ドライバーの飛距離を

格段に伸ばしたいあなたへ

  ↓  ↓  ↓  



 3年前、恋人候補の女性にクリスマスデートをドタキャンされた挙句、「実は付き合っている人がいるんです」という過酷なメールを受け取った友人がいる。体育会系の佐々木雄介(仮名、32歳)だ。あまりの辛さに「胸がボコンと凹んだ」とリアルな表現をしていた佐々木。その後は幸せになれたのだろうか。

<今週のボク様>
年齢:32歳
仕事:化学メーカー正社員
年収:540万円
学歴:早稲田大学卒
家族構成:両親、弟 久しぶりに飲みに行こうと電話で誘うと、平日は忙しすぎて夜遅くなるし、土日は彼女と会うので時間を作れないと申し訳なさそうに答えた。新しい恋人はできたとは喜ばしい知らせだ。なぜか浮かない様子の佐々木の話を電話で聞くことにした。

大宮(以下、O) 最近、仕事のほうはどうなの?

佐々木(以下、S) あまり楽しくはありませんね。リーマンショック後に関連会社に出向させられて年収が50万円近くも下がったんです。いまは本体に戻り、何とか以前の水準まで戻りましたけど……。職種も営業から内勤の事務に異動させられてしまいました。外に出られないのがストレスが溜まるし、一日中PCに向かっていると肩が凝ります。

O 給料は下がるし仕事はつまらない、か。辛い時期だね。でも、私生活は充実しているんでしょ?

S はい。1年半ほど独り身だったんですけど、去年の秋に久しぶりに彼女ができました。

O どんな出会いなの?

S 日経ビジネスアソシエですよ。

O え!? まさか日経BP社員? 

S 違います。僕は熱心な読者なので記事に載っていたイベントに参加したんです。そのときに知り合いました。お互いに仕事やキャリアの話をするのは好きだったので気が合いましたね。彼女は当時勤めていた会社での業務がうまくいかずに悩んでいたので、相談にのっているうちに付き合うことになりました。


O ゴルフとか外食とか、恋人と趣味が一致するのはよく聞くけど、キャリア話が共通点とはね。アソシエの意外な活用法かもしれない(笑)。どんな女性?

S ある会社の契約社員として働いています。外見は、よく言えばタレントの優香に似ていますね。

O おお~、素晴らしい! グッドジョブ! 性格は?

S あまりわがままを言わないところがいいですね。気取ってなくてフランクだし。僕は派手好きで激しい性格の人と付き合うことが多かったので、すごくリラックスしています。

O 佐々木くんもいろいろあって、女性に求める要件が下がってきたよね(笑)。以前は「仕事にも趣味にもアクティブな美人を紹介してくれ!」なんて言っていたくせに。でも、とてもいいことだと思うよ。誰かが言っていたけれど、たいていの人とは一緒に暮らせるのが成熟した大人の証拠、らしいよ。結婚も考えているんでしょ?

S 結婚ですか? いずれはと思っていますけど……。

O ずいぶん歯切れが悪いねえ。彼女が嫌がっているの?

S いえ。彼女は地方出身なので両親から「早く結婚しろ」とプレッシャーをかけられているみたいです。

O じゃ、何が問題なんだよ。佐々木くん自身は結婚願望が強かった気がするけど。

S そうなんですけどね……。(次回に続く)

ロスジェネ世代の女性への恋愛・結婚インタビューは、日経ビズカレッジに掲載中です。こちらもぜひご覧ください! 第15回は「軽い感じの積極的なアプローチならたいていOKです。」です。



大宮 冬洋(おおみや・とうよう)
フリーライター。1976年埼玉県生まれ。一橋大学法学部卒業後、ファーストリテイリング(ユニクロ)に就職するがわずか1年で退職。編集プロダクションを経て、2002年よりフリー。『日経ビジネスアソシエ』、『プレジデント』、『きょうの料理ビギナーズ』、『dancyu』などで執筆。特定の食材・料理に異常な情熱を燃やす人々に会いに行く「食べ物マニアーズ」も連載中。著書に、『30代未婚男』(共著/NHK出版)など

イラスト/つぼいひろき

【関連記事】
部長より怖い妻の「徹底改善要求」
家族手当4万円のために離婚しない
独居老人でも心身が健康なら大丈夫!
要介護の父と二人、心の支えはプール
妻子が寝静まった後、隣室で一人で…

※この記事の著作権は、ヤフー株式会社または配信元に帰属します。
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20110817-00000001-woman-ent

ドライバーの飛距離を

格段に伸ばしたいあなたへ

  ↓  ↓  ↓  







AD
ベストスコア132から

66に一気に上達した

ゴルフ上達法を公開☆

  ↓  ↓  ↓  



 世論調査の専門機関、中央調査社は16日、人気スポーツに関する調査結果を発表した。

 最も好きなスポーツ選手は、イチロー(マリナーズ)が7年連続1位。2位は男子プロゴルフの石川遼が前年3位から上昇。前年2位のフィギュアスケートの浅田真央(中京大)は6位に落ちた。男子サッカーの長友佑都(インテル・ミラノ)が3位、女子サッカーの沢穂希(INAC)が10位と、ともに前年20位以内にいなかったサッカー選手がベスト10に入った。

