福岡県議会12月定例会にて一般質問をいたしました。

テーマは「AYA世代のがん患者支援について」でした。

AYA世代は主に15~39歳の年代をさします。

本年10月に、このAYA世代のがん患者のうち、20~39歳のがん患者の約8割を女性が占めると発表がありました。

今回はAYA世代のがんの中でも、女性特有のがんである乳がんと子宮頸がんに注目して、その患者の支援について質問をしました。

いつものことながら長いです・・・

がんによる死亡率を低下させるためには、検診の受診が欠かせないですが、福岡県では、2016年のデータで、乳がん検診受診率が40.9%で全国38位、子宮頸がん検診受診率は37.9%で全国44位と大変低い結果となっています。

そこで、検診受診率の向上について ①無料クーポンの利用状況 ➁無料クーポンの活用も含めた検診受診率向上のための具体的取組について ③がん検査における最先端技術の導入についてなど質問をしました。

①無料クーポンの利用状況については、20歳で子宮頸がん検診、40歳で乳がん検診の無料クーポンを市町村が配布していますが、H30年度のその利用率は子宮頸がん検診11.8%、乳がん検診が24.3%と低い状況にあることが明らかになりました。

②この低い状況に対して、向上のためどのような具体的な取り組みをしてきたのかについては、利用率の高い市町村は、クーポン未使用者への再勧奨や、女性スタッフのみで検診を行うレディースデーなどが設けられており、県ではこのような優良事例を情報提供するなどの働きかけや県内どこの検診機関でも利用できる広域的な体制づくりをしている、などの答弁をいただきました。

しかし、これまで県議会でも検診受診率の改善が何度も問われてきたにもかかわらず、依然として低いのが現状で、AYA世代のがんの早期発見のためにも、これまで以上の取り組みを行い、向上に努めることを要望しました。

③最近ニュースにもなった九大発ベンチャーの(株)ヒロツ・バイオサイエンスが開発中の線虫がん検査「N-NOSE」は尿1滴でほぼ全身の15種類のがんのリスクが約9割判定できるとされており、誰もが簡単に検査ができるこの技術が導入されれば検診受診率の向上が期待できることから、その実用化にむけた県の支援についてお伺いしたところ、H28年度から実証試験への支援などを行っており、来年1月には実用化の見込みであるとのことでした。

今後も注目したいと思います。

また、AYA世代は、学業、進学、就職、結婚、出産、子育てなどの様々なライフイベントに直面しており、その年代ならではの悩みを抱えています。

高校生や大学生は学校のことが、働く年代の方にとっては仕事が、治療中の大きな課題であることがわかっており、仕事、学業と治療との両立支援についてもお聞きしました。

この他にも、今年度8月より県は、AYA世代の妊孕性温存治療を行う患者に対する助成を新規事業として始めています。

今回感じた他の課題についても引き続き、調査を進め、次はさらに踏み込んだ質問をしたいと思います。




福岡県議会は、本日も本会議が行われています。

午後からは一般質問が行われました。

私は、明日12/11水の午後、5番目に登壇します。

テーマは「AYA世代におけるがん患者支援」についてです。

※AYA世代とはAdolescent and Young Adultの略で、15歳から39歳くらいまでの世代を指します。

ぜひ傍聴に来てください☺️

また、インターネット中継もありますので、ぜひご覧ください。

http://www.fukuoka-pref.stream.jfit.co.jp


西区野球連盟トーナメント大会からスタート⚾️

人生初の始球式をさせて頂きました。



写真は山内康一衆議院議員と始球式の練習でキャッチボールをしているところです。

選手の皆さん、お疲れ様でした!




