どうも、
武雄市の黒岩整体院・副院長の黒岩秀之です。


「短い時間をこまめに歩いて脂肪燃焼」



ダイエットの基本は有酸素運動。

その代表がウォーキングですが、消費カロリーを増やすためには単純にたくさん歩けばいいと思っていませんか?

ちょっとした修正でその効果を高めることができます。




まずは姿勢です。

普段からの自分の歩き方の癖を知らずにウォーキングを続けると、思うように脂肪燃焼できないどころか、骨盤は歪んだまま、必要のないところに筋肉がつきやすくなります。




次に、時間を決めて歩くこと。

脂肪燃焼させるためには30分以上歩くと良い等、聞いたことがあるでしょう。

ですが、実は30分以上続けて歩くのも、10分を3回に分けて歩くのも、脂肪の減少量に大きな違いはないことが分かっています。

これはアフターエフェクトといって、ウォーキングを終えた後でも何かしら動いていれば運動を続けたのと同じ程度に脂肪燃焼が継続するというもの。




なので、こまめに10分歩き、その後に家事をするのも立派な運動になるのです。

私はブルブルマシーンをやっていますが、歩いた後にコレをやると運動を継続しているかのように汗をかき、体がぽかぽかします。

どうせブルブルやるなら、少し歩いた後にやるとさらに効果を実感できますよ!




次回へ続く