今日のエスパルスは、トリニータと対戦。

平岡選手の2得点などの活躍で、エスパルスが快勝しました。




で。



単純にこれだけだったら別にブログにしない。

すごく複雑そうで意外と単純かもしれない。

だけど、「それが人生だな」って思うようなこと。




2009年初頭。

本日のヒーローになった平岡選手は、微妙な立場でした。

彼は元々エスパルスの選手でしたが、

前年、コンサドーレ札幌にレンタル移籍していました。

そして、エスパルスへ復帰・・・とは単純にいきませんでした。

理由は・・・一人の選手の去就が全てを握っていたから。

その選手の名前は、「高木和道」。

2008年、エスパルスのキャプテンだった選手だ。

そんな彼が、ガンバ大阪からオファーを貰っていたのだ。

正直、僕は和道は出ていかないと思った。

しかし、和道の選んだ道は、「ガンバ大阪」だった。

同時に、「エスパルス・平岡康裕」が戻ってきた。

記憶は曖昧だけど、

2009年1月も半ばを過ぎた頃の発表だった気がする。




そして今。




この日、高木和道選手は、日本平のピッチに立っていた。

この日の相手「大分トリニータ」の選手の一人として。

この間、高木選手は中々自分のポジションを確立できず、

昨年はヴィッセル神戸、そして今年は大分トリニータに在籍している。

一方、平岡康裕選手。

彼はエスパルス復帰後、岩下選手や青山選手の移籍などもあり、

次第と出場機会が格段に増えていく。

その中で居場所を確立し、現在はチームに不可欠な存在へ。




もちろん、人生に”IF”はない。

何度も言い聞かせても、つい考えてしまう。

「もしあの時、和道が残っていたら・・・」




人生は後戻りできないので、その答えは知る由もない。

だからこそ、「人生の岐路」とは、難しいものだなと。

つくづく感じた、夏の夜でした。




AD

It's never too late

テーマ:
久松史奈が贈る約2年半ぶりの新曲。

そして

久松史奈が贈る東日本大震災に対する復興祈願ソング。



史奈は、この曲を歌う前、こう言いました。

「頑張る(頑張れ)」とか

「愛してる」とか

「待っている」とか

そんなのどうでもいいんだよね。

「やっぱり史奈だなぁ」と思ったし、

こんな風にキッパリ言い切れる史奈のファンで良かった。

僕にとって「久松史奈」とは、

「信じていたい」し「信じられたい」存在だ。

そんな史奈が歌う復興祈祷ソングは、

未来に向け、少し光が注いでいるような曲でした。

史奈らしい、不器用だけど真っ直ぐな曲でした。




以下は僕の勝手な妄想だけど。

史奈は、2年半、この曲を歌えなかったと思う。

なんだかんだ、史奈は繊細だから。

「プロ」として歌えるようになるまで、歌わなかったと思う。

同時に、新曲もあえて出さなかったと思う。

史奈にとって、この曲を歌うことは、とても大事なこと。

絶対に逃げたくなかったんだと思う。



この曲の後、史奈が歌ったのは「忘れずにいられたら」

この曲は、僕にとってすごく心に染みてくる曲。

この曲の間、ボロ泣きだったのは内緒だ(苦笑)。

その後の「そっと I think so」まで、涙は止まらなかった。

このセットリストは、史奈の本心が詰まった3曲だったと思います。



史奈は、プロの歌手です。

あえてもう一度言います。「プロ」の歌手です。

「プロ」だから、お客さんを泣かせても自分は絶対に泣かない。

自分が泣いてしまうギリギリまでの感情を、歌に乗せてくる。

でも、史奈だって内心は・・・。

だからこそ、

次のMCで気持ちを切り替えるような事を言っていたんだと。

史奈らしく、不器用なMCで。




「史奈のファンで良かった」

心から、そう思えた夜でした。



AD

須田亜香里さんが、


柔軟女王2連覇達成されました~!




SKIだけでなく、


SKEも好き(になってきた)な僕としては、


この結果は嬉しいです。




あ、SKEに興味を持つきっかけなどは、


後日改めて。


(って言って書いてないのが・・・ゲフンゲフン!)




僕、この人は「アイドル」としては苦手なタイプです。


ですが、「プロ」としては「尊敬」しています。




もちろん、


この柔軟女王連覇や握手の神対応など、


素晴らしいエピソードはありますが、


僕が尊敬する部分は、その伏線です。




正直、この「柔軟女王」に「アイドル」が勝つ。


あり得ないんですよ。


だって、


あの「柔軟性」とあの「背筋力」の維持。


これは日頃の積み重ねの賜物。


それ以外の何物でもありません。




そんなエピソードを一つ。


ある日、ある後輩メンバーが


新幹線の移動で席が隣になりました。


その後輩メンバーは座席シートを下げましたが、


須田さんは下げませんでした。


その後輩メンバーは不思議に思い、訊いてみました。


「どうしてシート下げないんですか?」


須田さんの答えは、こうでした。



「姿勢が悪くなるから」



この言葉に触発され、


その後輩メンバーも思わずシートを上げたそうです。


が、続いているかどうかは知りません。




僕は、このエピソードを知った時、


「あ、須田さんは真のプロやわ~」って


思いました。




須田さん、現在21歳・・・です。(たぶんw)


その年齢で、この体の柔軟性を維持する。


それだけでなく、背筋・腹筋力も維持する。


そして、バランスも崩さないように維持する。


これ、どれだけ「日頃の積み重ね」が必要でしょう?


