アフロ田中の株ブログ

アフロ田中の株ブログ

2014/5 種銭400でスタート
2014/12 ガーラで2000
2015/2 ASJで3500
2015/6 ユニバ・イマジニアで6000
2015/7 7000突破
2015/8 3000に
そして放置。。。
2018/3 電撃復活!!!不定期更新

Amebaでブログを始めよう!

テーマ:

ユニバの総会の内容まとめをどのようにUPしようかと考えたところ、3年半前まで日記代わりにつけていた糞ブログを思い出したので恥を捨てて活用することとしました。今後はトレード日記と糞見たいなコメントではなく気が向いたら、適当なカジノ・遊技機分析・エヌジェイの買い炙りを超不定期に行っていきます。

 

平成30329日開催 45期ユニバ総会まとめ

 

なお、本まとめはskyfishさんの超素晴らしいユニバホルダー必読オカダマニラに行こう!!!

幅広い資産運用を題材にしている株男さんの資産運用を頑張るブログ

を読んだ方に対してできるだけ総会の内容を事実のみの言葉通りを用いてまとめております。

そのため、話し言葉中心であり読みにくい内容だと思いますが、総会の雰囲気を再現したためのものと捉えてください。

括弧の中は私のコメントです。

 

事業報告動画でのトピックス

2017412月のパチンコ3タイトル・パチスロ10タイトルは75,000万台導入

・コーブマニラは9,000㎡ 4,000人収容

OKADA MANILA パールウイング464室の客室数増加に加えポラルウイング500室超の建設を進めている(セリフそのままです。意味が良くわかならなかった。昨年3月末時点では29室程度しかできてなく増やしているという意味かも。。)

・ダイニングカフェ等を含めるとは30以上の施設がオープン、ショッピングモールとして50店舗のオープンに向けて拡充を進めている

H3012月期の配当予定は実施するか否かも含めて現時点では未定

・各国の捜査当局の捜索に必要な協力を行うとともに引き続き岡田和生氏に対して毅然とした対応をとっていく

・美術館の深川の雪チョコレート大変ご好評

 

社長口頭による和解の報告

Wynnリゾートと良き友人、良き理解者として相互で出来うる限りの協力体制をとることに合意

・ユニバがフィリピンで行っている超大型IR事業にWynnリゾート社からの人的資源の参加協力を約束、その他の総合協力案件は今後の協議や情報交換の中で随時生まれてくる

・確定事項が出れば随時発表する

(コンサル契約確定した時点で、まずは発表してよ!!社長インタビューで知るとかあんまりだよ!!)

・今後レーティング審査の結果も含めて、一つ一つ確定次第ご報告させていただく

(ほんと、期待しているからちゃんと頼むよ!!)

 

質疑応答

Q1 風営法改正後の新機種のスケジュール

A個別の答えは控えるが、5.9号機というある意味過敏に規制強化された機械が現在売られている。6号機という正式な新基準は規制が一時よりはゆるくなる。それらを各社は急いでいる段階。早い会社では営業ベースでは78月に対応していくところもあるが、総じていえば、秋に対して投入してくると思われる。

 

Q2 IPOに関して

A他の人も載せているので内容割愛

(印象では、シンガポール≧フィリピン>香港>>>NYという雰囲気を感じた)

 

Q3 12年ぶり総会出席の元社員からのご意見

大変苦労の中良くやったと思う。質問じゃないですけど、ワールドワイド企業として、質問じゃないんですけど、、成長してほしい(ほぼ原文通り)

Aありがとうございます。期待に添えるように努力いたします。はい、ほかにご質問ございませんか。

 

Q4 ZEEGと今後のパチンコ市場について

Aもともとパチンコ市場は57年ぐらい規制強化をドーーンとされてまた戻してを20年以上何度も繰り返している。人口減少や少子化も含めて遊戯人口減少がわかっているため、ZEEGを作った。業界全体で共通化を進めていくことで、高機能、ローコスト化、廃棄減少により、小さい池でもみんな利益を出していける。合理化と効率化をベースにする。パチスロに関して完全に中心部分の共通化がずいぶん前に完成しており、業界の半数以上がそれらを採用するところまで来ている。スロの利益率は非常に高いが、パチの利益率をそのレベルまで上げていく。年内ではなんとか新しい形で原価低減が行えるパチンコを形にする。

来年にはP&Sともに規制強化の中でも利益に貢献できる計画を立てている。

 

Q5 定款の有価証券取得について

A他の人も載せているので内容割愛

 

Q6 持ち分法適応会社なので特利ではないのか

A他の人も載せているので内容割愛

 

Q7 ホテルの進捗

A現状できているのは500室弱で稼働しているのは330室でその稼働はほぼ100%である。500に関しては近々オープンできる。全室できるのは来年秋ぐらいを予定している。

 

Q8 1020年後どこを目指すのか

A他の人も載せているので一部のみ

 独自開発で、しばらくは独占的に活用できるのは、78ヵ国通貨での為替フリー機械をコストを上げないで行うことができる。特徴をもったカジノとしてナンバーワンをめざす。

(ドル、円、ユーロ、香港ドル、ペソ、ウォン、元あたりだろうか。。。)

