飛距離のアップとボールの方向性について説明してきましたが、

あなたが十分に理解していたことが多かったと思います。


もし、間違った解釈をしていたなら、再チェックしておいてください。


さらに詳しくはこちらから。



正しいスイング軌道を常にイメージし、フェース面の芯でヒットする、ということ意識しましょう。


練習場では多くの人が、ストレートなボールばかりを打とうとしていますが、

意識してボールの飛び出し方向、曲がり方を試してみることです。


すると、今まで以上にスイングへの理解が深まり、早期に上達するはずです。


さて、ここまで基本的なスイングについて説明してきましたが、

ここから先は、こちらから話をしていきます。


そこには、あなたが知らない驚くべきスイング法則を発見することになるでしょう。


さらに詳しくはこちらから。








ボールが右に飛び出すクセがある人は、スイングが内側から外側(インサイドアウト)に振っていることになり、逆に左に飛び出しがちな人は、外側から内側(アウトサイドイン)に振っているということです。


さらに詳しくはこちらから。


また、インパクト時のフェースの向きによって、ボールが曲がります。

インパクト時にフェースが開いていると、ボールは飛び出した後、右に曲がって
いきます。「スライス」ですね。逆に、インパクト時にフェースが被っていると、左に曲がっていきます。「フック」です。


さらに、「入射角度」もポイントとなります。



ティーアップしたドライバーショットでは、ヘッドの軌道が最下点を通過した後、上を向きかけた地点でインパクト。すると、ボールが上がりやすくなります。


5番アイアンで打つ場合にも有効です。


逆に6番アイアン以下で芝上のボールをショットする場合には、スイング軌道の最下点がボールより先になるため、ボールを上から鋭角的に打つイメージをもってください。



さらに詳しくはこちらから。

スイートスポットを理解したら、「常にこの部分に当てる」と意識することです。
これもイメージトレーニングの一つだと思ってください。


飛距離をアップさせる
さて、「」ということは、


(1) インパクト地点でヘッドスピードが最大になるようして、
(2) かつ、スイートスポットに当てるようにスイングすること。

これが、基本的にはあなたの最大の飛距離と言われています。


今はまず基本は押さえておいてください。


さらに詳しくはこちらから。









なぜ飛ばないのか

テーマ:

なぜ飛ばないのかというあなたの疑問は吹き飛ぶことでしょう。


その中には、あなたがこれまで「正しい」と信じ込んできた飛距離アップの常識が、

とんでもない非常識であったことを知ることになるかもしれません。


さらに詳しくはこちらから。



ただし、ここで注意すべきことは、あくまでも


これは意識して振り続けていくうちに、比較的容易にできるようになります。

そのスイングのイメージのまま、今度はクラブを正しく持ち変えて振ります。
こんなトレーニングをお試しください。


もう一つ重要な点は、「スイートスポット」(フェース面の芯)で打てるように訓練することです。

スイートスポットは、フェイス面でボールが一番よく弾む部分です。


ネック付近を持ってフェースにボールをコツコツ弾ませると、

一際よく弾く部分があります。そこがスイートスポットですね。


さらに詳しくはこちらから。








インパクト地点でヘッドスピードが最大になるようにしなければいけません。


ダウンスイングしてすぐに最大スピードになったり、逆にインパクト後に最大になるように振ってしまう人が実に多いのですが、これらは非常に非効率なエネルギーの使い方です。


イメージが掴みにくいなら、試しにクラブを逆さに握ってみてください。


そして、そのままスイングし、インパクト付近での「ブンッ」という風切音が最大になるように振ってみることです。



さらに詳しくはこちらから。