本ブログを閲覧いただき、ありがとうございます。

 

福岡占いの館「宝琉館」天神店で鑑定をさせていただいている五行禮子(ごぎょう・のりこ)です。

 

 

10月15日からは、博多マルイ店がオープンしました。

 

毎週火曜日17時~ 水曜日14時~ 木曜日10時~ 土曜日10時~博多マルイ店で鑑定しています。

 

日曜日は天神店で鑑定しています。

 

毎日のスケジュール詳細は福岡占いの館「宝琉館」吉方取りGO!を閲覧下さい。

 

 

 

 

11月7日は、冬の気の立つ『立冬』(りっとう)です。

 

 

 

秋の土用(夏が終わり秋にかけて冬を迎える準備の期間)が11月6日に終わって、立冬をむかえました。

 

段々寒くなってきますね。自然界では、紅葉が綺麗です。

 

私も先日、東南方位の吉方旅行に行って来ました。深耶馬渓(しんやばけい)の紅葉を見て、その地の食べ物を美味しく食べて、温泉にしっかり浸かって、運気をしっかりもらって来ました。

 

image

 

 

干支の組み合わせで16番目は己卯(つちのと・う)です。

 

己(つちのと)は、「土」の陰です。大きな山ではなく、畑という感じです。

 

image

 

「土」の特性」があるので、ストレスや色々な事を、少しづつ、じわじわと抱えます。しかし、たくさん抱えられません。

たくさん抱えると倒れてしまうので気を付けましょう。

 

また、己(つちのと)は、「己は紀なり」(きは、きなり)と言いますが、紀律を立てるとか、曲げる縮まるという意味があります。

 

「卯」は季節で言うと、3月の初春の「木」です。「木」の陰なので、草花と言う感じです。

 

image

 

漢字の形を見ると、門が開いた形をしています。城の門が開いて、中の人がどんどん外に出ていくイメージです。

 

「卯は冒なり」(ぼうは、ぼうなり)と言います。冒険と使いますが、積極的な開拓という意味があり、また、繁茂して紛糾しこんがらがるという意味もあります。

 

己卯(つちのと・う)は、のどかな春の花畑、田園と言う感じです。のんびりと庶民的な感じですが、長い冬を越えて、春の躍動的でワクワクと冒険的な所もあります。

 

なので、己卯(つちのと・う)の人柄は、気が若く人当たりが良い所があります。 一生を通して変転も多い傾向がありますが、転んでもタダでは起きない抜け目のなさもあります。過保護な環境よりも、逆境の方が良さが引き立つ事もあります。

 

日柱が己卯(つちのと・う)には、12運が「病」が出てくるので、柔らかいイメージでも少し短気でかんしゃく持ちの所もあります。

 

己卯(つちのと・う)と相性の良い干支は、甲戌(きのえ・いぬ)です。 どっしりと山の上にそびえ立つ大木と言うイメージです。

 

image

 

己卯(つちのと・う)さんとは精神的な繋がりもあり、お互いに理解しあえる関係です。

 

己卯(つちのと・う)の日に生まれた有名人は、シンガーソングライターの米津玄師さん、

サッカー選手の中田英寿さん、アナウンサーの久米宏さん、音楽プロデューサーの秋元康氏、

女優の米倉涼子さん、真矢みきさん、元バレーボール選手でスポーツキャスターの益子成美さん、などがいらっしゃいます。

 

 

 

最後まで読んでくださりありがとうございました。

 

皆様の良き自分探しのお手伝いができますように、、五行禮子が宝琉館天神店、博多マルイ店でお待ちしています。

 

 

 

 

 

 

福岡占いの館「宝琉館」】 株式会社スターフォーチュン

 

占いの申し込みは占い申し込みフォームから申し込めます。

 

 

 

福岡占いの館「宝琉館」博多マルイ店

10月15日オープン 初日から盛況

 

福岡占いの館「宝琉館」では2020年10月15日(木)から博多マルイ5階(上りエスカレーター横)で新規で店をオープンし、開運鑑定会を開催中です。連日、大好評を得ていて、ゆっくり、じっくり鑑定できるのが魅力です。

