人生を楽しいに変える(チェンジする)ブログ
取県米子市で、「占い」「カウンセリング」「ヒーリング」の仕事をしています。
ブログを読んでもらって気になったり相談したいと思われた人はご連絡ください。


対面だけでなく電話でのセッションも行いますので、県外の方でも可能です(通話料無料)


料金・メニュー
お客様の声
お店の情報
ゲッターラボの取扱説明書
Facebookページ
ホームページ


特別な才能、過去、生まれ、環境、全てを投げ打っての努力、ドラマチックなストーリー・・・そんなものを持たない普通の人の人生を「幸せ」で楽しい方に変えるのが僕の理念です。

そんな「特別」がなくても「人生は楽しめるんだ」って証明したいのです。

  • 15May
    • LINEの既読スルー?返事が遅い?冷たい?文章が長い?これ全部素質ですの画像

      LINEの既読スルー?返事が遅い?冷たい?文章が長い?これ全部素質です

      鳥取県米子市で占いとカウンセリングをして、人生を変えるお手伝いをしています。藤原勉です。人の持って生まれた「素質」を4コマ漫画で解説してるシリーズの第6弾です。今回は「LINEの返事も3パターン」ってお話です。動画もでも解説していますので合わせて読まれるとよりわかりやすいです。LINEの既読スルー?返事が遅い?冷たい?文章が長い?これ全部素質です人間関係とか素質とかを解説する4コマ漫画を惺ゆりさんに描いてもらうことになりました。その解説動画(音声のみ)です。人間関係のトラブルや自分を知ること他人を知ることにとても役に立ちます。これをみていくと人間関係の悩みは大幅に減っていきますよ。第6弾は「LINEの返事も3パターン」ってお話です。ブログでも解説していま...youtu.be4コマ漫画の後に詳しい解説があります。前回も見てもらってる人は気がついたかもしれませんが、これ前回の「話し方は3パターン」と同じなんです。①のタイプは「なんで、どうして」という経緯や理由が重要なんでどうしても長くなりがちです。②のタイプの人は「結論」とか「結果」が重要なんでそれだけ送ってきます。③のタイプの人は「自分がピンときたところ」だけ送って来るので細切れになって順番も関係なかったりします。これ「会話」と大きく違うのはLINEとかメールってやり取りがリアルタイムではなかったりします。前の4コマの説明でも書きましたが、①のタイプと③のタイプが話をすると③に途中で割り込まれて①がイライラしたりしますがそれが起こりません。ただ、だったら会話よりも伝わりやすいかと言うとそうでもなくて、リアルに会ってる会話や電話での会話と違って、身振り手振りなどのボディランゲージとか声の抑揚などが無いので情報が「文章のみ」になってしまうので難しいのです。しかかも、リアルタイムではないのと相手と直接のやり取りでないので、無意識に「相手に合わせる」とか空気を読んで言い方を変えるなどの部分が全くありません。すると、会話よりもむしろLINEなどの方が素質がはっきりと出るんですね。なので、会話の時よりもトラブルになりやすいんです。例えば、「既読スルー」とかもこの素質からくる返事の違いが関係している時があるんです(全ての既読スルーがそうではないです)素質が理由での既読スルーって②のタイプがよくします。これは前回のブログで書いたように②のタイプは自分軸が強いので、「なんで」の部分は自分が決める事だと思ってて相手に言う必要がないと思ってるからです。例えば人の誘いを断る時はその理由は「相手に言う必要がない」と思っていて行く、行かないも自分の問題だと思ってるんです。だから、行かない時には返事をしないことが多いのです。行くときは待ち合わせの時間とかを決めるとかって「必要性」がでてくるから返事をします。これに関してはまた別の4コマを描いてあるのでまた詳しく説明しますね。他では、①のタイプの文章を③のタイプに送ると文章の途中だけとか最後だけみて返事をしてきたりします。逆に③のタイプが①に送ると、①が返事を打っている間に次のメッセージが来てしまったりします。これは③のタイプが思い立ったところから次々に送ってきてしまうからで、さらに①のタイプは文章が長いからどうしても打つのに時間がかかるからでもあります。③の特徴は相手の返事がなくても次の話題を次々に送って来ることです。そしてそんな時は最初の話題に対して返事をしてもスルーされる事が多いのです。その時には③のタイプは自分のイメージがもう別に移ってるので頭に入らなかったりするんですよ。でも、ぜんぜん関係ないタイミングでその事について返事をしてきたりもします。なので、③のタイプと他のタイプがやり取りをすると「いま、何の話をしている」がわからなくなったり前後関係がよくわからなくなったりします。これが、対面で話していれば言葉以外から察する部分や「さっきの話だよね」みたいに一言聞けたりしてまだわかるんです。でも、LINEなどで「さっきの話だよね」とかって入れると「それがどれを指しているか」でまた混乱したりしますし、それを③のタイプに言ってもピンときてないとスルーされる可能性があります。ちなみ、①が文章が長いと書きましたが、たまに③も長く書いてきます。それは③がそこに凄くピンと来ている時は必要以上に深掘りしてきたりします。それか相手の話を勝手に察して、それを確認せずに「絶対」にして2個3個先まで話して長くなってる時もあります。最初の方にも書きましたが、これリアルに会ってるときより素質がでやすいので、パーソナル心理学で調べなくても素質のタイプが予想できたりするんですよ。特徴的な部分を書いておくと~①のタイプ●文章が長い。●返事のやり取りはお互いに順番●終わったかと思っても「ありがとう」とか「よろしくお願いします」みたいになかなか終わらない。●普段は返事は早いがたまに半日とか1日とか返事がない。これに↑に関して説明しておくと、①のタイプは「他人軸」なんで「誰かと会ってる」ときとかは、その相手に合わせているのでそれを優先します。そのため、誰かと合ってる間は殆ど返事をしてこなかったりします。②のタイプ●文章が短い。●「はい」だけとか「わかりました」だけだったり、そっけなかったり怒ってるように見える。●返信が1こ少ないので既読スルーな時がある。●基本的は返事は遅い。●絵文字やスタンプが少ない。③のタイプ●文章は短いことが多いが細切れで何回も送ってくる。●たまに凄い長文がくる。●話の時系列がわからない。●話に主語がなく唐突な話が多い。●二個以上の質問とか話題を送ると片方にしか返事が来ない。●だけど、ぜんぜん関係ないタイミングでもう片方の返事が来る時がある。●返事をする前に次の話題を送ってくる。●こっちに興味とか利害があると返信は異常に早いが、興味がなかったりすると数日後の時もある。こんな感じですね~毎回お話しますがこれは「良い」「悪い」ではなくて「違い」の話です。ビジネスシーンとかで問題のある場合もあるでしょうが、逆にお客さんがどのタイプかによっては合わせたほうが交渉事とかはスムーズにいったりします。自分と違うタイプとのやり取りでイライラしないためにも、少し頭に入れておくと良いですよ。それではこれで終わります。

  • 09May
    • 予言とは未来予知とは何か?(5月◯◯日になにか起きる?)の画像

      予言とは未来予知とは何か?(5月◯◯日になにか起きる?)

      鳥取県米子市で占いとカウンセリングをして、人生を変えるお手伝いをしています。藤原勉です。疫病に戦争となにかと不安なこの頃ですが・・・そんな時って「予言」的な話が多く出てきたりしますよね。未来予知とか未来からきたとかお告げとかいろいろですが・・・いちおう長年、占い師って立場でも仕事をしてきたんで僕なりのこういう「未来」を見るものついてお話しようかと思います。詳しい話は動画の方でお話していますので興味ある人は見てやってください。今回のは「音声のみ」ではなりませんしライオンさん出演です笑予言とは未来予知とは何か?(5月◯◯日になにか起きる?)疫病に戦争となにかと不安なこの頃ですが・・・そんな時って「予言」的な話が多く出てきたりしますよね。未来予知とか未来からきたとかお告げとかいろいろですが・・・いちおう長年、占い師って立場でも仕事をしてきたんで僕なりのこういう「未来」を見るものついてお話しようかと思います。ブログも同時にアップしていますので合わせて読...youtu.be何故か僕よりライオンさんの方が人気があるんですよね~さて、そんな未来予知です「できる」「出来ない」で言われたら「出来ます」僕がよくブログなどで占いについて書いている中で「当てるなんて宴会芸ですよ」って言ってますよね。その当てるの中には将来のことを占う「未来予知」も入っています。実際、セッションの中で占った未来のことに関しては大概は当たっています。では、なぜ「宴会芸」って言うのかって言うと「意味がない」事がほとんどだからです。ある人が言っていました。「偉大な預言者は当たらない」当たらないのに偉大って・・・そう思いますよね。でも、考えてみてください。そもそも、「未来予知」って何のためにするんでしょうか?これよく若い女性が僕にセッション中にする質問なんですが・・・「私、結婚できますか?」これ、未来予知をして「無理ですね」って言われたらどうします?諦めます?「できる」って言ってくれる占い師を探します?それでは意味がありませんよね。この質問の意図は「不安」だからなんですよね。だったら、必要なのは「結婚できるようになる」事ではないですかね?本来、未来予知の根源には都合の悪いことは起きないように自分の望む人生を歩みたいってのがあるんだと思うんですよ。だったら、未来なんて当てる必要なんてありません。実際、最初の方に書いたセッション中の占いでの未来情報が当たってるってのも、「言われたことが起きたけど大した問題にならなかった」「占いで出たことは起きたけど無事に解決した」「当たってたけど自分に影響はなかった」そんな話か、「言われた月に望みが叶いました」「無理だって言われてたのに、できるようになりました」こんな感じなんです。そう言えば、お客さんが話してましたが友人がある占い師さんのところに「彼氏ができますか」と占ってもらいに行ったら・・・「◯◯月に彼氏ができるけど、その人とはすぐに別れてストーカーになる」「ストーカーになったら来てください。その先どうなるか占ってあげる」こう言われたそうです。その友人は「よかった~その時はまた占ってもらえる」って喜んでいたそうですが・・・なんか違うだろ笑未来がわかるなら防げよ笑その友人もそこ喜ぶところじゃないから・・・だから、僕の占いは「未来予知」ではなくて「改善策」を出す事なんです。改善策によってそうならない未来の流れを作ることなんです。これは預言者も同じです。偉大な預言者は当たらないのは、不都合な予言は「そうならない為」に「予言を言ってる」からなのです。でもね。いきなりそれだけ言っても誰も信用しないし、外れるからただのホラ吹きでしょ。だから、どうでもいいところとか大きな問題にならないところを当てておかないといけないんですよ。ちょっと今回のテーマからは外れますが、この「改善策」ってやつも問題でね~簡単に回避できちゃうものだから、そればかりに頼る人が出てきてきてしまって・・・本来、さっきの「ストーカー」の話を僕なら「そうならないための改善策」「良いパートナーと出会うための改善策」なんですが~本質的はそれは「対処」でしかないんです。だから、僕のセッションならもしもそんな未来があるとわかったら改善策よりも、「なぜそんな相手と出会うか」ってその相談者の「心」の方にアプローチします。そんな相手を引き寄せるのは、その人に何か気づかないといけない心の中の「何か」があるからです。そうしないと、改善策で回避しようがストーカーになったからどうにかしようが、その後に「別の形」でのトラブルを引き寄せるだけだしその時はもっと回避しにくい大きな事になってることがお多いんです。未来予知は無限にある可能性の今の状態から最も起こりやすい出来事を言っています。未来は大まかには決まっています。でも、その中にいくつも選択ができる「幅」があるんです。その幅のどこを選ぶかは「いま」が決めているのです。詳しくはぜひ動画で確認してみてください。予言とは未来予知とは何か?(5月◯◯日になにか起きる?)疫病に戦争となにかと不安なこの頃ですが・・・そんな時って「予言」的な話が多く出てきたりしますよね。未来予知とか未来からきたとかお告げとかいろいろですが・・・いちおう長年、占い師って立場でも仕事をしてきたんで僕なりのこういう「未来」を見るものついてお話しようかと思います。ブログも同時にアップしていますので合わせて読...youtu.beそうそう、動画で言っていますがちょっと僕の中では5月19日が気になってるんですよね~まあ、何もないとは思いますけどね笑それではこれで終わります。ゲッターラボとLampLightの公式ホームページはこちらhttps://getterlabo-lamplight.com/LINE公式アカウントを作りました。よかったら登録してください。●セッションとか受けてみたいって人や興味のある人予約、問い合わせはこちらをクリック口コミ、お店の概要など見たい人はこちら<クリック>セッションなどのメニューはこちら<クリック>占い&カウンセリング ゲッターラボ対面だけでなく電話でのセッションも行いますので、県外の方でも可能です(通話料無料)●ホームページ●料金・メニュー●お客様の声●お店の情報●ゲッターラボの取扱説明書●Facebookページ●人生が楽しいに変わるかも知れない動画特別な才能、過去、生まれ、環境、全てを投げ打っての努力、ドラマチックなストーリー・・・そんなものを持たない普通の人の人生を「幸せ」で楽しい方に変えるのが僕の理念です。そんな「特別」がなくても「人生は楽しめるんだ」って証明したいのです。

