浦島太郎

浦島太郎

趣味のブログ。ソレックスキャブの整備なども

今回のカムは純正Cカムのレプリカと

言うのは知らせましたが、前のシルバーの

SR311にもCカムが入っていて、その当時、

勝手に勘違いしてました。

これがその時のシルバーのSRのヘッドと

カムですが、

 

これはまさしく本物の純正Cカム。

誤解してたのはリフトで9mmだと勝手に

勘違いしてました。

今確認したら8.5mm若干下回る程度で

ノギスで8.3mm程度。

今も新品の本物Cカム持ってるので測りましたが、

間違いないです。

と、言う事はノーマルのBカムと全く

同じリフト8.3mmで作用角だけ74度の

丸まっこいカムです。

 

今回、そのCカムのレプリカをたまたま

入手して装着したんですが、

これが比較。

左が純正ほんものCカムの新品。右が今回

入れたCカムのレプリカ。

 

まるっきりそっくりでしょ?

 

全体に丸まっこいカムです。

当時はこれが良かったのか?

今はこういうカムは流行らないそうで、

非対称カムって言われる急に角度が立ちあがって

緩やかに閉じるカム。

例えば前も見せたこんなカム。

これは加工カムだけど、これの方がリフトが

上がるのが急激でパンチも出るハズ。

丸まっこいカムは滑らかに回るけど、

パンチが欠ける感じみたいです。

 

前回のシルバーSRの時もリフトは9mmだと

勘違いしてたがどうりで回るけど、

なんとなくパンチに欠ける感じはしてた。

それもそのはず、8.3mmしかリフトはないから。

 

今、簡単にBカムの代りに無加工で

入れられるので入れちゃったけど、

高回転の6000rpm超えてからのパワーの

盛り上がりは抜群だね。

間違いなく、ノーマルよりはパワーアップしてる

とは思うが、今はこの程度で充分。

これ以上パワーアップしたらツーリングで

誰も付いてこれなくなっちゃうから

 

まあ、単なる遊び心ですよ

 

カカカカ(笑)

 

 

あと、一応連絡ですが、昨日のツーリングで

この先、暫くはツーリングはお休みします。

と、言うのも他にも色々やりたいこと

または行きたいところあるので年がら年中

SRに乗ってるわけにも行きませんから。