余命わずか…


予後数日と、
6日前に家で家族に囲まれながら
最期を迎えたいと、急遽病院を退院し
訪問診療を開始した60代のがん末期の方。



急いで情報収集し、自宅に帰って困らないよう

介護サービスを導入。

訪問看護もPCA(医療用麻薬)もあるターミナル患者をしっかりみてくれる、うちの訪看に依頼しましたニコニコ


そして、昨日残された時間がわずかとなり、

急いで
ドクター(研修医)と訪問看護ナースと伺いました滝汗



ご主人様、娘さん、6歳のお孫さんと一緒に
最期の時間を穏やかに迎えられるよう、
患者さまのそばで、みんなで声かけしながら
ハーバリウムをしました。





想い出作りのハーバリウム



亡くなる前でも、最後まで聴覚は残ると言われていますおねがい


「お母さんの好きなピンクとグリーンで作ってみたよ🌿」ってご主人と娘さんが声をかけると、薄っすらと目を開けハーバリウムを見つめていました。



ベッド横にある小窓にみんなで作った思い出のハーバリウムを並べてみました😌




とても、いい時間をみんなで過ごせました。




静かに家族に看取られながら旅立たれました。
どうぞ安らかに…