自転車工房・ 銀輪庵 ・創庵 1974年

自転車工房・ 銀輪庵 ・創庵 1974年

昭和48年弥生3月  秩父の連山を仰ぎ見る武州長瀬の あばら家に住まい致したのが銀輪庵の創めなり 
月日重ねし幾星霜 平成の初めに 武蔵野国の奥山にもどり来たりて比企丘陵の麓 吉見ノ里に一屋を構えてその傍らに草庵を編みて銀輪庵の中興となす

N氏ご兄弟は フランスのラグ型ステムがお好みで 今回もATAX?のステムをご指定exclamation
 
国産のBSC規格のフレーム、パーツに使うには いろいろと加工をしていかないと取り付けが出来ません冷や汗

今回は、鼻ボルトも純正品が無かったので臍付きの国産ボルトを使用するために 7mmのボルト穴を8mm用に拡張から始めました指でOK

次に、22.0mmのステム径を22.2mmのステ管でしっかり固定するために平臼から斜臼に加工して線で固定するのを面で固定できるようにしますレンチ

斜臼はNITTOのNTC用を使いますが 引き上げボルトはステンレス製半ネジの六角ボルトを使いますが長さが合わないので詰めて使います指でOK

 

 

 

 

オプション加工として ベルの直付け穴を治具を使って開けてネジを切っておきますexclamation

斜臼用に斜めのカットもして ボルトも通して形は出来ましたあせあせ

実は、肝心な加工がまだ終わっていませんたらーっ(汗)

ハンドルのクランプ径を 25.0mmから25.4mmにリーマを通して拡げる作業ですあっかんべー