永田ジョージ Official Blog powered by Groove Pockets

人呼んで「波乗り系ピアニスト」メロウピアノな永田ジョージのオフィシャルブログです。音楽のこと、波乗りのこと、気ままに更新していきます。

TwitterやFacebookも更新中。

 
NEW !
テーマ:

ただ気持ちのいい音楽を紡ぐために、ライブと時差ぼけとメールの山と闘いつつ、少しずつ日常に復帰しています。


{974EDB5D-2A75-414E-B8A2-C8431516E1D4}


ほぼ1か月間日本を離れ、いちむじんツアーからの音楽ルーツを辿る旅。サンパウロ、サルバドール、メキシコシティ、ニューヨーク、そして最後はロス~サンディエゴでした。ここ10年間弾いてきたブラジリアンミュージックのルーツに触れ、お客様の大合唱と共にボサノバを演奏し、メキシコではベサメムーチョを弾き、ニューヨークでは着物姿でりんご追分とジャズのフュージョンをレコーディング&ライブ演奏し、現地のミュージシャンのライブに切り込み、そのままロスを経由してサンディエゴへとショートストップ。


{92BAFFE7-78E0-4745-9CA4-8075FD953D18}


色々と回って感じたのは、これまでの回り道とも思える人生の旅路は無駄ではなく、見てきたものや乗ってきた波が自分の血となり肉となり音となっていること。そして、僕はジャンルに限らずただ気持ちのいい音楽をやりたいんだということ。そういう意味ではジャズも、ポップスも、ブラジリアンも、いちむじんも、欲張りかもしれないながら満遍なくやっていきたい。


{77A2D908-9617-4DC5-9C76-61D33B2DEF1C}


写真はサンディエゴに引っ越した2005年の夏に知り合って、カリフォルニアの音楽シーンへ導いてくれた素晴らしいギタリスト、ピーター・スプレイグ。彼はカリフォルニアを拠点に世界中で、ジャンルに関係なくただ気持ちのいい演奏をしているサーファーなのです。今回のツアーの最後、サンディエゴを離れる前に彼のスタジオに寄って、4年ぶりの再会を祝しました。


彼がいなかったら今の僕は間違いなく存在しないし、彼に会わなかったパラレルワールドではまだ会社員をやっていたかもしれない。そう思うと、まさしく縁は異なもの味なものだし、不器用な人付き合いしかできないけど一人ひとりの家族・友人・仲間・お客様を大切にしていかなきゃなあと身をつまされています。とりあえず明日から通常モードに戻れそうなので、たまりきったメールにどんどんお返事をしていきます、はい。


{1DD5323F-B0F9-4C57-B26C-EF78E24DC76E}



今まで行ったことのない国へのツアーを体を張って企画してくれたいちむじんのリーダー山下君、各国で多大なサポートして下さった方々、いちむじんの無謀とも思えるチャレンジをクラウドファンディングでご支援してくださった方々、表立ってライブを応援したり陰ながらいいねを押して応援して下さっている方々、本当にありがとうございます。


旅する侍ピアニスト 永田ジョージ、今年の残りも気持ちいい音楽を演奏していきます。お近くの方は是非、旅を通じて音にどんな変化が表れたか、ライブを見て戴ければ幸いです。


{42249874-1FAE-4A30-B495-A80A24D7BA90}


よろしくお願いします。



--


近々のライブはこちらにて…


9/26 矢幅歩・永田ジョージ at 学芸大学・珈琲美学

9/28 Remi・永田ジョージ at 学芸大学・珈琲美学

10/15 Living Bossa at 渋谷リビングルーム・カフェ


伊藤大輔・須田晶子・永田ジョージ "Pure Imagination" ツアー:

10/16  浜松ハァーミットドルフィン

10/17 神戸メゾンパタジェ

10/18 名古屋ミスターケニーズ

10/19 上田 柴崎

10/20 神楽坂Glee


10/22 原かのこ x 永田ジョージ at 奄美大島ASIVI

10/25 名知玲美・鈴木直人 at 六本木アルフィー

10/26 R-Cafe-音楽と香りのある時間 at 下北沢Seed Ship


#endlessjourney

#sandiego

#petersprague

#encinitas

#ichimujin

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

ピアニストの永田ジョージです。現在ブラジルのサンパウロに「いちむじん」のツアーで来ており、連日熱いライブを繰り広げています。その節はクラウドファンディングでも多数の方にご支援いただき、ありがとうございました。

