こんにちは、北島産業です。

 

私たちは、あらゆる災害に耐え、環境を破壊しないで地域の資源を活用し、未来の子孫たちの心を育む家を作りたいと考えています。

 

そこで、新たにZEH(ゼロ・エネルギー・ハウス)への取り組みを開始することにしました。

 

1.ZEHの周知・普及に向けた具体策
・ホームページ・チラシ・広告などによるZEH住宅の告知・普及を行っていきます。 
・モデルとなる施工例をもとにお客様に分かり易く説明できるよう資料作成を行い、ZEHの啓もう活動を行うことで、ZEH の普及に繋げていけるよう努めます。

2.ZEHのコストダウンに向けた具体策
・ZEH仕様の標準化を図るとともに、建材・設備メーカーと協力し、コストダウンを行います。 
・仕入れ管理の徹底を行うことで、資材ロスの削減を図り、コストダウンに努めます。 
・外皮計算可能なCADソフトを導入し、設計段階からエネルギー消費量が削減可能な計画を行い、コストダウンを目指します。

3.その他の取り組みなど
・建物本体のグリーン化事業へ積極的に取り組みます。
・ZEH ビルダーとして環境問題に高い意識を持ち、会社の特色として ZEH 住宅を打ち出せるよう社員の知識向上を目指します。

4.今後の普及率目標(年度毎)
2020年度(実績):ZEH 0%

2021年度(実績):ZEH 0%
2025年度(目標):ZEH 50%

 

注文住宅 北島産業株式会社 家の110番 (ie110.net)

五島では50kW以下の太陽光発電が増えています。


50kW以下の発電所は設備費用が少なくてすみ、費用対効果が有利に動きます。


土地の面積も250坪程度あれば計画できると思います。


来年の3月までの完成を目標に数件の計画が進行中です。


五島&長崎ではたらく社長と仲間たち

500KWの吉久木発電所


弊社が手がけた4ヶ所の太陽光発電所は電圧を高圧の6600Vで送電します。


6600Vで送電するためには電圧を上げるキュービクルが必要となります。


なぜ高圧(6600V)とか特高圧(66000V)で電気を送るか?


それは送電ロスを少なくする為です。


今回施工した高圧の太陽光発電所は4ヵ所で1.2MWの能力があります。


五島では、10月28日石原環境大臣も出席して国内初の浮体式洋上風力発電所の運転開始式典が行われました。


この風力発電は場所が五島市椛島沖にあり発電能力が2MWあるそうです。


また今日開催される「海洋再生可能エネルギー国際シンポジウム」にはスコットランドから講師が來島します。


今日の会議が楽しみです。