  • 07May
    • 4コマ漫画で人間関係の悩み解消、他人と自分がわかる「人の話し方は3パターン編」の画像

      4コマ漫画で人間関係の悩み解消、他人と自分がわかる「人の話し方は3パターン編」

      鳥取県米子市で占いとカウンセリングをして、人生を変えるお手伝いをしています。藤原勉です。人の持って生まれた「素質」を4コマ漫画で解説してるシリーズの第5弾です。今回は「人の話し方は3パターン」ってお話です。動画もでも解説していますので合わせて読まれるとよりわかりやすいです。https://youtu.be/GjovK29-sY44コマ漫画の後に詳しい解説があります。人の話し方っていうのは、他にも違う理由でいくつかあるのですがこれが一番の違いです。よくある「結論から言うのが正しい」って言うのは、その人の素質がその話し方だからでしか無かったりするんですね。これ推測なんですが、「結論から」ってタイプ(4コマだと②のタイプ)って社会的な成功者が多い素質なんですよ。とくに「お金儲け」に関しては長けている場合が多い素質なんですね。だから、そういう「成功者」って言われる人が「成功論」的に自分の素質を言うからそれが正しいってなってしまうのかもしれませんね。実際、多くの成功者とか有名な人の格言とか教えとかって「素質通り」の事を言ってて、「成功の仕方」ではなくて「自分の素質に合ってる」事を言ってるに過ぎないんです。言い換えれば違う素質だとそれはやっても苦しむだけってことです。ここでの3パターンは「どれが正しい」ではないので、違うタイプが居るってことを認識して、会話がうまくいかない時は「そういえばこんな話し方の素質がいたな」って思い出してもらえたら役に立つんです。この3つのタイプでは会話が噛み合わなかったり、イライラする事が出てくるんですね。まずは大原則として「話し方」と「聞き方」は同じになります。自分がそう喋るから相手も同じように喋ると無意識に思っています。①のタイプは「なんで、どうして」っていう結論に至るまでのプロセスが大事なんですね。だから、この4コマの中のうように「断る」場合には「その理由」が重要で、それを相手にわかってもらおうと順番に説明します。このタイプは全てが他人軸で(ちなみに各々更に4タイプに分かれます)、「なぜ自分が断るのかを」わかってほしいのですね。そして、その断る時に「断る理由」の重要度が問題になります。「これだけ重要だから断る」ってのをわかってもらおうとします。これは他人軸のタイプは「相手と情報共有」をしたがるかからでもあるんです。「こんな理由」って情報を共有しようとしてるんですね。このタイプが子供の時は、お母さんとかと情報共有しようとして「今日学校であったこと」とかを落ちもなくダラダラと話してきたりします。それを聞かなかったり途中で「だからどうしたの?」とか割り込むのを繰り返すと、「話をしない子」になったりします。②のタイプは逆に「結論」が重要なのです。結論だけを伝えれば良いと思っているんですね。①のように「なんで」の部分は、自分軸が強いこのタイプは「それは自分の側の話」と思っています。①のように相手との共通認識での「重要度」ではなく自分の価値観での「重要度」で決めます。だから、断る理由は「家で漫画を読みたい」でも良いわけです。自分の価値観であるのだから相手に言う必要はないんですね。ただ、話の流れで必要になっいたら結論を言った後で答える時もあります。自分の価値観が全てなんで「自己中」に思われる場合も多くあります。あと、結論だけをズバッと言うので「冷たい」印象を持たれたりしますね。この②のタイプの人は①の人の話し方を聞くと、「自分は理由の部分を話さない」ので凄く遠回しに言ってるように思えたり言い訳をしているように思えたりします。逆に②の人の話を①が聞くと凄く冷たく言われたように感じるんですね。③のタイプですが~これが実は一番説明が難しいのです。自分軸ではあるんですが「イメージ」とか「感情」が重要なタイプです。僕のブログとかをよく見てもらってる人なら「フレックス」な人と言えばわかると思います(②はフィックス)イメージや感情のタイプなんで、話す時には自分が「ピンと来ている」ところから話します。その時に自分の中に一番イメージが強かったり感情が入ってる部分からだったり、その部分だけ話したりします。「会話に主語がない」って言われるタイプの人がこのタイプです。4コマでは、断るのに「大阪で法事が」ってのが理由なんですが、この人にとっては「お好み焼きを食べる」の方がイメージとかが強いんですね。すると、そこだけ話してきます。相手は前後関係がわからないので、「大阪」でとは思わずに地元で「お好み焼きを食べる」のかと誤解してるんですね。だから、「食べ終わった後でも」って思ってしまってるんです。この③のタイプは、イメージで思考するのが強いので「自分が感じていること、わかっていること」は相手もわかってると無意識に思っていまします。なので、「大阪」と相手はわかってると思いこんでいたり「大阪」と「言ったつもり」だっりするんですね。だかた、この会話だと「遠方なのに食べ終わった後に行けるわけない」のが「なんでわからないのかな?」って思ってしまっているんですよ。これ、「イメージ」や「感情」だから人によって個々に違うし、その時の状況でも違うんですね。なので、問題の無いときもありますが全く通じないときもあるんです。ただ、全般的に自分のイメージが強い所を優先して喋ってそうでないところは言わなかったりするんで会話が噛み合わないとか、相手が理解できないことも多いんです。最近、実際にあった話なんですが~AさんがBさんに届け物をが有ったんですね。たまたま、AさんはBさんの弟に出会ったので届け物を託けました。その日、Bさんは仕事で夜遅くしか帰ってきません。Bさんの弟はお昼ごろには家に帰るのでBさんの部屋に置いておいてくれるとの事でした。するとお昼すぎにBさんからAさんにLINEで「ありがとう。これ欲しかったけどなかなか買えなくて。どこに売ってたの?」Aさんは、Bさんは仕事のはずだのにと思いながら「あれ?今日は夜まで仕事では?」「それは◯◯のショップにあったよ」と返信しました。Bさん「そうなんだ。◯◯は探してなかった」Aさん「たまたま。昨日行って発見したんだよ」Bさん「Aさんも買ったの?」Aさん「買ったよ。ところで、私の届け物をなんでわかったの?」Bさん「弟からわたされたよ」Aさん「弟さんが仕事場まで届けてくれたの?」Bさん「部屋に持ってきたよ」Aさん「今日は仕事じゃなかった?」Bさんからの返事は来なくなりました。仕事の合間の休憩時間とかに家に帰ってたのかな?返事が無くなったのは休憩が終わったから?それとも、今日は仕事じゃなかった?「私の勘違い?」と混乱してしまいました。これBさんが③のタイプなんですね。真相はBさんは仕事が2時間ほど休憩があったのでその間に家に帰っていたんですね。でも、聞かれてもその事をBさんは言ってないんです。これが「自分がわかってる事は相手もわかってる」って前提なんです。そして届け物の中身に「イメージ」や「感情(嬉しい)」が言ってるので、そこの話ばかりになるんです。これもう一つ要素があってAさんが「あれ?今日は夜まで仕事では?」「それは◯◯のショップにあったよ」と2つ同時に送っていますが、これを③のタイプにすると「イメージ」の強い方にだけ答えてきます。この場合は「届け物」にイメージが行ってるからそってだけになりやすいのと、傾向的に「後」の方だけ答えることが多いんです。イメージが上書きされるでしょうね。しかも、その時に③のタイプは最初の質問を「答えた」つもりになっていたりします。それは頭の中で最初の質問に「休憩時間に家に帰ってた」と浮かんで、その次の質問で上書きされでも「答え」は出したから「言った」イメージになっていたりします。なので、Bさんからは「休憩で家に帰ってた」って知ってるのになぜそんな質問するんだろう?ってなってたりもします。③のタイプの人は、②の人の話は結論だけなんでまだ良いんです。でも①の人の話だと、「なんで」「どうして」の途中で「ピン」ときたら後の話は聞いていません。その時に関係性で2つの反応になります。そのまま最後まで聞くんだけど、途中のピンときたところのイメージが優先だから話を誤解している。もう一つは、そのピンときたところで話に割り込んでそのピンときた部分から話を膨らませて話を「取って」しまう。①の人は自分が「なんで、どうして」を話すので、相手の話が終わるまで聞いている傾向があります。なので、逆に途中で割り込まれるのは大嫌いです。しかも割り込んできて、そのままそこから別の方に話を膨らまされてしまうので自分の言いたいことが言えません。それでしょうがなく、③の人が話を膨らませ始めた時に割り込んで自分の話に戻そうとします。すると③の人が「人の話に割り込まないで」と言い出したりするんですね。①のタイプからしたら「いや、それはおまえだろう!」って思うんですが、③のタイプの人は割り込んだ意識が無いので通じません。そんな理由で①のタイプの人は③のタイプの人は嫌いだったりしますし、③のタイプの人と長時間いるとイライラしてしまうんです。この3つの違いで人間関係のトラブルになってる場合もけっこう有ったりするんですね。それではこれで終わります。ゲッターラボとLampLightの公式ホームページはこちらhttps://getterlabo-lamplight.com/LINE公式アカウントを作りました。よかったら登録してください。●セッションとか受けてみたいって人や興味のある人予約、問い合わせはこちらをクリック口コミ、お店の概要など見たい人はこちら<クリック>セッションなどのメニューはこちら<クリック>占い&カウンセリング ゲッターラボ対面だけでなく電話でのセッションも行いますので、県外の方でも可能です(通話料無料)●ホームページ●料金・メニュー●お客様の声●お店の情報●ゲッターラボの取扱説明書●Facebookページ●人生が楽しいに変わるかも知れない動画特別な才能、過去、生まれ、環境、全てを投げ打っての努力、ドラマチックなストーリー・・・そんなものを持たない普通の人の人生を「幸せ」で楽しい方に変えるのが僕の理念です。そんな「特別」がなくても「人生は楽しめるんだ」って証明したいのです。

  • 04May
    • 桂田精一 生まれ日の呪縛(なぜあんな経営者が生まれるのか?)の画像

      桂田精一 生まれ日の呪縛(なぜあんな経営者が生まれるのか?)

