如才音楽事務所

如才音楽事務所

ア~じゅうエフ・・・



テーマ:

先週に続き、その一週間後に再び川越。。。

毎週行ってるじゃん!

でも次のリハーサルはライブ間近なので、キッチリやっておかないとね。

 

ボクはまた新曲(といっても当時の曲)2曲にトライします。

ほかのメンバーは以前に合わせていたみたいですが、ってことはボクの出来次第・・・

 

もうすっかり慣れてしまった川越までの道。

一応ナビはセットしてあるけど、なくても行けるのは確か。

今どのあたりで、あとどれくらいなのかという目安にナビを使ってる感じかな。

 

先程新曲が2曲って書きましたけど、当日渡された譜面が1曲あったので、結局3曲になった。。。

 

まあ、それもあったけど、これまで何回か演った曲なのに、『えっ?ウソぉ!!』みたいにそれぞれが違う音で演奏していたことがわかったりして、なかなかシュールな場面がありました(笑)

 

まあ、そんなもんだよね、知らなきゃそれっきりだモン。

 

ボクの方で準備?していた2曲は、ほぼ々々イケる感じだったけど、当日渡された曲はこれからスタートの、コードと尺しかわからないような譜面で、こちらはなかなか難儀しました。

編曲していくのは難しいですね、引き出しが少ないこともあるし、発想も乏しい、わかっていても技術が伴わない、etc.

 

一人じゃないから、こういう点バンドで作り上げていくのは難しいわけで、指示通りに演奏する!っていうのが一番簡単なんだけどね。

 

次回のリハーサルで完成をみるのはチト難しい。。。

 

今日はリハーサルの合間に時間があったので、ブリッジの高さ調整をやったりして、いい感じのペタンコになりました。

さらに、多少迷惑がかかってもいいから、音量を上げてピッキング重視の策をとりました。

 

これ、アクティヴのベースなら埋もれなくていいとか、そういう事じゃない気がする。

先ずは音量バランスで解決したりするんじゃない?

元々ベースの音量が割合的に小さかったのかも知れないし、よくわからないけど、自分の音が埋もれてしまってモニター出来なくなるのはマズイと思っています。

 

あまり大きいと、言うでしょ『ベースの音デカい!!』って(笑)

 

そうなるまでは音量上げてもいい、ってことなので、今のところ大丈夫か!?

 

昔はそうじゃなかったのにね~

耳が悪くなったのか、図々しくなったのか・・・(後者だな)

埋もれてごまかそうと思っても、PAさんが拾って増幅してしまうので、だったら自分でハッキリ聴こえたほうがいいわけで、その方がミスも少なくなるし、自信はなくてもモニターはしっかり聴くのが大事、だと最近つくづく思います。

 

おかげで近頃、いいベース弾けるようになってきたような気もするし。。。


テーマ:

2012.05.01付のブログ記事に前回の電池交換の様子が書かれていました。

https://ameblo.jp/gio-xi/entry-11238462362.html

ということで、6年半ぶりの電池交換ということになりますね。

 

今の様子がコレ!(笑)

こればっかりもう10年以上使ってるんだな~

 

もうそろそろ電池も切れる頃だし、今度は逆輸入の『ブラックボーイ』あたりがいいかな(同じじゃん!)

って去年あたりから迷ったりもしていて、今日ふと時計を見ると。。。

 

秒針が2秒ごとで進んでいる!

 

なんか秒針がヘンな動きを始めたら電池切れだって聞いたことがあって、いよいよ来たか~と。

6年半前のブログ記事は読んでないから2秒ごとの作動は設定どおりだとか、そんなことは今知ったとこ(笑)

 

時刻は夕方の5時。

 

あわてて『電池交換』で検索して、16号沿いに評判のいい時計屋さんがあることがわかりました。

電池交換は1,500円程度、1分~2分で終わるらしい。

ん?18時まで?

 

急いでクルマに乗り込み時計屋さんに向かいます。

今日は平日でこの時間から車は帰宅ラッシュになるからね。

 

なんで家にいるの?