 

さて、日本を離れているタイミングでのリリースとなりましたが、本日9月1日に二枚のアルバムが世界同時(*)リリースとなりました。 (*海外のiTunes、Apple MusicやSpotifyなどでも聞けます)

 

 

一枚目はボーカル・原かのことのブラジリアンDuo、"Love Jobim" - アントニオ・カルロス・ジョビンへの一方通行な愛を、音を通したラブレターとしてお届けしています。文字で読むよりも、イメージビデオで見る方が早いと思いますので、こちらで是非チェックしてくださいね。

 

 

全国の蔦屋、ディスクユニオン、タワレコ、および二人のライブでお手に取って戴けます。アマゾンで購入を希望の方はこちらからどうぞ。

 

"Love Jobim"

 

Tracklist

1 Sabia

2 Caminhos Cruzados

3 Manha de Carnaval
4 Estrada Branca

5 Luiza

6 Chora Coracao

7 O Cantador

8 Acaso

9 Retrato em Branco e Preto

10 Carinhoso

11 Se Todos Fossem Iguais a Voce

 

George Nagata (pf) and Karnoko Hara (vo)

Recorded and mixed by Mitsumasa Aono

Jacket Design by Kanoko Hara

 

 

そして二枚目はこちら、ボーカル伊藤大輔、ギター鈴木直人とのトリオ"Triple Standard"による3枚目のアルバム"Metamorphosis"。

 

image

 

メタモルフォーゼ、それは変態し続けるジャズ。

 

ジャズのレコーディングが始まって以来、今年で100年。「ジャズスタンダード」とよばれる20世紀前半のミュージカルソングや映画音楽は、これまでに幾万回とレコーディングされてきました。寿司がアボカドロールを経てSushiとして世界に広まったように。サッカーとラグビーが融合してアメフトになったように。パスタがケチャップと出会い日本独自のナポリタンへと進化したように。21世紀のロック、ヒップホップからブラジリアンミュージックまで聴いてきた僕らのフィルターに通せば、ジャズに更なる面白さや味わいを足せるのではないか…?

 

蝶が羽ばたく前には何度かの変態を経ます。100年間育まれた繭の中から、21世紀に羽ばたくジャズとしてエネルギーを溜めて飛び立とう。そんな気持ちを込めてこのアルバムをお届けします。

 

「これはただの音楽じゃない、エンターテインメントだ!」

 

日本、そして世界のみなさまに、体感してもらえることを願って。

 

--

 

オープニングトラック「風のささやき」のPVはこちら。

 

 

全曲視聴はこちらからどうぞ。

 

全国の蔦屋、ディスクユニオン、タワレコ、および三人のライブでお手に取って戴けます。

アマゾンはこちら

iTunesはこちら

 

[Recommendation]

 

『永田ジョージの大胆なアレンジとリリカルなピアノ、伊藤大輔の艶やかな歌声、鈴木直人のスリリングなギターによって、世界中のホテルロビーで手垢がつくほど演奏されてきたジャズスタンダードの数々が現代に返り咲く。トリプルスタンダードの新鮮なアプローチにすっかり魅了された。』-Ian
Patterson, All About Jazz

 

永田ジョージ (piano & beatbox) http://groovepockets.com/
伊藤大輔 (vocal & beatbox) http://www.daisuke-ito.net/
鈴木直人 (guitar) http://ameblo.jp/naotothebomb/

 

Tracklist

1 The Windmills of Your Mind
2 The Nearness of You
3 Destination Moon
4 Window of Thalys
5 Love You Madly
6 Summertime
7 Milonga Gris
8 Along With You
9 Bye Bye Blackbird
10 Ballad of the Sad Young Men

 