2020年終盤から2021年が一体、どんな年になるのか。

恋愛結婚運、仕事運、金運、健康運、家庭運、相性など、その人にとっての特別な開運ポイントをズバリ、鑑定していきます。

 

 

博多マルイはJR博多駅博多口のKITTE博多にあり、博多駅と連結していて、博多駅前の利便性の非常に良い場所です。

若年層だけでなく、中高年層も往来し、落ち着いた雰囲気が占いの鑑定でも、気軽に入館できる好立地です。

 

博多区に在住されていたり、勤務地が近い場合や交通の便が良い場合は、ご関心があれば、ご来館下さい。

 

 

【お問い合わせ】

福岡占いの館「宝琉館」博多マルイ店 電話070-8504-3345
宝琉館の申し込みフォームからでも問い合わせ可能です。

【福岡占いの館「宝琉館」博多マルイ店の住所】

福岡市博多区博多駅中央街9番1号 博多マルイ5階上りエスカレーター横
直通の携帯電話番号070-8504-3345

 

 

 

 

  ☆-----★-----☆-----★-----☆
 

 

 

 

その人生の節目、流れをしっかり知って「人生のターニングポイント」でどう方向転換していくか。

 

これがとても大切になっていきます。

 

福岡占いの館「宝琉館」 では、常にこのポイントを念頭に開運鑑定を行っています。

 

変化の兆しは生年月日からでも手相からでも、易占からでも見通して行くことができます。

 

さらに深く、人生を洞察したいと思うならば、定期的に鑑定を受けに来ると良いでしょう。

 

 

本ブログを閲覧いただき、ありがとうございます。

 

福岡占いの館「宝琉館」天神店で鑑定をさせていただいている五行禮子(ごぎょう・のりこ)です。

 

 

10月15日からは、博多マルイ店がオープンしました。

 

毎週火曜日17時~ 水曜日14時~ 木曜日10時~ 土曜日10時~博多マルイ店で鑑定しています。

 

日曜日は天神店で鑑定しています。

 

毎日のスケジュール詳細は福岡占いの館「宝琉館」吉方取りGO!を閲覧下さい。

 

 

 

 

 

干支の組み合わせで15番目は戊寅(つちのえ・とら)です。

 

戊(つちのえ)は、「土」の陽です。どっしりとした「山」、と言うイメージです。また、「戊は茂なり」(ぼは、ぼなり)と言いますが、茂る、繁茂するという意味もあります。

 

image

 

 

「土」なので、じわじわとストレスもいろんな物も抱えて、抜けるにも時間がかかります。また、戊は、土の陽なので、たくさん抱えることが出来る、頭領格です。

 

寅の季節は2月、暦の上では立春を迎える春です。また、寅という漢字の形を見ると、家の中で両手で弓矢をもって、祭壇で祈る形をしています。なので、畏れ(おそれ)慎み(つつしみ)尊う(うやまう)という意味があります。慎み恐れる事を寅畏(いんい)と言います。

 

image

 

戊寅(つちのえ・とら)は、比較的水の潤いもある、緑の生い茂った山です。

 

image

 

バランスも良く、意欲的で行動力もあります。リーダーに向いています。素直な努力家です。とは言っても、控えめで、自分をひけらかそうとはしない所もあり、品位があります。裏表がなく、プライドも高いので、媚びを売ったりできません。

 

裏表が無い事や、意欲的であるがゆえに、強引になったりすると、敵を作ったり、トラブルとなる事があります。

 

戊寅(つちのえ・とら)と相性が良いのは、癸亥(みずのと・い)です。

 

image

 

 

癸亥(みずのと・い)は、表に出さない努力家で、頑張り屋さんです。個人的な技芸や学術に優れています。そんな癸亥(みずのと・い)の良さをわかるのが戊寅(つちのえ・とら)で、それを通してお互いに、満足感や幸福感を感じれる関係です。

 

戊寅(つちのえ・とら)の有名人は、女優の吉高由里子さん、マルチタレントの神田沙也加さん、稲垣吾郎さん、山下智久さん、スキージャンプ選手の高梨沙羅さん、ノーベル賞受賞者の中村修二氏、政治家の細野豪志氏、などがいらっしゃいます。

