一昨日、7月21日は

兵庫の従姉妹が亡くなった命日。

 

 

 

昨年、突然の訃報の連絡。

 

 

 

悲しさを通り越して、

信じられないという気持ちが先でした。

 

 

 

今でも信じられないぐらいです。

 

 

 

聞いた話では、

従姉妹は亡くなる4ヵ月前から体調が優れず、

あちこちの病院で検査をするも原因不明。

 

 

 

病院の紹介によってたどり着いた大学病院。

精密検査を行った結果、がんと判明。

 

 

 

がんはかなり進行していて、

治療が難しい状態だったようです。

 

 

 

享年35歳。

 

 

 

まだやりたい事がいっぱいあっただろうに。

悔まれてならない。

 

 

 

私が幼少期の頃、

祖母の家で親戚が集まった際、

いつも一緒に遊んでました。

 

 

 

私には3つ下に妹がいますが、

従姉妹はそれ以上に

年が離れていたので可愛がっていました。

 

 

 

家庭の事情もあって

20年以上疎遠になっていましたが、

 

 

 

ここ数年、仕事で関西に行く際は、

兵庫の伯母や従姉妹に会いに行っていました。

 

 

 

昔と変わらず接してくれて、

嬉しかったし本当に有り難かった。

 

 

 

生きている事、生かされている事に

感謝をしないといけない。

 

 

 

コロナが少し落ち着いたら、

手を合わせに会いに行きたいです。

 

 

 

 

 

 

グッドサポート不動産 https://goodsupport.jp/