 

Q9 アメリカの裁判は全て終わったのか

A基本的にすべて終わった。Wynnと当社のすべての役員の裁判が終わった

 

Q10 岡田に対して機会損失の請求を行うのか

A他の人も載せているので内容割愛

 

Q11 5年後のOKADA MANILA の売り上げと利益を教えてください

A他の人も載せているので内容割愛

(モルカスに出されているシェア等を意識せず、中国人を引っ張てくることが重要という雰囲気を感じた。今言われている市場以上をみているとの言及があり、ぜひそうして欲しい)

 

Q12 決算説明資料を出してほしい

A他の人も載せているので内容割愛

(いままで出せなかったことに対してお詫び申し上げており、1Q、2Qには出してほしい)

 

Q13 未確定案件の土地の売却について

A他の人も載せているので内容割愛

(相手が望むなら売却するが、印象としては金入ったから売らなくても良いと思っていそう)

 

Q14 株主優待をぜひお願いします。社長はハンサムで長身で日本のスタンレーホーになると思った。岡田和生さんという大きなカリスマが抜けた後どのように乗り越えて今後どうしていくのか

A後者に関しては個別な案件で控えるが、スタンレーホーみたいにたくさん子供を作れるかわかりませんが(笑)

優待に関しては前期の総会でも話して何も対応できていない。ふつうはホテルの部屋の優待が一般的であるが、いかんせん工事の遅れにより少しでも部屋が欲しい状態、下手すると今のお客さんは隣のホテルに泊まってうちに遊びに来ている状態。優待に回すことができない。それ以外に優待方法があるのか、優待のルールの問題含めて検討。総会で善処すると約束しているから、何らかの答えを出すようにする。

(スタンレーホーはいいからマニラでまずはローレンスホーに勝ってくれ!!)

(隣のホテルに泊まって、遊びに行ってるの俺だよ俺!!!!まずはハイローラー優先で我慢するから早くお金払えば泊まれるように部屋数増やして、その先にはレミントンみたいに手ごろなの空いてるスペースにちゃちゃっと作って、そこを優待にしちゃえばいいよ。間違っても2000株以下にOKADAの宿泊券は要らない。ヤフオク、メルカリに出されて収益性が下がるだけ、ミールクーポンか、ノンネゴチップクーポンでいいよ)

 

Q15 SOについて

A他の人も載せているので内容割愛

 

Q16 ブルームバーグの記事について

A他の人も載せているので内容割愛

 

Q17 陸上部を退部されてかたの悪いニュースがあり、過去のユニバ時代の写真が使われていた。退部される方の心のケアも考えて方が良い

A全員面談も行っており、ケアしている。

(私としたことが、知らない内容であった。

『元ユニバの原裕美子選手がケガや、恋人との破局で精神的動揺を背景にセブンイレブンで2600円相当の化粧品や食料品を万引きした疑い。 結婚式を挙げたに入籍しないまま破局したらしい。』

陸上部は猿見田選手はじめ大活躍なので五輪で見れることを期待!!)

 

Q18 中国公営企業との提携について

A他の人も載せているので内容割愛

(ライセンス販売の為ではあるが、チャイナリスクの意識、政治的強いところを味方につける意味もあると言っていた。中国共産党企業なのでここを利用しOKADA資金洗浄を...

 

Q19 13年前の社員、裁判の和解ご苦労様、そのころよく夢にみたカジノの開業をうれしく思う。ICOについてはどうか

A他の人も載せているので内容割愛

(株主は売れば済む話だけど、GODによる自殺者の報道、カジノの希望や絶望、オーナーの独裁、オーナーの失脚など、こんなに様々なことが起こる企業で勤め上げる社員の皆様の苦労は計り知れない。ただ、そんな企業だけどビックな夢の実現を共有したく投資している姿に感動した。)

 

Q20 お金が入ったのにIPOする必要はあるのか

A他の人も載せているので内容割愛

 

Q21 ユニバも不適切株主の排除を行うのか

A他の人も載せているので内容割愛

 

Q22ユニマーケットのポイントを優待につけてほしい

Aひとつの提案があったと担当部署に検討するようにと伝えることをお約束します。

(いらんわ!!!!こんなの即、検討の上、実施を行わないことといたしました!!!)

 

Q23 OKADAの投資状況については、まだまだ投資が必要であるのか

A社長:原価償却を入れない状態では黒字転換してきている、今後の稼働により減価償却いれていくと、まだまだ。詳しくは担当の徳田から

徳ちゃん:担当の徳田でございます!!引き当て前では黒字を確保できる体制になっている。さらに収益力を強化していく観点では、建築の強化により収益を強化していく体制にしたい。

社長:具体的数字は今までより分かりやすい集計を早い段階でご報告できるようにするようにしていく

 

Q24 原価償却はなにをもって開始するのか、設備、土地とかを、、はい、おねがいしまーーす。

A沢山の設備の組み合わせをエリア単位で順次行っていく、リニアで行っていく。テスト段階ではなく、稼働したときに。向こうの会計基準にあわせて行っていく。

 

以 上

 

Ameba人気のブログ