竹内 弓美子のゴルフピラティスブログ

竹内 弓美子のゴルフピラティスブログ

ゴルフがうまくなりたい、楽しみたい! 
ピラティスで体幹を鍛え、体全体のバランスがよくなれば
パフォーマンスUPはもちろん、ケガや故障無く長くゴルフを楽しめる。
自分に気付き 毎日が発見です。 

以下

 月1回の50分のグループレッスンだけ受講していてうまくなると思っている人(練習をせずレッスンのみ)の事例

 

 

 

「前回の復習をしましたか?練習はしましたか?」 と聞くと、ほとんど毎回、「前回のレッスン以来クラブ持つのは今日が初めてです!! 」

というお答え。(まあいろんな事情があり仕方ないでしょうが、、、)

 

ある人は前回のレッスンの次の日にラウンドに行き、習ったことをいきなり試してバラバラだったと、、。

新しく習ったこと、いきなりコースでできるわけありません。 できてもたまたま、まぐれです。練習を積んで身に付けていく過程が必ず必要です。

 

またレッスン後の練習をせずに、いきなりラウンド、ボールに当てることに一生けん命、せっかく身についていた基本を完全に忘れ、 基本が崩壊していました。うまく当たらず、一緒に回ってるご主人からいろいろ言われたそうで、、(当たらないとなんとか立て直そうとアドバイスしてしまいますよね、、汗)ご本人頭の中大混乱状態でした。 また情報を整理して1からの立て直しです。

練習不足、身についていない状態でラウンドでうまくいかないのは、仕方ありません。

練習をしてから出直しです。

 

 

いろんな事情で練習できない、これは仕方ないですが、せっかくレッスンを受けに来られるならば、新しく習ったことを練習して身に付ける、当たり前の過程が必要だと思います。

練習で気づきがでます。 こういわれたけど、これで合ってるの? 2つの選択しがあると教わったけど、私はこちらがやりやすい なんでもいいんです。試してみてください。正解は1つでない 自分で見つけてほしいんです。我々はヒント、アドバイスを与えますが、決めるのはご本人。 しっくりこないと自分のスイングにはなりません。

 

「忙しくて時間がなかった」状態で毎回同じことをレッスンのたびに言われて進化しないのは勿体なさすぎです。

はっきり申し上げます

「月 1回50分のグループレッスンを受講だけでは上達しません。」

 

本気で上達したいと思うなら、以下を実行してください。

*どんなに忙しくてもゴルフの時間を毎日つくる、

*レッスンを受けたら、かならず復習をして自分なりに試して わからないことは質問、うまくいけば定着させるまで反復

考えすぎずに動作ができるようになるまでは繰り返す。

*イメージつくりに素振りを行う(球をうってばかりでは球に合わせてクラブを振ることが身に付きません)

*週に2回は打球練習場へ行くこと

(そして理想はラウンドに行く)

これを1週間スパンで行う( 最低2回打球練習 できれば1ラウンド )

これを次にレッスンまでに繰り返す

*パター、スポンジボールでのアプローチは家で毎日練習

 

 

 

次のレッスンではかならず、調子はどうですか?とお尋ねします。

練習してみて、どうだったか、うまくいったか、理解できているか、質問がないか、身についているか確認、

次のステップに進めるのか、再度その技術を習得するためのレッスンになるのか あるいはほかのことをレッスンするのか決めます。レッスンは共同作業、決して一方通行の押し付けであってはなりません。

話合いながら、練習計画にそってどんどん進んでいけるとみるみるうちに上達されます。

 

ある時期詰めて練習すれば身についてしばらくは忘れません。しかし、練習しないと忘れます。

特に基本練習は毎回行います。

 

基本練習とはアドレス、グリップチェック、ハーフスイングです。

 

時間とお金、労力をかけて毎月楽しみにお越しいただく、せっかくのレッスンです。

 

参加するだけで上達は期待していないという方はそれはそれでOK!個人の自由です。

 

でも本気で上達したいという気持ちがあるならば、

 上達してゴルフを楽しんでる自分をイメージして コツコツ頑張っていきましょう!