 

 

最後まで読んでくださりありがとうございました。

 

皆様の良き自分探しのお手伝いができますように、、五行禮子が宝琉館天神店、博多マルイ店でお待ちしています。

 

 

 

 

 

 

福岡占いの館「宝琉館」】 株式会社スターフォーチュン

 

占いの申し込みは占い申し込みフォームから申し込めます。

 

 

 

福岡占いの館「宝琉館」博多マルイ店

10月15日オープン 初日から盛況

 

福岡占いの館「宝琉館」では2020年10月15日(木)から博多マルイ5階(上りエスカレーター横)で新規で店をオープンし、開運鑑定会を開催中です。連日、大好評を得ていて、ゆっくり、じっくり鑑定できるのが魅力です。

2020年終盤から2021年が一体、どんな年になるのか。

恋愛結婚運、仕事運、金運、健康運、家庭運、相性など、その人にとっての特別な開運ポイントをズバリ、鑑定していきます。

 

 

博多マルイはJR博多駅博多口のKITTE博多にあり、博多駅と連結していて、博多駅前の利便性の非常に良い場所です。

若年層だけでなく、中高年層も往来し、落ち着いた雰囲気が占いの鑑定でも、気軽に入館できる好立地です。

 

博多区に在住されていたり、勤務地が近い場合や交通の便が良い場合は、ご関心があれば、ご来館下さい。

 

 

【お問い合わせ】

福岡占いの館「宝琉館」博多マルイ店 電話070-8504-3345
宝琉館の申し込みフォームからでも問い合わせ可能です。

【福岡占いの館「宝琉館」博多マルイ店の住所】

福岡市博多区博多駅中央街9番1号 博多マルイ5階上りエスカレーター横
直通の携帯電話番号070-8504-3345

 

 

 

 

  ☆-----★-----☆-----★-----☆
 

 

 

 

その人生の節目、流れをしっかり知って「人生のターニングポイント」でどう方向転換していくか。

 

これがとても大切になっていきます。

 

福岡占いの館「宝琉館」 では、常にこのポイントを念頭に開運鑑定を行っています。

 

変化の兆しは生年月日からでも手相からでも、易占からでも見通して行くことができます。

 

さらに深く、人生を洞察したいと思うならば、定期的に鑑定を受けに来ると良いでしょう。

 

本ブログを閲覧いただき、ありがとうございます。

 

福岡占いの館「宝琉館」天神店で鑑定をさせていただいている五行禮子(ごぎょう・のりこ)です。

 

10月15日からは、博多マルイ店がオープンしました。

 

毎週火曜日17時~ 水曜日14時~ 木曜日10時~ 土曜日10時~博多マルイ店で鑑定しています。

 

日曜日は天神店で鑑定しています。

 

 

毎日のスケジュール詳細は福岡占いの館「宝琉館」吉方取りGO!を閲覧下さい。

 

 

 

 

 

干支の組み合わせで14番目は丁丑(ひのと・うし)です。

 

image

 

丁(ひのと)は、「火」の陰です。蝋燭の火と言うイメージです。それでも「火」なので、秘めたエネルギーがあります。

 

漢和辞典の最初に出てくるのが「一」で、二番目が「丁」の字です。

「丁」の字は木の幹のてっぺんに枝葉が開いて旺盛な状態を表します。

昔、徴兵検査に取られる年齢を「壮丁」(そうてい)と呼びましたが、その「丁」の意味になります。

また、盛りのとしの二十歳を「丁年」(ていねん)と言い、色っぽい盛りの女性を「丁女」(ていじょ)と言います。

 

image

 

「丑」は、1月、冬の土です。方位で言うと「北」で水がある場所なので湿った土です。

「丑」の字の形を見ると、赤ちゃんが右の手を伸ばしたいのだけど、真っすぐ伸びない様な形です。

事の初め、始まり、意欲の現れなどを意味します。

また、「丑は紐なり」(ちゅうはちゅうなり)と言いますが、丑(うし)は紐(ひも)で繋がれて身動きが自由ではありません。

なので、伸び悩み、(糸で)整える、養うなどの意味があります。

 

image

 