 

って、昨日リハーサルで、今日は有給でお休みをとっております。

 

まあ、そんなことで16号にある時計屋さんに到着。

 

建物の二階に時計屋さんがあって

 

店内には奥にご主人が一人、作業台でお仕事をされていました。

おお、時計屋だ!

 

お店はお世辞にも流行っているとは言えず、ショーウインドウの中ももう飾り立てる必要がないのか、殺風景なままになっています。

でも、時計と眼鏡、このお店は昔からあるんだろうな~

ご主人もボクよりも少なくとも一回りは上なんじゃないか?という感じのおじいちゃんで、職人だったんだろうな。

一抹の不安もあったものの、ネットでの評判もいいし、まあ大丈夫でしょう。

 

ボクの母方の実家が時計屋さんで、眼鏡も扱っていたせいで、このお店に入った時にちょっと母の実家を思い出しました。

 

さて、ご主人に時計を見せると、これは電池ですね、と。

防水パッキンがそのままでよろしければすぐ終わります、1,500円です。

 

ご主人が作業台に座り、裏蓋を開けて・・・

 

『申し訳ない、この時計の電池は特殊で、4,000円かかります。少し時間もかかります』

 

そうなの!?

 

やっぱりな~って、ちょっと思ったんだよね。

前回(前回のブログ記事は見ていない)も、電池交換だけで済まなかったし、この手の時計はそうなのか!

 

仕方ない、ほかに時計持ってないし、必要だし。。。

 

ということで、お願いして、待つこと実に30分。

 

この時計は10年くらい前のモデルで、日付がパーペチュアルカレンダー

(パーペチュアルカレンダーは日付の調整が不要で、閏年(うるうどし)まで計算してくれる時計。カレンダーの計算をしなくてもよい機構。 パーペチュアル(perpetual)が「永久」を意味するところから「永久カレンダー」とも言われる。)

機構が付いていて、今だったらデジタルで簡単にカウント出来るらしいけど、ちょっと複雑な構造になっているらしい。

ご主人はマニュアルを出してきて、2秒ごとに作動する場合データは生きているので、これで大丈夫だと思います、もし日付がおかしくなっていたらメーカーに出すので持ってきてくださいと。

 

 

これで、また5年は大丈夫だな(笑)



追記


実はその翌日になっても日付が変わらず、翌日もう一度時計屋さんに行き、やっと終わった!と。

 

 

 


テーマ:

今回からPCにてブログを書いています。

これまではずっとiPadで書いていたというか、持っていたPCが潰れて以来、今じゃiPadしか持ってない・・・

iPadは2という古~いモデルで、購入したとき既に旧モデルだったものを何年?、かなり長い年月なんですが使っておりました。

 

このiPadがあまりに古いため、OSのバージョンが更新されないとか、アプリのメンテナンスが終了している、Wi-Fiの掴みが弱い、すぐバッテリーがなくなり充電に時間がかかる等々もう限界にきていたんですが、とりあえず使えるので(笑)

 

で、次ももう慣れているからiPadにしようか、まあこれが一番手軽だし、いいかな~。

 

って考えていたんだけど、ちょっと待てよと。

 

iPadって、DVDやCDの対応ができないじゃん。

 

来年あたりから、フィルムカメラを始めるつもりでいるので、そうなると写したフィルムデータを溜めておく器がないんですね。

フィルム、といっても最終的にはデジタル媒体で写真屋さんから受け取ることになるんですが、これはPCじゃないと処理できない。

なので、いろいろ考えても次はPCしかないな、と考えていたところでした。

 

フィルムなのに、結局デジタルってね!

 

ただ、あまりにPCを使うことがなかったので、操作方法を半ば忘れている(笑)

 

だし、フィルムカメラだけのためにPC、っていうのもな~

 

そんな矢先、娘の、どうやら使っていないPCがあるのでボクに使ってもいいよと。

 

見たら立派なPCで、FUJITSU FMV-DESKPOWERという、これはデスクトップというタイプですね、OSもWindows10だし画面が20インチもあって、ボクの部屋のTVとサイズが同じ・・・

 

まあ、Windows10がよくわからないけど使い方はおいおい慣れる、かぁ。。。

 