      鳥取県米子市で占いとカウンセリングをして、人生を変えるお手伝いをしています。藤原勉です。話題になってる人や気になる人を僕の「パーソナル心理学」で分析する「生まれ日の呪縛」シリーズです。今回は、桂田精一社長です。動画(音声のみ)での解説もありますのでそちらも合わせて聞いてみてください。https://youtu.be/uvrfszZ6PMQ名前だけだと「だれ?」ってなるかもしれませんが、知床半島の沖合で観光船が遭難した事故の運航会社「知床遊覧船」の社長です。この人、安全対策を怠ったりコスト削減の為にベテランの従業員を解雇したり、関係者への対応の態度の悪さや記者会見での責任回避など多くの犠牲者が出ているのにその態度が非難されています。一般人の場合はなかなか生年月日が見つけれないのですが、早い段階で見つかったのでいろいろと伝わってくる行動や言動を「持って生まれた素質」から解説していきたいと思います。まずは、初めて読まれる人向けに「パーソナル心理学って何?」って思われると思うのでちょっとだけ説明すると~これは生年月日から持って生まれた「素質」ってのを導き出して、行動や言動、思考などを分析するものです。「占い?」って思われるかもしれませんが、全く関係ないわけではありません。素質のタイプを出したりするベースになっているのはいろいろな占い(占星術)です。違うのは、「なぜそうするのか」とかって解釈の部分と分類の仕方が僕が20年以上の間仕事などで人に関わってきた経験を当てはめて作ってるって事です。長年、人を見てきていると「人は素質の通りに動いている」としか思えないのです。それと、これも毎回書きますがあくまでも生年月日と報道などでの情報を元にこれを書いています。もちろんですが、この方と僕は会ったことも話したこともありません。セッションなどのように直接お話しながらの分析とは精度がどうしても落ちてしまいますので、あくまでもパーソナル心理学的にはという事で「事実」かどうかはわかりません。この桂田精一社長ですが、どうやらお父さんは地元の名士で多くの宿泊施設の経営や町議なども務めた人のようですね。そして数年前にそのお父さんの経営していた宿泊施設の社長にいきなり主任し、今回の遊覧船の会社も多角経営を進めるために買収したようで経営だけでなく海や船に関しては全くのど素人だったようです。よくある田舎のお金と権力を持った親を持つボンボンが会社を経営してやらかすって典型的なパターンではありますが、今回は多くの人の命が犠牲になっていますから「やらかした」では済まされません。この人の「持って生まれた素質」ですが、特徴的なのはまずとっても「自分軸」が強いって事です。自分軸が強いと「人に左右されない」とか「信念を貫く」っていい面も持っていますが、自己中で人の気持ちに共感できない人にもなりやすいんです。僕のパーソナル心理学では2つの素質を組み合わせて288パターンで見るのですが、この人はその2つの素質が全く同じなんです。これは凄く珍しいわけではありませんが、決して多いわけでもありません。この2つが同じに組み合わせはどの素質の組み合わせでも頑固で他人のことがわからない人になりやすいのですが、その素質自体が自分軸の強いタイプですからさっき書いた自己中な部分が非常に強くなってしまいます。この組み合わせだと自分軸もですが、非常に論理思考が強いので「共感」とか「情緒」というものはほとんど理解できないと思います。そして自分軸の強さから「他人の考え」とか「自分と他人は違う」と言う発想も難しいと思います。以前、この人と同じ組み合わせの人が「自分と違う考えの人は嘘を付いている」と思っていたと言っていましたが、その理由は「自分以外」という発想がができないので「自分と違う考えをする」なんて人はあり得ないと思っていたんだそうです。それぐらい「他人」というのを理解するのが苦手です。それでいて、権力者の息子として育ったら自己中以外の何ものでもない人になります。昔、知り合いの建設会社の社長が自分の息子に会社を継がせるために、とても厳しく息子さんに接しておられました。「なぜ、そこまで厳しくするんです?」と聞いたら、「どんなに厳しくしても、それでも恵まれているんです。そしてどんなに頑張っても親の七光りと言われるんです。だから、人の何倍も苦労して初めて他の人と同じ一人前になれるんです」と言われました。凄く息子さん思いのそして自分の会社の将来をしっかり考えておられる立派な社長さんでした。そのぐらい厳しくしてやっと「普通の人」だっていうのに、何の経験もないのにいきなり代表取締役社長って・・・・しかもホテルを4つを父親からいきなり継ぐって・・・これだけでも、ブラック企業まっしぐらですよね・・・・この人の素質のもう一つの大きな特徴は「非常にポジテイブで行動力がある」って事です。この素質の人って実は「成功者」って言われる人に一番多い素質なんですよ。素質的には経営者としては非常に向いています。どちらかというと、自分で会社を起こして新しいことをどんどんやっていくタイプではありますが・・・でも、「素質」がいくら向いていてもこんな環境ではね~例えるなら「F-1を幼児が運転してる」ようなものです。なまじ超高性能が故にF-1が最悪の凶器になります。本来の行動力とポジテイブさは、いい加減さと思慮の浅さを生み出します。ポジテイブが故にリスクを考えませんし結果が駄目でも反省しません。結果的に無責任な人になりやすくなります。僕みたいな超ネガテイブな素質だったら、この社長と同じ育ち方をして同じように遊覧船の会社を手に入れても、何かあった時が怖くて安全対策を疎かにとかリスクがあるのに出向なんて絶対しません。この人って経営のど素人だから有名な経営コンサルタントがついていたようでう。そのコンサルの過去のツイートで「桂田社長は経営のど素人だから私の指示をすべて『はい』と答えるので成功している」と言っています。確かに、継いだホテルなどは黒字になったようですが、人件費の高いベテランの従業員を切って賃金の安いパートとアルバイトにして安全対策にもお金をけなければ、そりゃサルでも黒字にできるでしょ笑この経営コンサルタントにコンサルされていた会社に務めていたって人のTweetとか多数出ていますが、典型的な「ポジテイブシンキング」「根性論」「無茶な事やったほうが偉い」「目先の数字を上げる事が全て」的な、20年以上前まではネットワークビジネスなどで違法スレスレで儲けている輩にとっても多い考え方。このコンサルとこの社長が結びつくのはよくわかります。こんなやり方をこの社長の素質はとっても大好きでしっくり来るんです。この素質は「ポジテイブで思い立ったら即行動、結果や数字が全てで目に見えないもの数字に出来ないものは価値と感じない。結果は『今すぐ』必要でプロセスとか概念とか理念なんて関係なく結果の数字が出ればいい。」だから、この素質の人は(特に本質が)成功者も多いんですが「儲けれれば人のことなんか」みたいな人も多いのです。記者会見でのいろいろな発言が炎上していますが。これ素質による部分も大きいのです。例えば、悪天候が予想されるのに出向させた事で「天気図をちゃんとみたのか」って質問に対して、「見たが、自然のことだから天気図通りになるとは限らない」って答えて「天気図が悪い」みたいに聞こえて非難されています。「お客が行きたがるから」みたいな事も言って非難されましたよね。挙句の果てに今度は「クジラとぶつかった可能性も」とか言い出してます。これは、このタイプが「本音軸」がとても強いので「事実」を言っているだけのつもりなんです。確かに理屈では「絶対」の予報も予想もありません。ましてや自然が相手ではどんなベテランの気象予報感でも100%は無いでしょう。お金を払って遠方まで来たんだから「中止」はされたくないって思うお客さんがいるのも事実でしょう。クジラとかの海洋生物にぶつかるってのもある話だと聞いたことがあります。それは確かに「事実」です。ただ、それをそこで言ったら駄目でしょってのがこのタイプにはわからないんです。「保険が1人1億円でるから損害賠償の支払は大丈夫」って知り合いに言っていたとも言われていますが~これも「事実」ではあるのと、情緒とか共感よりも『数字」とか「結果」って観点での考え方を優先する素質なので、今起こってる事も「数字上での結果的に損か得か」って事がこの人にとって優先順位が高いのです。これ同じ素質の理由でよく炎上するのが麻生太郎さんです。事実だからと炎上するようなことを平気で言ってしまいます。この麻生さんと桂田社長の本質は同じ素質です。身長が低い人に「事実」だからと気にせず「背が低いな」と言ったりしちゃうわけですよ。この素質の人には「なんで?事実を言っただけだけど?」って感覚です。そして、「それをこの場で言ったら駄目でしょ」って言うのも察せれません。目に見えない感覚の部分は苦手なんですね。でも、こんな事を今の状態で言ったら「言い訳」「責任逃れ」としか取られないんですよ。そして仮にそうだとしてもベテランの船長を解雇にしたり、無線が使えないままだったり荒れる可能性のあるのに出向させたりした事実は変わりません。ただ、この部分はいくら素質がそうでも普段からお客さんとか業者の人とかと接していたら、ある程度は自然と身につきます。多分、この人は生まれた環境で「人に気を使う」なんて必要がなかったんでしょうね。それに素質が合ってしまってるからこんな感じに仕上がってしまったんだと思います。あと、そういう事を平気で言っちゃうのは非常にポジテイブだからでもあるんです。ポジテイブが強い人って口が悪い人とか他人を傷つける事を平気で言っちゃう人が多いんです。それは「これを言ったら相手が傷つくかな」「これは怒るだろうな」「相手が嫌な思いするな」っていうのは、全てネガティブな発想だからです。ポジテイブが強いとそんなマイナスな発想は出てこないんですよ。ポジテイブな事が持て囃されたりしますが、ポジテイブなだけの人は相手を傷つけたり相手に配慮しなかったり、リスクを考えなかったり考えが甘かったりすることが多いのです。この強いポジテイブと強い自分軸の素質が組み合わさると、自分の欲求を優先しやすいので気に入らないと喧嘩っ早かったりすぐに怒るタイプになりやすく、若い時には特に「やんちゃ」なタイプにもなります。なので、才能があったりしても暴力事件やトラブルを起こしやすい人にもなります。本質の方の素質が同じ有名人では~ビートたけし市川海老蔵木下ほうかひろゆきなんて面々がいます。なんとなく、キャラがわかりますよね。この素質が2つ重なってるんで・・・・そしてポジテイブなのに、なんで今はあんなにオロオロしているんだって思う人もいるかもしれませんね。確かにポジテイブが強い人は何か失敗があっても、「大丈夫だよ」って直ぐに切り替えれます。でも、ポジテイブが強い人ってとっても「逆境」に弱いんですよ。「大丈夫」って思えるレベルなら強いんですが、ある一定のところからは非常に脆いです。それはポジテイブが故に普段からリスクとか失敗を考えないので、想定が全くされていません。だから、心はノーガードな状態で予想もしないところから殴られているようなもんなんです。ネガテイブな人は普段から失敗やリスクを最悪の事から考えていたりしますから、想定済みだったりガードを常に持ってたりします。そしてポジテイブが強いのでネガテイブなことを考えませんから、ネガテイブな状態に耐性が無いんです。言い換えたらネガテイブなことが起こってることに慣れてないんです。今の状態ではどうやってもポジテイブな発想なんて出来ませんからね~そんな頭の中がネガテイブだらけの状態なんて、たぶん生まれて初めてなんではないでしょうか?今回の事は、素質が親とコンサルによって悪い方ばかりが強められた結果だと思います。素質の話とは違いますが・・・最近は、欧米型のビジネスのやり方を正しいとし過ぎているように思います。「結果主義」「実力主義」「個人主義」もちろん、良い部分もいっぱいあるので見習うべきところもありますし、従来の日本的なやり方が現代に合わない部分や欠点の部分もあります。でも、今のビジネスの世界はその欧米型の表面の部分だけを真似ていて本質は抜けているように思うんです。そして、現代はネットなどの世界が特にそうですが、悪い方には踏み出している人ほど短時間で稼げるようになっているところがあります。完全に踏み出してしまえばアウトになるんですが、半歩よりは4分の3歩さらにもう少しとアウトまでどこまで近づけるかが短時間で少ない労力で大きなお金を手に入れる方法になっています。迷惑系YouTuberなんてその典型ですよね。少々、非難されようが捕まろうがそれによって話題になれば収入は増えるし、一度そうやって名前と顔が広まれば後は何をやっても儲かるって図式になっちゃってます。日本って創業100年以上の会社が世界一多のです。世界の創業100年以上の会社の半分は日本にあるんです。創業200年以上も日本がぶっちぎりでトップですし、世界最古の会社組織も日本にあります。長く永続的に続くって言うには意味があります。日本が世界で唯一の一度も国と王族が変わってないってのもあります。会社の成長の仕方と衰退の仕方は同じスピードになるんだそうです。そして成長が緩やかなほど安定期も長いんだそうです。急激に成長させるいちばん簡単な方法はルールから逸脱すれば良いのです。わかりやすいのが「詐欺」です。一気に儲かりますが継続性はゼロに等しいです。日本には「三方良し」とか「三方得」って言葉があります。これは近江商人と言われた人たちの考え方です。売り手と買い手が満足するのだけでなく社会や地域、周りの人々が喜んでこそ本物の商売って考え方です。売り手っていうのは会社の利益だったり、経営者や株主たちの利益や満足です。買い手って言うのはお客さんの事です。この2つまではしている会社はあります。でも、社会や地域、周りの人々ってのは少なくなります。ここには「その会社で働く人」ってのも入ります。桂田精一社長は3つどころか2つさえ出来てなかったって事になります。でも、それは「それが正しい」と教えた人たちがいるってことと素質がそれを更に助長してしまったって事だと思います。欧米型の考え方の「表面だけ」って書きましたが、確かに欧米の考え方は商売においては2つまでしかありません。ですが、「ノブレス・オブリージュ」って考え方が個人にあります。直訳すると「高貴さは義務を強制する」って意味なんですが、権力や財産や地位には「義務」が生じるって考え方です。富や力を得たものは弱いものを助ける義務があるって教えです。個人主義、結果主義、実力主義・・・・ってだけで、この部分は真似てないんですよね・・・ノブレス・オブリージュって考え方が大前提でのこれらのやり方だと思うんですが・・・・そういえば、イギリスの慈善団体「チャリティーズ・エイド・ファンデーション」の発表では、「人助けとかチャリティー、ボランテイア」をする国の順位で日本は最下位なんだそうです。ちなみに、ロシアや中国より下です。周りの人のためや困った人の為は「義務」なんかにしなくても「権力や富」を持たなくても日本人は「そんなの当たり前」だったはずなんですが・・・・「素質」が悪い方に出まくって「素質通り」での最悪の結果でもあるんですが、なんか「今の日本」の悪い部分の縮図にも思えます。亡くなった方たちのご冥福と一刻も早く行方不明の人たちが家族の元に帰れることを祈っています。ゲッターラボとLampLightの公式ホームページはこちらhttps://getterlabo-lamplight.com/LINE公式アカウントを作りました。よかったら登録してください。●セッションとか受けてみたいって人や興味のある人予約、問い合わせはこちらをクリック口コミ、お店の概要など見たい人はこちら<クリック>セッションなどのメニューはこちら<クリック>占い&カウンセリング ゲッターラボ対面だけでなく電話でのセッションも行いますので、県外の方でも可能です(通話料無料)●ホームページ●料金・メニュー●お客様の声●お店の情報●ゲッターラボの取扱説明書●Facebookページ●人生が楽しいに変わるかも知れない動画特別な才能、過去、生まれ、環境、全てを投げ打っての努力、ドラマチックなストーリー・・・そんなものを持たない普通の人の人生を「幸せ」で楽しい方に変えるのが僕の理念です。そんな「特別」がなくても「人生は楽しめるんだ」って証明したいのです。

  • 29Apr
    • ゴールデンウイーク中は休まず営業します&ゲッターラボの占いへの考え方の画像

      ゴールデンウイーク中は休まず営業します&ゲッターラボの占いへの考え方

      鳥取県米子市で占いとカウンセリングをして、人生を変えるお手伝いをしています。藤原勉です。ゴールデンウイーク中は休まず営業いたします。対面、電話、zoomなどのリモート、どちらも通常通りにやっています。営業は13時からですので、午後のご予約は前日以前にされたほうが確実です(午前中は電話、問い合せに対応できません)去年、一昨年とゴールデンウイークはなかなか行動できなかった人も多いと思います。まだまだ、油断はできませんが今年は少し開放的な状態にもなってきています。レジャーや今まで会えなかった友達や親類に会って楽しもうと言う人も多いと思います。そんな中で、悩みや困りごと相談したいこと、人には言えないこと誰に相談したらいいかわからないことありましたら、ゲッターラボに相談を考えてみてください。恋愛、仕事、人間関係、健康、将来の不安、人生、やりたいこと・・・・明確に「これを悩んでいる」って言うのがなくて、漠然と「不安」と「このままでいいのかな?」みたいな相談も大丈夫です。意外とそんな感じの相談の人も多くいます。ゲッターラボでは占いは「当てる」ためには使ってません。セッションの目的は悩みや困りごとを解決して、自分の人生を自分らしく楽しく生きる為にやっています。セッションでのメインになるのは僕独自にやっている「パーソナル心理学」での人の素質の分析をもとにしたお話や、心理学、スピリチュアルなどのお話を中心に問題解決と自分らしく生きるためのヒントをお話します。何かを当てても悩みは根本的には消えませんし自分らしく生きれるよにもなりません。ですので、占いは便利な道具として必要に応じて使っていきます。そして占うときは「当てる」のではなく「改善策」を必ず出します。基本は自分の心が気づく事ですが、「流れ」や「目に見えない邪魔」というのもありますので、そこを改善する為の改善策です。例えば、こんな事があります。お客様「私、結婚できますか?」これ占い師や霊能者が、占いや霊感で答えたとします。占い師「3年後にできますよ」その場では「よかった」と安心するでしょう。でも、時間がたつに連れて「ほんとかな・・・」「外れてたら・・・」「私がダメな行動をしたら・・・」と結局は不安になります。実際、僕に相談される人の中でもいろいろな所で占ってもらってる人も多くいるんです。僕の場合はお客様は地元だけでなく、全国や海外にも多くいますのでいろいろ渡り歩いてたどり着いたって人も多いんですね。そんな人達はさっき書いたような「3年後には」みたいな答えをもらっていたりします。でも、やはりそれでは不安は解消しないですし、人生は楽しくなりません。だから、いろいろなところにセッションや鑑定を受け続けるんです。では、占い師が「あなたは、◯◯だから結婚は難しいですね」と言われたらどうでしょう。「では、仕方ないですね」と納得しますかね。しないですよね。その◯◯が「先祖が」とか「過去のカルマが」みたいなことだったらどうすることもできません。仮にその◯◯が「この御札を持ってれば」となったとしたら?それを心底信じていれば安心するかもしれませんが、なかなかそうは出来ないですしそこまで信じ込むと今度は盲目になってしまいます。結局は不安なんですよ。では、なぜ不安なのか?それは自分の心や行動、思考、考え方などが「結婚するには」になってないのと、そこのアドバイスがないからです。どんな偉大な占い師がいようとも、それはあなたの人生なんです。そしてそこに、どんな超人的な能力での答えを聞いてもあなた自身が選択し行動し思考していかないと悩みが消えないか別の物に変わるだけです。どこまで行っても「自分」なのです。悩みとかうまくいかないっていうのは、その自分の思考や行動を変えることに気付かすために起こってるからです。だから僕は「行き先」を教えるのではなくて、歩き方や道中の危険をアドバイスするんです。それもその人に合ったその人らしいやり方を。そんな時に向かい風にならないように、大雨が降らないように占いで「改善策」を出すんです。「行き先」は自分で考えれば良いのです。それは幸せの答えは人の数だけあるからです。そして自分が一番望むものを手に入ればよいのです。行き先に行けるかわからなくて不安なのは、自分らしい行き先を見つけてないのと行き方を知らないからで「行き先」を知らないからではありません。当てる占いを求めるのは「行き先」を占いで出してもらうとしていることです。だから、最初の質問の「私、結婚できますか?」ではなくて、「幸せな結婚ができるにはどうしたらいいですか?」なんですね。これは結婚だけでなく全ての事に共通します。これが、ゲッターラボの考え方です。なので、ただ、「占って欲しいだけ」の人だと少しズレちゃうかもしれません。「人生を楽しいに変える」が僕のテーマです。それは一人一人が「楽しい」が違うので、僕は「楽しい」の答えを教えれません。でも、見つけ方と手に入れ方を教えます。そこにはセッションだけでなく、レイキヒーリングやひまし油温湿布なども有効に働きます。ここまで読んで気になった人は、セッションを申し込んでもらってもいいですが口コミやブログ、動画を確認してみてください。そこで解決すればそれも良しですし、そこで共感とか納得してから申し込んでもらっても構いません。あなたの人生が変わるかもしれませんよ。口コミhttps://yonago.mypl.net/shop/00000315526/bbs動画(YouTubu)https://www.youtube.com/c/getlabo1公式ホームページhttps://getterlabo-lamplight.com/ゲッターラボは鳥取県から新型コロナウイルス安心対策認定店を取っていますので安心して来店してください。ゲッターラボとLampLightの公式ホームページはこちらhttps://getterlabo-lamplight.com/LINE公式アカウントを作りました。よかったら登録してください。●セッションとか受けてみたいって人や興味のある人予約、問い合わせはこちらをクリック口コミ、お店の概要など見たい人はこちら<クリック>セッションなどのメニューはこちら<クリック>占い&カウンセリング ゲッターラボ対面だけでなく電話でのセッションも行いますので、県外の方でも可能です(通話料無料)●ホームページ●料金・メニュー●お客様の声●お店の情報●ゲッターラボの取扱説明書●Facebookページ●人生が楽しいに変わるかも知れない動画特別な才能、過去、生まれ、環境、全てを投げ打っての努力、ドラマチックなストーリー・・・そんなものを持たない普通の人の人生を「幸せ」で楽しい方に変えるのが僕の理念です。そんな「特別」がなくても「人生は楽しめるんだ」って証明したいのです。

