雑魚釣り日誌

雑魚釣り日誌

毎日が日曜日、色々な釣りに挑戦します!

今年は、ワカサギ・テナガエビ・投げタチウオ・アオリイカ・・・

今日も行ってきました

 

9:30~10:50  50匹あまり?

去年までは毎日のようにアラカワさんが来てましたし

タムラさんやカサイさんも来られてましたが

今年は、だぁ~れも来られません、元気にしているんでしょうか?

 

そう言えば、ヨネヅさんやリポビタンDのおじさんは2年ほど見てないし

the sermonさんもキス釣りが忙しいのか?

模細工さんはまだ傷が癒えないのか?

そう言えばマツウラさんも来られませんが、貞光川で釣ってるのか?

とにかく、園瀬川の『釣れる場所』はボクの独り占めです(^^)

 

 

 

9時になったら家を出て、草むらを自転車で走破して釣り場へ乗り付け

竹やぶを整備?した斜面通路を少し降りたら目の前が釣り場です(^^)v

 

 

毎日のように『せせる』『いろべる』ものですから

ハエもだいぶ勉強が進んで、入れ食いの時間が短くなってきており

直ぐにアタリがまばらになりますし掛かる率も下がっていきます

風が弱ければウキの微妙な動きで掛けるんですが

5m/s以上もも吹けばキレイなアタリでないと掛けるのは難しい

今日もそんな釣りでした、もう少し風が弱い予定だったんですが・・・

 

 

 

風が少し弱い時間帯に、秘策で少々釣りました

あくまで、かなり食いが悪くなって普通の釣り方では厳しい時間ですが

(最初の入れ食い~少々食いが悪くなった時間帯は普通に釣る)

深すぎるウキ下(たぶんハリは底についている)に調整し

『もやっ』としたアタリや食い上げのアタリで掛けるんです

長い、4.5mとかの竿で釣っていた時代からの得意技ですが

冬のほぼ止水でのハエ釣りでは威力が発揮される気がするんですが

どんなもんでしょうね~

 

 

 

 

 

                ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

昨日は徳大病院での診察などで朝から15時ころまで拘束され

(診察や検査の説明は計10分くらい? 残りは待ち時間(^^; )

釣りどころではなかったんですが

本日はさしてスルこともなく

『午前中にハエ釣りにでも行ってくるわ!』

っと、9時過ぎに自転車で出発

 

 

30匹くらいは居ますかね~

終了したのが9:55くらいで、釣ったのは30分くらいでしょうか?(^^;

それで2ヶ所試してみたので、正に釣査かいな?

 

 

水温は測らなかったけど、釣れ具合からは17℃ありそう

上流からの強風でネコジャラシにあったような状況で

仕掛けがなかなか掴めず

手が冷たいので手袋を履いていたけど

コレが手返しのスピードにはどうしても悪影響を及ぼし

なかなか数釣りというわけにはイカない

 

最近『ひだまり』を購入して着ていたので体はホカホカ

水温が高いし、足元は万全の準備で足もホカホカ

 

しかし、顔が寒いので鼻水がちょちょぎれ

手袋から露出している指先は冷たく

気温が低くて風が強い日に釣りに行くもんではないですね~(^^;

 

 

 

 

               ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

気温が低く、手が冷たくなって往生しました(^^;

 

 

川の中の足は大丈夫なんです、なんせ水温が17.6℃

温かいとまでは申しませんが、足の指がジンジンするなんてのはなし

 

 

釣り場は川北西橋の上流・・約300m

前回の釣行時、左岸側から降りられるように竹やぶに通路確保

降り口に自転車を停めて数m降りるだけ、楽チンです(^^)

 

写真奥に「中洲」が見えますが、もっと奥に流れ込みがあります

これは普通の用水の水なので水温が低いはず

たぶん、中洲に遮られて向こう岸近くを左(下流)に流れているはず

中洲の手前はクルブシよりチョイ上程度の深さですが17℃あります

 

 

手前の中洲で川が狭くなるこの辺りでミキシングされているものと推測

クルブシ上から1m余りへと深くなっていく場所でもあります

今日のポイント

 

 

9:30~10:25の約1時間+約25分

その後、20mくらい下流で20匹くらいは追加したのか?

第一地点との距離が短いからか?第二地点は最初から食いが悪く

20匹程度釣ったところで本日は終了

釣っていたときの感じでは150匹くらい居るんじゃなかろうか?

 

 

ほぼ止水、上流からの風(流れが遅いと下風より釣りやすい?)

深さは70cmくらいのところでやりました

冬場は少し魚から離れたほうが良いかと思い竿は3.3m

 

水温が十分に高いからか?掛かる率はすごく高いと感じます

ここの魚にとっては晩秋みたいな感じなんでしょうか?

ウキの動きを見てると、十分に冬を感じていますが・・・

手元に来て外そうとしたときの暴れ方は極々少ない

17℃から7℃に引き抜かれたら寒いんでしょうね~(^^;

 

最初の10分くらいは入れ食い、徐々に食いが悪くなって・・・

なんてパターンは周年と同じような気がしますが

真冬で17℃もあるところはホトンド存在しないでしょうし

食いは悪くないけどウキの引き方がちと違うような・・・

抜くまでの走り方もちと違うような・・・

ここのハエ達だけの感覚なんでしょうね~?

 

 

バンバン釣れるのも楽しいんですが

ハエ釣りの楽しみは『食いが悪くなってきてから回復させる手段』を

あれこれやって、それが当たったたらまた食い始めるんですが

ウキ下であったり、釣る筋であったり、掛け合せのタイミングであったり

今日もそんなところで十分に楽しめた釣りでした

寒くて短時間でしたが・・・

 

 

              ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村