使ってみるとPC嬉しい!これでフィルムカメラの不安もなくなるし、ゆっくり使っていこう。

 

ということで、さっそくPCでブログを書くよ。

 

ほぼ一ヶ月前に名古屋へクルマで行きまして、その帰り道ハイオクガソリンを給油したんですが、それから一ヶ月経ってやっとそのガソリンが無くなってきました。

残りあと50㎞の表示ですので、まあだいたい5ℓ程度ガソリンが残っているんだと思います。

 

よっし、これで給油すればほぼガソリンタンクはハイオクになりますね。

 

実際、どの程度効果があるのかわかりませんけど、この段階でたぶん半分程度ハイオクになっているはずなんですが、名古屋へ行った時の往路とハイオクを入れた復路で燃費が数㎞違っていました。

その後のご近所走りでも燃費計の数字は以前と違い10㎞/ℓを割ることがありません。

 

で、今日は川越でリハーサル。

 

出発前に先ずガソリンスタンドへ行き、ハイオクを満タンにしました。

 

直ぐにどう、ということはわかりません(笑)

 

その結果はおいおいに。。。

 

連休最終日ということでアチコチ渋滞という予想でしたが、川越までの16号線はいつも通りスイスイ走れて、予定より一時間早く到着してしまった。

 

到着してメールを見るとメンバーのshoeちゃんから欠席の通知。

今日、そして来週と続けてクリスマスライブに向けてのリハーサルが予定されています。

長引かなければいいのですが・・・

 

ということで、メンバーが一人欠けてのリハーサルとなりました。

 

いつもお借りしているベースアンプを見ると、前回ボクがセットしたツマミの位置がそのままになっていて、このアンプ誰も使ってないってことになりますね。

なので、今日は何の迷いもなくこのセッティングのまま音を出すことに。

あ、少し低域のボリュームを抑えてちょっと歯切れのいい音にしてみました。

 

微妙なところで低域とのバランスが悪くなることもありますが、全体的にはこっちの方が使えそうなので、このイメージを覚えておこう。

 

さて、Facebookの方にはタイムラインにアップしていますが、

https://www.facebook.com/hitoshi.tanaka.5001/posts/1956413461101652

実は左手親指の付け根を捻挫してしまったらしく、このところずっと重い痛みがあって、ベース弾くのに大丈夫なんだろうかと心配でした。

 

弾けるかどうかということで言えば、弾けるんですけど、例えば一曲通しで弾くとか、リハーサルやライブの数時間ずっと弾き続けるとか、そういう場合果たしてどうなのかは演ってみないことにはわからないので、そこが一番の心配。

 

結局リハーサルが終わるまで弾くことは出来ましたが、結果的に重い痛みは以前より増してしまったという。。。

これを大丈夫だったと言っていいものだろうか。

 

これ、使わなければいずれ治ると思うけど、手を使う限り、ベースなんか弾いていたら治らないねきっと。

 

まあ、仕方がない、これも歳なんだと諦めよう。

 

リハーサルは先述の通りshoeちゃんが欠席したので、明らかに一人分音が抜けてしまっていましたが、まあアンサンブルというかサウンドメイキングというかそういうことよりも、まずは自分のリハーサルとしてはベースのごまかしが効かない状況になって、かえって良かった気がします。

 

はっきりベースの音が飛び出していると練習になるよね。

 

これくらいのバランスで本番弾けたらな~(笑)

 

親指の付け根が酷くならないうちにリハーサルが終わったので、助かった!

 

話違うけど、毎回リハーサルの時にampegの212を使わせてもらっているので、なんだか慣れてしまって、このアンプ気に入っています。

ただ、212はめっちゃ重くて一人で持つのはちょっと無理がある。。。

これが115だと212よりも10㎏以上軽いはずなので、もし手に入れるとしたらコッチかな~

でも、212だからこそ、この音が出るのであって115だとちょっと音が緩いカモ!

って、買う気もないのに、なぜか気になるアンプ。

 

さあ、帰り。

川越までの往路よりも、復路の方が当然ながら車も空いていて、制限速度で巡行が出来ます。

毎度の復路と比べると少しエンジン音が静かになっているようで、快適。

加速も滑らか。。。

 

すべてそんな気がするだけ!

