夫いじり+料理 (現在アメリカのモンタナ州に在住中)

我が家の家族構成: いちいち面白い夫、二児、私。

天然だったり、色々なものへのこだわりが、ちょっとうざいこともあったり...だけど、私の親友でもある愛する夫(笑!)に内緒のブログです(≧∇≦)

ときどき、私(妻)の作る男の(←)料理も載せています(笑)。


テーマ:
{A9354585-C8FB-4A51-8445-F8DAB691DD1B}

気がつけば、既に9月も半ばを過ぎていました!
写真は、先日ball(フォーマルなダンスパーティー)へ行った際の写真です。友人に金曜日に誘われて、翌日の土曜日の夕方からのパーティーだったので、急でドレスの準備もできなくて、誘ってくれた彼女のドレスをお借りいたしました。

友人は、急に行けなくなった御夫婦からチケットを譲っていただいたそうなのですが、
(このチケットがすぐに完売してしまい、毎年キャンセル待ちをしている方々が多いとか...)

I really want to go, but I'm not ready for ball at all... えーん
I don't even have proper dress for it.
すっごく行きたいけど...全く準備ができてないよ〜〜。フォーマルなドレス(floor length dress=床まで届く丈のドレス)も持っていないし...
Sorry, but you should've told me at least 2 weeks ago...
ごめん、せめて2週間前に言ってくれていれば...。

...と、お断りしようとしたら...


A date (誰かお供をする人)がいないと加できないとか。私はてっきり夫婦や男女のカップルじゃないとダメなのかと思いましたが、
同性の友人同士でも大丈夫なのだそうです。
(考えてみたら、当たり前なのかもしれませんね笑い泣き)

この友人、普段 本当に親切にしてくれて、以前私がかなり間抜けなミスをしたときにお世話になったことも多々...。
(レストランに行ったら、食後お財布を忘れてるいることに気づいたときに建て替えてくれたり、身分証不携帯アセアセの窮地を助けてくれたり...左矢印詳細は省略(笑))

よし、ちょっとでも恩返しを!
(あと、私もパーティーに行きたかったし...左矢印職場のpolitical(政治的な)お付き合いが大変なようで...夫が行きたがらないから、まだ参加したことのないパーティーでした。夫もあと数年したら避けられないかな、なんて言ってはおりましたが...)
...ということで、友人の同伴をすることに。

タイトルの件ですが(左矢印やっと!)...
この誘ってくれた友人が、とても人付き合いが上手な方で、いつ如何なる時も、周りの方々に溶け込めるのです。
彼女はアメリカのモンタナ以外の州の出身なのですが、いつも初対面の方々と世間話を始めるのが上手で、相手があまり話したくないような雰囲気を出していても、あまり気にせず話続け...いつの間にか相手もにこやかに。

私だったら、相手があまり話好きな感じではなかったら、その時点で話を続けるのを諦めて挨拶程度にしてしまうことばかりで、彼女の社交術には驚かされます。見習いたいものです。

貸していただいたドレスは、真っ白で汚したらどうしよう〜〜とか、同じテーブルの方々も友人以外は知らない御夫婦ばかりで大丈夫かな...など初めての席なので緊張いたしましたが...
開会式が過ぎたら、かなり和やかな雰囲気でした。

ダンスも社交ダンスではなく、カジュアルで賑やかなダンスでしたので、友人やジムで知り合った方々と一緒に楽しく踊りましたウインク

いつもと少し違ったドレスアップするのも新鮮でしたし、
友人のおかげで本当に良い時間が過ごせて楽しかったです。
この誘ってくれた友人と、子供達の夕飯のお世話などをしていてくれた夫に感謝感謝ドキドキです音譜

AD
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

テーマ:
{6C6437E9-7284-4BF0-821D-694A78EF9C95}

(こちらは、家族がヨーロッパ旅行中に撮影した写真です)

*少し追記をいたしました。
今年、初めてその存在を知った山の日
調べてみると、平成28年 (2016年) 8月11日から施行されたとのこと。
去年から始まっていたのですね。

読めばなるほど.com を読んで知りました。

以下、祝日の存在を知ったときの夫と私の会話 (...の一部)
私: Did you know that Japan made new national holiday?
日本が、新しい国民の祝日作ったの知ってた?
*夫がため息をついた理由 = 日本は国民の祝日がとても多いので、「また増えたの!?」という思いからです。
アメリカは、国民の祝日は少ないのですが、イースター•独立記念日•サンクスギビング•クリスマス付近のいずれかにまとまったお休みを取る方が多いです。

夫: Nope. (I) Didn't know that. 
いや、知らない。

私: It's called Mountain Day! 
山の日、だよ!

