北朝鮮、豊渓里の核実験場を廃棄 | Ghost Riponの屋形(やかた)

Ghost Riponの屋形(やかた)

 お気に入り動画の整理&保管庫


テーマ:
【図解・国際】北朝鮮・豊渓里の核実験場(2018年5月)
2018年5月24日 時事ドットコムニュース
https://www.jiji.com/jc/graphics?p=ve_int_northkorea20180524j-01-w600


北朝鮮核、進展の舞台=06年から6回、水爆も-豊渓里核実験場

※記事などの内容は2018年5月24日掲載時のものです

 【ソウル時事】北朝鮮北東部の豊渓里核実験場では2006年10月9日の初回以降、計6回の核実験が行われた。北朝鮮は16年1月の4回目を「水爆実験」と主張。回数を重ねるごとに爆発規模は大きくなり、昨年9月の核実験では広島に投下された原爆(15キロトン)の10倍超に相当する160キロトン(TNT火薬換算)に達した。
 米国の北朝鮮分析サイト「38ノース」によれば、核実験場では現地入りした取材団のための展望台とみられる設備が設置された。展望台は西側坑道付近に設けられ、西、南、北側坑道が見渡せる場所に位置している。
 北朝鮮は東側坑道で最初の実験を行い、残り5回は北側坑道で実施。米シンクタンクによれば、東側坑道は既に廃棄された状態となっている。
 万塔山の地下にある北側坑道付近では昨年9月の核実験以降、地震が相次いで発生しており、地盤の緩みが原因と分析する研究者もいる。38ノースも北側坑道は「最後の核実験後に放棄された」と指摘する。
 北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長は4月末の南北首脳会談で、「既存の実験施設より大きな二つの坑道があり、健在だ」と発言。西、南側坑道について説明したとみられ、38ノースも「核実験を実施できる状態にある」と分析する。
 正恩氏は「北部核実験場はその使命を終えた」と主張し、米朝首脳会談前の豊渓里核実験場廃棄を表明した。しかし、国際原子力機関(IAEA)や専門家の検証を経ずに廃棄することになり、「証拠隠滅だ」と批判する声も上がっている。


北朝鮮、豊渓里の核実験場を廃棄
2018年05月24日 19:40 スプートニク日本
https://jp.sputniknews.com/asia/201805244909650/
北朝鮮の人民武力省(国防省に相当)は24日、北東部豊渓里にある核実験場の実験坑道3つを爆破し、地上にある観測地点、セキュリティ施設、その他施設の廃棄措置を行った。スプートニク特派員が伝える。

北朝鮮核兵器研究所は実験場解体式の終わりに「核実験の不継続問題における透明性を示すため、研究所は2018年5月24日、北朝鮮の北部核実験場解体式を行った」と発表した。

豊渓里にある実験場を解体したあと、北朝鮮には地下核実験のための坑道や実験場は残っていないと、研究所のカン・キョン・ホー副所長がスプートニクに伝えた。


約束は守ったようですね。
今後の展開は、ウーさん予想な感じでしょうか↓



朝鮮戦争が終わる
2018年4月30日 田中 宇
http://tanakanews.com/180430korea.htm
韓国軍は米軍の傘下なので、米国が軍事的な北敵視をやめない限り、韓国だけで北との軍縮を宣言してもダメだ。
CVID(完全で検証可能、不可逆的な兵器廃絶)
かつてのイラクのように「CVID地獄」にはめられると、核兵器をすべて差し出しても「まだ持っているはずだ」と言われ続け、自衛力をすべてはぎ取られて政権転覆させられる。

全体像の中に入る特筆すべきものの一つは、米国のトランプ大統領が、今回の南北会談を見て「朝鮮戦争が終わるぞ」とツイッターで宣言したことだ。朝鮮戦争(南北対立)を終わらせるには、北朝鮮と米国、中国が終戦したいと表明し、それを相互に認知(条約として調印)する必要があるが、北は今回の南北首脳会談で終戦したいと宣言した。トランプがそれを見て「朝鮮戦争が終わるぞ」と宣言したことは、米国も北側との対立を終わりにする気があることを意味している。

トランプはCVIDを無視して北と和解しようとするかもしれないが、米国の議会と民主党(=軍産複合体)はそれを阻止しうる。日本外務省的な模範解答は「だから米朝和解は成立せず、東アジアは軍産支配が続き、日本は対米従属を続けられる。万歳」ととなる。これに対する私の予測は「軍産支配の打破をめざすトランプは、CVIDの判定に中国を絡ませることで、北朝鮮をCVID地獄に陥らせないかたちで検証や査察を終わらせ、非核化と対北和解を実現する」というものだ。

大事なことは、北が完全(CVID)な核廃絶を達成したことを、誰が判定するかである。
米国(軍産)が「北はまだ核兵器を隠し持っているはずだ。CVIDは達成されていない」と言い続けても、中国が「いやいや、もうこのぐらいでしょう。もう北はCVIDを達成しましたよ」と言い、ロシアや韓国、それから中国におもねる英仏も「そのとおりだ」と言えば、国連安保理の常任理事国で「北に対する査察がもっと必要だ」と言っているのは米国だけになる。「じゃあ、査察はあと2か所だけですよ」という話になり、そこにも核兵器がなかったら、米国も引き下がらざるを得ない。

米国(軍産)のCVIDは、標的となる国を永遠に査察し続けて許さない「潰すための戦略」だが、中露のCVIDは、査察を適当なところでやめる「許すための戦略」になる。
トランプは今後の北の非核化・CVID判定に際し、中国の言い分を重視するつもりだ。中国のお仲間であるロシアの発言力も大きくなる。米国(米英)が、シリアで「アサドが化学兵器を使った」という濡れ衣を延々とかけてきた事態に対して怒っている中露は、今後の北のCVID判定に際し、米国の濡れ衣戦法を許さないだろう。

韓国大統領の文在寅によると、トランプの米国は、北と和解したとしても、その後の北の経済を再建する支援金を出すつもりがない。トランプは、北の面倒を見るのは中国の役目だと考えている(だから先日金正恩が韓国や米国との首脳会談に先立って中国を訪問した)。中国に北の面倒を見させるには、北核廃棄のCVIDの判定時から中国を引っぱり込んでおく必要がある。トランプは、こういった理屈を使い、軍産が仕掛けたCVID地獄を回避し、朝鮮半島の対立構造を壊そうとしている。


日本に金出せって来そうだ(笑)
メモ。





ゴーストライポンさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス