雑魚釣り日誌

雑魚釣り日誌

毎日が日曜日、キス・サヨリ・オイカワと雑魚釣りに奔走

G杯キスの優勝経験があるし、雑魚の数釣りは(それなりに)得意です(^^)

徳島新聞の県内占有率は70%を超えているらしくって

こちらにお住いの方には『もう見た』とおっしゃる釣り師が

多いと思いますが

そうでもない方も、おいでるだろうと一部転載します

 

 

本日の徳島新聞、裏一面

月イチくらいのペース?で『阿波の釣りの美学』という

特集が載るんですが

今日は『春を満喫 ウチノ海のサヨリ』でした

釣者・筆者は『プロ釣り師 山元八郎』さんです

 

皆さんご存じの方と思いますが

ボクが得意とする

氏は余り得意でない?と勝手に思っている

キス釣り、ハエ釣りでも日本一になっておられて

それはそれは、凄い方と認識しております

が、キス釣りとサヨリ釣りは負けたくありませんね~(^^)

 

 

そんなことは置いといて、氏の道具立て

場所はカセ、一般には潮の流れが早い場所に小舟を浮かべ

これをカセと言ってるようで、ボクは乗ったことがない

潮の流れが早いからか? 普通は、型が良いそうです

 

潮が緩いときはのべ竿、速くなるとリール竿✕2本

のべ竿は渓流用6.2m

道糸、磯フロロ0.8号5m

ウキはタナプロを改良した自作

ウキ下、最初は1.5ヒロで飲まれたので矢引き前後に

ハリスは直結、ザイト磯フロロ0.6号を1m

オモリはガン玉6号(位置は不明)

ハリはカッパ極5号

 

リール竿の道糸は、ザイト磯の白1.5号

飛ばしウキ+スクラムストッパー+のべ竿と同じウキ?

ハリス10m(えぇ~!)ザイト磯フロロ0.8号

 

 

 

撒き餌

渡船店で貸してくれる『桶』にヌカを一杯?+

赤アミと強力グレど遠投を各一握り分

「桶」を何杯撒いたかは?ですが、濃度はホボわかる

ボクよりは、かなりヌカが多い気がします

 

挿し餌はオキアミSサイズ、頭付きを選ぶ

 

釣り方は

のべ竿は1.5ヒロ→矢引き

飲まれずにハリ掛かりも浅く手返しが早くなった

 

リール竿は1.5ヒロで少し沖や潮下を探って、

アタリは遅いけど30cm以上の良型が混じった

 

2本竿では両方の竿が曲がることもあり、

掛け合わせが遅れると外れることも多く

入れ食いのときは1本竿の方が効率が良かった

 

ハリ際のハリスが白くなると食いが悪い

 

 

カッパ極(ハリ)

川虫専用食わせバリ

超軽量、細軸(0.33mm)、細ハリス対応の耳

瞬時のフッキングが可能なチョビスレ

川虫になじむナチュラルカラー

 

 

 

記事の内容では、ボクの実力では想定も不明な部分

のべ竿は何故に6.2mと長竿なのか?

ウキの写真が載って無くて、自作ウキでは全く不明

ハリ~G6までの距離も不明

受け玉を使用しない理由(手で受けている写真が掲載)

 

 

 

 

 

 

ボクの釣りはイカダ専用です(カセではやったことなし)

竿は、長くて5.4mで今回3.9mを購入しました

短いほうが手返しは速いもんね~

 

ハリはスレバリ

サヨリを飛ばして受け玉で受けるので

網に刺さっても外しやすいように全スレ

細軸を選びます

小さいほど食いがいいけど、外すのが面倒

袖針の3~7辺り

 

飛ばして受け玉で受けるのは

手元でモタモタして竿先に負担をかけたくないから

竿と道糸の角度が大きい間に引き抜き飛ばす

竿に負荷のかかる部分が竿の中程から手前になる

まぁ~手返しが速いってこともあるけどね~

アメゴで「格好良い」と思っていたのでサヨリでも(^^)

 

ハリスは0.4か0.5か0.6か1号

それぞれ40cmが基本で、60・25・15cmを用意

ハリスはチチワ

スナップサルカンで止め、オモリ代わりにしている

細いほど食いが良いが、針外しが遅いので手返しが・・・

長いほど食いは良いが

長いとアタリが出るのが遅いので、手返しを考え・・・

 

ウキは自作している

使いにくいとか・・・趣味の世界でなんとも言えないけど

数を釣るなら棒ウキタイプ、超シブシブの設定にする

(これが絶対条件)

見にくいなら無垢トップにして、露出を増やす

 

Bでは食いが悪いことを経験しており

そのときでもG2なら食ってきたので

食いが悪い(こともある)時期はG2としている

 

 

 

12時までに300匹を目指して!