Recording by Masaaki Okabayashi and Yu Sasaki
Mixing and Mastering by Hidenori Shin (DCG,LLC)
Design by Kanako Okajima
Photography by Auvernier Jazz Festival / M.-A. Zimmerli| / H. Loeffler

 

 

いずれのアルバムも自信をもってお勧めできます。ゆったりとしたブラジリアンに身を任せるならばLove Jobim、映画音楽からジャズスタンダードまで幅広い選曲でがっつりジャズを聴きたい方はMetamorphosisと、気分に合わせて聴いて戴ければ嬉しいです。

 

永田ジョージ

http://groovepockets.com

 

おまけ - それぞれのCDのAmazonレビュー欄に聴いた感想を書いてくださった方は、私までメールを戴ければ9月~10月でご希望のライブに抽選でご招待します。尚、9/23は六本木アルフィーで原かのこと、10/16~10/20は伊藤大輔と日本各地でライブをお届けしますので、CDへのサインも可能です。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
「歌のある日」 アルバムリリース・先行発売記念ライブを、渋谷イープラスLiving Room Cafe & Diningにてお届けしました。

当日の夕方に工場からプレスされたCDがギリギリで届くという流れから、全曲たっぷりとしたバラード、そして多くがラブソングのデュエット。なるべく大輔君のうっとりとした顔をみないようにしながら、手元と譜面台を里菜さんの背中を交互に見つつピアノを弾くというプチMな気分のライブでした。

{30EEE310-2D3F-44D0-93F2-B1B10C4CDBC9}


西部里菜(Vo) 
伊藤大輔(Vo) 
永田ジョージ(Pf)

ごくごくシンプルな編成ゆえに、より奥が深い音楽性のライブとなった気がします。アルバムもたくさんの方に買っていただけけました。サインは長蛇の列…

{A0CC3178-E4ED-4DBB-9ED5-7791607D80E5}

流通は10月1日からですが、今後しばらく3人のライブでもご購入いただけますので、手に取ってみてくださいね。




年内に里菜さんはマルタに移住してしまいますが、10/27に日本橋三井ホールで行われる、俳優・柴俊夫さん主催のチャリティーコンサート、
"こどものための柴基金コンサート"にてこの三人で出演が決まっています。


ご興味のある方は是非お越しくださいませ。

http://groovepockets.com
永田ジョージ
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

椎名林檎、スティング、glee、キリンジ、ジャズ、ソウル、オリジナル…


{9D41EFD3-67D2-4B5D-8D6B-594E301267D1}

ジャンルが一貫していないことに一貫してこだわり続けて今日で16回。2012年から4ヶ月ごとに開催している歌の祭典Vocal Crossing、ギリギリ台風にもぶつからずに今回もお届けすることができました。


安定の伊藤大輔、爆発の吉田沙良、ソウルフルなナミヒラアユコ、そしてこじらせピアニスト永田ジョージ。今日のこのメンバーでしか演じられない曲の数々、とことろどころで笑いもありながら、心の深いところから音楽への想いを綴りました。


{B1FC5070-EA4C-472C-A9AB-E852C3945039}

次回のRoute 17は12月4日、東京では初の組み合わせでお届けする予定です。それまではまたそれぞれのミュージシャンのライブやCDを通じて、私たちの音楽に触れていただければ幸いです。


Vocal Crossing Route 16 are... 

永田ジョージ・伊藤大輔・吉田沙良・ナミヒラアユコ


Produced by Groove Pockets with Truestar Entertainment

http://groovepockets.com


Supported by PETHICA Jewelry

http://pethicajewelry.com


--


1st Stage


1 Strong Enough

2 Thriller

3 丸の内サディスティック

4 シドと白昼夢

5 夢と湖

6 Nearness of You

7 Seven Days 

8 Fragile

9 Close to You

 

2nd Stage


1 Hit The Road Jack

2 On the other side

3 癇癪と色気

4 One Less Bell to Answer/House is Not a Home

5 いのちの歌

6 to U

7 Who Chooses the Season

8 Hallelujah


Enc Smile


(photo by Mr. Fukugawa)