  • 26Apr
    • 4コマ漫画で人間関係の悩み解消、他人と自分がわかる「思い込みの激しい人」の画像

      4コマ漫画で人間関係の悩み解消、他人と自分がわかる「思い込みの激しい人」

      鳥取県米子市で占いとカウンセリングをして、人生を変えるお手伝いをしています。藤原勉です。人の持って生まれた「素質」を4コマ漫画で解説してるシリーズの第4弾です。今回は「思い込みの激しい人」ってお話です。この今回の4コマ漫画は実話なんですね。4コマ漫画の後に詳しい解説があります。持って生まれた素質からみた時に「思い込みが激しい」ってかなり素質で決まります。ただ、思い込みが激しいわけではないのですが、そんなふうに見えてしまう素質もあるんですね。それが「自分が正しい」って思うタイプの素質の人。ここが区別が表面的には区別が難しいのですよ。言い換えれば思い込みの激しい素質の人って「自分が正しい」ってタイプにもなるんです。そのお話も今度また4コマ漫画にしますね。「何が違うの?」って思いますよね。それが今回の「思い込みが激しい人」っていう素質の人を理解する上でとっても重要なんです。『思い込みの激しい」って素質のタイプは、「自分がそう思ったら相手もそう思ってる」って頭の中はなってしまってるんですよ。「自分が正しい」って素質のタイプの人は、相手と自分の思ってることは別だってわかってるけど、「自分が正しい」って思うか「相手が間違ってる」って思うかなんです(この2つは別の素質です)これが決定的な違い。だから、今回のタイプの特徴は「自分が思ったこと」を前提に次の話に進んでしまうんですね。4コマ漫画がそんな話でしょ。窓の外を見ているのに「ポスターを見ている」って前提になってしまっています。その前提の部分を確かめないんですよ。だって、それは「相手も思ってる」と感じているんですからね。他の素質なら仮に「そうかな?」と思っても、「そのポスター、興味があります?」とかまずは聞くんですよ。これ、他の素質位の人にはかなり理解に苦しむ部分です。で~その素質がそんなに強くなければ、相手にそこを「違うよ」って言われたら気がつくんですが、この素質が強いタイプだと相手が「違う」って言っても気が付きません。そうなるとこんな事になります。田中さんはリンゴが好きです。鈴木さんはリンゴが嫌いです。田中さんが今回の思い込みの激しいタイプだと鈴木さんがリンゴを食べないのを見て・・・田中「どうしたの食べないの?」鈴木「いや~あまり食べたくないな」田中「え~美味しいよ」鈴木「そうなんだ。でも、オレはあまり好きじゃないな」田中「なんで?美味しいでしょ!」鈴木「お前はそうかもな。でも、オレは嫌いなんだよ」田中「???。なんで??」鈴木「なんで・・・って、嫌いなんだからしょうがないじゃん」田中「え?だって美味しいでしょ?なんで、嫌いなの?」鈴木「いや、そもそも俺には美味しくないし・・」田中「は?なんで?だって美味しいよ」鈴木「俺が美味しいと思うかまずいと思うかは、俺の問題だろ?」田中「なんで?美味しいんだから美味しいでしょ。美味しいのになんで嫌いなのか意味がわからない」鈴木「いや、お前だって嫌いな食べ物ぐらいあるだろ?」田中「あるよ。柿は嫌いだな」鈴木「ほら、あるだろ」田中「いや、柿は不味いからだよ。リンゴは美味しいじゃん」鈴木「なに言ってんの?お前の柿が俺にはリンゴだってことだろ」田中「いや、リンゴは美味しいし柿は不味いじゃん」鈴木「それは人それぞれだろう?俺は柿は好きだし」田中「え?なんで?柿って不味いのに好きなの?どうして?」鈴木「・・・・・」ちなみに、これ誇張しているわけでもなんでもなくて「リンゴと柿」では無かっただけで、昔、今回の素質が強いタイプの知り合いと交わした会話なんですよ・・・あっ!もちろん僕が「鈴木」の方ね笑一度思いこんでしまうといくら説明しても無理なんです。これ対処法としては、いちど話を別のことにしてそっちに意識を持っていくしか無いんですよ。「リセット」をかけるしかないんですね。できたら気絶させるぐらいのインパクトが欲しいぐらいです笑ただ、この素質が凄く強いと意識を変えても無駄な相手もいます。そうだと、もうどうにもなりません。そんなこの素質が凄く強い人の話を書いたのがこの僕のブログの記事です。https://ameblo.jp/getlabo/entry-12585791543.htmlここまで強いとどうすることもできませんが・・・・今回も解説の動画がありますので合わせてみてください。それではこれで終わります。ゲッターラボとLampLightの公式ホームページはこちらhttps://getterlabo-lamplight.com/LINE公式アカウントを作りました。よかったら登録してください。●セッションとか受けてみたいって人や興味のある人予約、問い合わせはこちらをクリック口コミ、お店の概要など見たい人はこちら<クリック>セッションなどのメニューはこちら<クリック>占い&カウンセリング ゲッターラボ対面だけでなく電話でのセッションも行いますので、県外の方でも可能です(通話料無料)●ホームページ●料金・メニュー●お客様の声●お店の情報●ゲッターラボの取扱説明書●Facebookページ●人生が楽しいに変わるかも知れない動画特別な才能、過去、生まれ、環境、全てを投げ打っての努力、ドラマチックなストーリー・・・そんなものを持たない普通の人の人生を「幸せ」で楽しい方に変えるのが僕の理念です。そんな「特別」がなくても「人生は楽しめるんだ」って証明したいのです。

  • 21Apr
    • 4コマ漫画で人間関係の悩み解消、自分と他人がわかる「先送りにする人編」の画像

      4コマ漫画で人間関係の悩み解消、自分と他人がわかる「先送りにする人編」

      鳥取県米子市で占いとカウンセリングをして、人生を変えるお手伝いをしています。藤原勉です。人の持って生まれた「素質」を4コマ漫画で解説してるシリーズの第三弾です。今回は「先送りにする人」です。物事を先送りにしたがるタイプの人がいます。詳しい解説は4コマ漫画の後にあります。これは習慣とかではなくて「素質」なんですね。そしてこの素質が強い人は「自分が詰む」「困る」のがわかってても先送りにします。なので、このタイプの人は「先にやってしまう」ってのは苦手なんですね。夏休みの宿題を最終日前になってやっちゃう感じです。よく、夏休みに入ったらすぐに宿題をやってしまった方が、ずっと宿題に事を気にしながら夏休みを過ごさなくて済むから良いって人がいますよね。宿題だでけでなく、「先にやってしまう」って方が「正しい」的な事はよく言われます。でもね~これも最初に書いたように「持って生まれた素質」なんですよ。だから、自分らしい(素質通り)にやるのが正しいのです。長年、いろいろな人を見てきてわかったことの一つが、人生がうまくいってる人ほどその人の「素質通り」に生きているんですよ。で~どうやら、「素質通り」に生きていると「運がよい」のです。これはいろいろな理由があります。これを説明すると凄く長くなるんで、興味があったらこのブログを色々読んでもらったら書いてあります。理由もですが、いままで見てきた多くの人たちがそうだったんですよ。そしつそれは僕もです。素質に逆らって生きていたときは運が悪いとしかいいようがない事がよく起こってました。逆に自分の素質に気づいて、良いところも悪いところも「素質通り」に生きるようになると、都合のよいことがよく起きるんですよ。なので、この素質のタイプは「先送り」で正解なのです。このタイプが「先にやる」とすると、ろくなことが起きないんですよ。先にやったら、後からもう一度やらないといけなくなって二度手間だっいたり、先にやったら後から「やらなくてよい」って変更になったり・・・・ちないみに、動画でも話してますがこのタイプが先送りにしたがる理由は「争いたくない」からです。4コマでも描いているように、できないのに頼まれたことを断らないのはその「断る」とか「できない」事を相談するのですら「争い」に感じるからなんですね。かと言って、「平和主義」というわけでもありません。このタイプはとっても「勝ち負け」「損得」が重要なんです。ただ、「今すぐ」に結果を出したいのではなくて「最終的に」とか「全体で」の勝ち負け損得なんですよ。だから、「今」起こってることには波風を立てたくないんです。そして、気づかれないうちに最後は「勝ってる」ってのがしたいわけですね。僕のお客さんでも何人も見てきましたが、この素質が強い人で「そこまでされても先送りにするんだ」って人がいるんですよ。そういう人って、この「先送り」をしているうちに「勝ち」とか「得」を得れる状態ではなくなってたりもするんですが・・・・そこまで行っちゃうと、流石にいくら「素質」だからって問題なんですが~あと、どうしてもストレスは溜めやすくなります。ついつい「争いたくない」から他の人に忖度しちゃうんでね。そんなんで本音をまず言いません。適度な先送りは素質通りなでOKですが、うまくストレスも軽減しないといけないのです。自分の素質を知ってて「自分の素質だから」って許可を出せているとストレスはかなり減ります。あと、このタイプの人は大きな組織にリーダーにはならないほうがよいですね。周りのことや反発を気にして先送りばかりして、でも4コマみたいに上の立場から言われるとそっちに合わせて困ることでも請け負っちゃいます。まあ、今の日本の首相がこの素質なんですけどね笑詳しくはこの過去に記事で岸田総理の分析をしています。https://ameblo.jp/getlabo/entry-12701835729.htmlそれでは、これで終わります。動画でも解説しています。ゲッターラボとLampLightの公式ホームページはこちらhttps://getterlabo-lamplight.com/LINE公式アカウントを作りました。よかったら登録してください。●セッションとか受けてみたいって人や興味のある人予約、問い合わせはこちらをクリック口コミ、お店の概要など見たい人はこちら<クリック>セッションなどのメニューはこちら<クリック>占い&カウンセリング ゲッターラボ対面だけでなく電話でのセッションも行いますので、県外の方でも可能です(通話料無料)●ホームページ●料金・メニュー●お客様の声●お店の情報●ゲッターラボの取扱説明書●Facebookページ●人生が楽しいに変わるかも知れない動画特別な才能、過去、生まれ、環境、全てを投げ打っての努力、ドラマチックなストーリー・・・そんなものを持たない普通の人の人生を「幸せ」で楽しい方に変えるのが僕の理念です。そんな「特別」がなくても「人生は楽しめるんだ」って証明したいのです。

  • 16Apr
    • 4コマ漫画で人間関係の悩み解消、自分と他人がわかる「すぐ行動が正しいわけではない。行動の速さ編」の画像

      4コマ漫画で人間関係の悩み解消、自分と他人がわかる「すぐ行動が正しいわけではない。行動の速さ編」

      鳥取県米子市で占いとカウンセリングをして、人生を変えるお手伝いをしています。藤原勉です。人の持って生まれた「素質」を4コマ漫画で解説してるシリーズの第二弾です。今回は人の行動のスピードに関することです。「思い立ったら即行動」が正しいわけでないのですよ。詳しい解説は4コマ漫画の後にあります。自分らしい(素質通り)にやるのが正しいのです。少しだけは自分の素質と違うものも学んでできる必要もありますが、他の人や本を書いている人、成功者と呼ばれる人、どこぞの大学教授がなんと言おうと自分らしくやらないとうまくいかないのです。ちなみに、「思い立ったら即行動」できる人も「なかなか行動しない人」を少しだけ学ばないと、決してうまくはいきません。今回の4コマ漫画では、1コマ目が「思い立ったら即行動」のタイプです。確かに成功者と呼ばれる人に多いですが、逆にとってもダメな人も多くいます。非常にポジテイブなのでフライングでスタートしますが、準備不足だったり勘違いだったりで立ち止まったり修正が多くなります。当然ですが失敗も多いのですが、失敗しても気にしません。ここで、自分の素質とは違うものを学べてないと「同じ失敗を繰り返す人」になります。2コマ目は基本的にはネガテイブなんですが、「やってみないとわからない」とも思っています。このタイプ以降の人の欠点は、「何もしない」になってしまう時があることです。スピードは「持って生まれた素質」ですが、「何もしない」はゼロに何をかけてもゼロのように何も生み出しません。このタイプは、「絶対に失敗しない」よりも「失敗のときの対処」があれば渡ります。3コマ目はネガテイブなタイプもポジテイブなタイプもいます。「納得」がないと駄目なタイプです。ポジテイブなタイプは「うまくいく」にネガテイブなタイプは「失敗しない」に納得が必要です。そしてそれができてしまえば突き進んできます。このタイプに「とりあえずやってみよう」「やってから考えよう」は禁句です。4コマ目は3コマ目のタイプに属するのですが、そこに「人に言われる」が必要なタイプです。他人軸が強くてネガテイブなこのタイプは、納得するために調べまくりますが行動はしません。行動するときは、「誰かに言われたとき」です。その理由は、他人軸なんで「同意」が欲しいのと自分だけの責任にしたくないからです。これは「どれが正しい」はありません。あるとしたら、「いつまでも何もしない」は素質関係なくNGって事です。失敗は素質によってはするのが非常に嫌だったりしますが(4コマでは3コマと4コマ)、失敗から得る経験が無いと人生が良くならないのも事実。ただ、行動するタイミングとスピードは「素質」によって違いますから。、よくあるテンプレの「即行動」「考える前に行動」みたいな化石みたいな思考論を唱えている人の人の話は聞かなくて良いってことです。動画での解説もあります。https://youtu.be/tydReTShkkkその他、人の行動に関しての僕の過去のブログです。参考にしてみてください。「情熱がわかない。突き進めない人に必要なこと」https://ameblo.jp/getlabo/entry-12049043711.html「ネガテイブはOK。過去の失敗を考えてもOKな苦しくない思考の方法」https://ameblo.jp/getlabo/entry-12724515347.htmlそれではこれで終わります。ゲッターラボとLampLightの公式ホームページはこちらhttps://getterlabo-lamplight.com/LINE公式アカウントを作りました。よかったら登録してください。●セッションとか受けてみたいって人や興味のある人予約、問い合わせはこちらをクリック口コミ、お店の概要など見たい人はこちら<クリック>セッションなどのメニューはこちら<クリック>占い&カウンセリング ゲッターラボ対面だけでなく電話でのセッションも行いますので、県外の方でも可能です(通話料無料)●ホームページ●料金・メニュー●お客様の声●お店の情報●ゲッターラボの取扱説明書●Facebookページ●人生が楽しいに変わるかも知れない動画特別な才能、過去、生まれ、環境、全てを投げ打っての努力、ドラマチックなストーリー・・・そんなものを持たない普通の人の人生を「幸せ」で楽しい方に変えるのが僕の理念です。そんな「特別」がなくても「人生は楽しめるんだ」って証明したいのです。

  • 12Apr
    • 人間関係のトラブル最大の理由をお話しますの画像

      人間関係のトラブル最大の理由をお話します

      鳥取県米子市で占いとカウンセリングをして、人生を変えるお手伝いをしています。藤原勉です。人間関係とか素質とかを解説する4コマ漫画をライオンさんに描いてもらうことになりました。人間関係のトラブルや自分を知ること他人を知ることにとても役に立ちます。これをみていくと人間関係の悩みは大幅に減っていきますよ。第一弾は人間関係のトラブルの最大の理由になる「本音軸」と「建前軸」のお話です。同時に関連のブログと解説動画もアップしましたので一緒に見てください。https://ameblo.jp/getlabo/entry-12737096590.htmlhttps://youtu.be/1VHWgWUwH1YゲッターラボとLampLightの公式ホームページはこちらhttps://getterlabo-lamplight.com/LINE公式アカウントを作りました。よかったら登録してください。●セッションとか受けてみたいって人や興味のある人予約、問い合わせはこちらをクリック口コミ、お店の概要など見たい人はこちら<クリック>セッションなどのメニューはこちら<クリック>占い&カウンセリング ゲッターラボ対面だけでなく電話でのセッションも行いますので、県外の方でも可能です(通話料無料)●ホームページ●料金・メニュー●お客様の声●お店の情報●ゲッターラボの取扱説明書●Facebookページ●人生が楽しいに変わるかも知れない動画特別な才能、過去、生まれ、環境、全てを投げ打っての努力、ドラマチックなストーリー・・・そんなものを持たない普通の人の人生を「幸せ」で楽しい方に変えるのが僕の理念です。そんな「特別」がなくても「人生は楽しめるんだ」って証明したいのです。

