分想定していたのでしっかり練習もさせていた。
練習の成果も出ていた。
それでも外さなかった小倉南。
今日の我がチームは負けたけど
良く闘ったと思う。
九州大会もコロナで中止となった。
どうしても九州大会は連れて行きたいという思いで突貫工事でチームを作ってきたがこれから春までは個人技術の向上を図る指導をしていくことにする。