丁丑(ひのと・うし)は、湿った土の上でなかなか消えない炎のイメージです。炎が燃え続けるためには、薪があるとありがたいです。

 

丁丑(ひのと・うし)の人は、穏やかで落ち着きがあり、粘り強く根気がある人が多いです。また、マイペースな芸術家タイプです。保守的な所もあり積極性に欠ける所もあるので、なかなか才能が埋もれて出てこれない部分も見えますが、良き協力者(薪となる人)と出会うと、才能が発掘される事となります。

人に好かれるのですが、それを煩わしく思う事もあるので、良いチャンスを逃さないようにしましょう。

 

優しいイメージで人当たりが良いですが、日柱の十二運が、「墓」(ぼ)となるので、頑固で我慢強い所があります。人にやさしく自分に厳しいタイプです。

 

 

丁丑(ひのと・うし)と相性が良い干支は、壬子(みずのえ・ね)です。壬子は、積極的で勢いがありますが、少し飽き性な所もあります。丁丑を後押ししてくれて、丁丑の我慢強さが壬子の飽き性を補います。互いに分かり合える良きパートナーとなります。

 

丁丑の有名人は、女優の栗山千明さん、杉咲花さん、歌手の西野カナさん、長渕剛さん、政治家の小沢一郎氏などがいらっしゃいます。

 

 

最後まで読んでくださりありがとうございました。

 

皆様の良き自分探しのお手伝いができますように、、五行禮子が宝琉館天神店、博多マルイ店でお待ちしています。

 

 

 

 

 

 

 

福岡占いの館「宝琉館」】 株式会社スターフォーチュン

 

占いの申し込みは占い申し込みフォームから申し込めます。

 

 

 

 

本ブログを閲覧いただき、ありがとうございます。

 

福岡占いの館「宝琉館」天神店で鑑定をさせていただいている五行禮子(ごぎょう・のりこ)です。

 

毎日のスケジュール詳細は福岡占いの館「宝琉館」吉方取りGO!を閲覧下さい。

 

 

 

 

 

干支の組み合わせで13番目に巡ってくるのが、丙子(ひのえ・ね)です。 

 

丙は「火」の陽です。漢字の成立と原義を説明する書物に、「説文」(せつもん)というものがあります。「説文」によると、

 

「丙は炳なり」(へいはあきらかなり)とあります。明るい盛ん と言うと意味があります。明るい太陽、蝋燭の火ではなくガスバーナーの火という感じですね。

 

image

 

 

なので、丙の人は積極的で行動力のある人がおおいです。ただ、行き過ぎると「横柄」(おうへい)になるので気を付けて、行き過ぎないようにしましょう。

 

子は「水」の陽です。季節で言うと冬の12月です。「子は滋なり」 (しはしなり) と言います。 「滋」は水に恵まれ潤い増えるという意味、生まれるという意味があるので、「子」は、増える 生まれるという意味があります。なので凄いエネルギーがあります。

 

image

 

 

余談ですが、今年は庚子(かのえね)の年ですね。子年で増えるという意味ではコロナウイルスが増える事が心配ですね。

 

丙子(ひのえね)となると、12月冬場の海の水面に浮かび映る太陽の光と言うイメージです。海に映る夕陽、もしくは朝日は美しいですね。

 

image

 

 

目立ちますし存在感もありますが、水に映る光なので、少し不安定になります。丙なので、才能もあり輝きもありますが、少し不安定なので、

まわりのサポートや理解者がいると目を出します。その才能を生かせるように、あまり行き過ぎないでより公な事を優先していけると良いですね。

 

熱しやすく冷めやすい所もあるので、少し粘り強くいくと良いかもしれません。日柱の十二運が「胎」になるので、雰囲気、ムードを大切にして新しいものに関心が向く傾向にもなります。 他柱の星のバランスにもよりますが、どうしても自分の才能を生かして生きていく傾向にあるので、家庭だけに収まるタイプではなくなるので家庭運が不安定になる事もあります。

 

独特のカリスマ性を持つ魅力的な人が多いです。

 

 

image

 

 