※この記事の著作権は、ヤフー株式会社または配信元に帰属します。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110816-00000794-yom-spo

ベストスコア132から

66に一気に上達した

ゴルフ上達法を公開☆

  ↓  ↓  ↓  







AD
ベストスコア132から

66に一気に上達した

ゴルフ上達法を公開☆

  ↓  ↓  ↓  



 ここ数年、中古住宅の注目度が高まってきている。
 雑誌やフリーペーパーの特集で中古住宅やリノベーション(大型リフォーム、全面改装など)について目にした読者も多いだろう。また、住宅購入の検討者1500人に調査を行ったところ「中古住宅をリノベーションした住宅に魅力を感じるか?」という問いに対し、70%以上が「魅力を感じる」と答えている(リクルート住宅総研調べ)。

【あなたはどうする? 住まいの選び方:新築か中古か これからの家選びのポイント】

 特に若年層は、中古住宅+リノベーションを「オシャレ」、「自分好みにカスタマイズできる」と前向きに評価している。

 今後も中古住宅の市場が広まっていく中、どのような基準で家選びをすべきなのか。それを本コラムでお伝えしていきたい。

●なぜ今まで中古住宅の流通は進まなかったのか。

 中古住宅の流通はここ数年でようやく進んできたが、まだまだ未成熟な市場である。その理由を中古車との比較でご説明する。結論から言うと、中古車の流通は中古住宅に比べて圧倒的に進んでいる。

 上記のグラフから分かる通り、中古車の登録台数は新車の台数を超えている。中古車の登録台数は業者間取引の割合が新車よりも多いこともあり、実際の消費者への普及率とは異なる。普及率は3:2(新車:中古車)程度になるが、それでも中古車の取引は活発に行われていることが分かるだろう(ちなみに2010年はエコカー補助制度終了の影響で新車の比率が高まっている)。

 自動車は「完成品」であり、結果として「商品ブランド」の認知が進みやすい。そのため、「ゴルフ」「プリウス」「フィット」といったブランドという「一般価値」で消費者が判断でき、結果的に流通価格が明確になる。

 それに比べて、住宅は半完成品(オーダーメイド)も多く、購入者の「個別価値」によって価格が決まることが多い。その結果、商品ブランドによる「一般価値」が普及しにくく、流通価格も決まりづらかった。

●これから伸びる中古住宅の市場

 実際に中古住宅の流通量も、中古車に比べるとまだまだ低い状態だ。

 日本は「家余り社会」と言われ、住宅の数が世帯数よりも多くなっており、その比率は年々高まっている。誰も住んでいない家が増えており、まさに家が余っている状態だ。

 新成長戦略実現2011によると、2020年までに中古住宅・リフォーム市場を倍増させるとしている。国も「家余り社会」の解消に乗り出した格好だ。

 また、リノベーションの役割が大きくなっており、改装技術に加えて住み心地やデザインなどのソフト面が向上したことで、購入者の「個別価値」もある程度代替できるようになったことも、中古住宅の流通量が拡大していく要因の1つだ。

●これからの家選びのポイント

 さて、中古住宅の注目度が高まっていく中、「新築か中古住宅か」という住宅購入検討者の選択肢も増えていくだろう。ただ私が読者にお伝えしたいのは、「新築VS. 中古」という近視眼的な見方ではなく、より根本的な「家選びの基準」の変化だ。

 今までの家選びの基準は、いわば個別価値という“オンリーワンの価値”だった。代表的なのが完全自由設計で作る注文住宅だ。理想の住まいをオーダーメイドで作り上げる完全自由設計、生活の質・利便性が上がるような住宅設備などの個別価値が家選びの基準だった。

 ただ中古住宅の市場が活性化していく中、その家選びの基準は変化していく。

 自分が購入した家もいつかは中古住宅として売りに出すことを踏まえると、「再販価格」を視野に入れて住宅を購入する必要がある。すなわち、市場からの評価を重視した「流通価値」という基準が、これからの家選びのポイントになる。

 例えば、自分は、新築時に高いお金を掛けてルーフバルコニーを設けたとしても、それが中古市場ではあまり評価されず、再販価格としては反映されないなんてことは十分にある。

 自分自身にとってのオンリーワンの価値だけでなく、“他人が住む時のメリット”を意識して住宅を購入する必要がある。

 首都圏の中古マンションの流通が比較的進んでいる理由は「流通価値」の分かりやすさにある。戸建に比べて、「立地」「住環境」といった不動産価値により、他人からでも比較的評価されやすく、年月が経っても変わらないメリットが多いからだ。

 また、今後は「立地」「不動産価値」などだけでなく、「建物価値」も検討材料の1つに入ってくる。というのも「建物価値」の基準作りが業界内で急速に進んでいるからだ。大手ハウスメーカーが連合を組んだ「スムストック住宅」や、中小・中堅企業が連合を組んで推進している「リノベーション住宅推進協議会」などがある。