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

伊藤大輔くん&西部里菜さんとのボーカルバラード・アルバム「歌のある日」(10月1日全国発売)の全曲紹介PVを作りました。ミックスした名曲の数々を聴きながら花の映像を選び、本の装丁のイメージで曲名を入れるだけの楽しい作業。

 

 

5月末の3日間、神戸のFujitsu Ten Studio Forteで5月末の3日間で13曲をレコーディングし、エンジニアのけんしろう君が日夜寝ずに緻密なリミックスをしてくれ、アルバムの柔らかな雰囲気を伝えるジャケットデザインはDuoアルバム"Love Jobim"を共にリリースしたブラジリアン・シンガー兼デザイナーの原かのこさんに素敵に仕上げて頂きました。

 

リリースに先立ち、8月9日に渋谷eplusリビングルームカフェにてリリースライブをお届けします。ご予約の上、是非お聴きくださいね。8月6日までにeplusのサイトにてご予約いただいた方に、アルバムの中からご希望の曲を1曲プレゼントします。ご希望の方は「歌のある日 - シングル希望」とタイトルに書き、本文にご予約名とご希望の曲名を書いて info@groovepockets.com までメールをお送りくださいね。

 

かしこ。

 

--

 

歌のある日  

 

花を飾るように、音楽をかけるのもいいと思う。一息ついて耳を傾けてみると、美しいメロディーが流れている部屋はとても居心地がいい。耳慣れたポップス、ゆるやかなジャズ、知らないはずなのに、どこかで聴いたことがある懐かしさ。「自分の存在」以上に「歌」を届けることに長けた伊藤大輔と西部里菜の歌声に、永田ジョージのピアノが寄り添う。生活に彩をもたらす音楽が、ここにあります。

 

1 The Rose

2 Heal The World

3 Wind Beneath My Wings

4 貴方が生きたLove Song

5 耳をすませば

6 おかえり

7 Smile

8 オリオン

9 The Water is Wide

10 しあわせのランプ

11 Along With You

12 Will You Love Me Tomorrow

13 My First Pain (初回限定Bonus Track)

 

税抜価格 2000円

販売元 Groove Pockets Music Entertainment

GPME-0008

 

Recorded at Studio Forte at Kobe Fujitsu Ten

Recorded on 2017/5/29 to 2017/5/31

Release date 2017/10/1

 

Special Thanks: Mr. Nanbu, Mr. Yamaji, Kenshiro, Fujitsu Ten and many supporters of Daisuke, Rina and George.

 

Executive Producer: Southfield
Master Rights Owner: Y2FACTORY Inc.

Photo Location: Cabonash Capital

Arranger and Producer: George Nagata

 

Recording, Mixing and Mastering: Naonori Nagashima

Design: Kanoko Hara

 

Video Copyright - George Nagata / Groove Pockets

Contact info@groovepockets.com

 

For live information and more, please visit my website & facebook

http://groovepockets.com/

http://facebook.com/groovepockets

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

大波に飲まれクラゲに刺され海水を呑み海底に叩きつけられ呼吸ができなくなり腕が棒になり喉が潮で焼けたその先に、僕だけが乗れる波があった。

 


 
この日はほぼ一年ぶりの宮崎、肌は白くなり筋肉は落ち肉はたるみ波を選別する眼力も落ち反射神経も鈍り、にも関わらず幸か不幸か近づく台風の影響で波のサイズはかなり大きく上級者にとっては最高のコンディションでした。ちなみに僕は盛っても中級者程度。
 
寝不足だし何も食べてないし体力不足だし怪我をしたらライブできなくなるし日差しも強いし誰も周りにいないから危ないしハードだし今日はやめておこうかという心の中の弱虫と戦いながら沖に向かった。
 
どでかい波を食らうたびに頭に響いてくる、
今まで言われてきた言葉の数々。
 
「ミュージシャンなんて稼げない職業なんでやってるの?」「会社辞めずに二足の草鞋で弾いてれば良かったのに」「今どきボサノバで稼げるのは小野リサだけだよ」「ジャズやるなら上原ひろみくらいにならないと」「もっと売れる音楽をやればいいのに」
 