 

燃費計で往復12.5㎞/ℓでした、これはほぼ下道での区間記録と言っていいんじゃないでしょうか。

これまでまあだいたい良くて11㎞/ℓくらいですので、いい成績かと。

もうちょっと乗ってみないと何とも言えませんが、ヨサゲな感触。

 

 

 

 


テーマ:
1日25,000歩も歩いていた夜勤のお仕事から解放され、15,000歩の昼間のお仕事になって約1カ月。
まあ仕事内容が違うので、それはそれで疲れますが、足への負担はかなり減った気がします。

となるとすでに15,000歩をナメていますので、履いているシューズもいつものコンバースハイカットで十分かと。
夜勤の時はソールに分厚いクッションの入った、足に優しいシューズを履いていて、それでも帰る頃には足の裏の感覚がなくなるほどでしたが、それに比べたら15,000歩なんか散歩みたいな感じ。。。

さて、そのコンバースですが、底がすり減ってたので、新しいコンバースを買いに靴屋さんへ。

このシューズはなんか安いよね。

まあ、作りを見ても高そうとは思えないのが良いのか悪いのか。
でも、ボクにとっての運動靴はコンバースハイカットのブラックしかないと信じています。
今のハイテクシューズは圧倒的な設計で足への負担を少なくしていますが、コンバースのいわゆる『バッシュ』は、ある意味何の取り柄もない地下足袋のようなもので、、、しかし、そんなことじゃないんです。

話がソレましたが・・・

靴屋さんに行っていつものコンバースをお願いしたところで、売り場にあった少し値段の高い同じハイカットのバッシュに目が止まりました。

『あの、ここのハイカットと、この(いま買った)ものとどう違うんですか?』
『あ、それはですね、こちらはコンバース100周年記念モデルとなっていまして、実はこの・・・』

と言うと、店員さんはおもむろに靴の中に手を入れ、中敷きを取り出しました。

『こうなっています。他にもベロの部分が丈夫になっていますし、踵のシールが違いますし、コンバースの最大の欠点を改良したモデルとなっています。』

一見、見た目は同じなんだけど、手にとってみると全体的に硬いし、ガッチリした感じになっています
しかも分厚い中敷きが入っていて、踵などはハイヒールか⁉︎思わんばかりの分厚さ。

そうか〜、コンバース最大の弱点は底のゴムが薄すぎることだもんな〜

そうなんです、ボクら頑なにコンバース履いてますけど、正直、長距離はキツいんだよね(笑)

それを改良したわけだ。

それもアリかなと思っていると

『この靴は2,000円以上高いんですけど、私がお勧めしているのが当店で扱っている中敷きをお使いいただいて、ワンサイズ大きなコンバースを選んでいただく方法なんです。それですと中敷き代の1,500円程度で済むんですよね。』

『そうか!その手があったかー!』

その中敷きは100周年記念モデル中敷きよりも少し薄いものの、しっかりした中敷きでした。
以前、今のコンバースに百均で売ってる中敷きを入れたことがあったけど、それでもサイズがキツくなってしまい、すぐに外したことがありました。
そうか、ワンサイズ大きなシューズにするんだな。

ん?

まてよ?

中敷き買ったら、100周年モデルと値段の差はあまりないジャン!
初めから100周年モデル買ったほうがいいんじゃないの?

と思い店員さんに言ったところ

『そうなんですが、コンバースこだわっていらっしゃるお客様は100周年モデルの硬いベロの感じとか、紐の硬さ、後ろのコンバースシールが嫌だとおっしゃる方が多くいらっしゃいまして、自分もそうなんですが、コンバースはこっちだと思っていますので、ちょっと違和感があるんですよね。』

と、店員さんは100周年モデルを売る気がないのか、ボクを長年のコンバース使いだと認めてくれたのか、まあそんなことで、実際に売り場の中敷きとワンサイズアップのコンバース組み合わせで試し履きしてみました。

あら〜〜

全然別物!

な〜んだ、知らなかったな〜、こんな手があったとは。

『これですと、中敷きがダメになるまで使えますので、次回はコンバースだけお求めになって・・・』

買いました!

