東京9R・八ヶ岳特別(芝1800m)で勝負服ノワールドゥジェ(4牝・プチノワール18 父ハーツクライ)<宮田>が優勝クラッカー

 

馬体重486キロ(+2)でパドックは好気配。単勝1.7倍の圧倒的人気でした。

好スタートから前に馬を行かせて4番手にピタリ。1000m通過1分ちょうどのゆったりしたペースを折り合って追走。抜群の手応えで4角を回ります。直線は外目を突いて、残り400mを切って軽く仕掛けるとグイッとひと伸び。残り200mで前を捉えて、そのまま先頭でフィニッシュ。勝ち時計1分46秒4。2着馬とは1馬身半差でした。

 

「元々レースが上手ですし、良いスタートを切ってリズム良く行けました。最後しっかり反応してくれましたし、良かったです」(戸崎騎手)

 

星出資馬の1番人気での負けが続いていたので、ようやく勝ててホッとしました。戸崎ジョッキーがソツなく乗ってくれました。9頭立てで不利を受けにくかったのが大きかったですが。力はあると思うので、このまま順調に行って早くオープン入りしてほしいです。陣営の皆さんありがとうございましたお願い

image

image

(keiさん撮影)