    • この素質の人の言う事だけで判断してはいけないってお話の画像

      この素質の人の言う事だけで判断してはいけないってお話

      鳥取県米子市で占いとカウンセリングをして、人生を変えるお手伝いをしています。藤原勉です。先日、セッションでこんな事がありました。セッションの内容は言えないのでそれを元にしたフィクションです。ある親子が相談に来ました。お父さんの誠さんと息子さんの大輝さんです。お父さんの誠さんが言うには、息子が仕事もせずに最近良くないことをしていると言うのです。誠さん「息子は少し前に仕事を辞めてしまい、お金がないので今はネットの闇サイトで出会った人と会ってはその人からお金をもらったり、その人に言われてお金を賭けて儲けようとしたりしているんです」闇サイトで出会った反社会的な人からお小遣いをもらったり、危ないギャンブルをしたりってことですか??それは大変じゃないですか~でも、それを誠さんが話している時に大輝さんがとても渋い表情をしていたんですね。自分の悪い部分を言われてバツが悪いとも取れますが~誠さんが更に言います。「このままでは、この子の将来はどうなるんでしょうか?心配で仕方がないです」確かに、働きもせずにそんな危ない素性も知れない人と付き合っても良いことはないでしょうね。そして誠さんが更に言います。「やめろって言って手を切らしたんですが、また、別の人と出会ってしまうんです。ネットで出会ったらその日のうちに会いに行って、そのまま泊めてもらったりしてるんですよ」素性の知れない人が相手ではいくら大輝さんが男性でも何があるかわかりませんよね。こんな感じだったんですが~この誠さんとの会話の間の大輝さんの態度と、2~3してみた質問ですぐにピンと来ました。ピンときた理由は会話とか態度だけなく、この誠さんのパーソナル心理学での「素質」も大いにあります。そこで、大輝さんといろいろ話してみました。最初は警戒してて、あまり話してくれませんでしたが僕が大輝さん寄りの話をするので少しずつ真相を話してくれるようになりました。この話の真相はこうです。大輝さんは仕事場の人間関係で悩んで仕事を辞めました。しかし、その後はバイトをしてお金を稼いでします。SNSで知り合った友達といろいろ話しているうちに、意気投合してリアルでも会って話すようになりました。そんな中に投資を勉強している人がいて、それを教えてもらうようになったんです。そしてその投資をしている人が儲かった時に、たまにご飯をおごってくれたりするそうです。もちろん、大輝さんもバイトのお金でお礼におごってあげる事もあるそうです。今は、少額ですが勉強の為にバイト代から投資して少しばかりの利益を出しているんだそうです。正社員ではなくバイト→無職SNS→闇サイトご飯をおごってもらう→お金をもらう投資の勉強→危ないギャンブル誠さんの中でこのように変換されているんですね。「出会ってその日のうちに」って話は、SNSで会話したりリアルであったりってプロセスを知らないから、勝手に「すぐに会った」って変換されているんです。これ息子さんが来てなかったら勘違いするところですよ。このお話は、僕がこのブログでよく書く「フィックスとフレックス」の違いって話で出てくる「本音軸」と「建前軸」の人の話しなんですね。最近では「女性が大きく勘違いしている男性のこと(彼氏、旦那とのトラブルはこれが原因?)」で書いています。https://ameblo.jp/getlabo/entry-12726325326.html↑これでも書いていますが、建前軸の人は相手の話を「解釈」で覚えるんです。言葉とか文章よりも自分がした解釈が重要なんですね。だから、相手の言った言葉自体は余り覚えてなくて(まったく覚えてないわけでない)、自分の中での解釈を記憶しています。そしてその解釈での記憶を前提に考えたり他人に話たりするんですよ。これが、さっきのブログでも書いている伝言ゲームをすると最後は全然ちがう話になる正体です。例えば、友達が「知り合いに魚釣りがプロ級で毎日みたいに釣りにって道具に何百万もかけて船も持ってる人がいる」と聞くと、「漁師」だと解釈てしまいそう記憶します。そして「漁師」だと言うのを前提に考えたり、別の友だちに「友達の知り合いに漁師がいる」って話たりするんですね。で~この建前軸の「解釈」になる部分ですが、同じ建前軸でも強さが異なります。今回の親子の「誠さん」はその中でも最強クラスの素質なんですね。しかも、この誠さんの素質の特徴は「枠にとらわれない」ってのもあります。いい意味では既存の枠とか考えに囚われない斬新な発想とか考えができるのですが・・・今回みたいに大きく意味が変わってしまうことにも囚われないって問題があるんです。その「解釈」って部分は自分の思い込みとか知識が大きく関わるわけですよ。聞いてみると誠さんはSNSどころかほんとどネットを使っていません。だから、ニュースとかで「闇サイト」って言葉とイメージに結びつけてしまうんですね。確かに、そうやって勝手に知らないことを自分の知識だけで判断してしまう人は多くいます。多くいますが、それは確信を持っていません。でも、ここにこの素質が加わると知らないことへ「解釈」が確信になって、事実として話すようになります。しかも、これは「聞き方」ですから「聞いた瞬間」にこの解釈になっていますから本人は「闇サイトって聞いた」っていう記憶に置き換わってしまいます。なので、後から「SNSって言ったじゃない」と言っても「闇サイトって言った」「なんで、嘘を言うの?」ってなってしまいます。現にこのセッション中にも、僕が大輝さんに真相を聞き出していると、横から誠さんが「そんなこと、言わなかっただろう」とか「嘘を言うな」って言うのですよ。そして、そう言われるたびに大輝さんが「何回も言った!」ってイライラしているんです。確かにこのお話は、大輝さんが嘘を言ってる可能性もあります。でも、それは話の辻褄も合ってますしむしろ合ってないのは誠さんの方なんです。そして素質的にも大輝さんは、真相が誠さんの言う通りだったとしたら「自分が決めてやってることだから何が悪い」ってなるはずなんですよ。誠さんに「あなたが言う『闇サイト』ってどんなものだと思ってますか?」って質問をしたら・・・「ネットで知らない人に連絡を取って会うもの」って答えでした。その程度の認識なんですよ。そんな事を言ったら、自分だって僕をネット見つけて会いに来てるじゃないかってことになりますよね笑この解釈ってやつが問題なんですよね。「解釈」って人それぞれなところがありますからね~この話には、誠さんと大輝さんの素質の違いからくる様々なギャップ(1番はコミュニケーション)で今までに何度も誤解が起こっているんだと思います。そして、親である誠さんは大輝さんの小さいときからその事を「おかしい」とか「嘘つき」と決めつけていて、今回の話も「この子はろくなことをしない」って前提があるようなんですね。前提があるのと知識の無さから、今どきの若者なら当たり前のSNSでの出会いを「闇サイト」に結びつけてしまっているんです。そしてこのタイプの厄介さは、いちど前提を作るとそれは「絶対」にしてしまう傾向があるって事です。「闇サイト」はもう絶対で、何を話してもそれが前提でしか考えないんです。素質の組み合わせなどから、全体の1割弱ほどこの傾向の人がいます。ただ、このタイプは「いい人、できる人に見られたい」って無意識に思っているので、あまり親しくないうちは「いい人」なんで、この厄介さを見抜くのが難しいのですよ。素質だけでなく、誰かの話を聞いてそれだけで一方的に決めつけてしまう事には気をつけないといけません。そして、誰かの話だけで一方的に決めつける人も同類なんで、そんな人も関わらないほうが良いと思います。それではこれで終わります。ゲッターラボとLampLightの公式ホームページはこちらhttps://getterlabo-lamplight.com/LINE公式アカウントを作りました。よかったら登録してください。●セッションとか受けてみたいって人や興味のある人予約、問い合わせはこちらをクリック口コミ、お店の概要など見たい人はこちら<クリック>セッションなどのメニューはこちら<クリック>占い&カウンセリング ゲッターラボ対面だけでなく電話でのセッションも行いますので、県外の方でも可能です(通話料無料)●ホームページ●料金・メニュー●お客様の声●お店の情報●ゲッターラボの取扱説明書●Facebookページ●人生が楽しいに変わるかも知れない動画特別な才能、過去、生まれ、環境、全てを投げ打っての努力、ドラマチックなストーリー・・・そんなものを持たない普通の人の人生を「幸せ」で楽しい方に変えるのが僕の理念です。そんな「特別」がなくても「人生は楽しめるんだ」って証明したいのです。

  • 01Apr
    • 「運命?カルマ?生まれる前から決まってる?」関係ねえよ!好きにいきればいい!の画像

      「運命?カルマ?生まれる前から決まってる?」関係ねえよ!好きにいきればいい!

      鳥取県米子市で占いとカウンセリングをして、人生を変えるお手伝いをしています。藤原勉です。「運命で決まっている」「生まれる前に自分が決めている」「前世のカルマで決まっている」・・・いろいろな「人生は決められている」って考えがあります。実際はどうかは僕にはわかりませんが、決まってるのなら尚のこと好きに生きればいいと思います。こう言う考え方の人の言い方では、「決められた通り」になるのですからいろいろ悩む必要なんて無いんではないですかね?失敗してもその運命とやらが修正してくれますよ。笑何も決まってないならそれはもちろん好きに生きればいいし、決まってるなら何をしてもその「決まった」に修正してくれるんだからやりたいようにすればいい。どちらにしても、人生は自分の好きに生きれば良いんです。よく僕が「自分らしく生きる」って言いますが、「どうしたら自分らしくなのかわからない」って人がいます。「自分らしく生きる」っていうのは自分の思い通りに生きるってことです。「正しい選択をする」とは違います。自分が決めて、自分が選択した行き方をしていればいいですよ。僕はそうやって自分に素直に生きていった結果が「運命」と言われるものの通りに生きているんだと思いますよ。自分のやりたいこと、好きなこと、心地いいことを自分に素直に生きてそしたら死んだ後に「あ!決められてたんだ」ってわかるのかもしれません。なんにせよ、死んでみないとわからないので生きているうちは好きに生きれば良いのですよ。そんなお話を動画でしています。ゲッターラボとLampLightの公式ホームページはこちらhttps://getterlabo-lamplight.com/LINE公式アカウントを作りました。よかったら登録してください。●セッションとか受けてみたいって人や興味のある人予約、問い合わせはこちらをクリック口コミ、お店の概要など見たい人はこちら<クリック>セッションなどのメニューはこちら<クリック>占い&カウンセリング ゲッターラボ対面だけでなく電話でのセッションも行いますので、県外の方でも可能です(通話料無料)●ホームページ●料金・メニュー●お客様の声●お店の情報●ゲッターラボの取扱説明書●Facebookページ●人生が楽しいに変わるかも知れない動画特別な才能、過去、生まれ、環境、全てを投げ打っての努力、ドラマチックなストーリー・・・そんなものを持たない普通の人の人生を「幸せ」で楽しい方に変えるのが僕の理念です。そんな「特別」がなくても「人生は楽しめるんだ」って証明したいのです。

  • 24Mar
    • 成功する人は運がいい?(成功するのに必要な要素)の画像

      成功する人は運がいい?(成功するのに必要な要素)

      鳥取県米子市で占いとカウンセリングをして、人生を変えるお手伝いをしています。藤原勉です。前回は「運のいい人、悪い人」のお話をしました。では、成功とか大きなお金を得る人も「運がいい」からなのでしょうか?実はこれは「運」というのとは少し違う要素があるんです。そしてその要素は殆どが持って生まれた素質で決まっているんですね。前回のお話で「20%ぐらいは持って生まれた運」だと言う話をしました。素質って部分は持って生まれたものなのでこの部分に入るのだと思います。多くの人を見てきましたが、この素質ってやつは素質止まった違う行動をしてしまうと心が病み始めるんですね。そして「自分らしく生きる」っていうのも自分の運を良くする大きな要素ですから「素質とは違う」のは結果的に運が悪くなります。そういう意味では「成功」とか「お金持ちになる」は「持って生まれた」って部分も大きく関わります。それに「持って生まれた」という意味では、生まれた家や親の収入や財産にもこの成功ってのは大きく左右されます。実際、税理士さんとか「お金のプロ」に聞くと「実家が裕福」な家の子ほど経済的な成功をする人が多いそうです。ただ、勘違いしてほしくないのはこのお話は「成功」「お金持ち」ってことに絞った場合の話です。「幸せになる」ってなると全く話が変わります。先程書いた「持って生まれた素質」が「成功」とか「お金持ち」になるのに合ってるのって25%ぐらいしかいないんですよ。他の素質の人は別のところに「自分らしさ」があります。成功者が運がよく見えたりするのは、この成功するための行動に素質が合っているからなんですね。そんな事をお話しています。今回も音声のみですので、何か別のことをしながら聞き流してみてください。ゲッターラボとLampLightの公式ホームページはこちらhttps://getterlabo-lamplight.com/LINE公式アカウントを作りました。よかったら登録してください。●セッションとか受けてみたいって人や興味のある人予約、問い合わせはこちらをクリック口コミ、お店の概要など見たい人はこちら<クリック>セッションなどのメニューはこちら<クリック>占い&カウンセリング ゲッターラボ対面だけでなく電話でのセッションも行いますので、県外の方でも可能です(通話料無料)●ホームページ●料金・メニュー●お客様の声●お店の情報●ゲッターラボの取扱説明書●Facebookページ●人生が楽しいに変わるかも知れない動画特別な才能、過去、生まれ、環境、全てを投げ打っての努力、ドラマチックなストーリー・・・そんなものを持たない普通の人の人生を「幸せ」で楽しい方に変えるのが僕の理念です。そんな「特別」がなくても「人生は楽しめるんだ」って証明したいのです。

  • 15Mar
    • 運のいい人悪い人の法則  (長年、人を見てきましたがみんなこうなってます)の画像

      運のいい人悪い人の法則 (長年、人を見てきましたがみんなこうなってます)

      鳥取県米子市で占いとカウンセリングをして、人生を変えるお手伝いをしています。藤原勉です。「運がいい人」これって多くの人がなりたいと思いますよね。では、運って何が決めてるのでしょう?長年、人を見てきて「運のいい人」って共通点があるんです。逆に「運の悪い人」も共通点があります。人の運を決めるものは、「持って生まれた」って部分が2割ぐらいあるんです。これは変えることができません。例えば「現代の日本に生まれた」これは変えようがありません。この部分が「持って生まれた運」の部分です。残りの8割を決めているのはなんでしょう?いくつかの細かい要素はありますが、大きくは2つあります。一つは「自分らしく生きているか」。これは「自分らしく」ができていないと、それを気が付かせるために無意識に「悩み」や「苦しみ」を生む行動してそこから気がつこうとします。この自分らしくはなかなか見つけれない部分なのですぐには難しいでしょう。では、もう一つは?これは今日からでも少しずつ意識すればできることです。そのもう一つの「運」というものを良くしたり悪くしたりしているもののお話をしています。今回も音声のみですので、何か別のことをしながら聞き流してみてください。ゲッターラボとLampLightの公式ホームページはこちらhttps://getterlabo-lamplight.com/LINE公式アカウントを作りました。よかったら登録してください。●セッションとか受けてみたいって人や興味のある人予約、問い合わせはこちらをクリック口コミ、お店の概要など見たい人はこちら<クリック>セッションなどのメニューはこちら<クリック>占い&カウンセリング ゲッターラボ対面だけでなく電話でのセッションも行いますので、県外の方でも可能です(通話料無料)●ホームページ●料金・メニュー●お客様の声●お店の情報●ゲッターラボの取扱説明書●Facebookページ●人生が楽しいに変わるかも知れない動画特別な才能、過去、生まれ、環境、全てを投げ打っての努力、ドラマチックなストーリー・・・そんなものを持たない普通の人の人生を「幸せ」で楽しい方に変えるのが僕の理念です。そんな「特別」がなくても「人生は楽しめるんだ」って証明したいのです。

