今日は、まずまずの天候の下、川越の喜多院を描いてきました。

以下は全て最初から筆で描く直描きです。

それぞれほぼ3号サイズです。

 

まずは慈眼堂から…。

うっすらと紅葉が始まっています。

少し角度が異なる場所からの写真です。

次は定番の山門

山門の写真

以下は鐘楼門です。写真は撮り忘れました。

多宝塔も人気のある対象物です。

別角度からの多宝塔は…

喜多院は、描くところが沢山ありスケッチを楽しむには最適です。

 

全体の建物配置図は下図の通り。

今回は、本堂である慈恵堂は描きませんでした。

まだまだスケッチポイントは沢山あります。

是非一度描きに行ってみて下さい。

 

----------------------------------------------

■木彩展のご案内

11月12日から川越市立美術館で第4回の木彩展が始まります。

是非ご覧いただきたく、案内状を添付します。

はがきの絵も喜多院です。