ごとう勇樹のときどき日記

ごとう勇樹のときどき日記

緑豊かで人情味が厚く、多くの文化財が残る滋賀県日野町。日野菜漬けの原料・日野菜は日野町が原産!

 日野町議会が日野町立日野小学校に6年生さんたちの「まちの幸福論プレゼンテーション」にご招待いただきました。

 

 

 7月に日野小学校6年生の議場見学があり、その時に議会議員との意見交換の時間を持たせていただきましたが、それ以後、みなさんで日野町の未来について色んな意見を出し合われたとのこと。今回は、みんなで考えてくださったこれからの日野町についての意見発表の場です。

 

 

 皆さん町の人口減少問題について心配しておられ、日野町に活気を取り戻すため、また、蒲生氏郷公をはじめとした日野町の武将や歴史を広く多くの人に知っていただくため、日野菜などの特産品やまちの景観・自然にたくさんの人に触れていただくために真剣に、そして具体的に色んなアイデアを出し合われたことがよく分かりました。

 

 

 とても小学生のアイデアと思えないほど画期的な意見もたくさんあり、ぜひ議会に来て発表してほしいと思えるほどでした。議員の中には、小学生さんがパワーポイントをサクサク使いこなされること自体に驚いている方もおられました。

 

 

 これからのまちづくりは、子どもも含め、色んな世代の意見やアイデアを取り入れながら、ワンチームで取り組むことの必要性を強く感じさせていただきました。

 

 

※ 写真等は学校の許可を得た上で掲載しております。
※ 名札等の児童の名前が特定できる部分には画像加工を施しております。