  • 09Mar
    • 自己肯定感の真実をお話しますの画像

      自己肯定感の真実をお話します

      鳥取県米子市で占いとカウンセリングをして、人生を変えるお手伝いをしています。藤原勉です。「自己肯定感」この動画やブログでもよくお話しますね。これが低いと幸せ感も低くなります。でも、これが高いって人も少なかったりするんですよ。少ない理由の一つがこの自己肯定感って言うのを勘違いしている人が多いからです。強くて能力が高くてそんな人が自己肯定感が高い人だと思ってませんか?自信があって自分を持ってる人が自己肯定感が高いと思ってませんか?それは逆なんです。能力が高いから自己肯定感が高いのではなくて「自己肯定感が高いから能力が高い」のです。自信があるから自己肯定感が高くなるのではなくて「自己肯定感が高いから自信がある」のです。でも、多くの人は能力を高めれば、自信をつければ自己肯定感は上がると思っています。この考えだとむしろ自己肯定感は下がってしまうことが多いのです。では、どうすればいいのでしょう?そんなお話をしています。今回も音声のみですので興味ある人は聞いてみてください。ゲッターラボとLampLightの公式ホームページはこちらhttps://getterlabo-lamplight.com/LINE公式アカウントを作りました。よかったら登録してください。●セッションとか受けてみたいって人や興味のある人予約、問い合わせはこちらをクリック口コミ、お店の概要など見たい人はこちら<クリック>セッションなどのメニューはこちら<クリック>占い&カウンセリング ゲッターラボ対面だけでなく電話でのセッションも行いますので、県外の方でも可能です(通話料無料)●ホームページ●料金・メニュー●お客様の声●お店の情報●ゲッターラボの取扱説明書●Facebookページ●人生が楽しいに変わるかも知れない動画特別な才能、過去、生まれ、環境、全てを投げ打っての努力、ドラマチックなストーリー・・・そんなものを持たない普通の人の人生を「幸せ」で楽しい方に変えるのが僕の理念です。そんな「特別」がなくても「人生は楽しめるんだ」って証明したいのです。

  • 02Mar
    • 幸せな結婚をする方法。「結婚できるか占って」と相談する人の勘違いの画像

      幸せな結婚をする方法。「結婚できるか占って」と相談する人の勘違い

      鳥取県米子市で占いとカウンセリングをして、人生を変えるお手伝いをしています。藤原勉です。【あなたの人生を楽しい変えちゃうかもしれない動画】結婚できるのか不安な若い女性って多くおられます。そんな人達の多くが勘違いさていることがあります。それは結婚は目的でなく「手段」だってこと。多くの人が手段と目的が反対になってしまってるんです。どこかで「結婚」を「ゴール」だと考えてしまってるんですね。「良い彼氏」を見つけ「良い結婚」ができたら幸せになるのだと・・・・日本ってどっか「結婚しなければ」って考えの強い民族です。もっと言うと「結婚さえできれば」って感じです。果たしてそうでしょうか?多くの離婚する夫婦や、離婚したくてもできなくてしかたなく「夫婦のフリ」「家族のフリ」をしている人達を見てきましたが・・・・そんな人達の多くはこの考えで結婚した人達です。そんなお話をしています。今回も音声のみですので興味ある人は聞いてみてください。ゲッターラボとLampLightの公式ホームページはこちらhttps://getterlabo-lamplight.com/LINE公式アカウントを作りました。よかったら登録してください。●セッションとか受けてみたいって人や興味のある人予約、問い合わせはこちらをクリック口コミ、お店の概要など見たい人はこちら<クリック>セッションなどのメニューはこちら<クリック>占い&カウンセリング ゲッターラボ対面だけでなく電話でのセッションも行いますので、県外の方でも可能です(通話料無料)●ホームページ●料金・メニュー●お客様の声●お店の情報●ゲッターラボの取扱説明書●Facebookページ●人生が楽しいに変わるかも知れない動画特別な才能、過去、生まれ、環境、全てを投げ打っての努力、ドラマチックなストーリー・・・そんなものを持たない普通の人の人生を「幸せ」で楽しい方に変えるのが僕の理念です。そんな「特別」がなくても「人生は楽しめるんだ」って証明したいのです。

  • 28Feb
    • 信用できるサイトって?の画像

      信用できるサイトって?

      鳥取県米子市で占いとカウンセリングをして、人生を変えるお手伝いをしています。藤原勉です。前回のブログでもお話しましたが、最近のネットの記事って信用できない事が多いんです。例えば、僕が動画の配信をするのに「動画の編集するのによいアプリは」って思って検索したとします。「動画 編集アプリ」とか「YouTuber 動画 編集」とかそんな感じでネットで検索しますよね。すると「2022年度版、動画編集アプリTOP10」みたいなサイトがいっぱい出てきます。こういうサイトって「親切」でやってるかって言うとそうではありません。「意図」があります。要は収入を得るために作られたサイトなんです。それ自体は構わないんですよ。無料で情報を得ようなんて方が虫が良すぎますから。問題は、収入を得るのが目的でやってるのは良いですが、内容がいい加減な所がとっても多いんですよ。さっきの動画アプリの話で言うと、サイトを作った人が実際に自分が使ってみてるのかとか怪しい話でテンプレみたいにどこのサイトも同じアプリを紹介しています。現実、僕もそういったところで出ているものをいろいろ試しましたがあまり使えないか誰でも知ってるものばかり、結局はそんなところでは紹介されていないもので良い物を見つけて使っています。こういったサイトがむしろ本当に見つけたい物を見つけにくくしていたりするんです。「占い」のサイトとかもそうです。僕の地元の「米子 占い」とかで検索すると上位にでてくる「米子で当たる占いTOP5」見たいなところの多くは内容はいい加減です。僕のところで言いうと、移転以前の情報がそのまま載ってたり金額が違ったり心当たりのない口コミが書いてあったりです。それを見て来られる人も少なくはありません。結果的にはこちらも宣伝してもらってる形にはなるんですが・・・内容が違うことでトラブルにもなります。以前、移転前の住所をそもまま載せているサイトみた人が「旅行の途中で駅に近いから」という理由で連絡をしてこられました。確かに移転以前は地元で一番大きな駅から徒歩5分の所でしたが今は違います。その事を言うと「駅に近いからと行こうと思って電車をわざわざ途中下車したのに、移転したなら直しておけ!」と怒られました。まあ、この人も予約もしないうちに勝手に途中下車するのもどうかとは思うんですけどね・・・・予約が詰まってたらどうする気だったんでしょう。「こちらが管理しているサイトではない」「勝手に載せられたこちらも困ってる」といくら説明してもネットにはあまり詳しくないようで怒って電話を切られてしまったんです。こういったサイトの多くは間違っていても、修正依頼をしようにも連絡先すらわかりません。でも、稀に載せるさいに連絡をくれる所もあります。そしてそういった所は修正にもきちんと応じてもらえます。そういったところのサイトは信頼しても良いのではないかと思います。ネットで情報を収集するのに便利ですが、「自分で選んでいる」と思いながら実はコントロールされた情報を見せられていることが非常に多いんです。ネットが発達した事で情報量は増えましたが、情報の信頼性は極端に低下しました。それは、ニュースなどの情報も同じです。ネットが発達していった結果、匠に意図したものに誘導する情報ばかりが増えて、信頼できる情報は結局は「人づて」の情報が一番信頼できるって皮肉な状態になっています。先日も新しいサイトで載せてもらったのですが、載せる際に連絡も頂き修正にも応じてもらえました。こちらは信用できるサイトではないかと思います。占いのメディアziredzired占いと恋愛の大人マガジンzired.netゲッターラボとLampLightの公式ホームページはこちらhttps://getterlabo-lamplight.com/LINE公式アカウントを作りました。よかったら登録してください。●セッションとか受けてみたいって人や興味のある人予約、問い合わせはこちらをクリック口コミ、お店の概要など見たい人はこちら<クリック>セッションなどのメニューはこちら<クリック>占い&カウンセリング ゲッターラボ対面だけでなく電話でのセッションも行いますので、県外の方でも可能です(通話料無料)●ホームページ●料金・メニュー●お客様の声●お店の情報●ゲッターラボの取扱説明書●Facebookページ●人生が楽しいに変わるかも知れない動画特別な才能、過去、生まれ、環境、全てを投げ打っての努力、ドラマチックなストーリー・・・そんなものを持たない普通の人の人生を「幸せ」で楽しい方に変えるのが僕の理念です。そんな「特別」がなくても「人生は楽しめるんだ」って証明したいのです。

  • 19Feb
    • 占いを誰に相談しようか悩んだ時にはこちらがオススメですの画像

      占いを誰に相談しようか悩んだ時にはこちらがオススメです

      鳥取県米子市で占いとカウンセリングをして、人生を変えるお手伝いをしています。藤原勉です。先日、「電話占い未来さん」といわれる電話占いのページとか占い師さんなどを紹介されているサイトにインタビューを受けましたのです。理念や強みとか「人気の秘訣」などを聞かれたのですが・・・人気かな・・・・笑嫁さんの事も紹介してもらえましたし、普段なかなか書いたりすることのない僕の考え方などを書けたりで、とてもありがたいインタビューになりました。ここのような「まとめサイト的」なところってよくありますが、その殆どが占い師さんなどの情報は勝手に掲載されています。僕もネットで適当に調べた情報や勝手に作った口コミや評判を付けて載せられたりよくしているんです。ほんとに内容も口コミを「誰?」って感じだったり、建物が別の場所だったり昔の住所を載せてたりで宣伝にはなるんですが迷惑なときもあるんです。今の時代ってネットで検索すれば簡単に情報が見つかります。そしてそれはTVとか違って自分で選択した情報のように一見したら見えます。ですが、最近の「検索」はかなりコントロールされていて、そこで見つかる情報にもかなり「意図」があるんです。こういったまとめサイトもそうで、その意図のためにまとめられている情報は適当だったりするんです。その辺りのカラクリは2年ほど前にブログで書いていますで、よかったら読んでみてください。『あなたに必要な情報って?』占いとカウンセリング、レイキヒーリングをして、人生を変えるお手伝いをしています。ふじ原ツトムです。どんな人でも「情報」っていうのは常に入ってきますよね。自分…ameblo.jpそんなところが多い中でこちらの「電話占い未来さん」はきちんとインタビューもされ、こちらの要望も聞いてもらえたり、やり取りも誠実にしていただけました。こちらで書かれている内容は信用できるものだと思いますので、占い師さんや電話占いのページでどこに相談しようか悩んだ時はこちらを見られると良いと思います。電話占い未来さんhttps://eight-media.co.jp/denwa-uranai/ゲッターラボのインタビューページhttps://eight-media.co.jp/denwa-uranai/interview/hujiharatsutomuゲッターラボとLampLightの公式ホームページはこちらhttps://getterlabo-lamplight.com/LINE公式アカウントを作りました。よかったら登録してください。●セッションとか受けてみたいって人や興味のある人予約、問い合わせはこちらをクリック口コミ、お店の概要など見たい人はこちら<クリック>セッションなどのメニューはこちら<クリック>占い&カウンセリング ゲッターラボ対面だけでなく電話でのセッションも行いますので、県外の方でも可能です(通話料無料)●ホームページ●料金・メニュー●お客様の声●お店の情報●ゲッターラボの取扱説明書●Facebookページ●人生が楽しいに変わるかも知れない動画特別な才能、過去、生まれ、環境、全てを投げ打っての努力、ドラマチックなストーリー・・・そんなものを持たない普通の人の人生を「幸せ」で楽しい方に変えるのが僕の理念です。そんな「特別」がなくても「人生は楽しめるんだ」って証明したいのです。

  • 11Feb
    • 女性が大きく勘違いしている男性のこと(彼氏、旦那とのトラブルはこれが原因?)の画像

      女性が大きく勘違いしている男性のこと(彼氏、旦那とのトラブルはこれが原因?)