変タイラバのなかが~さん推奨の手袋を買ってきました

200円引きの1780円でした

 

金曜日に使ってみます

念の為、指先をカットした軍手を6個持っていきます

片手、1個で50匹までは可能、後はズルズル(^^;

 

 

百均でマット購入

丸く切り抜いて『ハリス巻』にします

D≒10cmなので1枚で9個、36個取れます

昼から、くるくるカッターで作成予定

 

 

椅子に使っているクーラーにも氷を入れていき

500匹目指しましょうかね~(爆)

 

 

 

1日の釣果が300台にのってきております

というのは、ウキから下の仕掛けが良くなってきて

アタリの出るのが早くなり

掛け合わせ率もUPしたことが要因と思います

 

これで、仕掛けを流す時間が短くなってきて

気になり始めたのは『これくらいなら良いか?』と

我慢していた、ホカの時間

 

 

1.受け玉で受けたサヨリを掴む

2.ハリを外す

3.エサを刺す

 

時短可能なのはホカにもあるんでしょうが

現状では1~3がすごく気になり始めた

これ以上の数を釣る必要はないし

全体としてのペースは十分とも言えるんですが

改良することによってもっと釣れる余地があるのに

手を付けずに拱いているのは嫌・・・ってことで

改良方法を考えてみる

 

空いた時間はコーヒーを入れたり

遊びに使えばいいので

より早く=より楽しく釣りをするために

時短を考える(^^)ヨクブカイ

 

 

 

サヨリを掛ける、空中を飛ばして玉で受ける

ココまでは良い

1.受け玉の中で暴れているサヨリを魚バサミで掴む

これが意外に時間がかかっている

 

サヨリを手で掴まないのは、手を汚さないため

以前は、掴む左手にだけ軍手を履いていたんだけど

マキエを右手でするときに竿を左手で持つ

このときに竿がひどく汚れる

で、魚バサミで掴んでいたんだけど

時間がかかりすぎる

 

投げ釣りの一脚(竿受け)を左前方(イカダ)に固定し

そこへ竿を置く

これで左手で竿を持たなくても良いようにし

左手には軍手を履いてサヨリを掴むことにする

 

 

 

2.ハリスが細い(0.4号など)しハリも小さいので

針ハズシを使用する回数が多いのは仕方ない

が、この時間がかなり無駄に思われる

 

ハリ外しを早くするためには

ハリスを何処かに固定したほうが早くできるんですが

今はゴムを竿に取り付けて

そこに挟み、巻き付けて固定している

 

竿を置くときに向きを気にしていないので

他所を向いているときがあるし

固定したり、外したりで意外に時間がかかっている

 

現状では

固定場所(バッカン、右太もも、受け玉の柄)や

固定の方法(ゴムに挟む、カギにサルカンを引っ掛ける)を

模索中で、結論が出ていない

 

指でハリを外せるように

食いを阻害しない範囲で

できるだけ大きなハリを使うことも要検討

 

 

 

3.エサを刺すのは・・・

現状では、オキアミの尻尾を除け

尻尾側から、背中側を丁寧に刺して

ハリの大きさ程度から余りを切り取っている

これを、チョン掛けに変更してみたらどうだろうか?

 

元々、長さ5・6mmくらいしか刺してないし

(ハリの長軸の長さがそれくらい)

ハリスを細くして食いが良いことから

チョン掛けでいけそうな気がしている

次回釣行時にテスト予定

 

 

 

目指せ! 12時に300匹

(平均時速50匹)

 

 

できそうな気がしてきた(^^)

 

 

今度、イカダに行けるのは金曜(26日)かな~

 

色々と頭を使って

数釣りを見極めてやろうと準備してます

数値目標がある方が楽しいので、400匹にしましょうか

 

夏場が近づいてきて

出船の時間が早くなるので釣り時間が長くなり

水温が上がってサヨリの食いが上向いてくる

今のままでも勝手に400匹には届くかも知れん

450匹にしとこうか~?

