ごとう勇樹のときどき日記

ごとう勇樹のときどき日記

緑豊かで人情味が厚く、多くの文化財が残る滋賀県日野町。日野菜漬けの原料・日野菜は日野町が原産!

午前8時30分より始まった議会運営委員会に続き、午前9時5分より令和3年日野町議会第2回定例会、最終日の本会議を迎えました。

 

 

委員長報告では各委員会の委員長報告があり、私も議会運営委員長と兼任させていただいている議会広報特別委員長として委員長報告をさせていただきました。

その後、各委員長報告に対する質疑はなく、討論では、共産党の池元議員より総務常任委員長の委員長報告に対して反対討論があり、私が賛成討論に立たせていただきました。

また、令和3年度の当初予算については同じく共産党の加藤議員から反対討論があり、こちらも私が賛成討論に立たせていただきました。

その後は討論なく、各議案について採決が行われ、いずれも賛成多数により全議案が可決されました。

 

 

続いて議会運営委員長である私・後藤より、議員活動と家庭生活との両立支援策や、男女の議員が活動しやすい環境整備の一環として、出産・育児・介護などを議会への欠席事由として整備し、また出産については、母性保護の観点から、出産に係る産前・産後の欠席期間を規定すること、さらに請願提出時に今まで必ず押印を求めていたものを、自署の場合は署名のみも可とすること等の、日野町議会会議規則の一部を改正する規則の制定についてを議員提案させていただき、全員一致にて可決されました。

 

また、この4月1日で退任される今宿綾子教育長の後任として現日野小学校長の安田寛次氏の任命が町長より提案され、質疑なく、全員一致にて承認されました。今宿先生、6年間本当にありがとうございました。

 

 

続いて、中西総務常任委員長より提出された「核兵器禁止条約への署名・批准を求める意見書」について審議し、質疑、討論はなく、全員一致にて採択されました。

 

以上で、本日の予定はすべて終了し、去る3月1日より26日間にわたって開催された令和3年日野町議会第2回定例会(3月議会)は閉会しました。

 

共産党会派による反対はあったものの、コロナ対策が急がれるこの時期、無事に賛成多数により当初予算が可決され、ほっと胸を撫でおろしております。

 

今後も町民福祉向上のために全力を尽くしてまいります。

皆さま、どうぞよろしくお願いいたします。

 

いいね!

コメントする

シェア