      鳥取県米子市で占いとカウンセリングをして、人生を変えるお手伝いをしています。藤原勉です。ネットで最近見た話なんですが。内容自体は、何年か前のTweetなんですね。内容は、ある女性が旦那さんにこんなメールをしました。「悪いけど夕食作れそうにないので自分でお願いします」それでに対して旦那さんは「わかりました。弁当買ってこようか?」この事をこの女性がTwitterでつぶやいたら、旦那さんへの猛批判が女性から集まったんです。もちろんこの女性も「絶望感」と言って怒っています。これ何を女性たちは怒ってるかわかります?わかる人は僕のパーソナル心理学ではフレックスが強い人でわからない人はフィックスが強い人です。わかる男性のなかには素質は関係なく「女性の扱いに慣れてる」って人もいるとは思います。女性たちが怒ってるのは「夕食作れない」って事は何かあったんじゃないかって心配しないのかって事なんですよ。「大丈夫?」とか「何かあったの?」って言葉が抜けてるって怒ってます。これって実は「素質」の違いから来ているんですよ。この違いの話は過去にも何度もしていますけど、「男女」の中で行き違いの一番の理由なんで何度も書きますね。確かに男性が気遣いは足らないのかもしれません。でも、Tweetのなかで「それができないのはダメだ」とか「教育をしなおさないと」とかって多くの女性が言っています。あえて今回は「男性の味方」で話しますが~それはね。「自分が正しいから相手は間違い」って思想です。これは性質の違いから来ていることです。いわば女性がよく言ってる「女性蔑視」となんら変わりません。「女性だから能力が低い」「女性だから仕事ができない」って言ってるのと同じです。こうなるのは旦那さんが心配してないからではなくて、素質による「言葉の使い方」の違いから来ていることなんです。言い換えれば言葉の使い方がお互いに違うから生じているズレです。そうやって違いがあるってわからないのは仕方が有りません。どこぞの偉そうに話してる評論家や学者でもわかってないんですからね。でも、ダメなのは「自分たち正しい」だから「相手が間違い」って決めつけて、「そうなる理由があるのでは?」っ考えもしないことです。これは「本音軸」と「建前軸」って素質の違いから来ることです。もちろん世の中には「ひどい人間」とか「ダメな人」って一定数いますからそれは別です。僕のパーソナル心理学は男女は関係なく出てくるんですが、男性と女性のもともとの特性と素質の組み合わせで、結果的に男性の80%ぐらいがフィックス傾向で女性の80%がフレックス傾向になります。男性に多いフィックスが「本音軸」で女性に多いフレックスが「建前軸」です。割合的にこんな感じの数になるんで、「男性脳」「女性脳」って言葉が生まれるんですが反対もいるって事になります。ちなみに、男性のフレックス(建前軸)も20%ほどいますがこの人達は女性にモテる人が多いんです。その理由は女性に「建前軸」が多いから最初に書いたような「ズレ」が起きないからです。でも、この20%は浮気症な人が多かったりいい加減な人も多いんです。さて、女性から見たときに圧倒的に男性に多い「本音軸」を知っておくのは、伴侶を選ぶ幅が広がりますし真面目な人が多いのは男性では「フィックス」の方なんです。男性から見ても同じですね。フィックスで本音軸の人はどうしても苦手になる、女性に多いフレックスで建前軸を理解しておくのは異性と付き合える幅が格段に広がります。さて、話を戻します。最近、Instagramでみた動画でこんなのがあったんですよ。外国の中学生ぐらいの人たちが30人ほど並んでいます。全員が向かって右を向いて立っていて、一番左端の人に先生らしき人があるゼスチャーを見せます。このときの残りの人はこのやり取りは背中を向けているので見えませんし、ゼスチャーだけで声も出していませんので何をしたかはわかりません。そして最初に先生からゼスチャーを見せられた子は次の子の肩を叩いて振り向かせ、先生がしたゼスチャーをやってみせます。そしてまた次の子にというふうに一人ずつゼスチャーを次に伝えます。ゼスチャー版の伝言ゲームですね。これをノーカットで次々に映し出されるんですが~これが面白いんですよ。ちなみに、この30人ほどの子たちですが男性が多くて女性は5人ほどです。自分が見たゼスチャーを次の人に伝えるわけですが、多くの人は多少の腕の振りが小さいとかはあっても同じゼスチャーを伝えます。ところがですよ。最初に先生が見せたゼスチャーと最後に子がしたゼスチャーは全く違うものでした。これ流れで見ているとよく分かるんですが、明らかに自分が見たゼスチャーと次の人に伝えるゼスチャーが違う人が何人かいるんですね。伝言ゲームは少しづつ変化するのではなくて、明らかに大きく変える何人かの影響で最初と最後がぜんぜん変わるんです。今回の動画でもそれが起こったのですが、これが参加している女性全員で起こっていたんです。それ以外にも男性で2名ほど見たものと伝えるものが大きく変わった人はいました。これが、今回のお話の「フィックス」と「フレックス」の違いです。女性の多くはフレックスで男性はには少ないっていうのもその通りですよね。なぜこうなるのか?これはゼスチャーですが、言葉もこれと同じなんですよ。フレックスの人が見たものと大きく違うゼスチャーを伝える理由は、フレックス(建前軸)の人は「解釈」を覚えているんです。ちなみに、建前軸とか本音軸の「本音、建前」って言葉の意味は気にしたいでださい。僕がイメージでつけた呼び方なんで。話をもどすと、フレックス(建前軸)の人は、聞いたことの「解釈」を記憶します。そして人は、「聞き方」と「喋り方」はイコールです。だから、「解釈」を伝えるんです。それで対して、フィックス(本音軸)は聞いた「言葉」を記憶しています。この動画の場合はゼスチャーですから相手の体の動きです。それを覚えて、そのままの言葉(体の動き)を伝えます。だから、多少の動きの大きさとか速さって差はあっても「同じ動き」をするんです。女性(フレックスが多い)で内容が変化したのは、相手のゼスチャーを見てその「解釈」を相手に伝えたからなんですよ。この最初に先生がしたゼスチャーが、女性にはあまり馴染みのない動きだったので男性同士では大きく変化なく来ていたんですが、最初の女性で大きく変化します。おそらくこの女性はこのジェスチャーの意味を正確に理解できなかったんでだと思うんです。その時に男性に多い本音軸の人だったら理解ができなくても、見たままのゼスチャーを伝えますが女性に多い建前軸の人は「自分なりの解釈」を次に伝えます。これは男性に多い本音軸が「解釈」をしていないとか、女性に多い建前軸の人が見たこと(聞いたこと)を覚えてないのでなくて「どちらの情報を優先してるか」が違うんです。この一人目の女性が大きくジェスチャーを変えたことによって、「何をを意味している?」ってのがよくわからなくなります。それでも、男性は意味はわからないけど見たままを伝えていきます。すると女性のところでまた大きく変化します。そのよくわからないゼスチャーを「こういう意味だろう」と自分の解釈で次に伝えたんですね。これが正に、今回のTwitterでの話で夫婦間でのトラブル、もっと言うと人間関係での悩みやトラブルの多くの原因になっています。実際、僕が今までしてきたセッションで夫婦、親子、仕事関係、友人、恋人など人間関係のトラブルの主たる理由の殆どがこれが原因。でも、この事を理解すている人ってほとんどいないし、男性脳と女性脳って話でもどんな占いでも心理学でも語っていません。最初の、Twitterでの話にさっきのゼスチャーの話を当てはめてみましょう。男性(多くはフィックスで本音軸)は「意味」とか「解釈」ではなく「見たまま」を伝えます。女性(多くはフレックスで建前軸)は「見たまま」ではなく「意味」とか「解釈」を伝えます。そして、人は素質に関係なく「自分の伝え方」を相手もしていると思います。だから、「聞き方」も自分の伝え方と同じになるんですね。なので、「悪いけど夕食作れそうにないので自分でお願いします」と言う文章が全てだと本音軸の人は思ってしまうんです。察せれないとかそこから読み取れないとかって話ではないんですよ(もちろん、中にはそんな人もいますけどね)いわば、男性に多い本音軸の人は「言葉」の方に出てこない事は重視しないんです。逆に言えば男性に多い本音軸の人は全てを言葉にします。聞き方と喋り方は同じですからね。だから、言葉の中に「病気」とか「体調が悪い」などの言葉無いので、「言葉にしないのだから」大きな問題だとは思わないのです。それは何度も言いますが、察いせれないとか優しくないとか思慮が浅いとかでは無いんですよ。「システムの違い」です。でも、これを言うと特に建前軸の人が「言わないとわからないなんてめんどくさいな~」とか「なんでそんな事もわからないの?」って言い出します。でも、本音軸の人に言わせると「言葉にしてないことを察したりするから誤解とか行き違いになるんじゃないか」ってなるんですよ。だから、これは素質の違いによる性質の違いで、どちらが正しいとか上とか下って話ではありません。その場面場面で長所にも短所にもなりえます。「察せれる方が良くない?」って人も多いでしょうが・・・・相手の気持ちを汲んであげるとか喋れない赤ちゃんや説明がうまくできない子供の気持ちを察してあげたりは「長所」でしょう。でも、セッションをしてて人間関係のトラブルの相手で厄介なのはフレックス(建前軸)の方が圧倒的に多いんです。なぜかって言うと、説明したり事実を伝えたりしてもその言葉や文章よりも「自分の勝手な解釈」を優先してしまうからです。だから、フレックスが強い人ってとても厄介な人が多いんです。相手の言葉から、「言葉」と言う文章ではない部分で自分の解釈を作り、それを「言った」と記憶していて絶対にして自分の考えをし始めます。これは喋るときにも同じで、言葉にしてない部分も自分の中の解釈を「それを言えばわかる」って勝手に決めてしまっています。これ建前軸同士でも伝わらない事が多いんですよ。わかりやすい解釈ならいいですが、人の考え方や価値観なんてまちまちですからね。最初に書いたTwitterの話もそうですよね。これTweetを読んでみるとこの女性は風邪気味で熱があったんだそうです。「私は熱があって体調が悪い」→「旦那に『夕食は作れない』と伝える」→「旦那が体調を悪い事を心配しない」→「怒りのTweet」→「建前軸と思われる人が賛同」「夕食が作れない」って時点で心配することもできたのも事実だとは思います。でも、書いてきたように本音軸の人は「言葉」が重要ですから、「言葉に出さない」も意味になってしまうんです。「言葉に出さない」のだから重要ではないってね。本当に冷たい人もいますけど、この旦那さんは奥さんの弁当も「買って帰ったほうがいい?」と聞いていますから冷たい人ではないのだと思います。他人同士が一緒にいたり一緒に何かをしたりするのですから、そこに違いはあるのは当然です。それはどっちが正しいか間違いかでは「違い」なんですよ。違いは理解して歩み寄れば良いんです。自分側だけで相手を推し量って非難するのでは「他人」とはいつまでたってもトラブルが絶えません。逆に言うとその「違い」を理解したら、その負担は大幅に減るわけです。だから、パーソナル心理学を受けてもらった人の多くが、人間関係のストレスが激減したって言われるんですね。別にパーソナル心理学だなくてもよいのですが、そうやって人と人の違いを学ぶことはすごく重要です。自分で思っている1000倍は他人は違いますから笑まあ、僕は今のところパーソナル心理学以上に人と人の違いを正確に表しているものを見たことが有りませんけどね~今回は、人には本音軸のタイプと建前軸のタイプがいるって事を知っていてもらえたら、それだけでも人間関係のストレスは軽減されるってお話でした。それではこれで終わります。ゲッターラボとLampLightの公式ホームページはこちらhttps://getterlabo-lamplight.com/LINE公式アカウントを作りました。よかったら登録してください。●セッションとか受けてみたいって人や興味のある人予約、問い合わせはこちらをクリック口コミ、お店の概要など見たい人はこちら<クリック>セッションなどのメニューはこちら<クリック>占い&カウンセリング ゲッターラボ対面だけでなく電話でのセッションも行いますので、県外の方でも可能です(通話料無料)●ホームページ●料金・メニュー●お客様の声●お店の情報●ゲッターラボの取扱説明書●Facebookページ●人生が楽しいに変わるかも知れない動画特別な才能、過去、生まれ、環境、全てを投げ打っての努力、ドラマチックなストーリー・・・そんなものを持たない普通の人の人生を「幸せ」で楽しい方に変えるのが僕の理念です。そんな「特別」がなくても「人生は楽しめるんだ」って証明したいのです。