ただでさえサイズがデカイのにワンサイズアップしたら。。。


テーマ:
ボクのDFOとして名古屋でのライブは3回目。
前回も得三だったらしいけど覚えてない。。。

朝5時に相模原を出発して、途中何度か休憩や食事してるので、名古屋到着は10時でした。
新幹線組が東京駅を出る前にすでに着いているという・・・

現地に着いてみると、ここだったのねと思い出しました。
確かに来てます!

そのまま喫茶店で時間を潰して、それでも時間が余ってしまい、あとはクルマで仮眠をとる(Dちゃん)ことに。

少し早いけど会場に入りました。

ベースアンプは、以前2台あったベースアンプが今回はYAMAHAの100ワットがデーンと置いてあるだけでした。

いや〜古いよ、このアンプ。

ボクが現役時代すでに使われていたヤツだからね、だけど、デカい割に低音が出なくてね、安っぽい音のする、でも当時何かと使うことの多かったアンプ。

これ今になって使うか〜

音はどう頑張っても今の音にはならず、相変わらずの品のない安っぽい音です。
その分神経質な調整は無駄で、大雑把な調整でも大して変化がない。
音が軽くて薄っぺらいので、トーンコントロールはどれも全開近くまで上げて、音量を控えることで何とか乗り切った感じかな。

ライブそのものは、まあいつもの感じに収まったように思えます。

途中左手の小指が攣ってしまい、苦労しました。
ライブ中指が攣ったのは初めてのことじゃないかな。
本来ポジション的に小指が受け持つ部分、これが指が攣っているものだから指が開かなくて小指のポジションに届かない!

ミストーン・・・

幸い一過性のことだったようで、時間とともに治ってきました。
しかし、小指の付け根の筋肉がずっと痛かった〜

Dちゃんは肩からきてるんだよ、と言い、ずっと運転してきて腕や肩の疲れがでてきたのではないかと。。。

それもあるだろうし、さらにリハーサルの時と音量の感じが変わってしまって、自分の音が聞こえないので、つい力んで弾いてしまったような気がします。

これ、良くないんだよね。

力んで弾くと音も悪い、弾けない、そして指が攣る(笑)

なので第2部では音量を上げ、いつも通りのタッチに戻して弾くことにしました。

まあ、最悪な事態を想定してベースボリュームをレベル7あるいは8くらいにしているんだけど、ちょっと聞こえない程度のことではピッキングで調整してしまうから、どの程度でどう調整するか気を付けることにしよう。

ライブ終了後は会場で二次会が催されて、軽く食事もできたんだけど、やはり物足りないので、ホテルにチェックイン後、ラーメン屋さんを探しにウロウロしました。
フロントでラーメンマップをいただき、それに従って歩いたんですが、日曜日の夜なせいか、どこも開いてなくて。

結局、吉牛とココイチが並んでいたので、ココイチに入った。

せっかく名古屋まで来てココイチ。。。

ホテルではおかげさまでゆっくりと休むことが出来て、朝までグッスリ眠れました。
おかげで翌日、体調も良くて、帰りのドライブも快適!

快適と言えば、帰りにハイオクを入れました。

これで7割程度入れ替わったことになりますが、高速道路では調子が良くなったような気がします。
あくまで気がするということですが、燃費計ではリッターあたり3㎞も伸びていたので実際何かしら影響があったのではないかと思います。

もう一回ハイオクを入れたらほぼ入れ替わる思うので、ちょっと気にしながら運転してみます。

運転

名古屋

こう言っちゃ名古屋の方に失礼ですが

譲ってくれないですね。。。

いつもの車間を確認してレーンチェンジしようとしても、普段の感覚だと譲っていただけるのに、名古屋では譲ってくれない。
その瞬間、車間を強引なほど詰めて入らせないようにするんですね。
ホテルを出て高速道路までの間、そんなことが3回もあって、ナンダ!と。
関東じゃそんなことされたことないし、普通譲るでしょ、って思うんですけどね。
名古屋がどう、ということかどうかわかりませんが、皆さん運転が荒いような気がしました。

気になったので一言。

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス