ごとう勇樹のときどき日記

ごとう勇樹のときどき日記

緑豊かで人情味が厚く、多くの文化財が残る滋賀県日野町。日野菜漬けの原料・日野菜は日野町が原産!

 

 

 午前9時より産業建設常任委員会が開催され、①滋賀農業公園「ブルーメの丘」の指定管理者の指定について、②下水道事業会計補正予算の2点について約1時間半の審議を行いました。

 

 

 

 

 ブルーメの丘は日野町農業構造改善事業として平成9年に第三セクター方式にて開園しましたが、その後平成15年に指定管理者制度へ移行。平成28年に指定管理会社である(株)ファームが民事再生法の適用を受け、(株)ワールドホールディングスをスポンサーとして業務を継続し現在に至っています。この度10月1日をもって(株)ファームが(株)ワールドインテックに吸収合併されることにより、事実上指定管理団体が消滅することになり、次期指定管理者の指定(令和3年4月1日)までの期間、(株)ワールドインテックを指定管理者に選定する事となりましたので、この件について活発な意見を交わし審議を致しました。

 

 その後、本委員会に付託された上記2議案についての討論は無く、採決の結果、全委員一致にて町長提案通り可決すべきものと決して閉会いたしました。

 

 ブルーメの丘は例年ですと年間30万人が訪れる町内の優良施設ですが、今年は新型コロナウイルス感染症の影響で4月~8月までの5か月間で来園者数が約5万2千人と低迷しています。ゴールデンウイーク前後の4月・5月に年間売上の35%が集中しているだけに、コロナ禍の影響が大変深刻です。

 園内は徹底した感染症対策にも努めておりますので、ぜひ秋空の下、ブルーメの丘で動物たちとの触れ合いをお楽しみください!