いつもありがとうございます。

 

皆さま、厳しいご時世が続いておりますがお変わりございませんでしょうか?

いつまで続くのか、終わりの見えない状況に、将来への不安がひとしお感じます。

 

先日、大きな企業に勤めていた友人が、

「社内で希望退職者を募られている。同僚たちとも不穏な空気が...」と

嘆いていました。明日は我が身状態で、毎日の出勤が辛いことでしょう。

一日でも早く、この時代を脱したいところです。

 

さて昨日は節分でした。

娘が面白いものを作って、事務所にやってきてくれました。

 

お寿司です。

でも普通のお寿司ではなくって折り紙のお寿司。

 

こんな折り紙があるんですね(笑。

疲れていた気分が、ちょっと晴れやかになりました。

 

 

ほんの些細なことでポジティヴになれるのなら、

お仕事の中でも、そんな心使いをさせて頂くと晴れやかに

なって頂けるかしら...と、ふっと思いました。

 

 

ちょっとしたことが、ひょっとする時代です。

人の心を晴れやかにする、新しい風が生まれるのは、

こういった積み重ねかもしれませんね。

 

今月も宜しくお願い致します。

 

本年も何卒、宜しくお願い申し上げます。

 

コロナ禍が続き、引き続き不透明な時勢を新年ともに迎えた2021年。
何かと騒々しい幕開けとなりました。

 

祖母が生きていた時、こんな会話をしていたのを思い出しました。

「昔、結核が流行ったことがあってね。ここら辺(新宿)でも隣近所で患者さんが出たんだよ。
 その時、『近づくと感染るから離れなっ』って、その家に住む家族全員が結核患者扱いに

 されてね...あれはすごく気の毒だった。

 じいちゃんはそのお家に行ってさ、「大したもんじゃないけどウチの野菜食べとくれ」って

 言って渡したんだ(昔、生鮮食品店だった)。喜んでくれてねぇ...」

 

母にその話をすると

「その話、私も聞いたことがある。今回のコロナと一緒ね。確かその話、2-3年ほど

 蔓延していたって言ってたから...今回のコロナ禍もそうなんだろうねぇ」

 

とのこと。

私もそう思います。全く同じような流れなら、あと1年は振り回されることになるのかと。

その中で、どう頑張れるか...ですね。

 

新春を迎えた今、心身共に努めつつ社会に何ができるのか...どんな企画やお手伝いが

できるのかを毎日考えながら過ごして参りたいと思います。

 

簡単な所感ではございますが、ご挨拶と変えさせて頂きます。

何卒宜しくお願い申し上げます。

 

 

皆さん、こんにちは。

 

すみません...全然、ここでお話していなくって(苦笑)。

何と今年の正月から一度もブログ更新をしていないだなんて、自分でも驚きました。

 

確かにコロナ禍などの影響は多々あり、そのぶん多忙極めたこともありましたが、何とかマイペースで頑張らせて頂いています。

 

最近までは、映像の編集や映画の宣伝企画などをさせて頂いております。...あまり平時と変わりませんね(笑。それでもイベント業務が上半期、全部なくなったので...ヒマしてました。

 

最近は、友人知人の誘いから、ランニングを始めてまして、珍しく2ヶ月続いております。体重も健康的に4kgダウン。おかげでご飯とビールが美味しいです。

 

あとは身内に不幸があり...今年もあっという間に過ぎて行きそうな年になりそうです(まだ11月ですしね)。

 

 

 

また更新が滞ってしまうかもしれませんが...おかげさまで精進しつつ、努めておりますので、どうか変わらぬご愛顧のほど、宜しくお願い申し上げます。