彩雲国物語おまけ小説『運命が出会う夜』……だと……!? | ぐりーくらぶろぐ

彩雲国物語おまけ小説『運命が出会う夜』……だと……!?

彩雲国物語最終巻「紫闇の玉座(下)」の帯。
いつものよーにさらっと捨ててしまっていたぐりーくなのですが、
実は帯のQRコードから繋いだ先のページでおまけ小説が読めるんですね。

色んな人がブログに書いてる感想を巡ってる中で
そのことに気づいて、慌てて帯を発掘して繋いだのでありました。
いやあ、危なかったw

彩雲国物語 紫闇の玉座(下) (角川ビーンズ文庫)/雪乃 紗衣

¥860
Amazon.co.jp

『運命が出会う夜』は、
前編は公開済み、後編が7月7日から……って、今日か!!

悠瞬、黎深、奇人ら「悪夢の国試組」が
まさに国試を受ける時期の話で、
主に悠瞬の視点から語られている。

まあそこは彩雲国物語なので、色んな人に視点が飛びまくり。
主に悠瞬視点というだけで、黎深他の人々の内面も覗けるので
結構面白い。

******

ただ、僕はこの作品にみられるような頻繁な視点変更って
はっきり言って苦手だし、嫌い
なんですけどね。
読みづらくてかなわん……。

視点変更をしたいなら、最低でも場面ごとに。
一場面の中で何度も視点が変わることの多い彩雲国物語の手法は、
正直かなりの悪手だと思う。
読みにくいし、キャラの内面描写を本人視点に頼るのは
手抜きじゃないですかね。

有名どころだと、「とある魔術の禁書目録」なんかも
そういう欠点がありますが。
視点変更は、場面との効果的な連携を
考えた上でやってほしいものです。

******

えー、余談でした。
若い頃の「悪夢の国試組」世代が新鮮で面白いです。
特に誰がというわけではなく、全員が面白いw

ただ、こう……なんというか、
どーもそこはかとないボーイズラブ臭が(ry

なんでもありません。

なんでもないです。

ただ、面白いばかりというわけにもいかず。
(それじゃお話としてどうかと思うしねw)
何やら不穏な気配が立ち込めています。

幽霊だとか、受験者が死ぬとかなんとか。
オネエ言葉の劉志美が何やら動いてるとか。

いやあ、後編が待ち遠しい。
多分今日の昼には読めるんでしょうけどね!


ぜひクリックお願いします。
人気ブログランキングへ
最後までお読みいただき、ありがとうございました♪