なんて考えていたら、クーラーに入る数のこともあるし

やっぱ400匹に留めておきます(爆)

 

今のサイズなら500匹でも入ると思うんですが

日々大きくなってますから

秋ころでは、たぶん400匹でも厳しいと思う

 

 

 

ご報告・・・竿先が折れました

左が竿で、『く』の字に曲がっているところが竿先でした

 

そもそも、道糸が竿に絡みにくいようにと考えて

竿先のリリアンに

数cm~10cmくらいの熱収縮チューブを被せる

そういう発案でしたが

 

名案と思っていた

竿先数cm~リリアン先端近くまでのチューブを一体化

というのを実行して、効果があるように思ってました

 

振込時に糸を張ったとき、簡単にポキリと破損

仕掛けを、まだ手に持っていたので回収はできました

 

折れた場所、チューブの被せ方から考えてみますと

竿の先端~チューブが被ってない部分に関しては

タワミがし難く、十分でなかったのかな?

それで、竿が曲がる応力?が折れた部分に集中した

そんなコトのように思いました

 

 

修理

竿の側と『く』の字に曲がったところの間に

リリアンが少し見えているところがありますが

ここが竿の先端です

 

竿先側にチューブを被せた部分も1cm程度と短くし

応力の集中を避けようと考えました

これでしばらく使ってみます

(結局、元に戻ってしまって、効果の程は?です)

 

 

 

ハリスセットを作成

左端が先日から使っているハリとハリスのセットです

 

 

ウキはG2しか使っていません

昨日は0.6号はリスでは食いの落ちたことがあり

水温の関係か? 出産前の心身不安定か?

ハリスの太さやハリの大きさを

気にする(食いが悪くなる)時間帯があるようでした

 

水温の低い3月や今の時期だけの話で

6~12月とかでは関係ない話と思います

また、統計とかは取っておらず『食いが悪い』というのは

ボクが感じたというだけのことで、思い過ごしかも?

 

サヨリが泳いでいるのが見えるに

・投入からアタリまで時間が多く掛かる

・当たっても掛かりにくい

・掛かっても外れやすい

・泳いでいる(採餌)動作が緩慢

などで『食いが悪い』と感じています

 

 

 

昨日の経験

1.袖3号バリ、ハリス0.4号40cmでは終日よく食った

2.改良スレ1号、ハリス0.6号40cmでは

 食いが悪い時間帯があった

 (1.に戻したら変わらない状態でよく食った)

 

このことから、1.と2.の間くらいに

(現状での)最適解があるんとちゃうやろか?

ってことで、上記の仕掛けセットを作ってみました

 

1.で食うならソレでエエんチャウの?っとの疑問ですが

ハリが小さすぎて餌が刺しにくく

サヨリに飲まれて外すのに時間を要するし

飲まれて無くても、外すのに指先が痛くなる

このことから、ハリはできるだけ大きくしたいし

ハリスはできるだけ太くしたい

 

また、レスポンスの速さを考慮して

ハリスの長さをできるだけ短くもしたいんですが

昨日は食いが悪すぎて、テストしてみたけど意味無し?

そんな感じでした、短くしていくのは6月以降かな~

(例年なら、GWには姿が消えて食わなくなる)

 

 

竿の物色

チヌ竿の0号をのべ竿にした4.2mを使ってみた

やはりハエ竿よりは強くて、サヨリ釣りには少し硬すぎる

サバやツバス(ブリの幼魚)が出てきたら最適?

なので、4m前後のハエ竿が欲しいなぁ~

ってことで、使用中の銘柄である

宇崎日新 ロイヤルステージ鼓 硬硬調で4m・・・

3.9mと4.4mですな~

売値で2万円くらいか・・・

迷うな~(^^;カウンダロウナ~

 

 

因みに、先日ココに書いた通り

同様銘柄の5.4mの竿を改造し

4.5mと短くしておりますが

これも竿先を折ったのと同じ理由で

余り感心した改造方法ではありません

もともとハエ竿なので、パワーに余力があるわけでもなし

それを短くして使うなんぞ・・・

もし真似するなら、自己責任でお願いします(^^;

 

 

 

先日、袖バリ3号、ハリス0.4号で釣っているとき

コノシロと思われるアタリがあり、掛かりました

が、寄せてくる途中でハリ外れ

走るのは遅いのですが、体重は重いので・・・

ハリが小さすぎた感じでした

2m長くらいの受け玉を持っているので

寄ってきたら掬えたんですが・・・無念(^^;