民進解党は正解だと思うが

テーマ:
ちょっと個人的な問題で、しばらく更新出来なかったのだけど。 
にも拘らず毎日見てくださる人がいて、新たな読者まで。

いや、有難いやら申し訳ないやら。

復活しました。

この間に起きた最大の出来事と言えば、衆議院の解散・総選挙だが、東京都の小池知事が、

希望の党

を立ち上げたかと思いきや、民進党は独自の公認候補を立てず、新党に合流だと。
まあ、この判断自体は「あり」だと俺は思うけどね。

前原代表も語った通り、野党がバラバラでは、安倍政権を追い落とせないから。

それに、俺は前々から、野党は

原発ゼロを選挙の争点にすべき

と訴えてきたのだが、今回ようやく、そういう政党が登場した。

思えば1992年にも、日本新党というのが立ち上げられ、大連立を実現して細川内閣を成立させた。その立役者の一人が小池百合子だった。

ただ、今や彼女は都知事なわけで。

自ら出馬したりなんかしたら、こりゃもう、袋叩きだろう。

政権選択選挙

などと言っても、そう甘くはないだろうな。
でも、

野党がガタガタだから、今なら勝てる

などと考えて解散に踏み切った安倍ネトウヨ内閣が慌てふためいてるのは、愉快痛快。

久々に、選挙が面白い!