 「優良ストック住宅推進協議会(スムストック)」に関しては大手ハウスメーカー9社が参加し、「優良ストック住宅査定方式」という「建物価値」の基準作りと普及を推し進めている。その一方、「リノベーション住宅推進協議会」では中小・中堅企業が参加し、中小・中堅企業向けの「建物価値」の基準作り、普及に取り組んでいる。今後、どちらの「建物価値」の基準がスタンダードになるかは分からないが、中古住宅の流通時代に合わせて大手、中小ともに次世代スタンダードの覇権争いが始まっている。

●震災によって「住宅の流通時代」の到来が早まった

 特に東日本大震災が起きてから、「同じ場所に住み続けるリスク」が表面化しており、家選びの際に「再販価格」を意識する消費者も増えていくだろう。加えて、品質の高い中古住宅も市場に増えており、今後も「割安」、「自分好みにカスタマイズできる」中古住宅のニーズは高まっていくはずだ。

 ぜひ、自分自身が暮らす上でのベストを追求することに加え、これからの時代に合わせた「流通価値」も意識した家選びを実現してほしい。

【権田和士(インタープライズ・コンサルティング),Business Media 誠】


【関連記事】
家は購入すべきか それとも賃貸で暮らすべきか
買うべきか、待つべきか――増税で変わる住宅購入事情
「幽霊なんて出ませんよ」――格安家賃の“事故物件”を探してみた


※この記事の著作権は、ヤフー株式会社または配信元に帰属します。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110817-00000023-zdn_mkt-ind

ベストスコア132から

66に一気に上達した

ゴルフ上達法を公開☆

  ↓  ↓  ↓  







AD
ベストスコア132から

66に一気に上達した

ゴルフ上達法を公開☆

  ↓  ↓  ↓  



 キーガン・ブラッドリー(米) vs. ジェイソン・ダフナー(米)のプレーオフとなった今年の米男子ツアー今季メジャー最終戦、全米プロゴルフ選手権だが、待望の米国勢対決の割には米国内での視聴率は低かった。

 スポーツ・ビジネス・ジャーナルが伝えたところによると、激戦となった全米プロゴルフ選手権だったが、米国の視聴率調査会であるニールセンによる視聴率は4.3%で、マーティン・カイマー(独)がブッバ・ワトソン(米)をプレーオフで撃破したの昨年の5%よりも1.4割減。さらにタイガー・ウッズ(米)が、Y・E・ヤン(韓)にプレーオフ負けした一昨年の7.5%に比べると4.3割も減ったという。

 昨年のマスターズのフィル・ミケルソン(米)以来となる、米国勢のメジャー制覇といううれしい結果にもかかわらず、大きな視聴率低下。やはりファンはビッグネームが好きなようでで、タイガー・ウッズ(米)不調のせいだけなのか、それとも米ゴルフ界の根本的な危機なのか。関係者は頭を抱えている。

【関連記事】
殿堂入りの遺伝子持つ25歳K.ブラッドリーがメジャー初V!
ツアー初V狙ったJ.ダフナー敗れて悔いなし!?
全米プロゴルフ選手権 全順位
男子ゴルフ 世界ランキング
【プロゴルファーフォトギャラリー】


※この記事の著作権は、ヤフー株式会社または配信元に帰属します。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110817-00000410-ism-golf

ドライバーの飛距離を

格段に伸ばしたいあなたへ

  ↓  ↓  ↓  







ベストスコア132から

66に一気に上達した

ゴルフ上達法を公開☆

  ↓  ↓  ↓  



 女子ゴルフ界に、大型新人が現れた。前西武投手・工藤公康さん(48)の長女、遥加(はるか)(18)(東京・日出高出身)。

 7月末に行われた日本女子プロゴルフ協会のプロテスト最終日にベストスコアをマークして逆転合格。来季の米大リーグ入りを目指している父を「僕も頑張らなきゃ」と喜ばせた。

 奈良・グランデージGCで行われたプロテストは、3日間で20位タイまでの選手が合格する。工藤は2日間で通算7オーバーの48位だったが、父のアドバイスがピンチを救った。

 父は2日目のラウンド後に、カップの前にボール1個分の幅でティーを刺し、その間を通すパット練習を課した。2メートルを10球連続で入れるのに1時間かかったが、最終日は8バーディー、2ボギー。試合での自己ベストとなる66で回り、9位に浮上した。

 12歳でゴルフを始め、1メートル71、65キロの体を生かしてドライバーの飛距離は260ヤードを誇る工藤だが、パットが弱点だった。父は「(男子プロの石川)遼君とテレビ番組に出た時に、娘のために練習法を聞いておいたんだよ。お礼を言いたい」と笑った。

※この記事の著作権は、ヤフー株式会社または配信元に帰属します。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110816-00000752-yom-golf

ベストスコア132から

66に一気に上達した

ゴルフ上達法を公開☆

  ↓  ↓  ↓