僕には想像できません。


たぶん、「一流プロアスリート」並みの


「日頃の積み重ね」をしているんだと思います。


しかも、彼女の主戦場は「アイドル」。


そこでも素晴らしいエピソードも沢山あります。




そんな彼女が、直近にググタスでつぶやいた言葉



29センチくぐれたとき

あかり、コツコツ重ねてきたことは
必ず不可能を可能にできるって自信になったんだ。


この前いただいた16位も

皆さんがあかりを見ていてくれたから

現実になったんだもん★



須田さんだからこそ、説得力のある言葉です。


逆に、須田さん以外には中々言えないセリフです。




みんな、日頃の積み重ねを怠っていませんか?


(ま、「お前が言うな」って感じだけどさw)


「無駄だ」と思っても、コツコツやり続ける気力。


これは中々持てません。


ホント、真のプロです、須田さん。


マジで尊敬してます。




僕も、4月からフリーエンジニア(個人事業主)になってます。


今は仕事がありますが、いつ無くなってもおかしくない世界。


でも、僕には自信があります。


積み重ねはしてきてます。失敗もしてきてます。


もちろん、成功もしてますよ。


でも、それより失敗と試行錯誤の積み重ねの方が、


余程今の僕に貢献してくれてます。


とはいえ、一つだけ注意点が。


誤った事をし続けても、意味はありません。


意味のあること、意義のある事をし続けてください。


そして、その結果は、その時点では問わないで下さい。


正しいか誤っているかは、後から気付きます。


後で誤ってると思ったら、


それを糧に、新たに始めればいいんです。


そんな所を、注意して下さいね。


な~んて、僕が偉そうに書いてもね~wwww




とりあえず、須田さん、連覇おめでとうございます。


これからも、「真のプロ」として、尊敬しています。





-----------------------------------------

※6月23日17時30分追記

大事な事を言うの、忘れてました。
皆さんに是非覚えてほしい事があります。


この須田さんの言う「コツコツ積み重ねてきたもの」

これが本当の「努力」なんですよ。

あ、もちろん、須田さん以外が言うんですよ。

須田さんにとっては、「積み重ねるもの」なんですから。

それを、他人が見ると「努力」になるんです。

一番大事な事書くのを、完全に忘れてた(笑)

まさに「画竜点睛(がりょうてんせい)」ですな。

と、知識あるトコ見せびらかしてゴマカす僕(サイテーヤナ)

AD
去年と比べて、何か変わったのかと考えてみた。



まず、政権交代があった。

この効果は、まだまだ先だろう。



反原発運動が減ってきた。

と言っても、相変わらずらしい。

今日もそっち系の集会があったとか。

何故か菅元首相も出てたらしい。

あのさ、おめーが第一戦犯だろうが!

ま、アホは放っておこう。

でね、コイツらに言いたいの。

優先順位間違ってね?

東北復興の為には、

まずは被災者の生活が元に戻るように、

公共設備やライフラインを

整えるのが優先じゃね?

おめーらがギャーギャーうるせーから、

がれき処理が遅れてんだよ。

お前らがイチイチ騒がなきゃ、

もっと早く瓦礫処理も進んで、

もっと早く公共設備やライフラインを

整える為に必要な土地を確保できたんじゃね?

そこんとこ分かってる?

はっきり言うわ。

おめーらの存在は、

東北復興の足かせになってんだよ。

おめーらがギャーギャー騒ぐたびに、

「東北復興」が薄れて「反原発」が濃くなるんだよ。

どっちの方が優先すべきか分かってんのか?



あーもーこれ以上書くのも無駄なので、

次行きます。



この1年で変わったこと。

ん~、正直、あまり感じないんだよね。

良い風に捉えれば、まだ皆忘れてない。

悪い風に捉えれば、まだ何も戻ってない。



僕は川崎市に住んでいる。

そんな僕がよく服を買う店がある。

そこの店長さんが、半年くらい前に変わった。

「仙台から来たんですよ」

清算後に何気に言った一言。

とても胸に突き刺さる一言だった。

異動が当たり前の世界とはいえ、

やっぱりどうしても引っ掛かった。


彼らの「普通」が戻るのは、いつなんだろう?

正直、答えは分からない。

今でも、Jリーグでチャリティーマッチが行われたり、

AKBをはじめ芸能人もチャリティー活動してる。

これが、「もう十分じゃね?」って

言える日は、いつになるのだろう?



政権が変わって、

復興のスピードも少しは上がるだろう。

だけど、まだまだ道半ば。

先は長い。気が遠くなる長さ。

いつになったら、この3月11日という日に、

こんなブログを書こうと思わなくなるのだろう?

来年・・・まだ復興は終わってないと

書いてる自分が想像できるのが悲しい。



一日も早く、皆が皆、この日を

「普通の一日」

と思える日が来る事を、願っています。




ホーム開幕戦・・・

テーマ:
惨敗ですな。

0-5だし。



まぁマルキの3点は、結果論だけどさ。

とはいえ、ホーム開幕戦でこれは・・・。



ん~。

まぁこの試合は忘れましょう。

「デスゴール」くらった訳じゃないし(苦笑)。



浩太が心配だなぁ。

たぶん、この時期はつらいと思うんだよね。

浩太の体質的に。

ホント、花粉とか黄砂とかなくなってくれないかな。




ま、切り替えましょ、切り替え。

こんな日もあるよ。

次の試合が大事だよ。

引きずらないでね。