そういう言葉にいちいち耳を貸していたら心は折れていく一方だし、気にしていたら自分のやりたい音楽なんて見つかるはずもない。
 
やってきた一本の大波。この波に撒かれたらどうなるんだろうと頭によぎりながらも、ただ乗っている自分を想像して決死のテイクオフ。
 
乗れた。
 
それまでは僕を苦しめ押し戻し叩きつけていた波の上に乗り、押してもらい、この上ないアドレナリンが放出された。誰もいない木崎で、一人叫んだ。
 
多分僕はこれからも、反対意見を食らうこともあるし、煮え湯を飲まされることもあるし、棘のある言葉に刺されたり、ときに迷うこともあると思う。
 
それでも自分が信じる道を歩み、
出したい音を出していく。
 
--

ブラジリアンシンガー・原かのこさんとのニューアルバム"Love Jobim" リリースライブ 沢山の方に聴いていただき、ありがとうございました。満席御礼&完売、ただただ感謝です。

 

今週は土曜日の午後、吉祥寺ストリングスで露木達也君とのブラジリアン・Duoをお届けします。

 

 


https://www.facebook.com/groovepockets/posts/1760640023963454
 
#それでもクラゲは嫌いだ

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

珠玉のブラジリアン・バラードを収録した、原かのこさんボーカルと永田ジョージのピアノDuoアルバム"Love Jobim"の全曲視聴動画が公開されました。

 

ジョビンワールドを表現した音の雰囲気が、素敵な映像のコラージュで表現されています。ぜひ、ご覧くださいませ。

 

 

7月23日のお昼過ぎ、アジア料理と音楽を同時に楽しめるライブハウス、中目黒「楽屋」での先行リリースライブにて会場販売を開始します。

 

ご予約の上、是非生音でステージを体感いただければ嬉しいです。

 

http://rakuya.asia/home.shtml 
12時半〜(2ステージ

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

伊藤大輔・鈴木直人と5年前に始めたバンド"Triple Standard"。三枚目のCDリリースを記念してツアーを行い、ほんの先月末に渋谷セルリアンタワーJZ Bratで100人規模のツアーファイナルをやった直後でしたが、今度は六本木の老舗ジャズクラブで「アンコールライブ」と銘打ってのミニライブ。

 

3連休中日というのもあり、さすがに今日はお客様5人くらいかな…と思っていたら、まさかの満席御礼…!ただただ感謝です。相変わらず僕らはMCで半笑いと爆笑を繰り返し、スタンダードを僕らなりの解釈で演奏し、大団円のラストソングから安定のアンコールまで駆けぬけました。

 

 

明日は野暮用(by 伊藤大輔)でこの三人で演奏をしますが、寂しいことに次のライブは決まっていません。三人のタイミングがあうところを探して、また年内にどこかでやれることを願っています。それまでの間、僕と大輔は8月7日と9日に渋谷で共演し、直人とは10月25日に再びアルフィーで共演します。

 

「変態」(生物学的な意味で…)を意味するアルバム「メタモルフォーゼ」は、9月1日に全国リリースです。蔦屋、タワレコ、そしてAmazonやiTunes等でもご購入いただけますし、それぞれのライブでもなるべくCDコーナーに置いていますので、是非お手に取ってご覧くださいね。

 

永田ジョージ・伊藤大輔・鈴木直人 "Triple Standard"

 

We'll be back!

 

--

 

Metamorphosis (Amazon先行予約ページ)

https://www.amazon.co.jp/dp/B073XFD5P7

 

Windmills of Your Mind PV from album "Metamorphosis"

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
先月満席御礼でツアーファイナルを迎えたトリプルスタンダードの"Metamorphosis"アルバムリリース・ライブツアー。

ご好評につき、7月16日の夜は六本木の老舗ジャズクラブ「アルフィー」にてアンコール公演をお届けすることになりました。


{EFCDE085-832F-4452-A555-DA77212BE49C}


渋いジャズクラブの中で、ただのエンターテインメントをお届けする我がトリオ。どんな夜になるか、今から楽しみで毎晩ぐっすりです。

お近くの方は、是非。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。