夫: Sigh,.. so people get a day off with that?
はぁ...(ため息) で、みんなお休みがもらえるわけ?

私: Exactly! You know,..there is a Ocean Day in Japan, right? So I think mountain lovers were like "Hey, it's unfair! We need our Mountain Day!!!! "
その通り!日本に海の日があるのは知ってるでしょ?私が思うに、山好きな皆さんが 「海の日があるのに、我々の山の日が無いなんて、不公平だ!!!」...ってなったんだよ〜〜。

夫: ....So is that your dad's favorite holiday, now?
.... 。で、それって今は、お義父のお気に入りの祝日?

*私の父は登山が大好きです。
そして、会話中の登山愛好家の皆さんが、山の日が無いと不公平だ!...と言ったかどうかは不明です(笑)。私の空想•妄想ですべーっだ!

山と言えば、私達一家の住むモンタナ州は山岳地帯にあります。
そして、モンタナ州の名前の由来もスペイン語のmontaña(山) から来ているそうです。
以下、Wikipediaからの引用です。

(もとのページはこちらです)

 Montana is the fourth largest state in the United States and is well known for its mountains. The name "Montana" means mountain in the Spanish language.

⚫︎モンタナはアメリカ合衆国の中で、その面積の広さは第4位。
確かに、広いです!何もない自然だけが広がる地域も広大...。

⚫︎ 「モンタナ」という名前の意味は、スペイン語の「山」にあたる。
この一文は、先に書いたものと同じですねあせる州の名前がスペイン語ですが、モンタナ州にヒスパニック系の方々は多くはありません。州全体の2.9%。ちなみにアジア系の住人にいたっては、0.6%。

実は、標高も高いため夏の紫外線は強烈です。日本のどこにいっても、ここまで肌がジリジリする地域は無かったとおもいます。
そして四季を通して、とても乾燥しています。特に夏の乾燥は厳しく、山火事が発生することも多いのです。

モンタナ州にはいくつも国立公園があります。景色がとても綺麗です。

※いくつかの風景写真をWikipediaよりお借りしました↓
{DB47F90E-7D33-417A-9011-48349B78AE95}
St. Mary Lake (セント メアリー湖)

{9D7BC21E-E106-48DF-BA27-19879EEA59B7}


St. Mary Lake in Glacier National Park
(同じくセントメアリー湖。グレイシャー国立公園から観られる景色だそうです) 

{A67AB3AD-8086-42B6-814F-8C9A3E251747}
The Belly Liver in Waterton Lakes National Park
(ウォータートン湖 国立公園内のベリー川)

{B9AB97DF-7C6F-422E-9210-0476ACADE3D6}
Missouri Breaks region in central Montana
(州の中央部に位置する ミズーリブレイク)

まだ訪れたことの無い地域がたくさんあるので、こちらに住んでいる間に訪ねてみたいです。
数時間かけて着くような場所ばかりですので、宿泊しながらの観光となりそうです。
(中にはこちらグレートフォールズ市から片道6時間かかる国立公園もびっくり...)

日本の山の日を考えるついでにウインク山岳地帯にあるモンタナ州について、ほんの少しご紹介させていただきました。
読んでくださり、ありがとうございます爆笑ドキドキ




山登り、好き?

▼本日限定!ブログスタンプ

あなたもスタンプをGETしよう

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:
{8632D5D6-6B7E-45ED-B0EB-E5029A7F73C2}

(庭の花壇に咲くお花黄色い花朝の水やりの後に撮りました。
Wild Flower Mix のタネを蒔いたので名前がわからないですしょぼん。)

私は普段、エアコンをつける必要がありません。
7月は気温40℃を超えていたモンタナ州グレートフォールズ市ですが、8月に入るとともに、ぐっと涼しくなりました。


とは言え、夫や子供たちには暑いと感じるようです。

私が、エアコンをオフにしていると夫はすぐに気づきます。

以下、よくある家庭内の戦い(?)だと思います↓

(夫) The AC is off, isn't it?
エアコン、切ってるよね?

(私) Well, I don't know...but I'm so comfortable.
えー、わからないけど...私は快適だよ!
(I know I turned it off because it's chilly for me) 
*切ったのは私ですが、とぼけてます↑(バレバレですが)

(長女) If it's comfortable for mom, it's actually NOT (for us)... 
ママが快適なら、うちらには不快な温度だよね〜。

(夫) THAT'S ABSOLUTELY TRUE!!!
まさに その通りっ!


そう言ってエアコンのスイッチをオンにされてしまう日々...真顔真顔真顔...  
私のユートピアがぁ....笑い泣き


My husband always turns on the AC back and then my comfy time will be gone... 


負けるな、私ビックリマークビックリマークビックリマーク(笑)。



AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。