ブライダル専門家 婚礼文化研究家 鈴木一彌のオフィシャルブログ

ブライダル専門家 婚礼文化研究家 鈴木一彌のオフィシャルブログ

ブライダル業40年の経歴と婚礼文化研究をとおして結婚式にまつわることをお伝えします。

メディア情報
雑誌 story,GINGER  日本の結婚式 ウエディングパーク監修 フジサンケイリビングアイ 
和のウエディング ブログキャスター ビジネスチャンス プロフェッショナルウエディング
ブライダルのお仕事
weco相談役

テレビ 
「お願いランキング」流行りのプロデュース監修「バイキング 結婚式マナー監修」
「クイズ脳ベルshow」クイズ監修 解説
「石橋貴明のタイムとんねる」バブル期結婚式の監修
NHK大河ドラマ婚礼シーン監修 NHK第一ラジオ ごごカフェ婚礼の風習出演
テレビ朝日 「10万円でできるかな」
テレビ東京「ありえへん世界」
NHK Eテレの「バリューの真実」

本  藤本美貴 自分婚 
   2023年10月発売予定

イベント 株式会社ウエディングパーク「2100ミライの結婚式」 過去現在未来 過去監修

【 プロフィール 】
( 仕事 )
ブライダル業界39年
プランナー、ウエディングデザイナー、司会、アテンダー、サービスの経験と学びを生かし 会場プランナー、フリープランナーらを指導

株式会社 Ginza  Fiore 代表取締役
日本ブライダルスペシャリスト協会代表
日本儀礼文化学会 民俗学学会  余暇ツーリズム学会  伝承文化学会 神社挙式研究会員 
( 講師 講演
婚礼文化研究家 として講師講演多数 「ウエディングゼミ研究会」「ホテル結納講座」
テレビ 雑誌コメンテーター
厚生労働省人材育成講座講師

例  
    *コロナ禍の結婚式  
    *結婚式の必要性  *結納の必要性
    *新吉原の揚屋儀礼と婚礼儀礼の比較から結婚式の必要性を探る
    *いい結婚式と言われるオリジナル結婚式の作り方
   *恥をかかないブライダルマナー
    *知っていたい結婚式親の役割 考え方
    *バブル期の結婚式

大学専門学校 非常勤講師 優秀講師賞受賞
1200人以上を指導

ブライダルに関する授業
オリジナルプランニング、和婚、スタイリング、デザイン、新規接客、ブライダルマナー、アテンダー、司会、就職前研修、 資格取得、模擬挙式、本物結婚式、和装 、 婚礼文化と作法

( 学び )
現在 総合研究大学院大学 先端学術院 先端学術専攻 国立歴史民俗博物館所属
國學院大學 大学院にて民俗学修士 日本全国の結婚式事例収集・近世からの研究
婚礼文化研究 伝統文化研究 (京都芸術大学卒)
マナー( 礼法 エコールドプロトコールモナコ講師)結婚式に特化したマナー講師
博物館学芸員資格取得

先祖伊能忠敬のように日本中を歩き結婚式を研究すること、婚礼博物館を設立することを目標に日夜学修を欠かせません。
常にホンモノであること!!がポリシーです。
ライフワークは保護犬猫ボランティア









日本の結婚式

国外では結婚式もお葬式も宗教によって執り行われる事例が多い中
日本では信者の方のほうが少なく宗教に特化した行事と捉えている人は少ない
だから 日本人は無宗教と言われることもあるけど
信仰というのはそれぞれです
そういうことを踏まえて、結婚式は両家、両人の自由な方法で「夫婦になる儀式」を行います。
結婚式は、周りの人に感謝を伝えてもいいけど
「夫婦になる儀式」であることが第一目的だということは忘れないようにしたいね
20年前くらいかな、
そのくらいはまだ結婚式が無駄とかやらなくていい発想は出てきにくく
どうしてやらないの?
やらなくていいの?
お母さんそれじゃ困るわ

なんてことも言われていた 要するにやることが当たり前で
やらないにはそれ相応の理由があるはず
少しネガティブな理由が
と思われていた

結婚式も葬式もいらないか?

お葬式は 御経をあげてもらわなくていい お布施が不明確だから
結婚式は 会場にお金かかりすぎ ブライダル業者儲けすぎ
どんどんやらなくなっちゃう
それでいいんだろうか?人生儀礼
そのうち成人式も七五三も写真だけになり結婚式も写真だけ
ナンだろう?これ?
100年後は記念写真だけ残っているようになるかもね

結婚式やりたくなるとき

お葬式は最低限でも親をきちんとしたカタチでおくりたい
だから方法は変わっても心を込めて見送る
お墓としてではなくても 樹木葬や海でお別れをする
焼いておしまい あとは知らない ということはない
結婚式はお金かかるというけど
300万かけなくてもできることはもう一般的に知っているし
300万だ400万だとメディアに踊らされることなど
今の情報が多い時代に常識がそこにないことも知っているはず
お金うんぬんより
結婚式て何か?わかってないことも多い
人前に出るのが恥ずかしいとか ぷぷぷ 大人なのに
じゃあ嫌な方法じゃないようにすればいい
なんだかんだ やらない理由はいうけれど
やりたくなる時ってあるんだ 
それは戦時中やコロナ禍 社会が不安定なとき
状況が不安であり、確固たる証がほしいときです
戦時中 相手が兵隊に行くとか戦時下で離れて暮らすとき
もういつ会えるか?二度と会うことがないかもしれないとき
私はあなたの夫です 妻です という証がほしい
コロナ禍 結婚の約束をしたまま 会えない ご両親にも挨拶行けない
親になんて話す?大丈夫なの?と聞かれて不安になる
そのときこそ結納をしたり、結婚式をしておきたくなるものでした

今しあわせなら

今のお二人が安定しているからこそ
結婚式をしなくてもいいかも。。
って思うのかもしれません
でも
今の幸せななのが結婚式ではなくて
夫婦になる儀式が結婚式なのです
自分たち二人じゃなくて
そんな二人をみている周りを不安にさせないことも
家族をもつということかも、、