丙子(ひのえね)と合う相性は、辛未(かのとひつじ)の人です。辛未(かのとひつじ)の人は、とても配慮のある繊細さがあり、ねちっこくない粘り強さもある良き理解者となる可能性があります。

 

丙子(ひのえね)の有名人には、俳優の渡辺謙さん、タレントの二宮和也さん、「君の名は」の新海誠監督、女優の上戸彩さんなどがいらっしゃいます。

 

最後まで読んでくださりありがとうございました。

 

皆様の良き自分探しのお手伝いができますように、、五行禮子が宝琉館天神店でお待ちしています。

 

 

 

 

 

 

 

福岡占いの館「宝琉館」】 株式会社スターフォーチュン

 

占いの申し込みは占い申し込みフォームから申し込めます。

 

 

 

 

本ブログを閲覧いただき、ありがとうございます。

 

福岡占いの館「宝琉館」天神店で鑑定をさせていただいている五行禮子(ごぎょう・のりこ)です。

 

毎日のスケジュール詳細は福岡占いの館「宝琉館」吉方取りGO!を閲覧下さい。

 

 

 

 

 

 

干支の組み合わせで12番目に来るのが 乙亥(きのと・い)です。

 

乙(きのと)は「木」の陰です。甲(きのえ)は大木と言う感じですが、乙(きのと)は草花、雑草、大木の周りに伸びる蔓(つる)と言うイメージです。

 

image

 

蔓は真っすぐ伸びたいのですが、大木の周りをくねくねと伸びていきます。どんな抵抗があってもやり遂げないといけない性質が出ます。

 

雑草は踏まれても踏まれても、たくましく生きて最後にきれいな花を咲かせます。

 

亥(い)は「水」の陰です。亥の象形文字から見ると、地下で男と女が秘め事をして子供をはらむ形をしています。なので、亥は起爆性のエネルギーを秘めています。

 

image

 

そこで、乙亥(きのと・い)となると、水にゆらゆらと浮かぶ水草と言う感じで、目立たずソフトに見えますが、どのような環境でも生き延びていくエネルギーがあります。少し落ち着きがないように見えるかもしれません。

 

image

 

頭のよい機転の利く人が多く、運気の波を乗り越えていって、決して平坦な道を行く感じではありません。男性は、独特な美的センスを持っています。女性は結婚して家庭にだけ収まるタイプではありません。特殊な技術や資格を持って働く方がいきいきします。それを理解してくれるパートナーがいると良いですね。

 

相性が良いのは、庚寅(かのえ・とら)です。お互いの特殊な性格性質を、理解して尊重しあえる関係です。

 

乙亥(きのと・い)生まれの有名人には、政治家の橋下徹氏、相撲界の貴乃花親方、落語家の桂三枝さん、歌手タレントの和田アキ子さん、シンガーソングライターの松任谷由実さん、女優の高島礼子さんなどがいらっしゃいます。

 

先日、西に最大吉方位が向いた日に糸島に行ってきました。

 

西方位は、人との出会い、金運あアップの方位で、「兌」(だ)の位置なので、ペチャクチャと楽しい方位です爆  笑

 

そこで、芥屋大門(けやおおと)遊覧船に乗っていざ玄界灘へ~洞窟を見に~目

 

image

 

玄界灘の荒波の海蝕(かいしょく)によってできた神秘的な洞窟でした。

 

image

 

 

image

 

 

運が良ければ洞窟の中に少し入れるとか~運が良かったです照れ

 

image

 

 

帰りに白糸の滝に寄ってみました照れ 凄い迫力とパワーを感じました。

 

image

 

アジサイも美しかったですあじさいあじさいあじさい

 

image

 

最後「村上屋本舗」の白雪の花のような かき氷を食べて帰りました。抹茶ぜんざいです。

 

image

 

 

image

 

最後まで読んでくださりありがとうございました。

 

皆様の良き自分探しのお手伝いができますように、、五行禮子が宝琉館天神店でお待ちしています。

 

 

 

 

 

 

 

福岡占いの館「宝琉館」】 株式会社スターフォーチュン

 

占いの申し込みは占い申し込みフォームから申し込めます。