儀武ゆう子オフィシャルブログ「ザ☆ギブログ」Powered by Ameba

ひっそりこっそりと声優を生業として生計をたてております…。

特技は司会業です。



他過去出演作などご興味があれば→


令和の始まりとともにツイッターとインスタを始めました!

ツイッター:@gibuyou114510
インスタ:@gibuyou4150




お仕事依頼用にメールフォームを作成しました。





基本的にはお問い合わせには必ずご返信をするつもりですが、
内容によってはご対応できない場合もありますのでご容赦ください。



こちらのフォームからお問い合わせください。


(外部リンクに移動します)



※仕事依頼用に作成しましたメールフォームですので
応援メッセージなどは、今まで通り私書箱へお手紙で頂けますと嬉しいです。




-------------------------------------------------------------


〒160-0023

東京都新宿区西新宿7-3-10 山京ビル 503-221


儀武 ゆう子 まで


-------------------------------------------------------------


※生ものや日持ちしないものはご遠慮ください

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

「白い砂のアクアトープ」ありがとうございました!

「白い砂のアクアトープ」が、とうとう最終回を迎えましたね。

 

私もこの作品については、

色々感じたことがあって、それを書き綴りたいと思ったのですが、

最近メインで使っているのはTwitterで

140文字では到底書き切れないし、

 

でも「私の感じたこと」って完全なる主観話なわけで

それが急に流れて来ても、興味ない人は困るよね……。

そもそもそんなん読みたい人いるのか?

いや、私は後で読みたいけど……。

 

え?じゃぁ、それって日記じゃん。

日記? あ、私blogあったな。

 

と、久しぶりにログインした次第です。笑

 

 

というわけで、見てくださった皆さんありがとうございました。

自分のよく知る場所が「聖地」になるってこんな感じか〜!

という初めての感情を噛み締めております。

私は与那原というお隣の町の出身なのですが、

高校時代の彼氏が住んでいたので、南城市にはよく原付で行きました。

(などという皆さんが最も興味ないであろう情報も

文字数気にせずぶち込んでしまえるのがblogのよいところですね!)

 

 

今作は「方言監修」という役割も任せて頂き

本当に光栄の極みです……!

 

もしも、こんな風に関わることがなく、

家でオンエアを見ることしか出来なかったら、

悔しさで身体中の毛が全部抜けてしまったかもしれない……。

想像するだけで落ち込む。

マジデヨカッタ!

 

無事こうしてありがたいご縁で参加する事ができて、

本っっっ当に、幸せです……!

 

方言監修のお仕事はいくつかやらせて頂いるのですが

他の役者さんに演じてもらうのは、

「自分が頂いた台詞を方言にする」よりももっともっと難しくて……

 

台詞をお願いする役者さんのお芝居のプランニングもあるし、

方言にすることで違う言葉に聞こえてしまうことも

出来るだけ回避したいし、

ちょっとの音の変化でニュアンス変わったりする

曖昧なワードとかは避けたいほうがいいか、など

なんかもー、注意点をあげていくとキリがないくらいなんですよね。

 

でも正直、全てをクリアにすることは出来なくて、

なので現場では、担当の役者さんと、

篠原監督と音響監督の山田さんを始めとするスタッフの皆さんと

一緒にバランスを取りながらアフレコして頂きました。

 

私にとって本当に財産となる経験だったことは、

おじい役の家中さんとおばあ役の定岡さんたち

大先輩のお芝居への取り組み方を

たくさん拝見したことです。

 

方言というある種の枷を自分の中に落とし込み、

気持ちから出た言葉として届けるための試行錯誤を

間近で見せて頂けた経験は、一生ものです。

 

色々難しいお願いしてしまいましたが、

年下の私のお願いとやご提案にしっかりと耳を傾けてくださり、

とにかく贅沢な時間でした。

 

ウミやん役の櫛田さんは、キャラも沖縄にいそうな感じで、

リアクションもリアルな感じにしたいと一緒に画策したりと

「こんなおじさん沖縄にいる〜!」をより鮮やかに演じて貰えました。

 

その他のゲストキャラの皆さんにも

かなり無理をお願いして、色々挑戦してもらいました!

ガヤも沖縄弁が基本なので、

私が現場でアフレコ台本に殴り書きした

ガヤ用の台本に多くの方に付き合って貰い

私が1番楽しい、夢のような時間をたくさん過ごせました。

 

まだまだ書きたいことがありすぎて全然足りないのだけど

いくら文字数制限がないからって、

あまりに長文もどうかと思うので、

そろそろまとめます!

 

私がこの作品で1番グッときたところについて!

 

生き物たちが大好きなくくる。

でも、「やりたい仕事」が

必ずしも自分が「1番向いてる仕事」とは限らない。

「主観」だけで物事を見ているうちは

良い関係にならない可能性があって、

「俯瞰」で見られるようになってはじめて、

「大切にしたいこと」への本当に必要なことに気付けるなどなど、

 

「好き」を仕事にすることでくくるが体験したことには私も覚えがあり、

なんだか、「やっぱそうだね、そういうことってあるよね」と

今まで頑張って仕事してきた私を肯定してもらえた気持ちです。

 

過去に経験したことに、なにひとつ無駄なことはなくて、

必ず未来の自分に繋がっていて、助けになってくれるんですよね。

 

なので、最終話でのキジムナーは、

「過去は未来へ繋がっていくから、なんくるないさー」の

気持ちをそっと乗せたつもりです。

 

どう? まとまった?

 

長文書けると思ったら、なかなか進まなくて、

何日もスマホのメモをぽちぽち更新する日々でした……。

最終話からのタイムラグがすごくてすみません……。

 

そうならないように発信のメインを

Twitterに切り替えたことを、今、思い出しました。

 

相変わらずSNS下手くそ民でごめんなさい。

 

だいぶ長文になってしまいましたが

読んでくださった皆さん、ありがとうございました。

お疲れ様です!

 

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>