  • 01Feb
    • ネガテイブはOK。過去の失敗を考えてもOKな苦しくない思考の方法の画像

      ネガテイブはOK。過去の失敗を考えてもOKな苦しくない思考の方法

      鳥取県米子市で占いとカウンセリングをして、人生を変えるお手伝いをしています。藤原勉です。最近、ネットでこんな記事を見たんですよ。「ネガテイブ思考を抜け出すための立ち直り法」ネガテイブからの脱出の方法が書かれているのですが・・・・今回のブログは同じ内容で話している動画もありますので合わせてみてください。https://youtu.be/xZIY8mfkhuw僕はこれは「素質によってはできる人がいる」ってだけで、「そうでない素質」の人がやると「余計に病む」って思うんですよ。そしてこれが「正しそうに見える」ことが多くの人を苦しめる原因にも思えるんですね。以前はよく「ネガテイブ」に関して書いてたんですが、最近はあまり書いてないので久しぶりに書いてみようと思います。先に言っておきますが、僕は「ネガテイブ」なのはOKって考えでむしろそのネガテイブが無いと幸せにはなれないと思ってるんですよ。なので、「自分はネガテイブ」だって人はこの記事を読んで「ネガテイブOk」ってなって、僕のようにネガテイブな自分を楽しんでいるようになってもらえたらと思います。問題なのはそのネガテイブの使い方と、この記事のうように「ネガテイブは悪」って刷り込みだと思っています。さて、この記事の話に戻ると~ここの中では失敗などをした時にその失敗の原因などを考えるのやめるようにと書いています。確かに、済んだことをいくら考えれも変わらないのは確かではあるんですね。なので、そのことで悩んでしまうのは困るんですよ。今回の記事ではこの事をアドラー心理学での「勇気くじき」と話しています。例えば仕事で失敗した部下に「なんで失敗したんだ」と変えることのできない「過去」を怒ってる状態がこれに当たります。これは自分にもやってるとここでは書かれているんですね。過去の失敗で「今回も失敗する」と思ってしまうことで、困難を乗り越えたり新しいことにチャレンジするっていうのができなくなる。その「勇気がなくなる」って事らしいです。この考え方を「原因論」ってらしいですね。で~ここではこれを過去の失敗ではなくて「未来」に目を向けて「どうしたらよいんだろう」と思考する方が良いのだと書かれてるんですね。ちなみにこの考えを「目的論」と言うそうです。ここで多くの人が思うであろう疑問にも答えています。失敗した時に「どうしてこうなった」ではなく未来を「どうしたらよいだろう」を考えるのでは、「失敗の原因を考えないから成長しない」って思うだろうけどネガテイブなまま原因を考えても答えは出ない。まず未来の「目的」を考えてポジテイブになってから考えた方がうまくいく。こんな感じなんですね。これね~まあ、別に僕はアドアー心理学を否定する気はないんですよ。でもね。これ最大の問題が解決されてないんですよ。このお話のタイトルって「ネガテイブ思考を抜け出すための立ち直り法」なんですよ。確かにここで語っているように、「過去に執着」してもうまくいくものもうまくいなくなります。考えても答えの出ないことを延々と考えるのは意味がありませんし、心の負担でしかないんですよ。でも、これ例えるならこんな話に見えるんですよ。地方から東京に行きたい。そしてできるだけ早く行きたい。早く行くには飛行機がよいのだけどお金がないからバスで行ってる。そんな人にこんなアドバイスしているように思うんですよ。「バスでは10時間以上かかってしまう。だから、飛行機に乗るんだ!アドラー先生もそう言ってる」この記事の中でこう言っています。「まずは目的論で思考し、気持ちを切り替えてから原因を探るほうが効果的だ」うん。だ~か~ら~その「切り替え方を教えろよ!!」そこは自力でか?ググるのか?アドラーを拝めばいいのか笑たとえ話で言ったら「お金がない」事が問題なのであって、そこを解決する必要があるんですよ。なのに「飛行機が正しい」って言われても・・・・「はいそうですか」ってできるなら誰も苦労しません。そう思いません?未来を思う「目的論」に切り替えなさいと言われても、勝手に「失敗」の過去を考えるんですよ。そう言われたら一瞬は「未来」を思いますよ。でも、すぐに失敗した事を考え始めます。この手にの話に多くあるパターンで、結論としては正しいのかもしれませんがそこに至るプロセスがまるっきり抜けてます。でも、こういう話ってできちゃう人もいるわけですよ。そうしないとその話は広まりませんからね。そして、そのできちゃう人はプロセスを説明しているつもりなんですが、できない側の人からは肝心なところが抜けているのでいつまで立ってもできません。だけど、できちゃってる人はいるし結論としては正しそうだしってなるから、できない側の人は「自分はだめな人間」って自己肯定感を下げてしまいます。できない側の人から見たら、目の前に美味しそうな料理があるんですが食べようとすると見えない壁があるような感じです。これの理由は、僕がよくお話する「持って生まれた素質」なんです。今回のお話ではですね~人の持って生まれた素質には、「過去」に対して思考するタイプと「未来」に対しして思考するタイプの2つがいるんです。過去のタイプは「ネガテイブ」で未来のタイプは「ポジテイブ」です。ただ、素質の話の面倒なのは2つともに「強い」「弱い」ってのがあるんですよ。単純に過去のタイプか未来のタイプかって真っ二つに別れるわけではないんです。この部分が僕のパーソナル心理学の他のものと違う部分でもあるんですけどね~これにプラスして育った環境ってのも影響します。今回のお話で言うと、これを読んでできちゃう人は強い「未来」思考をするタイプです。弱い未来思考のタイプでは、育った環境で否定される事が多いとその性質はとても弱くなってしまいます。このお話では失敗した過去を考えるのではなくて、これからの未来で「どうしたよいんだろう」と切り替えれば良いと書いてあります。そこか問題なんですよ。「切り替える」できます?それ以前にする必要があります?素質がどうあれ、未来への思考をしたほうが良いから自分を変えれば良い??はい。はい。それ散々やりました。僕は素質的に言えば非常に強い「過去」へ思考するタイプです。でも、今回のお話のように未来志向に切り替えて「失敗」ではなく、「成功するにはどうしたらよいか」を考えるように「切り替える」ようにしました。結果どうなったか・・・・心が完全に病んでしまいました。しかも、これでもかってほど運が悪くなりました。ちょっと、占い師的な発言をすると「運」ってやつの8割ぐらいは「自分らしく生きているか」が重要なです。この世界に「正しい方法」なんて無いんですよ。あるのは、誰かが「できた方法」でしかありません。そしてそれはその「誰か」には合っているだけで、「あなた」に合ってるとは限りません。この合ってる合ってないの部分が素質で大きく左右されます。僕の場合は、その「誰か」に合ってる事だけど自分にとっては全く合ってないのに、無理にやっちゃったから心が病んでしまって、自分らしくなくなってるから運も悪くなりまくったってことです。別に良いじゃないですか過去を考えても・・・自然にそうしちゃうんだからそれで良いでしょ。なぜ、自分の特性を最初からダメなものと決めつけて修正しようとさせるんでしょうね?良いとか悪いとかでなくて、そうなんだから上手く使えば良いだけです。今の時代は「多様性」とか言いながら、多くのこういう事を言う人は「自分の正しさ」に当てはまるものは「多様」で、当てはまらないと「間違い」って言い出すんですよ。それは多様性とは対局の考え方ですよね。これを書いている人がこんな事を書いているんですよ。『「問題が起きた原因を考えずに、目的思考で考えても成長しないのではないか?」と考えていた。しかし、まずは目的論で思考し、気持ちを切り替えてから原因を探るほうが効果的だ』目的論ってのが未来思考で「成功するにはどうしたら」って方です。「目的論で思考し、気持ちを切り替えて」ここですよね~問題は。だから、できないって言ってるんですよ。無理にすると心がすごい苦しいんです。だから、良いんですよ。過去に思考してもね。その使い方の問題なんですよ。言い換えればここで言われているように「目的論」に切り替えれば全てが上手くいかっていうとそうでも無いんですね。だって重要なのは、どっちをやるかではなくてその使い方の方なんですよ。どうやら、この人生ってクソゲーは与えられた装備とパラメーターの特性をいかにうまく使いこなすかってのが攻略法で、パラメータの違う他のキャラの真似をしてもダメなんです。こういう事を書いている人でこんな話を書いている人がいました。「昨日、薄着で出かけたから風邪をひいた」これに対して目的論で考えるってのは、風邪を治すにはって考えるから「病院に行く」って事になるんだそうです。確かに、正しいですね~そして薬で治って元気になったら、また薄着で出かけて風邪をひくんですね笑大丈夫ですよ~病院に行けば薬がもらえますからね~ただの、あんぽんたんじゃないですか笑実際、素質で言う未来思考の強いタイプの人って思慮が浅い人が多くて同じような失敗をくる返している人が多いんですよ。でも、その失敗の瞬間は前向きに動きますから、周りからは上手くいってるように見えるんですが、全体をよく見ると似たような失敗の繰り返しだったりします。風邪をひいた原因である薄着で出かけたことを改善しない限りはこの話は延々と終わりません。たぶん、これらを書いている人はこう反論するでしょうね。「未来に風邪をひかないように考えればいい」確かにそうですよ。でも、それを考えるには『薄着で出かけてしまった」って事を考えないと行けないし、「なぜ寒いのに薄着で出かけてしまったのか」も考えなければ解決しません。自分の過去の行動や考えを考察しなければ、未来への必要な答えなんて出ないんじゃないですかね?そしてこれは、「どちらが正しい」って話はなくて、「どっちから思考するのか」って自分の持って生まれた特性の問題です。「使い方」だって言いましたよね。過去に対して考える人ってネガテイブなんですよ。それ自体は問題では無いんですが、そのタイプの人の悪く背は思考がぐるぐる堂々巡りをして立ち止まってしまうことなんです。だから、考えても答えのでないことなのか、考えたり調べれば答えや可能性がわかることなのかの区別をしないといけないんです。これができないと、過去のタイプの人はぐるぐるしだして苦しくなっちゃいます。苦しいから「できる。大丈夫」って考えたら楽そうだ~ってこの手の話に飛びついて、結局はうまくいかずにもっと苦しくなってる人をいっぱい見てきました。このぐるぐるで苦しくならないお話を詳しく以前のブログで書いていますので読んでみてください。https://ameblo.jp/getlabo/entry-12680965458.html自分が自然と過去のことを考えるなら、そこを上手く使いこなせばよいだけで。そしてそこで考察したことや考える過程で得た知識を、未来の行動に使えば良いだけです。そうやって、起きたことや過去の事を考え続けるのを「心理的反芻」って言います。「反芻」って消化を助けるために牛とかがやる行為です。心理的反芻をするってのは「人生」の消化を助けているんですよ。そして未来思考しかし無い人は人生の「消化不良」を起こしている事がとっても多いんです。実際に素質的に未来思考が強くてポジテイブなタイプの人が、人生をうまくいってる場合は素質にはない「反芻」の思考を見つけていたりします。自然と過去を考えてしまう人は「反芻」の時に何を考えるべきかをよく選んで、過去を反芻してみてください。それではこれで終わります。ゲッターラボとLampLightの公式ホームページはこちらhttps://getterlabo-lamplight.com/LINE公式アカウントを作りました。よかったら登録してください。●セッションとか受けてみたいって人や興味のある人予約、問い合わせはこちらをクリック口コミ、お店の概要など見たい人はこちら<クリック>セッションなどのメニューはこちら<クリック>占い&カウンセリング ゲッターラボ対面だけでなく電話でのセッションも行いますので、県外の方でも可能です(通話料無料)●ホームページ●料金・メニュー●お客様の声●お店の情報●ゲッターラボの取扱説明書●Facebookページ●人生が楽しいに変わるかも知れない動画特別な才能、過去、生まれ、環境、全てを投げ打っての努力、ドラマチックなストーリー・・・そんなものを持たない普通の人の人生を「幸せ」で楽しい方に変えるのが僕の理念です。そんな「特別」がなくても「人生は楽しめるんだ」って証明したいのです。

  • 22Jan
    • 捜し物と占い師、カウンセラーに必要なことの画像

      捜し物と占い師、カウンセラーに必要なこと

      鳥取県米子市で占いとカウンセリングをして、人生を変えるお手伝いをしています。ふじ原ツトムです。先日ある学生さんが「学生証を無くした」と言うのです。記憶をたどると半月ぐらい前に駅で出してから見た記憶がないそうで、今度どうしても必要なことがあるんだそうです。再発行も可能ですが、どこにあるのか探してほしいとの事なんですね。たまにこの「失せ物を探す」って依頼があるんですよ。これメインでセッションを申し込む事はあまりないんですが、別の相談と一緒にとか何度かセッションを受けてくれた人がLINEとかで相談されたりなんですね。この失せ物ってかなり難易度が高いんですよ。「占い」って魔法ではないので、失せ物の今ある場所が具体的に文字で浮かんできたりするわけではないんです。いくつか出てくる情報を組み合わせてそこから連想ゲームのように導き出さないといけないんですね。そして、その出てくる情報の一つ一つには幾つかの意味があります。意味が一つではないんです。例えば僕がやる易を使ったものでは「青龍」と言う情報には、「高級」「精神性が高い」「綺麗」「価値がある」「絵や写真」「お酒」「新しい」「親戚」「娼婦」・・・などの意味があります。なんか、関係ありそうな全く関係ないようなものが一緒になってますよね。どうやら、向こうの世界では僕らが思っているカテゴライズとは違う共通項があるみたいなんですよ。これに他の出てきた何個かの情報と組み合わせて連想ゲームをするんですね。その時に相談者に質問をすることである程度、絞っていくんですよ。でも、失せ物って本人もわからないから困ってるんで、あまり絞るのに有益な情報がなかったりします。さらに、なくした場所を僕が行ったことのないところばかりだと何があるのかもわかりません。今回はその学生さんから直接ではなくてお母さん経由での相談なので、僕は本人に直接細かいことを聞けない上にこの子の生活圏の殆どは行ったこともありません。占いで出てきたこれらの情報の組み合わせにピッタリの物があったとしても、知らない僕はそれを答えようがないですし、相談者さんの方は知ってる可能性があっても占いの情報の方を理解できませんから答えようがありません。僕も相談者さんも知らない場所とか物の所にあったらそれこそ絞り込むのに手がかりが無いんですよ。こんな具合に結構な難易度になる時があるので100%みつけれるかってのはわからないんです。占いってどんなものでもこんな感じのところがあって、某TVで有名な占い師さんのようにピンポイントな言葉とか物と地名とかで「〇〇の星が出ています」なんていうのは、占いを習ってれば胡散くしか思えないんですよ(笑)この連想ゲームを制する鍵は、「感」とか「霊感」「シックスセンス」なんて能力も必要ですが、多くは「経験」などから得た「知識」なんです。占いに限らず多くの場合の「感」と呼ばれるものって、その多くは「知識」ってデータが元になっててそれを脳が瞬時に手照らし合わせて答えを出しているんですよ。もちろん、さっき書いたようにシックスセンス的な能力もある程度はないとだめなんですが、そもそもの知識というベースがなければそのシックスセンスも発揮できません。どんなに守護霊だの神様だのが教えてくれても知らなものは答えようがないでしょ。失せ物って何がどこに置いてあるのか、どんな地形なのか建物なのか、どんな人がいるのかすら知らない所にあるものを答えないといけないことが多いので難しいのです。その学生さんの学生証は占って見たら、「女性が持ってる」「身近な部屋にある」「なにかの間に入ってる」などと出ました。これもさっきの話で出てきた情報の数ある選択肢の中から、組み合わせるとこれが可能性が高いってだけなんです。まったく違う読み方になるかもしれません。でも、この答えは辻褄が合わないんですよ。「女性が持ってる」「身近な部屋」だと家族の女性が持ってることになります。そこで念の為に聞いてみたんだそうですが、やはり知らないという事でした。そうですよね~持ってる必要ものないし、家の何処かに落ちていたら拾って渡しますよね。なので、この「身近な部屋」が別の選択肢なのかと・・・・誰かがひって持ってるのかもって、駅とかにも電話してみましたがやはりありません。確かにそうですよね~学生証ですから拾ったら駅とか交番に届けて学校に連絡が来ますよね~そうなると、「水の溜まってる中」なのかとか(別の選択肢を組み合わせるとこうなる)誰かお店の女性とかが拾って届けるのを忘れているのかとか・・・・どんどん連想ゲームが膨らんでいくんで余計にわからなくなります。で~~結局、見つかったんです。何処にあったかと言うと、その学生さんの普段持ってるカバンの普段は使わないポケットの中にありました笑その学生さんは女の子です。「女性が持ってる」「身近な部屋になる」「なにかの間に入ってる」合ってんじゃん笑「失くした」って言葉に囚われていましたね。これは占いでもカウンセリングでも言えることなんですよ。結局は答えを出す人間の解釈が重要になるんです。だから、どんなに占いの答えが正しくても占い師のほうが解釈ができるのかが問題です。それは、心理学などを使うカウンセラーでも精神科とか心療内科でも同じだと思うんですよ。その解釈を正しくするのは、それだけの知識と経験が重要です。その知識と経験ですが、それは占い師としてとかカウンセラーとして精神科医としても重要ですが、それ以上に重要なのは「人生経験」なんです。だから、どんなに占いの知識が豊富でも霊感で何が見えたとしても心理学や医学の知識が豊富でも人生における知識と経験が少なければ意味がありません。だから、占いや心理学、医療の知識だけなくこの世界の多くの出来事に対する知識が重要です。そして経験は人生の経験ですが、その中でも「悩み」「苦しみ」って言う経験が重要なんですよ。僕が知ってる「この人の言う事は聞いてみたい」と思う人は、やはり過去に大きな苦しみとか自分ではどうにもできないような困難に遭ったことのある人ばかりです。これ考えてみれば当たり前のことなんですよ。例えば、大工の仕事をしているとしましょう。優秀な大工さんって大工の知識もですが、その大工としての経験が重要ですよね。「ベテラン」ってやつですよ。「この道40年のベテラン」って、その大工って仕事についてから大工の作業としての経験と苦労や苦難、失敗や成功、嬉しかったことや辛かったことが「ベテラン」と言われる人のすごい能力を作ってるわけですよ。でも、占い師とか霊能者とかカウンセラー、精神科医って「人生」を扱うわけですらその経験値は「人生経験」ですよね。大工さんが現場で木を切ったり削ったり釘を打ったりってのが、占い師とかカウンセラーでは「人生経験」でしょ。だのに、何故かこういう仕事って「占い」とか「霊感」とか「心理学」とか「医学」って「道具」の知識ばかりが言われるんですよ。大工さんで言ったら、道具の知識は豊富で高価な鉋やノミやノコギリは持ってるけど、釘を打ったことも木を切ったことも殆どないみたいな人になります。そんな大工さんに自分の家を建ててほしいと思います?人生経験の中でも必要なのは「悩み」「苦しみ」って言いましたよね。それは、相談に来る人が「悩み」「苦しみ」で困ってるわけですから当然ですよね。その中でも「自分の選択でないもの」であるほどその経験値は大きくなります。もちろん、それをある程度はクリアーしてないとダメですよ。「ある程度」と書いたのは人生はどこまで行っても勉強だからです。クリアーしてないと大工さんで言うと、釘は打ったことあるし木も切ったことはあるけど一度も完成させたことがないみたいな話になってしまいますからね~多くの仕事は、その仕事についてから「その仕事の経験値」を増やしていかないといけないです。それは、占い師やカウンセラー、精神科医にも言えますが、ただ一つ違うのは扱うものが「人生」である以上はその人生での経験値がないとどんなに良い「道具」があろうと道具を扱うテクニックがあろうと意味がないんです。そんな感じで相談相手を選んでみるのも良いと思いますよ。それではこれで終わります。ゲッターラボとLampLightの公式ホームページはこちらhttps://getterlabo-lamplight.com/LINE公式アカウントを作りました。よかったら登録してください。●セッションとか受けてみたいって人や興味のある人予約、問い合わせはこちらをクリック口コミ、お店の概要など見たい人はこちら<クリック>セッションなどのメニューはこちら<クリック>占い&カウンセリング ゲッターラボ対面だけでなく電話でのセッションも行いますので、県外の方でも可能です(通話料無料)●ホームページ●料金・メニュー●お客様の声●お店の情報●ゲッターラボの取扱説明書●Facebookページ●人生が楽しいに変わるかも知れない動画特別な才能、過去、生まれ、環境、全てを投げ打っての努力、ドラマチックなストーリー・・・そんなものを持たない普通の人の人生を「幸せ」で楽しい方に変えるのが僕の理念です。そんな「特別」がなくても「人生は楽しめるんだ」って証明したいのです。

topbanner