青年僧侶のシャカリキ奮闘記

青年僧侶のシャカリキ奮闘記

京都市にある日蓮宗・護国寺の僧侶です。
日々の活動を綴ってます!

9月25日、山科の護国寺左差し

 

秋彼岸会を執り行いました!

 

いつもと変わらず多くの檀信徒の皆様が

 

ご参拝頂き、厚くお礼申し上げます。

 

 

さてこの秋の彼岸に、

 

小学一年生の次男

 

大太鼓デビュー

 

しましたキラキラ

 

この日のために夏の間、

 

毎朝、朝勤の際に猛特訓していました上差し

 

出だしは失敗しましたが、

 

後半は上手に叩けていましたね拍手

 

 

小学五年生の長男

 

侍者をデビューですウインク

 

日蓮宗は給仕第一!

 

これからも色々な事を学んでくださいお願い

 

 

本日は晴天で秋晴れの素晴らしい一日でした太陽キラキラ

 

彼岸は、私達のいる此の岸から

 

仏さまのおられる彼の岸

 

渡っていこうとする一週間上差し

 

そして亡くなった方を弔い、

 

追善供養をしていく大切な期間でもありますお願い

 

を一生懸命見つめる時、

 

今あるが輝いてきますキラキラ

 

どのように生き、どのように行動し、

 

どのような時間を過ごしていくのか

 

それはきっと亡くなった家族に聞いてみると

 

分かってきますね上差し

 

社会に尽くし、人に尽くし、

 

自分の幸せをつかみなさい!

 

そう声が聞こえてくるのではないでしょうか。

 

それができるのがお彼岸の一週間照れ

 

この心を忘れることなく

 

これからも一心精進して参りたいですねお願い

 

 

本日は秋彼岸会にご参拝頂き

 

ありがとうございました\(^▽^)/

https://youtu.be/p8B9TajQrYk

9月24日、本光院左差し

 

秋彼岸会を執り行いました!

 

 

お彼岸はいつも

 

施餓鬼供養をいたします上差し

 

字の通り餓鬼を供養する法要ですが、

 

餓鬼とはどういう状態のことを言うのでしょうか!?

 

日蓮大聖人は『観心本尊抄』

 

貪るは餓鬼

 

とお示しのように、

 

人に物を施さず、

 

私利私欲の心で

 

あれが欲しい、これが欲しいと

 

際限ない欲に陥った人のことを言いますタラー

 

上矢印上矢印上矢印上矢印

 

これはよくよく考えると、

 

私自身の姿でもありますねガーンアセアセ

 

 

餓鬼にも三種あり、

 

そのうちのひとつは

 

多財餓鬼

 

と言います!

 

姿形は私達と全く同じ上差し

 

財があるのに惜しんで布施をしない!!

 

う~ん・・・。

 

どうみても、わ・た・しポーン

 

・・

・・・

 

ということで、

 

この施餓鬼供養は、

 

自分の一番大事な物を施して、

 

その功徳をもって餓鬼を供養します!

 

でも言い換えるならば、

 

自分の餓鬼の心を布施の功徳によって

 

清浄な心にしていくということでもありますね上差し

 

本日は多くのご参拝を賜り

 

ありがとうございましたお願い

 

皆様の施餓鬼供養の功徳によって

 

私達のご先祖様に回向できますように\(^▽^)/

 

 

https://youtu.be/bVLSWBF3U_A

 

以上、本光院の秋彼岸会でした音符

本日9月20日は、

 

秋の彼岸入りの日ですね!

 

その彼岸入りの日、

 

新たに檀家さんとなられた方の家で、

 

仏壇開眼を法修しましたお願い

 

 

その家は、

 

お父様、お母様も元気にご存命ですが、

 

新たに仏壇を購入され、

 

家に安置されたのです上差し

 

仏壇といえば、

 

私達の先祖を祀るところ!

 

と思いがちですが、

 

本当はそうではなく、

 

仏さまや諸天善神、

 

日蓮大聖人をはじめとした

 

大曼荼羅ご本尊をお祀りする処でもあります!!

 

その仏壇に手を合わすことによって、

 

私達は護られ、日々の生活を安穏に

 

過ごすことができますキラキラ照れ

 

一生懸命祈りを捧げることで、
 
その家は益々栄えることができることでしょう(。-人-。)
 
・・
・・・
 
ちなみに本日は彼岸入りということで、
 
日蓮大聖人は、
 
彼岸一日の小善は、能く大菩提に至るなり
『彼岸抄』
 
とお教えになられており、
 
このお彼岸に良いことをすれば。
 
悟りを開いて仏になることができ、
 
他の時節に功徳を積むよりも
 
彼岸の一日に小善を行えば
 
大いなる悟りの道に到ることができる上差し
 
だからこそ、お彼岸には善い功徳を
 
積んでいきなさいとのご教示です!
 
新しく檀家さんとなられたご家族の皆様、
 
仏壇開眼おめでとうございましたチュー
 
これから共に信仰に励んで参りましょうルンルン
 
 
さて今月は護国寺左差し本光院左差し
 
秋彼岸会が執り行われます上差し
 
本光院は24日()14時から
護国寺は25日()14時から
 
どなたでもご参拝できますので、
 
心よりお待ち申し上げます。

昨日9月16日、

 

布教師会の定例輪講

 

『法華経のおはなし』

 

薬草喩品第五

 

がありました!

 

なかなか専門用語が多めの

 

難しい内容でしたが、

 

最近勉強をしていませんので、

 

頭に刺激を受けられて良かったですお願い

 

ちなみに私のお坊さんの法号

 

等澍院日顕ですが、

 

この等澍は、薬草喩品の

 

一時に等しく澍(そそ)ぐ

 

から来ています上差し

 

 

ひらめき電球

 

そんな情報どうでもよかったですねてへぺろ

 

・・

・・・

 

ちなみに薬草喩品は、

 

木々や草花

 

三草二木の譬えで登場します!

 

 

これは人間だけではなく、

 

そして人間以外の動物だけではなく、

 

植物も、

 

すべての生けとし生きるものを

 

仏にしたいという

 

お釈迦さまのお心を表していますねキラキララブラブ

 

つねに一切のために平等に法を説く

 

ここにすべてが現れていますお願い

 

人間も、動物も、植物も

 

みんな尊い命をもっています。。。

 

命に合掌

 

南無妙法蓮華経(。-人-。)

 

以上、定例輪講でしたルンルン

 

 

 

9月2日~3日と、

 

信者さんと次男と一緒に

 

総本山がある身延山久遠寺へと

 

参拝に行って参りました車ダッシュ

 

 

京都から身延までは、

 

高速道路が全部つながり、

 

とても早く行くことができました照れキラキラ

 

途中の新名神は120キロ区間もありますねびっくり上差し

 

 

いつも長男ばかり、お寺のことを教えたり、

 

お経練習の指導をしているので、

 

今回は次男の心に仏種を植えるべく

 

一緒に連れて参った次第ですお願い

 

 

同行した信者さんの信仰心キラキラ

 

身延で聴聞した

 

多くの皆様のお題目をお唱えする声笑い

 

そして身延山の凜とした霊域の雰囲気が

 

次男の心にきっといつまでも宿っていることでしょう!

 

 

追伸。

 

総本山の久遠寺の朝勤の導師が

 

恩師の浜島典彦先生でした。

 

朝勤の挨拶の時、

 

わざわざ参拝の皆様の前で

 

私のことを紹介くださいましたポーン

 

とても恐縮ですアセアセ

 

先生ありがとうございました\(^▽^)/