天然ガス動力バスが、トンネルバリアに当たった後に爆発 スウェーデン | Ghost Riponの屋形(やかた)

Ghost Riponの屋形(やかた)

 お気に入り動画の整理&保管庫


テーマ:


Natural Gas-Powered Bus Explodes In Sweden After Hitting Tunnel Barrier
https://www.carscoops.com/2019/03/natural-gas-powered-bus-explodes-in-sweden-after-hitting-tunnel-barrier/
日曜日の朝、スウェーデンのストックホルムの街で天然ガス動力バスが爆発し、シーン全体がカメラで撮影されました。

当時バスは、業務運行中ではなかったが、屋根の上の天然ガスタンクがトンネルへの進入時に障壁に当たり爆発したと、Jalopnikが報告しています。当初、爆風からテロ関連の事件であるという憶測がありました。しかし当局は、すぐにその可能性を排除しました。

バスの運転手は、スウェーデン北部の路線の発着点に向かっていたが、道を誤ったと伝えられている。トンネルの入り口の看板には、車両の最大高さが3メートル(9.8フィート)までであることを、運転者に警告しています。

天然ガス動力バスの運転手が、重度の火傷を負って地元の病院に運ばれましたが、幸いなことに、乗客は誰も負傷していません。バスが運行中で乗客がいっぱいだった場合は、そうではなかったかもしれません。

現場からのビデオと画像は爆発の直後に炎に包まれたバスを示した。 濃い黒煙が街中に広がっていた。

バスやトラックが低いトンネルや橋の犠牲になるのは珍しいことではありませんが、通常、結果はこれほど悲惨なことではありません。おそらく、可燃性の天然ガスで満たされたタンクを上部に取り付けるのは、そもそも最善の方法ではありません…


今年の3/10に起きたようです。
テロかと思ったが、事故だったようです。
カスだと、吹き飛び方がすさまじい。

業務運行中ではなく、お客さんは乗っていなかったので、運転手が大やけどを負っただけで済んだようです。
不幸中の幸い。
天井に燃料タンクを乗せるシステムは、予想外な危険があると判明。

不謹慎ですが、「バスガス爆発」の早口言葉を思い出しますた。




Stockholm bus
https://www.youtube.com/watch?v=4pVStENP_Y4&index=2&list=PLXUL675yJjiZXRlJdfifMtPRg44ZE9omc

ゴーストライポンさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