その後は、百道浜小学校の餅つきに参加させて頂きました。



地域の皆さんで毎年盛大に開かれています。

ありがとうございました✨


子宮Day in Fukuokaにも行ってきました。



生理のこと。性のこと。

こうやってオープンにみんなで話せる場所は貴重です。

うとうさん、スタッフのみなさん、ありがとうございました☺️



また本日は、福岡県スポーツ推進委員研修大会が福岡国際会議場で開かれました。

「みんなで描こう!福岡式スポーツ・レクリエーションの未来」をテーマに、福岡県内のスポーツ推進委員およびスポーツ担当者が一堂に会し、地域におけるスポーツ・レクリエーションの普及・振興についての研修がありました。

基調提案では、香蘭女子短期大学保育学科准教授の 中村 洋子さんから3月に九州大学と共催で開催された「未来の福岡の運動会」の報告がありました。

最新のメディア・テクノロジー等を使って、自分たちで新しい種目や演出を「創り」、自分たちで運動会を「やってみる」参加型の運動会です。

次の開催は私も絶対参加するぞー!




本日は、次男の保育園の生活発表会からスタート
かわいすぎて、日々の疲れが癒されました☺️






午前中は、福岡市立小田部小学校の創立30周年記念式典・祝賀会に参加。



私の住んでいる校区のお隣なので、友人・知人がチラホラおり、お話できて嬉しかったです😊

小田部校区は、地域・保護者の皆さんが大変活発に活動しておられます。

特に2001年に小学校の保護者が「地域の子どもたちを自分たちの手で守ろう」と自前の回転灯付きパトロールカーで活動を始め、校区の犯罪発生件数は激減しました。

有名な小田部だいこんから「だいこん号」と名付け、現在は3代目だいこん号が頑張っています!





他にも、保護者がスクールサポーターとして活動するなど、教育環境も整っており、現在では早良区でも3番目の規模の小学校となっています。

小田部小学校の皆さん、30周年おめでとうございます✨






午後からは「女性のための政治スクール」へ

福岡女子大学 国際文理学部教授で副学長の野依智子さんから「非正規シングル女性の可視化と女性労働政策」について、これまでの女性労働史を踏まえた講演がありました。

意識を変えよう、と言うが、なかなか実情は変わらない。まずは制度を作らないと始まらない!




夜は、原西校区の忘年会にお招きいただきました。





原西校区のみなさんとたくさん懇談させていただき、楽しい時間が過ごせました。

原西校区の皆さま、ありがとうございました😊






まずは、12月4日に暴力という卑劣な行為で命を落とされた中村哲医師の訃報に接し、心よりお悔やみ申し上げます。


●福岡県、子ども医療費助成を中学生まで拡大へ

本日、福岡県議会は代表質問1日目。

その中で小川知事は、新聞報道でもあった通り、2021年度の導入を目指し、子ども医療費の助成を中学生まで拡大すると答弁されました。

現在、中学生の入院費については県内全ての60市町村が独自財源で助成をしていますが、通院費については32の市町村にとどまっています。福岡市・北九州市の両政令市も助成はしておらず、自治体によって医療費負担に格差が生じており、今回県内全ての市町村で同一水準の医療費助成が実現します。

また、県では、入院費や通院費の自己負担について、1か月あたりの上限を設定し、上限を超えた分を市町村と分担して助成しています。政令市においては県は1/4の補助、それ以外は1/2としていましたが、県が入院・通院ともに一律1/2を補助するとし、具体的な自己負担の上限額や所得制限などは今後、検討するとしています。

県は市町村にも助成の充実、県内の医療格差の縮小を促していく予定です。

https://rkb.jp/news/?view=pc







また、下記ニュースの内容もシェアします。

アフガニスタンで福岡市のNGO、「ペシャワール会」の現地代表の医師、中村哲さんが車で移動中に、何者かに銃撃され死亡しました。

この事件で、福岡県警察本部は、海外で日本人が殺人などの重大な犯罪に巻き込まれた場合の、刑法の「国外犯」の規定を適用し、殺人の疑いで捜査する方針を固めました。

中村さんの遺体は、8日にも日本に搬送され、福岡には9日に戻る見込みで、福岡県警は遺体が到着したあと、県内の病院で司法解剖を行うなど死因を調べることにしています。